Logo for novels

行方不明(3)

第一章 トニーの失踪

2006年

 静子はさっきから何度も柱時計に目をやっていた。もう9時になっている。不安の波がだんだん胸の中を広がって行く。夫のトニーが連絡もなく遅くなること等、結婚以来ないことだった。携帯に何度も電話を入れたが、「今電話に出られません。メッセージを残してください」との決まり文句だけが戻ってくる。

 静子がトニーと会ったのは、去年のことだった。去年、トニーは日本で英語学校の講師として英語を教えていた。静子はその頃、旅行代理店に勤めていたが、勤め始めて3年目にもなると仕事もマンネリ化してきて、毎日の生活に物足りなさを感じていた。何かもっと心がワクワクするようなことをしたいと思っていたのだが、何をしたいのかはっきり分からなかった。しかしある日、客に勧めるパンフレットを見ているうちに、外国に留学したいという思いがふっと湧いてきた。それから通勤の行き帰りに見る英語学校の看板に誘われて、英語学校の門をくぐった。その学校の静子のクラスの担当がトニーだった。トニーはベビーファイスで、静子はトニーの大きな青い瞳で見つめられると胸が高鳴った。1ヶ月経った頃、トニーから電子メールが届いて、静子を驚かせた。電子メールのメッセージは日本語で書かれた。そこにはつきあってほしいが、英語学校では生徒との交際を禁じられているので、学校をやめてくれたら個人教授してあげると書かれていた。静子は本気にとっていいものかどうか迷った。いろんな生徒に同じようなメールを出している不良外人なのではないかと言う気もする。それというのも、静子は自分が女として特別魅力があるとは思っていなかったからだ。どちらかと言えば背は低いし、ちょっと太り気味。顔だって十人並みだ。それに、それまでもボーイフレンドと言えるような人もいなかった。静子はトニーが本気であれ悪ふざけをしているのであれ、英語学校に行ってトニーと顔を合わせるのがおっくうになって、次の日の英語のクラスを休んだ。すると、その翌日またメールが入っていた。土曜日の12時半に町田駅で待ち合わせて一緒に昼ご飯を食べないかと言う内容だった。誘いにのったものかどうか、土曜日の朝まで迷いに迷った末、ひとまず、会ってみようと思い、洋服ダンスから自分の一番のお気に入りの紺色に桜の花が描かれているワンピースを出して着た。化粧をした後は、何度も鏡を覗き込んで、自分が少しでも美しく見えるかどうか髪型を直したり、色々なネックレスを首にかけてみて一番服に合うネックレスを探したりして、身だしなみを調えるのに1時間もかけた。

 駅に着いたのは約束の5分前だったが、トニーの姿は見えなかった。幸い春の暖かい日だったので、日に当たりながらトニーが来ないかと駅の改札口をずっと眺めていた。12時40分になっても、トニーの姿は見えなかった。待っている時の時間は10分でも長く感じられる。だんだんと不安になってきた。
静子はやっぱりトニーの誘いは冗談だったのではないかと思い始めた。そんな冗談にのって、のこのこ町田駅まで来た私って馬鹿みたいとも思った。1時まで待って来なかったら、帰ろうと思いつつ腕時計を見ていると、突然後ろから肩を叩かれた。振り返ると、笑顔のトニーが立っていた。英語しか話せないと思っていたトニーが流暢な日本語を話すので、静子は驚いた。オーストラリアの大学で日本語を専攻したのだそうだ。それからトニーとの交際が始まった。トニーは二人でいる時はいつも日本語を使うので、静子は冗談めかしに「あなたは、日本語を練習したいので私と付き合い始めたんじゃないの?」と言うと「そうかもしれないなあ」とトニーは笑いながら答えた。二人は付き合い始めて半年後に結婚した。外国に行きたいと常日頃思っていた静子はトニーにねだって、新婚3ヶ月でトニーの故郷のメルボルンに来た。それが、今年の1月だった。

 トニーに一体何が起こったのだろう。まず心当たりを電話することから始めようと思い立ち、トニーの高校時代からの友人のジョンに電話した。何度目かの呼び鈴の後留守電が回り始めた。まだうちには帰っていないらしい。留守電に電話してほしいとだけメッセージを入れておいた。
次にトニーと親しい会社の同僚のリチャードに電話した。電話には女性が出て来た。リチャードの恋人のケイトだった。
「静子だけど」




次回に続く.....

