Logo for lacrosse

Finally, I wanted to come in LA . Part Ⅱ

旅コラムに戻りまして、色々とLAのその他をお伝えして行きたいと思います。本日向かうのはHollywood cheeky and Beverly Hills cooland Bel Air cryingの3箇所を見てきました。信じれないこの世の、究極の欲望の最終着地点。 人類がもっとも住みたいと思う地点。ハリウッドセレブや、ハリウッドアクター、ドラマで映画で実際に使用された。家々を見てきました(外観だけ)、中には入れません(笑)。今では一般人が住んでるため。そんな世界で最も人間が住んでみたいと思う場所に行ってきましたので、ごらんください。タイトル;『欲望の頂点を見た者は世代が変わろうが変わらないが、底へと導かれる。頂点の次は底(底辺)へ。mail

 

晴天に見舞われて今日も早速、地下鉄で最寄の駅からHollywoodへとやってまいりました~~。(ヤ~(^0^)♪)

 

ロサンゼルスのビル群です。そんなに大きくはないでしょう。☆

 

もお1枚。(Oh~Los Angels)

 

遠方には山々が・・・

 

映画で、テレビでお馴染みの看板です。(初めましてです。cool

 

Reduction して、もお1枚だす。

 

少し変化をつけてLos Angelsを。

 

ゴジラ映画で使用されそうな写真。

 

霧に埋もれそうなロサンゼルス街。

 

こんな感じもアリかな。☆

 

おしゃれ~Hollywood♪、(住んでみたい?金が飛ぶように無くなる~。)

 

1億円の車もBoutique shop 前に停車してます。 これがHollywoodなんです。(Wow-------indecision

 

Bevery~。Bel Air~と、夢の高級エリアなのです。 (私みたいな無一文な人間が来て心恥ずかしくなりましたY(笑)全財産100万円以下しかない人間なんで。Gypsy Tomoはcrying底の人間(私)と頂点の暮らしの人々。(笑えるわ))

 

このココナッツの木々は、凄くセクシーで、イ~よね~。カリフォルニアには何処でもあるのですが、もちろんハワイにも、やはり、常夏の土地にはピッタリの植物ですY。♪

 

この家は、何かで有名だった。。忘れてしまいました。でも、案内人が色々と説明してくれました。(凄い人が住んでたような。超有名人。。。忘れた~broken heart

 

これは、アメリカの何かのドラマ(シリーズ作品)で使用されてた、有名作品の場所らしいです。私はチンプンカンプンで???状態でしたが、解る人は興奮して、シャターを押しまくってました。

 

イエ~イ。Bevery Hills man!!! 次来る時は何かの用事で来たいものですね。観光で来るのは惨めに感じる。。(笑)普通に歩けないよ。背伸びしても、しきれん。意味無し。何十億円以上規模の資産庶民が住んでる場所に100万円以下の男が歩いてる??バカなストーリーが生まれるでしょう。(笑い者=私は(笑crying))

 

Pretty Womanの撮影で使用された、有名なワンシーンの場所です。

 

はしごがあります。ここを上るのですね。ジュリアロバーツは。

 

素晴らしい場所に出会えた。名作のワンシーンの場所を見れただけでも、100万以下価値の男が来れて、嬉しくHAPPYに感じました。(ありがとう☆)

 

夕方になると、メッチャ混むの、交通渋滞なのです。凄いの渋滞がここロサンゼルスは、人口も凄くカリフォルニア州は多くて、土地の値段はテキサス州の4倍はするそうですよ。(例;テキサス州で2800万円の家がカリフォルニア州のサンタモニカだと1億円を超えると、)そんなに違いあるのです。事実、カリフォルニア州の天気や気候は100%完璧ですから。文句の言いようがないのです。テキサスやアリゾナ州は、夏は凄まじいほど暑さで40℃超えは当たり前の焼ける程だから。 カリフォルニア州に人が集まる訳ですね。(1つの理由として。)

 

HOP ON OFFバスもしっかり走ってました。

 

夜に近づいてきましたので、電車で帰りました。宿の最寄り駅です。

 

快晴の空に最高の景色で、旅は最高だな~って感じるSUN SETの瞬間ですね。

 

