Logo for lacrosse

Mystery Hunter Tomo!! landed in Phnom Penh .{How explain for tragic ending...}

Good Morning ladies and gentlemenenlightened  Boone ~Boone~♫angryと朝のBusに乗りまして、これからカンボの首都、フノンペンへと向かっていきたいと思います。ここで一番値段の高いBUS約$15に乗りまして向かったんですが大したことのBUSでした。でも文句言わずに、さ~旅の出発です~%wink球のてまで行ってQりのQちゃんcoolポッッポ~。」

 

朝9時のバスに乗りまして、これからフノンペンへと行くんですが、写真の通り田んぼです。ひたすら田んぼがきます。♫

 

こうゆう道沿いに家があり、水道とかが無いので、家の前にある凹みに水が雨が結構降ると溜まります。水も色んな用途に使用されてます。(この家の後ろは、ひたすら田んぼ風景です。広大な敷地でした。)

 

とある場所で休憩で~す。田園cheekyひたすら田園frown玉置浩二?(歌いましょう♫石ころ蹴飛ばし夕日に泣いた僕!!surprise♫)

 

ともかく、あちらでは食事を召し上がることのできる。(オシャレナ、プライベートテーブルとなっております。でも周りは田園。)

 

バスに揺られて6時間超でやっとGuest Houseへ着きました。いつも予約せずに旅してるので、今回はこの部屋は1泊$15のところを(私はエアコン使わんから安くしてと値切って)$10で交渉成立♫させてもらいましたYep!!。Siem Reap(シェムリアップ)の時も、関西魂で、値切って結局は$10で1泊で今回も成功で~す。(((o(*゚▽゚*)o))) ありがとうございます。扇風機で本当に十分なんです。逆にエアコンは必要ありませんでした。昼間は暑くても夜になると、タンクトップと扇風機で十二分ですよん。(私は知ってたんですこの気候の特徴を!!キラン(^-^))

 

Bathroomはこんな感じです。結構どこもかしこも、こんな感じの部屋とBathroomです。(実際はあまりお湯が出ないので、シャワーしか何時も使ってませんでした。このトイレは流したら水が溜まらないので、自分でシャワーの頭を持って、タンクに補給してました。いつもね何か問題ありなんです。Guest Houseは、でも何にも問題ありませんよ。☆彡安くて快適快適 in Comfort.)

 

窓の外はと、あまりしっくりきませんがね。(泥棒は入ってこないように、しっかりした窓でした。見た目わ。)

 

 

昔は現役で使用されてましたが、今はリタイヤした。人力車が沢山、捨てられてました。今は全部バイク(カブ)タイプのTUK-TUKなんです。(時代の流れなんですねこれも。今はガソリンで動く方が価値があるんですね。ご苦労さん人力車さんyes

 

これが一般家庭の家です。1ヶ月で1万円以下だそうです。現地の住民の情報から。やはり所得が少ないから、そうなってしまうんですね。(なんか市営住宅みたいです。)

 

さ~、ここからがカンボジアの歴史街道へと入ります。皆さん覚悟は宜しいですか??食事中でないことをお願いします。これが1974年にベトナム戦争の裏で行われてた事実なんです。 Killing fields.

 

This is genocide .... The skulls (How can i say ... Tragedy..)

 

この様な頭蓋骨だけが何層もなって積み上げられてるのです。全国で死者300万人に上るそうです。

 

ここは色んな死者の物が沢山あった場所です。

 

この凹み全部、墓だったんです。これは掘り返した跡です。(当時は死者の臭いがヤバかったらしいです。鼻がもげると表現しましょう。)

 

まだね。このように死者の服や骨の欠片など沢山まだまだあります。雨が降ると浮き上がって来るそうです。ここで管理してる人が今も、骨や服の回収をしてるそうです。(酷くありませんか?本当に考えられません。無差別に虐殺。。。何も罪の無い人を、それも40年前の最近の出来事です。)

 

ここには腕や脚の骨がメインで保存されてます。(可哀想。)

 

彼女らは観光客にお金ちょうだいと訴えてます。が!!これはこの子の親の戦略です。これに同情して、観光客はお金を恵んであげるんです。これも見てて、悲しく思いました。日本は豊です。職がなくても補助がありますが、この国には補助の1つもありません。(どおにか世界を変えたいですね。)

 