著作権所有者・久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(2)

 エリンが襲われてから1年後の12月27日にも、同様な事件が起きた。今度の被害者は10歳のアンだった。アンに初めて会った人はだれでも彼女の大きくて蒼い目に魅せられる。まるでフランス人形のような感じの女の子だった。深夜アンの家に侵入した犯人は、ここでも最初にアンの両親の手足を縛り、身動きができないようにした。しかしエリンの場合と違って犯人は寝ていたアンを起こしてナイフで脅しながらアンを連れ去った。何とか自力で手足の紐をほどいた父親によって通報を受けた警察は、すぐにかけつけた。しかし犯人は用心深い人物らしく、ここでも証拠になるようなものは、何一つ見つからなかった。両親をしばるために使われた紐も口を塞ぐために使われたガムテープも、どこの雑貨屋でも売っているようなありふれた物で、手がかりにはならなかった。覆面をしていたので、顔は勿論分からない。アンの生命が危惧され、両親は半狂乱になっていた。以前エリンの事件を迷宮入りにさせてしまった警察は、その時の汚点を取り除くためにも、全力を挙げて捜査にあたったが、手がかりになるものがなく、時間は無為に過ぎていった。刻々と過ぎる時間はアンの両親にとって、拷問を受けているに等しかった。そして24時間が過ぎた。その翌朝、アンの家の近くの公園で、目隠しをされ手足をしばられて芝生の上に転がっていたアンを、犬を散歩に連れてきた老人がみつけて警察に通報した。通報を受けて、警察と共にかけつけたアンの両親は、アンの無惨な姿を見て、生きていてくれてよかったと安堵すると同時に犯人に対する憤りに胸がはちきれそうだった。保護されたアンは、ずっと目隠しをされていたので、事件の手がかりになるようなことは、覚えていなかった。

 三件目の事件が起きたのは、翌年の7月3日だった。3人目の犠牲者のジェシカは13歳だった。ジェシカはのっぽの女の子で、スポーツの得意な子だった。ジェシカはアンと同じように誘拐され、50時間に渡って暴行を受けた後、小学校に置き去りにされているのを見つけられた。命は助かったものの、ジェシカは心身ともにボロボロになって帰ってきた。ジェシカもまた警察に何も手がかりになるようなことは話せなかった。目隠しをされていたのと、恐怖でパニック状態になっていたからだ。
犯人は犯行を重ねる度に大胆になっていった。この頃になると、度重なる犯行の残酷さに、犯人には「残酷男」と言うニックネームがつけられ、小学校高学年から中学校低学年の娘をもつ親達を恐怖に陥れた。