このまま地球が滅びても感無量に、悲観的にも感じる。一時ですね。laughロサンゼルスの1日の過ごしやすい、、天候は、また違いますね~。

ロサンゼルスは不思議な類無き街ですね。 リゾート雰囲気の天候だけど、街がある。。でも大きくはない。。ビルが10本程あるだけ、、メキシカンの人々も多く、アメリカとメキシカンの文化も混ざってる。ココナッツの木々も雰囲気を良くしてくれて、気持ちがイーです。  多分ですけど、住みやすいんでしょうね。だから人が集まる。治安も、そこまで悪い印象は無かった。中米に比べて、 まあ、バランスは取れてる感じにも見受けられます。アメリカ(USA)の中では、共栄が出来てそうな、他のシティに比べて。 でも、また行きたいかって聞かれたら、別にですね。興味はないです。(笑) サンディエゴの方が何倍も雰囲気はイーですから(超オススメ♪サンディエゴ。何でかって!!全てが私の条件で高得点。)アメリカで、余生を過ごせるチャンスがあるとしたら。1000%サンディエゴですよ。こんなこんなこんな生活が楽しいくなる都市型リゾート場所、且 メキシカン文化50%は占める。食事所も豊富で、陽気な人が多く、天才的(魅力)な場所はありません。  オーストラリアで、私のトップ3はCoral Bay(West Australia)ここは天才的な場所の1つ 海は世界1でしょう☆ 気候は激暑ですが、 それを彷彿とさせる海の生物や珊瑚が、ぶっ飛ばしてくれる。 その他ではNoosa周辺ですね。これはオーストラリアを代表する1つと言っては過言ではない、天候は面白いです。サイクロンの通る道でもあるけど、カミナリも度々発生、晴れの日は、日射病に気をつけないといけない夏は。 車でPomona地方へ行くとジメジメする暑さを感じれて、野生のカンガルーに遭遇できる。サーフィンにワイルドにパーティーに面白いから。 あとはAir line Beach ですね。ここでビジネスが上手くいけば、生活が楽しい150%、パーティービーチです。ケアンズに負けてるけど、こじんまりだけど、ハミルトン島や、その他の交通のある意味、中心地に位置する。悪くないよ。イーよyeswink場所だす。 そこにサンディエゴ入れても、トップかもしれないですね。

さておきロサンゼルスの話に少し戻りまして、ハリウッドでしたね。観光客は勿論沢山いてました。アメリカ人の国内旅行客がホトンドです。9割以上はアメリカ人ではないかなってぐらい、夕方になると異常な程に車が走りだして、交通渋滞。。。会社帰りの人々に、そしてドライブに出かけるアメリカン達。 反射的(客観的)には混ざりたくない習慣(自分の人生の流れ)の1つに思ってしまいますね。(苦笑) ホント、ハリウッドは栄えてる。凄いね~・映画の力に、その歴史に影響力に・気候までが見方して、 『たまげたsurprise』  

以上 ロサンゼルス Part Ⅱでした。

次回はロサンゼルス最終のPart Ⅲをお送りしたいと思います。

ncerely Ceers !! by Gypsy Tomo2015!!

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

夏至のキルケネス in ノルウェー ~The Summer Solstice~

2015年上半期のGypsy Tomo2015!!の決算株主総会(目的達成の日)それは、いたかった・たかった・興味があった・そしてここに、また1つやりたかった事を叶えた。2015年6月21日、本日は夏至です。こちらは天候は最近良くない為に一足先に(1日前)丘の上へ登り、撮影してきました。上半期に目標がここに達成された瞬間を写真に捕らえましたので、UPしていきたいと思います。小さな小さな憧れを掴み取った現実です。ノルウェーで生活をする。ノルウェーの中のノルウェーで(田舎の中での可愛いらしい町で、そこの取り囲む自然と人々と共に)そして、且 白夜を経験し、夏至という日が一日中長い日を迎えるという、ホント嬉しい☆ よくここまで、固執して、しがみ付いてる自分の能力というか性格というか、頑固といか、クレイジーというか、信念というか、体が、本当に付いて来てるなと、健康な体に感謝してます☆laugh そんな感じで、いつもと変わらない写真だけど見てやって下さい。お願いします。それでは行きましょう、『世界のここにクレイジー日本人が1人いた☆』Check it out.