この木はKIlling Treeです。当時は銃殺する銃の弾が高くて、殺すとなれば木の頭を打ち付けて子供達を殺害してました。赤ちゃんももちろん殺害されました。全員です!!。それがこの木なんです。木にはミサンガのような物が飾られてます。(ご冥福をお祈りします。m(_ _)m)

 

もおKilling Fieldsでは生々しい物を見すぎて、本当に心が撃たれました。 これから行くところは、当時の収容所です。そこも凄まじかったんですが、一度このTUKTUKで休憩して、向かいました。

 

私も気分入れ替えて,一路、収容所へと向かいます。(いったい何が行われてたのでしょう。Mystery Hunter Tomo!!~世界ふしぎ発見!!)

 

向かってる途中の家は、こんな感じです。これは少しwealthyな家並みです。(門が凄くないですか?厳重ですよコレ。!)

 

さてと収容所へやってまいりました。ここはその1室に辺ります。(見て下さい。)

 

このベットに金具の物があり。床が黒いの.....イメージ出来るでしょうか? そうなんです。私からは言えませんが、拷問なんです。

 

現在は2階からの景色は凄く綺麗なんです。皆さんもお気づきのとおり、ここは元は学校だったんです。それがね。

 

素敵な景色ですね。当時はどのように皆さん見てたのでしょう?平和を願い。生きて解放されることを願ってたに違いないです。でも、現実はそのようには行かなかったんです。

 

廊下!いたって普通です。今は。

 

黒板もボロボロですけど、まだ各教室には数点ありました。。。

 

外から見た外観です。。。まさか、信じられますか?この写真から?

 

死刑前の記念撮影でした。

 

これ全員死にました。殺されました。

 

逃げられないように、足首にはロック(Lock)が掛けられてました。(これはキツイわ。生きてても地獄しかイメージが湧きません。)

 

食事もろくに無し、死を迎えるのみの彼ら。何も罪の無い人々でした。

 

あげくの果ては、骨となり天国へと魂は帰りました。

 

唯一、そのままの状態で残してある棟に入ることが出来ました。ご覧下さい。

 

そくせきで造られた牢屋(豚箱)です。

 

中は1畳ほどですね。番号があり、鉄柵が見えるほどです。

 

その隣もこの通りです。下に見える穴が通気口だけです。

 

実際に私も入ってみました。(もし自分が明日、明後日に殺されると考えたら、恐怖を通り越し、意識が無くなるんじゃないですかね。体と魂が自然と分かれていく、痛みの感じなく、幽体離脱的な。どおなるか実際わかりませんが、この下には細い鎖もありました。これで足か手を繋げられてたんだと思います。)

 

隣の教室は壊されて通れるようになっています。この壁にある穴は銃の跡でしょう。

 

番号です。収容されてる人の、この部屋の中での位置番号でしょう。(生ナマしいですね。名前ではなくて番号で呼ばれて処分されてく。食用肉にされる牛や豚の気分なのかもしれないですね。それを思うと残酷ですね。人間も。考えても答えは出ないです。)

 

中から外への景色です。逃げたいと思ったでしょうね。解放されたい。自由になりたい。もしかしたら辛さのあまりに早く逝きたいと。(ここにいたら言葉や想いが詰まりました。)

 

他の教室も見に行きました。ここはまた違った形の豚箱でした。

 

ドアを開けて拝見させてもらいました。

 

私も中へ入り、黙祷です。何も聞こえませんでしたが、この写真の通りに、光ってのは、神様に当時は見えてたのかもしれないですね。(かすかな可能性を信じて、希望の光に祈りと気力を捧げて。一刻もこの状況を打開したいと。)

 

これが番号が書かれた壁です。この前に人が横になります。通気口も一緒に。(悲しいね。通気口からでも当時は逃げたかったでしょう。)

 

その写真がこれです。ぎっしり人間が並べられてます。この時は、まだ皆、生きてるんですよ。(拷問?食用?虫ですか?)人間は恐ろしいです。意味がわかりません。

 

狩りに行って獲物をしとめてきた。(そんな感じです。)人間が人間を吊ら下げて、やせ細り、目隠しされ、捨てられ(処分され)に行く絵です。つい最近の事ですよ。40年前。

 

もお十分ですね。今では綺麗な花が校庭で咲いてます。

 