 4人目の犠牲者になったのは、13歳のカレンだった。カレンは、今までの被害者が皆白人だったのに対して、中国人の女の子だった。他の3人の犠牲者と似ているところは、私立の学校に通っていたことだ。カレンの両親は中華料理店を経営しているおり、店は繁盛していて裕福だったが、夜は両親とも家にいなかった。だから、カレンは夜はいつも十歳の妹と八歳の弟の子守りをしていた。両親は夜子供たちだけが家にいることを心配して、家は砦のように高い塀で囲み、大きなシェパードを飼っていた。それにもかかわらず、残酷男は高い塀の上に張り巡らされていたワイヤを断ち切り、カレンのうちの飼い犬に睡眠薬の入った肉を与えて眠らせ、難なく家に侵入した。「残酷男」に襲われた時は両親は当然のことながら家にはおらず、犯人を目撃したのは幼い妹と弟だけだった。妹と弟からは覆面をしたナイフを持った男だったということ以外のことは聞きだせず、手がかりは得られなかった。警察から事件を知らされた両親は驚愕で当分物も言えなかった。今まで襲われたのは典型的な白人の女の子だったので、中国人の娘が襲われるとは夢にも思わなかったのだ。今までの事件では、被害者は3日後には帰って来ている。だから、3日も経てば帰ってくるだろうと、警察はたかをくくっていた。ところがカレンは1週間経っても行方が分からなかった。焦り始めた警察は、テレビのニュースで連日のようにカレンの写真を見せ、カレンを見つけ出すために市民の協力を呼びかけ始めた。カレンの写真をもった両親もテレビに出て、娘を返してほしいと涙ながらに犯人に訴えかけた。しかし必死の捜査にも関わらず犯人を見つけ出すことは出来ず、カレンは2週間後ピストルで頭を打ち抜かれた姿で田舎町のゴミ捨て場で遺体となって発見された。死後3日たっていた。遺体には暴行の後はあったが、手掛かりになると思われた精液はきれいに洗い落とされていた。犯人は大胆になったとはいえ、証拠となるものを全く残さなかった。犯人は頭が良く、用心深い男であることが窺えた。

 警察が、小児性愛者として前科のある者を一人一人徹底的に洗った結果、容疑者として何人かの名前が上がって来た。ところが、決め手になる物が見つからず、事件は迷宮入りした。
「残酷男」の犯罪は、カレンを最後にぴたっととまってしまった。
ある者は「残酷男」は警察の手が伸びて来たので捕まることを恐れて犯行をやめたと言い、ある者は「残酷男」は外国に行ったのだと言い、またある者は「残酷男」は死んでしまったのだと言う。しかし本当のところは誰にも分からなかった。



次回に続く.....

著作権所有者・久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(1)

プロローグ

オーストラリア、メルボルンにて
1999年4月12日

 エリンは、金髪のカールした長い髪を手でくるくると巻きながら、首をかしげて話をする癖のある、だれからも愛されている活発な小学6年生の女の子だった。父親は会計士で自分の事務所を持ち、母親は専業主婦だった。一人っ子のエリンは私立の小学校に通っていたが、それは家が裕福だからと言うよりも、父親の姉がその学校の教師をしていたからだ。
 復活祭の休みが始まって4日経っていた。その日エリンは昼間母親と一緒に近くのショッピングセンターに行って、前から目をつけていたフリルの付いた花模様の可愛らしいピンクのワンピースを買ってもらい、ご機嫌だった。夕方には会社から帰ってきた父親と三人でいつものように食事をした。その後テレビを見て、ベッドに潜った時は午後10時になっていた。
 いつもはいったん眠ると朝まで目を覚まさないエリンは、その晩急に息苦しさを感じて目を覚ました。目を開けると、覆面の男がナイフを持ってベッドのそばに立っていたのが目に入った。驚いて声を上げたが、口をガムテープでふさがれて、その声は外にはもれなかった。男は布団をはぐと、恐怖ですくみあがったエリンの下着を無言でむしりとった。

