Logo for novels

行方不明(7)

 時が悲しみを和らげてくれるとは、本当だった。トニーがいなくなって1年たつと、静子は毎日トニーのことを思い出すのは思い出すのだが、その思う時間が減って来たのは確かだった。ツアーの仕事も忙しかった。そしてその頃たびたび訪れて来るようになったジョンと時折一緒に食事に出かけたり映画に行くようになったのも、心の慰みになった。トニーはよくジョンのことを「いい奴なんだけど、シャイでね。だからガールフレンドができないんだよ」と言っていた。確かに口数は少ないが一緒にいるとほっとするようなやさしさをもっているジョンと会うのは楽しかった。他のトニーの友達はトニーが行方不明になって一ヶ月くらいは毎週のように電話して来てくれたり、家に様子を見に来てくれたが、だんだんと連絡も絶えがちになった。1年もすると、トニーの行方を心配してくれるのは、静子のほかには姑とジョンだけのように思えた。
そんなある日、突然警察の訪問を受けた。

 呼び鈴が鳴り、皿洗いをしていた静子は慌てて濡れた手をエプロンで拭き、ドアを開けると、ドアの向こうには二人の男が立っていた。二人は、「警察の者ですが、」と言って、警察手帳をかざして見せてくれた。

 もしかしたら、トニーの死体がみつかったというのでは、と不安になって心臓の鼓動が早打つのを感じた。
「主人がみつかったのでしょうか?」
「立ち話もなんですから、中にいれてもらえませんでしょうか」
「どうぞ」と言った声はうわずっていた。

 警官がソファーに座った所で、静子は「お茶でも」と言って席を立とうとした。悪い知らせなら一分でも、いや1秒でも先に引き伸ばしたかったのだ。しかし警官たちに「どうぞおかまいなく」と引き止められ、静子はソファーに座り直した。
警官は静子が座るとすぐに話を切り出した。「ご主人は確か行方不明になられていたんですよね」
「そうです。主人の居所が分かったのでしょうか」
「いえ、残念ながら、それはまだ分からないのですが、ご主人は空港の近くに住んでいらっしゃったことがありますか?」
「いいえ。そんなことは聞いたことがありません。結婚する前、住んでいたかも知れませんが、結婚前のことは分かりませんから、姑にきいてくださったほうがいいと思います。それが、何か主人の失踪に関係があるのでしょうか?」
「それも、よく分からないのですが。それじゃあ、お姑さんの住所を教えて頂けませんか?」
「それは、構いませんが、何のためにそんなことが知りたいんですか。」
「『残酷男』って聞いたことがありますか?」

 静子には『残酷男』などという言葉は初耳だった。
静子はかぶりを振って答えた。
「『残酷男』なんて、聞いたことがありません。誰のことですか?」
「7年前に少女を狙った連続暴行事件がありましてね。その犯人のニックネームが『残酷男』っていうのです」
「そうですか。私はオーストラリアに来て1年ちょっとですから、私がオーストラリアに来る前にあった事件なのですね」
「そうなりますね。『残酷男』の捜査は5年前に一旦打ち切られていたんですが、新しい情報が入ったので捜査を再開することになったんです。被害者の一人は事件直後はショックのため犯人に関する記憶を失っていたのですが、最近になって、ぽちぽちと犯人の手がかりになるようなことを話し始めたのです。その子は犯人に『目隠しを取ったら殺すぞ』と脅かされたが、犯人がトイレに行った隙に目隠しを取って部屋を見渡したら、オレンジ色のカーテンが掛かっていたと言うのです。そしてその家は、ガレージの左側に玄関があったこと、そして飛行機の音が絶えず聞こえていたということなどを思い出したのです。その被害者を解放する前に、犯人は懇切丁寧にその子を洗い証拠となるようなものを徹底的に洗い流したのですが、その時の浴槽のすぐそばに手洗いがあったことなどが分かったんです。ですから今はその犯行に使われた家を探すことになって、空港のそばに住んでいた人を洗っているのです。ですから、何かそういった情報が耳に入りましたら、お知らせください」と名刺を置いていった。

 夕食のかたづけが終わった頃、姑から電話がかかってきた。
「今日、警察が来たわよ」
「ええ、昼間私の所に来たのですが、トニーが昔住んでいた家について聞きたいと言うので、私には分からないからと、お母さんの電話番号と住所を教えたんですが。トニーは空港の近くに住んでいたことがあるんですか?」
「ええ、あるのよ。日本に行く前に、1年くらい小さな商社に勤めていてね。その会社の近くのうちに住んでいたことがあるの。その会社が空港の近くだったんでね。そのうちは2人でシェアしていてね。そのシェアメイトの名前も聞かれたんだけど、随分昔のことだし、そのうちに住んでいたのは1年くらいだったものね。覚えてないのよ。警官が来たときはてっきりトニーの居所が分かったのだと思ったのに」とため息をついた。
「私も、どっきりしましたわ」静子は苦笑いをしながら答えた。




次回に続く.....