ここで起こったこと、そして感じた気持ちは絶対に忘れてはいけない物だと思いました。(人間は自らの手で人類を滅ぼす。そんな事を感じれたからこそ、今度どのように人類は歩まなければいけないか。そんな教訓を得たかの様でした。)

 

今日は2つ、刺激的な場所に行きまして、精神的に疲れました。帰りはボチボチ歩いて街を見ながら次へのスポットへと向かいました。(テクテク♫)

 

途中で、このように自前のエスキーを持ってドリンクを販売してるママに出会いました。観光客が通りそうな道にいました。 (子供2人アカンちゃんがいたんですけど、道の壁際に、写真では撮りませんでしたが。ママは家計に必死です。このように雇われるより自分で仕事をしてる方がお金も良くて頑張ってました。将来のために子供のためにと。)(自分では出来ませんが本当に偉いです。頭が下がります。)

 

シルバーバゴダに行きました。またタイの建物とは違い。新しい物のように感じました。

 

庭のお花が綺麗でしたよ。

 

PALACE(王宮)の方ですが、旧のお正月ともあり入ることが出来ませんでした。(残念。。沈↓)

 

とりあえず柵の外から記念に撮影しました。(カシャ♫いただき(⁰︻⁰) ☝)

 

ここの前の道は封鎖されてて、今日は歩行者天国って日でしたよん。(^O^)

 

記念撮影と!! No Cars over here . This was my way temporary .

 

全体的に新しい建物が多くて、別に写真に撮るまでもないかと思いました。だから、この辺りはあまり撮ってないです。

 

私の近くの市場周辺です。ここを真っ直ぐ行くと魚売り場があります。(スッゲー臭いでしたよ。ハンパなく(>_<))

 

はい通路ですが!通れません。ゴミで塞がれてます。(まだね、ここは首都なんですが、そこまで手が届いてないのが現実です。)

 

電線はとりあえず繋げ状態です。(見た目関係なし、電気さえ家に来たらOK!!。四方八方へ延びろ~。)

 

これはビール(Beer)会社の看板です。同じの4つ連続です。見た目関係なしAgain. (多分ね広告収入が1軒1軒にあるんでしょうね。このAngkorってビールめっちゃおいしいです。ドラフトビールで中ジョッキに1杯50セント(USA)=日本円で50円でした。私、15時から一人で6杯飲んでました。それでも300円ですよ。格安~で旨い~でした。☆彡)

 

翌朝に私はここプノンペンからホーチミンへ向けてバスに乗り旅たっていきました。(ドンドンドン♫ブ~ン↑ブ~ン♫)

 

ここから各地方へと色んなところへ向けてバスは行きます。(結構沢山のバス路線ありましたよ。機会があれば、私は次回、海の方へと行きたいなと思います。カンボジアの海辺は良いらしいですよ。10年以上前からよくカンボジアへ来てる現地で出会ったアメリカ人さんの情報です。(^-^)) いってきま~す。

 

カンボジアの新たな一面いかがでしたでしょうか?この国には世界遺産で有名なアンコールワット(Angkor Wat)もありますが、悲惨な過去も大いにありました。私は全てを知った訳ではありませんが、今回、実際に現場へ行ってみて肌で感じることが少し出来ました。先ほども書きましたが、人間って恐ろしい面も持ってる隣り合わせの生き物だとも強く感じました。「こんにち、私たちは争い事のない平和な世を願ってる。」でも私は思います。当時収容所で閉じ込められて、死を待つばかりの人々は凄くね1日でも良いから、また平和な日、普通の生活に戻りたいと思ったのだろうと...。あくまでも私の憶測ですが、これを教訓に、そして自分への肥やしにして、また一つ成長して頑張って行きたいと思います。

深い話はこの辺にして、次回はアジア最終の目的地smileyホーチミン(Ho chi mine)の写真をUP×2して行きたいと思います。ベトナムね~(´Д` )。ここも長い戦争が繰り広げられてました。今もね枯葉剤によって苦しんでる人々がいてます。 楽しい写真も次回はドシドシ載せて行きたいと思います。では今日も1日Have a good day.  

 

Cheers Mystery Hunter Tomo!!