 その後、エリンは自分に何が起こったのか、恐怖で頭の中が真っ白になっていてよくわからなかった。ただ、男がのしかかって来て、その重さに押しつぶされるのではないかと思った時、下腹部に激痛が走り、悲鳴をあげたが、ガムテープでその叫び声も消されてしまった。男の蹂躙が時間にしてどのくらい続いたのか分からないが、恐怖と激痛でエリンには、それは永遠に続いたように思われた。
男が去った後、何事もなかったように、家は静まり返った。エリンは口を塞いでいたガムテープをはがしたが、激痛で歩けそうもなく、そのまま死んだようにベッドに横たわっていた。ベッドのシーツは真っ赤に染まっていた。そのまま何時間横たえていたか分からない。突然両親がどうしているのだろうかと不安に襲われた。大声で「パパ!ママ!」と呼んでみた。家はしーんとしたままだった。両親の安否が気がかりになり、重い体を起こし、壁を伝ってやっとの思いで両親の寝室にたどり着いた。両親の寝室をゆっくり見回したが、両親の姿は見えない。エリンは苦痛と心細さに両親のベッドに倒れ込んで、顔を手で覆い、さめざめと泣いた。泣き疲れて、眠りが襲いかかった時に、洋服ダンスの方でカタカタする音に気づいた。音のする方に這って行って、洋服ダンスを開けると、そこにはガムテープで口を塞がれ、荷造り用の紐で手足を縛られた両親がうずくまっていた。エリンは無我夢中で二人のガムテープを取りはずし、手の紐を解いた。エリンの身に何が起こったかは両親は何も聞く必要はなかった。手足の自由を得た両親とエリンは3人で肩を抱き合って泣いた。そして、父親は震える手で警察に電話しようとしたが、電話線が切られていた。パジャマの上にドレッシングガウンを着て近くの公衆電話まで行き、やっと警察に連絡を取ることができた。

 後で警察の調査でわかったことは、男は念密な計画を立てていたようで、まず電話線を切り、裏庭に面したファミリールームのガラスのドアをきれいに切り取り、そこからうちに侵入したようであった。男はまず両親の寝室に行き、物音で目を覚ました母親を脅して自分の持って来た紐で父親を縛らせ、ガムテープで口を塞がせた。その後、母親を縛り上げてガムテープで口を覆い、二人を洋服ダンスに押し込んだのだ。その後、エリンの寝室に行きエリンを襲ったのだ。分かったことは、それだけだった。この事件は警察の懸命の捜査にもかかわらず、犯人は捕まらなかった。



次回に続く.....

著作権所有者・久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ウルルの石 第三話 レイチェル・アンダーソンの話(完結)

 「そうです。今まで麻薬を所持していて死刑になったオーストラリア人の若者はたくさんいるんですよ。オーストラリア政府としては、死刑は非人道的であると抗議をしているのですが、何分にも他国の法律のことまでは干渉できませんからね。オーストラリアの首相がシンガポールの首相に刑を軽減して欲しいと正式に嘆願したことは一度や二度ではないのですが、今までそのために死刑を免れた者なんて一人もいないんです。まあシンガポールの首相からしてみれば、他国の首相から頼まれたからと言って刑を軽減して、国民から非難を浴びるようなことは避けたいというわけでしょうね」とため息をつきました。
私はビクターの話を聞いていて、クリスは病院で死ななかった場合は、今度は刑務所で死ぬことになると思うと胸がつまりました。麻薬の中毒症状から回復してくれと願うことは、絞首刑を意味することだからです。

 ともかく、シンガポールにクリスに会いに行こうと、その晩はスーツケースに荷物をつめました。そしてクリスが子供のとき好きだったスネークスと呼ばれる蛇のように長い、赤や青の派手な色ついたゴムのようなお菓子をスーパーに買いに行って、スーツケースにつめいれました。勿論クリスが本当に食べる機会があるかどうかさえ分かりませんでしたが、クリスにしてやれることはそれくらいしか思いつかなかったのです。
翌日、飛行機の中で、私はもう少しクリスに愛情を注いでやっていたら、こんなことにはならなかったのではないかと思うと、心が痛みました。。でも、クリスが幼い頃は私は自分の幸せを追求することに夢中で、クリスの気持ちなんて考えたことがなかったのです。「クリス、ごめんね」と心の中で繰り返し言っていました。拭いても拭いても流れ落ちる涙を、ハンカチで何度ぬぐったか分かりません。ともかく自分が行くまで生きていてほしいと心の中で祈っていました。
シンガポールに着くと、オーストラリア大使館から人が迎えに来てくれていました。そしてクリスが入院している病院につれて行ってくれました。シンガポールの空港から出ると、分離帯にランの花が咲き乱れる美しい高速道路があるといつか聞いたことがありましたが、その時は外の景色を見る心のゆとりはありませんでした。