 

6月21日3;00am Kirkenesの丘の上。逆光ですが、どうぞ。ゆっくり見て下さい。イメージしながら、イメージを沸きああせながら。

 

恒例の北極海へと続く道です。

 

大地 Oh- 自然の造形が偉大。

 

可愛らしい噴水が1つ、冬には凍りがぎっしり張ります。スケートリンクへと。

 

夜中のKirkenes誰も歩いてません。

 

こんなのが見たかったんだな、私。。静まり返る町の丘から眺める、ライオン気質の私の達成感です。(ライオンキング=Tomoキング感覚ね。地球とTomoの一体感。。。。。zNever Cut it off, We love each so that.........)

 

夜中のSunny Flamming one. You are the best (Sun) 夏至よ、ありがとう。Nice to see this day .

全てが私のCrazyなエネルギーからここまで達成できている。私はまだ生きてるんだよ。仕事は正直に不安定なポジションながらも、なんとか1ッ月半、雇用されてて、給料もいただいてる。奇跡のラインです。弱音は吐かないですが、実質、何時でも解雇通告されてもおかしくない雰囲気は毎日かんじてる。精神的には、まあしんどいかな。でもなんとか持ちこたえたいね。それが本心!!今年いっぱいは。。。ここの地方は1ッ月に雇用相談所へ約400人のノルウェー人や、その他の国籍の方々が雇用を求めて訪れるのですが、そのチャンスもなく、失業中で先週、ニュースにもなりました。これから夏の稼ぎ時のHigh Seasonなのですが仕事が無いんですね。(スペシャルな資格の仕事は除いて)、だからこそ自分自身は超ラッキーな人間だと思って、仕事を頂いてる事に、仏様に皆さんに感謝してるのです。どんだけ私は運を使い果たしたのかなって、逆に思って{怖}って取る事もできます。人生何がいつ何処で起こるか、マジわからんわ(^o^).  

そしてもお1つ感じた最近の事は、自然を愛する大尊敬する者は万物に力を与える事が出来て、第3の目=感性が育つ事が感じ見受けられますね。『第3の目』それは『感性』 これ多分、合ってると思う(正解!!)。私自身、実績がないから、まだ解らないが。最近、そんな気がせんでもないですblush  

不思議な世間知らずの者が、何か変な事言うて。すんませんcryingmailまた次週にでもコラムUPできたらと思います。

Gypsy Tomo2015!!

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Finally, I wanted to come in LA

今回は旅の続きに戻り、お伝えしたいなと思います。ノルウェーでの生活は順調に来てる感じではありますが、色んな意味で気を緩める事はできません。さておき、ロサンゼルスでの活動1の写真をUPしましたのでご覧下さい。Let's Check it out!!laugh

 

誰も買い手のつかない、古いアメリカって感じを醸し出すビルです。(Lease中で~す。)

 

ロサンゼルス市内にある。インド系の人らの多いマーケットです。同じ物が、むちゃくちゃ多いです。(ロサンゼルスは色んな人種がごったがえてるという、印象を受けました。)

 

ショッピングショッピング。全ての物が揃えられてます。

 

もお1枚。

 

ビルとビルの間。光が上方にだけ当たるという、質素なビルに見えます。(日本ではまず、無いという思いですね。)

 

ロサンゼルス市内。

 

このような壁画?も、見ることができます。結構あるとおもいます。

 

シアター。The America

 

この時はトイレに行きたくて場所を探してて、図書館へやってまいりました。街のど真ん中に、一等地に図書館。

 

サンタアニタ競馬場へにもやってまいりました。憧れの地(そこは、私が競馬をもっともっと好きにさせてくれた映画の撮影された舞台でした。)

 

地下馬道、この先にトラックがあるのです。

 

映画の1シーンみたいに撮影してみました。『栄光への扉へ』

 

この日は競馬は開催されてなくて、誰もいない敷地内をウロウロと見て歩いてました。

 

座席。

 

ホントに天候は晴れ快晴で。驚くほどですね。これが毎日続くのです。雨は降りません。ロサンゼルスわ。年に数回だとか。

 