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

~Road to Angkor Wat ~Pics studio part 2 ~

どおもお待たせしました。アンコールの後半ということで次に向かうのはバイヨンと言う遺跡です。これも凄く有名な建物でありまして、もちろんアンコールワットに続き2番目に有名な観光地です。是非楽しんで下さい。

 

到着~、バイロンでやんす。いつも現地のライバーに任せて行ってもらいます。(有名なところお願いと囁くとOKというて案内してくれました。)

 

ここは、修復が追いついておらず、至るところで崩れており、凄くひどいガレキ状態です。(只今復興中って感じです。♫)

 

再び首なしの腕無し状況です。(ひどいねこれわ。自然ではなくて人間に仕業です。内戦や何かの戦いが起こり、憎しみから、この様な行為が行われてた過去に本当に驚きです。戦争は大きな悲しみを生むだけです。残酷きわまりないです。憎しみ、復讐、人類とは何か愚かな部分も隣り合わせに生きてると、そんな警告を感じた時でもありました。)

 

素晴らしい彫刻でわありませんか?この縦の亀裂が、なお一層強調されてます。

 

本道へ入りますと、見て下さい。またアンコールワットとは違う構造の寺院でした。

 

四方に顔があります。(あなたをいつも見てますよと、いわんばかりでした。隠し事をしても無駄だ!!お見通しだ。Give you punishment .☆)

 

とある通路で真上から光郷が射してました。(神様の栄光への道しるべです。)

 

何の模様でしょうか??私には分かりませんでした。(不思議な世界)

 

これが天から入口です。(動物の様な形です。ありがとう。)

 

1階に降りてみますと、雰囲気は何か学問に関係ありそうな建物な感じもいたしました。(ここで勉強や学びがあったのだろうとも思い浮かべました。)

 

私の手を置いて、比較しましょう。

 

中庭付近から見たメインの寺院です。(もちろん四方に顔あり!!見てますよ~あなたを。)

 

通路はこんな感じ。屋根はありません。(多分崩壊したのでしょう。)

 

この寺院の側面(外壁)は歴史が描かれてました。

 

これ全部、この建物のガレキです。(一応分けてるみたいです。次回の修復用に........でも私にはどれも一緒に見えます。 ???状態でした。)

 

ある場所では、石が可愛らしく積まれていました。(これも復興に使用する欠片らしいです。どのように復旧するのかイメージが全く分かりませんでした。???です。)

 

当時の戦争が描かれてます。像に乗り、いざ戦いの地へ!!

 

これは船に乗り戦いに行く絵です。(写真にはありませんが、クロコダイルやマリファナやサルなどの絵もありました。)

 

そして、バイヨンからタ・プロームへ向かいました。その道の風景です。(やはり、ここを歩いてると、とても涼しいです。森林からのそよ風といいますか。当時の状況を思い浮かべました。12世紀を。)

 

また1つ変わった景色でしょう。植物が建物を食うてます。!!!!!

 

歴史の1面を目にすることができました。

 

この様にして、人工物はいずれ自然界へと変わっていくのだと。自然のパワーは遥かに上なんです。(自然をなめてはいけません。尊敬の念を忘れてはいけませんよ。大いにね。☆)

 

大蛇??とも言われたらそおですけど......根っこです。(でかくないですか?ヤバイよこれわ。植物に食われますよあなた。)

 

12世紀に作成された蛇の彫刻です。あれから800年以上が経ちました。(少し雨や風で削られてます。)

 

タ・プロームでは自然の驚異を知り、一路Siem Reapへと戻り、約50円のドラフトビールを飲みに帰りました。(めっちゃ美味しいですよ。冗談抜きで!!!!!)

 

夕方にはサンセットを見に、ここプレ・ループへとやってきました。

 

ちょっと雲が多くて、サンセットを見ることはできませんでしたが、当時もこんな景色だったのだろうと思い浮かべました。

 

辺りは森林です。そこに寺院があり、本当にスピリチュアルな場所でした。

 

空はとても綺麗でしたよ。綺麗なサンセットはみれませんでしたが。(あ~美しいかぎりです。)

 

その夜はSiem Reapの街へとブラッと散歩です。

 

とあるパブで一休み~。英語でAngkor What? ⇒正解はAngkor Watですよ。皆さん(*´∀`*) (しゃれです。)

 

パブの前は賑やかなパブやレストランが沢山あります。

 

これが、夜の顔です。沢山の観光客にパブに、本当にエネルギッシュで楽しい街ですよ。(凄いスピードでここは発展してます。)

 