 クリスは病院の集中治療室に入れられていました。意識不明の状態がずっと続いているということでした。私はクリスに生きていてほしいと思いましたが、一方、今を乗り切ったとしても絞首刑が待っているのなら、このまま静かにいかせてやりたい気もしました。その時私はクリスに生きていてほしいと思う気持ちと、このまま安らかに死なせてやりたいという気持ちが交錯していました。
クリスの寝ている傍に座ってジイーとクリスの顔を見ていました。考えてみればクリスとは12年ぶりの再会です。30歳のクリスの寝顔は、昔のあどけない顔を思い出すのが難しいくらい変わり果てていました。
クリスは私の見守る中で、意識を回復することもなく翌日息を引き取りました。私はクリスに許しを請いたいと思いましたが、そのチャンスさえありませんでした。

 帰りの飛行機では、灰になったクリスをいれたつぼを胸に抱いて、私は二人の愛する家族を亡くした悲しみに押しつぶされ涙にくれていました。どうしてこんなに悲しいことが次々と起こるのかと思うと、神を呪いたくなっていました。
飛行機の中でスチュアーデスが、オーストアリアの新聞を持ってきて、「お読みになりますか?」と聞いたとき、自然と頷いていました。本当は新聞なんか読む気力もなかったのですが、何となく新聞をもらったのです。そして手に取った新聞についている雑誌の記事の見出しを見て、私は思わずあっと声をあげていました。それには「ウルルの石の呪い」と書かれていたのです。そして思い出したのです。ウルルで拾ったあの石のことを。夢中で読んだその記事には、ウルルの石を拾って帰り、不幸な目にあった人の話が載っていました。病気になった人、事故で手足を失った人、夫や妻や子供に死なれた人、離婚した人、職を失った人、財産を失った人。そこにはありとあらゆる不幸が書かれていました。その人たちの話によると、不幸な出来事に一度見舞われただけでなく、次々と不幸が重なって起こったということでした。私と全く同じではありませんか。

 メルボルンに帰って私が最初にやったことは、あの石をウルルの管理事務所に返すことでした。詫び状をつけて送り返しました。
クリスの葬式も終わった後、何をする気力もなくぼんやりとすごしていた私のもとに一人の訪問客がありました。マギー・ミラーと名乗る50代の女性は、背は低く肥満気味で、いかにも意志の強そうな女性でした。
「このたびは、息子さんのご昇天、ご愁傷様でした」と言うマギーにとまどいを感じました。「ありがとうございます」と言いながらも、何の用事で私を訪ねてきたのかと不審に思いました。すると、マギーは「お宅の息子さんも麻薬の運び屋になって亡くなられましたが、実は私の息子も麻薬の運び屋になってシンガポールで逮捕され、処刑されました」と言い、うるおいを帯び始めた目をふせました。そして、気を取り直すと次のように訪問の用件を切り出しました。

「息子に死なれた後、私は二度と息子のような目に会う若者がでないように、麻薬反対運動を始めたんです。私と同じように息子さんを麻薬のために亡くされたレイチェルさんにも、私の願いは分かってもらえると思います。今日お伺いしたのは、レイチェルさんもこの運動に加わってくださらないかと思ったからです」
私は二つ返事で誘いにのりました。クリスが生きている間何も親らしいことをしてやれなかったので、罪滅ぼしがしたかったのです。いろんなつらいことが次々起こり、私はうちのめされましたが、やっと自分の生きがいを見つけ出すことができました。今は、マギーと一緒に一生懸命に麻薬反対運動を推進しています。


ウルルの石 -完-

次作 「行方不明」にご期待ください。

著作権所有者・久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

子どもと行くメルボルン @Queens Park
噴水と歴史のある公園☆
0 / 7days -タスマニア-
3カ月でオーストラリアを1周する方法 【タスマニア編】
第17回「ナチュラルです」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
5-6 / 87days -アデレード-
三ヶ月でオーストラリアを一周する方法
53-56 / 87days -ただいま!-
3カ月でオーストラリアを1周する方法

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上