日本と違った電工掲示板は、アメリカンカルチャーだなって、懐かしく、可愛らしく、気持ちよかったです。

 

美しいサンタアニタ競馬場を。

 

サンタアニ~タ♪cool

 

馬券売り場も広々としてます。(こんなんだな~ってのが感想です。)

 

全てが新鮮。♪(ここに来れた事は本当に嬉しかった。1つの小さな夢が叶った瞬間。)

 

シービスケット

 

当時の撮影模様が今も館内で写真として見れます。

 

この映画は本当に実在した馬のストーリーです。 ダメなサラブレッドが活躍して、人々の心を打つ。そんなストーリーです。

 

ありがとうサンタアニタ☆

 

Santa Anita

 

昔は西海岸の競馬はバカにされてたけど、今では立派にブリーダーズカップも開催されてる。その証の像です。

 

ゼニヤッタです。こちらはそこそこ有名な馬でした。

 

パドックだす。(^0^) 競馬が開催されてないのは残念です。次回は馬と一緒に来たいですね。♪

 

私が会いたかった馬。シービスケットです。wow(感動だす。)

 

彼はその昔、アメリカ国民に感銘を与えた競走馬だったのです。

 

小柄な競走馬でした。シービスケット君

 

記念にハイチーズ☆

 

It was nice to see you.

 

Los Angels の駅です。全然、日本と違って綺麗ではないでしょう。(笑)

 

夕方のロサンゼルスの街並です。

 

その2

 

その3.ロサンゼルス。

ロサンゼルスは私が思ったよりも、そんなにゴミゴミはしてなかったです。まだニューヨークやメキシコシティに比べたら、全然ましです。もっと大きなイメージがあったのですが、そんな巨大都市でもなく、まあ普通の都市だな~ってのが感想です。laugh 全てが、ずば抜けてるって事は全くないですね。たたビーチが遠いのが、マイナスポイントかな。サンディエゴなんかは、最高のビーチ付きの都市だから文句ありません。私の中ではサンディエゴが1番です。アメリカの中では360日晴れで、そんな蒸し暑いって事はないし、ベスト中のベストだす。ロサンゼルスで何か印象に残ってる事は初日ではないですね。だだっ広い感覚、全てにおいて公共交通機関を使わないと行けない距離ですね。私は基本10km程度だと歩いて行くのですが、ロサンゼルスは広くてユニバーサルスタジオやビーチや競馬場やハリウッドなんかな、輸送機関が必要となります。街としては何か優れてるってのは無いですね。買い物はShoppingには最高の街かもしれません。そこは少し匂ったかな。 何よりもサンタアニタ競馬場へ行けたことが本心で嬉しかったです。自分が競馬をここまで好きになったのも1つは、この映画(シービスケット)のお陰だからです。そのドラマが実話が生まれた。場所に訪問出来た。小さな夢は、今でも思い出すと、Happyな気分になります。 次回の旅コラムもロサンゼルス2を紹介して行きたいと思います。

Have a good day .

Gypsy Tomo! devil

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

キルケネス周辺と裏山からの景色 ~The Around Kirkenes and on the hill ~

Kirkenes)へ到着してから、まもなく約1ヶ月となります。時間が流れるのが、もったいなく感じたりもしてます。ここでの生活が優雅にも思える。本当に平和で空気が新鮮!!、町民が約3500人程で、皆が皆、顔見知りで、本当に違った世界へ足を運んだなと感じてます。争いごとも無い・・町は24時間いつも静かで、太陽が沈まない。不思議な宇宙にいてるといつも感じてます。雨も降っては止んで、晴れて、また雨で、晴れて・・・の繰り返し。山の天気に似てる。そんな風にも思えます。だから余計に太陽の日差しが緑(木々)に当たると、植物が喜んでるかのように、素晴らしい色(踊るような緑色)を醸し出してくれますenlightened。都会での生活をも消し去る(過去の生活をも記憶も)。酸素カプセルではないのですが、自然のカプセルで毎日リフレシュさせてもらえてる。そんな想いをもしたり、妄想したりして(☆不思議★)、本当に私の30年間の都会での生活。疲れた(ストレス)体や脳・心を自然のエナジーが循環してくれてる(治癒)にも伺え感じます。町には何も無い、ただあるのは自然の流れ、民主主義な国(ノルウェー)だけど、社会主義国の様に感じる。 競争的(張り詰めた感覚・慌てる感覚・雑音(騒音)など)一切ない。人間と自然のバランスの取れた生活模式。自然が人間をいつもコントロールしてるかの様、知らない内に人々を浄化してる(景色(目)から匂い(鼻)から空気(口・鼻・肺)から⇒五感⇒心(己の魂)へと)。 人間って自然にコントロールされないといけない生き物なのかもしらないね。『バランス』=『共存』=『尊重(ありがたさ)』 ともかく、まだこちらでの生活が1ッ月も経ってなくて、答えは出てないのですが、感じ取って、心の目で見るように、これからも心がけて、過ごして行きたいと思います。『太陽は私の大事な彼女のような存在ですcrying』I love Sun.それでは、私個人の前説はこれほどにして、周辺写真を見て下さい。『Zoom inmailin』