以上です。本当に日がなくて、急いで観光してしまい、写真はあまり沢山撮ることはできませんでしたが、重要なPOINTは撮れたかと思います。ここSiem Reapは、凄まじいスピードで街全体が大きくなってる状況です。12年前に来たイングランドの人と一緒に回ったのですが、彼が1番驚いてました。当時は、そこまでアンコールワットは知られておらず、とても少数の観光客だったのですが、世界に知れ渡り、今や世界遺産、そして、日本でもどこでも目にするパンフレットに描かれたアンコールワット、その影響で、この12年間で莫大に発展したそうです。街の活性化!!その1つの理由として観光が大きくもたらしてくれることを、大いに感じることができました。

行って見て感じること、これも素敵な経験だと感じました。旅は予想外が多いですけど、楽しいですね。(^0^)V

翌日私は、ここSiem Reapを離れてフノンペンと言うカンボジアのキャピタルCItyへと向かって行きました。その模様を是非ババ~と載せていきたいと思います。カンボジアの歴史を....とても悲しい歴史がカンボジアにはありました。 またそれは来週にUPしていきます。

それでは今週も張り切って行きましょう↑↑。 Have a beautiful week. Enjoy!!Yep!

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

~Road to Angkor Wat ~Pics studio part 1 ~

おはようございま~す。さあ今日もここカンボカンボジアからお伝えしたいと思います♫。私も猿岩石になってた気持ちで、国境を渡りました。2ヵ国目!!3ヵ国目!!!って感じで。生きてて本当に嬉しい一時でした。ではBorderからAngkor Watの写真を是非楽しんで下さい。 行ってQ♫Q♫

 

じゃじゃ~ん。♫KIngdom of Combodia です。遂にBorderを渡ります。(この時はとても興奮しましたね。岩石ジプシ!!2013年

 

と、その前にVISAの申請書を書かなくてはいけませんでした。申請料は600BAH(約2000円)でした。

 

Thailandのイミグレーションは通過して、これからカンボジア側の審査です。(暑かった~。↓)

 

写真でもお伝えできてるかな?これは2国間のBorderの間にあるホテルです。どちらの所有物かは分かりません。外観は綺麗な建物でした。(周りから見て、これだけが近代的な建物で他はボロッチイ建物でした。絶対カジノは入ってます。)

 

見て下さい!!この列。タイやカンボジアは旧お正月でもあり、本当に待たされました。ここまでで最初の写真から3時間は経過してます。

 

はい。4時間以上の経過して、まだまだ先は長いです。本当に大変でした。(内心、国境を渡るのってこんなにしんどいん??と疑いましたよ。でも我慢我慢。)

 

やっとこさでBorderを越えて、この景色。。。かなり貧しいPoorな現状を目の辺りにしました。(砂ぼこりに道も全てThaiと比べてショックでした。)

 

建物も耐久度なし、使えるものはゴミでも使用する。(この時が久しぶりに、Nervousになりましたね。)

 

やっとこさで宿があるSiem Reapに到着です。この部屋で1泊300BAH(約1000円) (この日は気疲れで爆睡でした。)

 

就寝の前に、何か食べたくて、外で歩いてた時に偶然やってました。タダで見せていただきました。(ありがとうございます。)

 

翌日、TukTukにまたがり、いざAngkor watへLet's GoGoGo~ ♫

 

パパ~ン♫晴天に恵まれて、やって来ました。ここはメインの入口になります。(沢山の観光客でした。)

 

道を進んで行きます。(神様の光が眩しいのなんの☆。)

 

中は、至るところが崩壊してます。ここもその1つです。

 

1000年以上前に設立されて、今に至ります。(ボロボロだけど、素敵な彫刻が沢山あります。)

 

これも当時のまんまです。

 

修理が進んでます。メインの入口です。

 

そして、見えるでしょうか?中の方へと入ってまいりました。もお本部ですよ。

 

修復前はとてもとてもひどい状況でしたが、このようにして修復しました。(中身が見えるのは残念ですね。せめて鉄は隠してほしいものです。)

 

馬に乗り写真の撮影できます。が、暇らしいです。(馬も眠たそうですね。)

 

道を北えと進みます。本道へいざ!!