著作権所有者・久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(6)


 トニーがいなくなってからの1週間は、今から思えば、静子にとって希望と絶望の谷間を行き来していた毎日だった。電話が鳴る度に、警察からの朗報が届いたのかと飛び上がって出て、それが間違い電話とかセールスの電話だと、かっとなって受話器をたたきつけるようにして切ったものだ。姑とは事件後毎日電話で連絡を取っているが、姑は事件以来急に老け込んだように思えた。トニーは一人息子だったから無理もない。

 2週間目になると、静子はトニーが生きて帰ってくる可能性が少なくなったことに不安を感じた。それと同時にトニーがいなくなって初めて、いかに彼に頼っていたかを切実に感じるようになった。電話代、電気代、ガス代等の請求書が来ても、全部トニーが処理してくれていたので途方に暮れた。その間、時々顔を覗けては、静子を慰めてくれたりアドバイスをしてくれたのはジョンだった。

 そうこうしているうちに、1か月経ってしまった。

 そんなおり、トニーの会社から、静子宛に手紙が届いた。それには、トニーの年休と病気休暇を合わせてトニーの不在をカバーして来たが、それも1ヶ月もたつと全部使い切ったことになり、これ以上給料の支払いは出来ないので解雇すると書かれていた。「こんなの、ひどい!」と、読んだなり、その場にへなへなと座り込んでしまった。トニーが行方不明になった翌日トニーの上司のギルバートと話した時、ギルバートが親身になってトニーの身を心配してくれていると信じていたので、解雇状を受け取った今、ギルバートに裏切られた気がした。しかし、嘆いていても事態が好転するわけではない。気を取り直して、姑に電話してこのことを伝え、アドバイスをもらおうと思ったが姑は悲観的だった。

 「今はどこの会社も不景気だから、仕方ないんだろうね。私の友達の息子さんなんて、ある日会社に行ったら、上司から『机を片付けて会社の車のキーを返せ。2週間分の給料は銀行振込をするから、今日限り会社に来なくてもいい』って言われたそうだよ。オーストラリアの会社なんて、皆そんなものなんだよ」と溜息をつきながら言った。

 静子は、悲しみにばかり浸っておれなくなった。生活の手段と言う問題が切実になって来ていた。メルボルン郊外にあるベッドルーム二つあるこのアパートだって、月1500ドル(10万円)する。このままでは 貯金だって半年で底をついてしまう。

 それからは、水曜日と土曜日の新聞の求人広告にくまなく目を通した。英語がままにならない静子にできる仕事というのは限られていた。ウエートレスとか、皿洗いとか、掃除婦とか。その他には日本人の観光客相手の店員とか、ツアーガイドとかもできるかもしれない。ウエートレスとか皿洗いなんて、日本にいる両親に言ったら、何のために大学に行ったんだとなじられるだろうなと思いながら、新聞の求人欄を眺めた。幸いにも日本人相手の新聞の求人欄で見つけたツアーガイドの面接試験にパスして、何とかツアーガイドとして雇ってもらうことになった。時給はよかったがパートの仕事なので、収入の安定と言う面から不安があった。しかし、今は仕事の選り好みをしていられる状態ではなかった。会社から渡された観光案内の情報を頭に叩き込むのに、一週間かかった。旅行代理店に勤めていたおかげで顧客用語に悩まされなくて済んだのがせめてもの幸いであった。

 ツアーの担当をしている木村さんから電話がかかってくると、空港に日本人の観光客を迎えにいく。「00ツアーの皆様」と書いた紙を掲げて客を待つのだが、時には飛行機が遅れて2、3時間空港で待たされることもあった。市内観光に行くときは、1847年に建てられた昔の金持ちの住んでいた豪邸「コモハウス」とか、戦死者を祭った「慰霊堂」、街中にある「フィッツロイガーデン」を案内するのだが、初めてバスに乗った時、マイクもろくに使えなくて、「聞こえません」と、後ろの席に座っていたお客さんに文句を言われたものだ。しかし一ヶ月もすると気持ちにゆとりができ、名所をよどみなく、また冗談を交えながら説明できるようになった。市内観光に慣れてくると、静子が担当する範囲が広がって、フィリップ島のペンギン観光や、バララットの金鉱にも行くようになった。バララットのソブリン・ヒルは1850年代、金鉱の町として栄えた。今は金鉱はもう廃鉱になっているのだが、昔の金鉱の様子を再現して観光地として有名になっている。しかし静子が一番好きなのはペンギンツアーだった。ペンギンのいるフィリップ島に行くには、バスで2時間ばかりかかるが、ツアーの夕食で出る伊勢エビは静子の好物だったし、日が暮れて集団になって小さな妖精ペンギンがよちよち歩きで浜をあがってくる様を見るのは、何度見ても愛らしく、心が和んだ。ただ夏時間が始まると、ペンギンが出てき始めるのは午後9時頃となり、それからまた市内にお客さんを送って行き、家に帰ると午前様になる。そんな日は、ベッドに潜り込むと昼間の緊張感から解放されて、どっと疲れを感じてしまう静子だった。