 

 

welcome to Kirkenes (ようこそキルケネス)

 

こちらは前回紹介した。Ice Hockey Fieldでございます。私の家から30秒!!『激近!!smiley』(ほぼ毎日孤独に(笑)1人でシュートごっこしてます。)

 

町並です。私の住んでる。。。町民約3500人。。。日本人は私1人かな?。。。

 

北は半島ですね。(神秘なるパワー)

 

写真を拡大してみました。

 

他の角度からは、このような景色も。そんなに高くないですよ。見かけはエベレスト(笑)かのようだけど、1000m程の普通サイズです。

 

丘の上には池です。雪溶け水で出来たんでしょうね。空も気持ちの良い表現をしてくれて。本当に本当に世界観が変わります。

 

他の角度から、また違う池です。こちらの方角は東です。先にはロシア国です。

 

手前が池で、奥が海(湾)です。 (素敵です☆(^o^)v)

 

こんな2段の水辺(水の表現)を、今まで見たことがあるでしょうか? 私は初めてで、この巡りあわせが本当に嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいです。

自然はいつも違った表情を表してくれてます。私の出会った。この時は、たまたま仕事が早くに終わり、天候もタイミングも久々に恵まれたので、初めて、この丘へと上がりました。私の中では100満点のコンディションで、この丘で、大いに羽を伸ばせて、今まで見たこと無い景色を見て感じとれました。前回のコラムでUPした。場所とは、また違った感覚ですね。 こちらの丘は、人や車の動きも見れて、住居も見れ、海・山・池・鳥・360°の空に雲。全てが見渡せる。そんな『共存』ってテーマ感じ取れる場所です。私はここが、かなり好きです(^-^)yes。今はラクロスのチームにも所属しておらず。仕事と1人になる時間。誰にも邪魔されない。監視されない。ぎくしゃくしてない。自分で主導権を握り、アパートで1人暮らし。laughホントにホントに求めてた理想の生活が送れてる空間です。経験・パワーを充電、そして再び都会生活へ戻る日まで。社会に生きる頭の良すぎる哺乳類(人間)、今、全世界の人々に必要なのは自然に帰るって事でしょうね。wink 『里帰り』この意味が今、少し解ったかの様に感じます。故郷を、お持ちの方は利点(Benefit) でしょうね。 私は故郷(里)が無いため(都会人のため)に、必要な部分を欠いていた。改めて『里』という大事なエネルギーの源の必要不可欠な事に気づきました。。 この『里』という漢字に皆さん何か気づきません? 土に田・・・大地からのエネルギーという、そんな風にも感じ取れます。

こんなものかな本日は♪laugh夏至の日が本当に待ち遠しいです。また次回コラムでお会いしましょう。See ya around!!

By ; Gypsy Lacrosse Player Tomo2015!!

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第42回「あの・・・その・・・あのぉ・・・」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
子どもと行くメルボルン @Ron Barassi Senior Park
Docklands最新の公園へ✩
子どもと行くメルボルン @Fire Services Museum of Victoria
消防について学べる!
世界遺産登録の王立展示館
MELBOURNE建物図鑑
33-34 / 87days -ブルーム-
3カ月でオーストラリアを1周する方法

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上