 

ライオンの顔は剥ぎ取られてました。(残念で見苦しいです。)

 

ここも修復中。真っ直ぐ行けずに、周りから中へと入ります。

 

写真だけ本道からカシャ♫(なかなか良いアングルでしょう。(*´∀`*))

 

ここはプールの跡です。宗了はここで、昔はRELAXしてたんですね。

 

天井は雨で彫刻が剥ぎ取られてます。1000年も経てば、人工物は、なかなか持ちませんね。

 

これも60年前の内戦で顔が取られました。

 

神秘的なスモークです。仏様に祈りを皆様!!

 

当時の将軍はここから、何を覗いていたのでしょうか?(映画の1シーンな感じですね。)

 

中庭です。子供の僧侶はここで遊んでたと思います。(ボールゲームもやっていたかと思います。)

 

私はタンクトップだったので、この階段をあがれませんでした。沢山の観光客が上へと上がってました。

 

花も咲いてました。生命力は何処でも可能な限り生き続けます。(聖なる菜の花みたいに伺えました。凄いね生命力は。)

 

とある通路です。No Head ..... (残念な景色。)

 

あなたの部屋からこんな景色が見れたらどうしますか?(美しい)

 

外観です。(まだ綺麗に耐えてます。)

 

記念にハイチーズ✌

 

また、中からではなくて、外から見るアンコールは良いですね。

 

一味も違う魅力 from exterior 

 

これがアンコールの表情かなと思います。

 

たんぽぽが雲が、また素敵な味を出してくれました。(何辺見ても素敵やね。)

 

昔は森林だつたこのへんも、開拓されて、この景色です。(皆さん当時のジャングルを思い描いてください各々で。ここは秘密の寺院なんです。)

 

現在は観光がメインなので、このような砂利道も作られてます。(少し残念な気もします。森が見たかった~。その中に眠る遺跡!!想像しただけでも、ヤバイね。)

 

リンゴの木の木陰からハイチ~ズ✌アンコールワットさん

 

メインの道からは帰らず。外側から歩いて出ました。雨が降れば、この辺りは大きな水溜りになり、また1味も2味も変わるそうです。(水に映るアンコールワットなど見てみたいですね。☆それは次回のお楽しみです。)

 

偉大なるAngkor wat in 2013. (凄いねやはり。)

 

外庭からのアンコールワット。(お城は遠くからでも凄い迫力だわさ。)

 

まだ見えます。アンコールワット!!!!!!切手サイズね。

 

とか言うてるうちにお昼のLunch timeです。向こうは観光客がきたのに驚いてました。私たちに。この辺は観光客が見当たらない外れの場所だったので、少し驚いてたかな。

 

この時は11時15分頃でした。彼はイングランド出身のグレンさんで彼はアンコールワットは3回目で、カンボジアの観光はベテランさんです。彼と同行して正解でしたね。

 

ポスターは至るところにあるけど、私は読めません。全く理解不能の文字です。

 

これで約200円でした。まあ現地の路上感覚での店では少し高めでしたが、美味しくいただきました。(ゴチソウさまで~す。)

 

食後は次なる遺跡へとTukTukuを走らせました。(ご覧いただけますか?ここも頭が取られてるんです。首切りです。惨めな姿でした。過去の歴史は凄まじかったと思います。今でもぞくぞくしますね。)

 

以上がAngkor Watの写真となります。 ご覧いただいた皆さん。本当にありがとうございます。自分自身、念願の夢でもあったアンコールワットを生で見て、入ることが出来て感激でした。オーストラリアのエアーズロックに続き、また1つ夢が叶った事、まだまだ行きたいところは沢山ありすぎますが、本当に歴史を感じて、触ることも出来て感謝してます。 でもまだ終わりじゃありません。この続きは数日後にUPしていきます。また異なった。アンコールワット付近の遺跡をUPしていきますので、ご期待宜しくお願いします。

今日はこの辺で、世界のカンボジアまで~行ってQQ♫(^O^)

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

オーストラリアの田舎を満喫できる街「Bright」
Brightで楽しめるアクティビティや食をご紹介!
フィッツロイ・ガーデン
初夏の木漏れ日のなかで過ごしてみませんか?
Victoria Monsoon News
Mt.Buffaloでアウトドア・アクティビティーを満喫
ヴィクトリア州の歴史思わせるParliament House
MELBOURNE建物図鑑
ヤラバレーでワイン三昧 ②
知られざる名門ワイナリー&リゾート・スパ

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上