 時には意地悪い客に悩まされることがあるものの、静子はガイドの仕事ができることに感謝していた。仕事は、大切な収入源になっただけではなく、静子に生きがいをを与えてくれたからだ。それにもまして、忙しさがだんだんとトニーのことに張り付いていた意識を剥がしていってくれたのは、幸いであった。



次回に続く.....

著作権所有者・久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(5)

 うちに帰ったら、姑は「お茶でも飲みましょうよ」と言い、ぼんやりソファーに腰掛けた静子を片目で見ながら、「紅茶はどこ?コーヒーカップは?」と問いかけながら紅茶をいれてくれた。静子は、イギリス人が困ったことに出くわすと、「ともかくお茶でも飲もう」と言うのをテレビ番組で見慣れていたが、40年前イギリスから移民として来た姑も、その習性が残っているようだった。静子は、自分より動転しているだろうと思っていた姑が、案外しっかりしているのにも驚いた。紅茶を飲んでいると、ジョンから電話がかかって来た。
「今出張から帰って来て、電話のメッセージを聞いたんだけど、どうしたんだ」
「実は、夕べからトニーの行方が分からないの」と涙声になりながら答えた。
「警察には届けたの?」
「ええ。でも、何かの事件に巻き込まれたという確証がない限り、どうもしようもないと言われたわ」
「ともかく、今晩仕事が終わったら、そちらに寄るから」

 独身で彼女もいないジョンは身軽なせいか、今までも予告なしにひょっこり遊びに来ていたが、心もとない思いをしている静子には、ジョンの言葉はありがたかった。会社に電話して、トニーの上司に事情を説明しなければいけない。静子は、余り自分の英語に自信がなかったが、姑に電話してもらうのもためらわれ、頭の中でどう言えばいいか文を組み立て、英語の文がまとまったところで、会社に電話した。出てきたのは、受付嬢だった。
「もしもし、ギルバート課長とお話したいのですが」
「どなたですか?」
「トニー・ジョーンズの妻の静子ですが」
「ああ、静子、元気?ちょっと待ってね」と事務的だった受付嬢の声は、人懐こい声に変わった。会社の年末のパーティーで一度だけしか会ったことがないが、日本人は静子だけだったので、静子のことを覚えているようだった。しばらくして
「ギルバートです」と、低くて貫禄のある課長の声が聞こえた。
「トニーの妻の静子ですが」
「ああ、静子。トニーは今日は休むのかね?」
「ええ。実は、夕べからトニーの行方が知れないのです。」
「えっ?行方不明?警察には届けたのかね?」
「ええ、警察にも届けましたが、今どこにいるのか分からないのです」
ギルバートの声は不安げになった。
「変な事件に巻き込まれたのでなければよいのだがね」
「あのう、会社で何か問題でもあったのでしょうか?」
「問題?問題なんてないよ。まさか、仕事のことで悩んで自殺したなんて考えているんじゃないだろうね」
「いえ、そんなことはありませんが、いなくなった原因が少しでもつきとめられればと思いまして」
「うーん。気持ちは分かるが、仕事で何か悩んでいたなんてことはなかったよ。ともかく見つかったらすぐに連絡してくださいよ。余り悪いことを考えないほうがいい。きっと帰って来るよ」
ギルバートは静子の不安を拭うかのように、きっぱりとした口調で言うと電話を切った。

 トニーは、どうしたのだろう。色々な可能性が静子の頭の中を駆け巡り始めた。計画的に家出をしたということは全く考えられない。うちには彼の衣類は手つかずのままだ。自殺の可能性は?全くないとは言えないが、自殺の原因になるようなことが思い浮かばなかった。結婚生活だってこれと言って問題はなかったし、ギルバートは仕事は順調だと言っていた。何か不測の事態が起こったことしか考えられない。ひき逃げにあった?路上で何者かに突然襲われた?殺された?考えは悪い方に悪い方にと傾いていった。考えているうちにひどい頭痛に襲われ、静子は姑に断って、ベッドの中に倒れ込んで、そのまま眠りについた。



次回に続く.....

著作権所有者・久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(4)

 「ハーイ、静子。どうしたの。リチャードに用事?」
ケイトはすぐにリチャードに電話を代わってくれた。
「どうしたんだ、静子」
リチャードは電話に出てくるなり言った。無理もない。今までトニーの友達に電話したこと等一度もない。
「実は、まだトニーが帰ってこないんだけど、何か知っていない?」
「えっ、トニーがまだ戻ってこない?おかしいなあ。トニーはいつものように5時に事務所を出るのをみかけたけど、どこにも寄り道するなんて言ってなかったよ」
「そう」
落胆のあまり、自分の声が消え入りそうになって行くのを感じた。静子の気持ちを察したように、「僕には心当たりないけど、他に心当たりをあたってそれでも見つからない時は、また電話してくれ」と言ってリチャードは電話を切った。他にトニーの居所を知っていそうな友達は心当たりがなかった。
姑に電話することを考え、受話器に手をかけかけたが、結局電話しなかった。姑に電話するのはまだ早い。すぐにパニック状態に落ちいって、きっと動転して喚き散らされるだけだ。舅は4年前に他界している。柱時計を見た。11時になっていた。絶対におかしい。事故にでもあったのかもしれない。警察に電話するしかなさそうだった。

 000の番号を押すと、すぐに応答があった。夫が帰って来ないことを報告したが、夫の名前、年齢、住所等一通りのことを聞かれた後「行方不明」として登録して、何か分かり次第伝えると言われた。電話を切ると、もう12時を回っていた。
静子は警察に電話した後、これ以上何もできることがないと溜息をつきながら床についた。姑に連絡するのは明日になってからでも構わないだろうと思いながら。疲れていたが頭は冴えて、なかなか寝付けなかった。
明け方、とろとろとまどろんだらしい。夢を見た。トニーが森の中にいて、おいでおいでをしているのだが、どうしたらそこに行けるのか分からず、泣き出しそうになったところで目が覚めた。起きた時、本当に涙がでていたことに気づいた。不安な気持ちは起きた後も続き、胸はまだドキドキしていた。時計を見ると、午前6時半だった。トニーがいつも寝る左側の方に目をやったが、そこの布団はぺたんこのままだった。クイーンサイズのベットが突然大きく感じられた。のろのろ起きた後、姑に電話した。案の定、「まあ、一体どうしたのかしら。事故にでもあったんじゃないでしょうね。警察には届けたの」と、パニック状態の甲高い声が電話機を通して聞こえた。今から警察に行ってみる所だと言うと、一緒について行くと言って聞かない。姑を拾うために、車で20分の所にあるリタイアメント・ヴィレッジ(退職者用の村)に行った。姑がリタイアメント・ヴィレッジに住み始めたのは5年前からだと言う。その頃は舅も生きていて、リタイアメント・ビレッジにある寝室二つと居間とダイニングキッチンの小さな家に引っ越し、これから二人だけの隠居生活を楽しもうという矢先に、舅が心筋梗塞で他界してしまったということだ。だから、静子は舅に会ったことはない。

 姑を拾った後、最寄りの警察署に向かった。姑は警察への道中、自分の不安を隠すためか、絶えずしゃべっていた。姑の口から「もしかしたら、女でもできていたんじゃないの?」と言う言葉が出て来た時には驚いて、一瞬姑の顔を見た。もし、女と手に手を取って駆け落ちということならば、自分の身の回り品ぐらいは持って行くだろう。トニーはきのうはいつものように、コンピューターを入れたアタッシュケースを一つ持っていったきりだ。昨日の晩調べたところ、洋服ダンスには彼の服は全部いつものように吊るされたままだった。それを言うと、姑は事故にでも遭ったのではないかという話にまた戻っていった。

 警察に行くと、応対してくれたのは、若い警官だった。その警官に事情を話した後、静子は捜査の助けになるかもしれないからと、最近二人でピクニックに行った時撮ったトニーの写真を手渡した。トニーの写真を持って行くのを忘れなかったのは、まだ完全に冷静さを失ってはいなかった証拠だ。その警官は、夕べ起こった様々な事件の身元不明の被害者に、トニーに該当する人物がいないかコンピューターで検索してくれたが、何もでてこなかった。コンピューターに行方不明としてトニーの情報を入れておくが、何かの事件に巻き込まれたと言う確証がない限りこれ以上どうしようもないと言われ、その日は退散するしかなかった。



次回に続く.....

著作権所有者・久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

子どもと行くメルボルン @Melbourne Zoo
150歳を迎えて益々進化する動物園!
世界遺産登録の王立展示館
MELBOURNE建物図鑑
子どもと行くメルボルン @Bunnings Warehouse
父の日間近!無料ワークショップへ☆
子どもと行くメルボルン @Eltham Lower Park
ミニ機関車に乗れます☆
オーストラリア政府観光局「私のイチオシ」キャンペーン
航空券がもらえるかも?!

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう