Logo for novels

行方不明(18)

トニーが立っていた所には誰もいなかったが、そこから一人くらい通れる小道が奥の方に続いていた。静子は、何も見落とさないぞと言う風に顔をひきしめて、左右と下をゆっくり見ながらその小道を歩き始めた。ライアンは静子の後について行った。
分ばかり歩いた頃、静子は道脇の笹に細い鎖が引っかかっているのをみつけ、手にとってじっと見つめた。一分ぐらい眺めていたのであろうか。突然泣き始めた。
「どうしたんだ。?」といぶかるライアンに、「これ、トニーの鎖だわ」と言った。
「結婚指輪をしないで、いつも私のあげた鎖をつけていたの。確かにこれはトニーのだわ」
顔が真っ青になっていた。

静子はその鎖が見つかった脇道を草を掻き分けズンズン進んでいった。そして一箇所草が周りと比べて伸び悩んでいるのを見つけた。そこを見たとたん静子は背筋がぞくっとしたように、身震いをした。
「トニーはここにいるんだわ」確信を持って言った。
ライアンは半信半疑だったが、「ともかく、シャベルを買ってきて掘ってみよう。」と言って、車のほうに引き返し始めた。静子はしばらく呆然と立ち尽くしていたが、はっとわれに返り、ライアンの後を追って車に戻った。それから町の繁華街に行き、二人で雑貨店を探してシャベルを買い、鎖のみつかった場所に引き返した。その頃は、もう五
時になっていた。

 草が伸び悩んでいる所は木で覆われているためか、五時でも薄暗かった。1メートルの円形になっている部分をライアンは掘り始めた。掘る作業は思うほどははかどらなかった。周りの大木の根が張り巡らしていて、根を切りながらの作業だったからだ。それでも三十分経つと3センチくらいの穴ができた。それからどのくらいたったのか、二人とも夢中で覚えていないが、10センチくらい掘ったとき、白い骨のようなものが出てきた。二人は、思わず顔を見合わせた。静子の六感はあたっていたのだ。静子の目から涙がこぼれ始め、その場に泣き崩れた。ライアンは信じられないという思いが捨て切れなかったようだ。

「静子、骨がでてきたと言っても、トニーのものかどうかわからないよ」と言ったが、静子はヒステリックに「トニーのものだわ。トニーに決まっているわ」と泣きじゃくった。
「ともかく警察に連絡しなくっちゃ。この骨が本当にトニーのものかどうかも調べてもらわなくちゃ。もしかしたら、犬やカンガルーの骨って言うこともあるからね。」と言った。あたりはすっかり暗くなっていた。泣いている静子の肩を抱いて、ライアンは車に戻り、携帯で警察に連絡した。

 三十分もすると警察の車や報道陣の車が集まり、俄然騒がしくなった。骨の見つかった場所はテープで封鎖され、静子とライアンは警察署に連れて行かれた。警察署に行って、初めて昼から何も食べていないことに気づき空腹を覚えた。警官が親切にハンバーガーを買ってきてくれ、二人とも黙ってぱくついた。警察ではもっぱら静子が事情の説明に当たった。静子の夢の話では聞いていた刑事がにやりとしたのは、刑事も静子の夢をあまり信用していないからだろう。だが、骨が見つかったのは事実である。本当にトニーの骨かどうかを調べるためには、トニーのDNAを調べる必要がある。トニーの所持品か何かないか問われ、メルボルンにいったん戻らなければいけないことになった。その晩は予約していたモーテルに泊まり、翌日早くメルボルンに向かった。メルボルンに帰る道中は二人とも寡黙になっていた。車の中で静子は姑に電話して、簡単に状況を説明した。電話の向こうでは「何てことでしょう。」と姑が絶句し、すすり泣くのが聞こえた。

メルボルンに着いてからは、警官が静子のマンションに来てトニーのDNAが割り出せそうなものを探した。結局、トニーが使っていたヘアーブラシをプラスチックの袋に入れて持って帰っていった。DNAの検査には三日はかかると言われた。静子はトニーだと確信していたが、姑は警察から確定されるまでは信じたくないと言っていた。

 静子にはその三日間は長く感じられた。三日目に待ちに待った警察からの電話があった。思った通り、トニーの骨だった。そして死後一年半を経っているということであるから、失踪してすぐに殺されたようである。死因は頭蓋骨の後頭部がへこんでいることから頭を後ろから鈍器のようなもので殴られたためだと考えられた。警察は殺人事件として調査に乗り出した。

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(17)

 ライアンに住所を教えておいたので、土曜日の朝8時半にライアンが迎えに来た。

 ライアンの車はきれいとは言いがたかった。車に乗ろうと思うと助手席の足元にはコーラの缶が2,3個転がっていた。

「やあ、ごめんごめん。きれいにしておくんだったな。あまり人を乗せることがないので」と頭をかいた。

 車の中の狭い空間がブライトに行く4時間の間に、二人の距離を縮めた。

「ライアンさん、離婚なさったの?」

「ああ、おばさんから聞いたんだよね。うん。高校を出てから、大学に行く気にもなれなくて、スーパーの店員をしたりしててね。同じスーパーに勤めていた子と19歳で結婚したんだけど、結婚10年目にして離婚してしまったよ。」

「どうしてかって、聞いてもいいかしら。」

「ああ。まあ、相手に好きな男ができてね、うちを出て行ったんだよ。よくある話さ。先月別居して一年たったので、はれて離婚できたってわけさ。」

「離婚するのに、1年間別居しなければいけないの?」

「そうだよ。それでなくちゃ、喧嘩のたびに離婚、復縁を繰り返していては、お役所もたまらないだろ?」

「お子さんは?」

「幸か不幸か、子供はできなかったんだよ。だから結構すんなり離婚できたんだけどさ。あんたのほうはどうなんだ?トニーとどうして知り合ったんだ?」

それから静子の身の上話になった。

 ライアンを最初見た時Tシャツにジーパン、イヤリングにポニーテールとヒッピー的な服装だったので警戒したが、気さくな人柄だと分かり、4時間の道のりをほとんどしゃべりっぱなしだった。

途中休憩をしながらのドライブだったので、ブライトについた時は午後1時になっていた。夏だというのに、ひんやりとした空気が流れていた。

 静子はブライトに着くと、すぐにでも湖を見に行きたかった。ライアンも静子の気持ちを察したのか、道端に車を止めて、地図を広げて湖の場所を確かめた。地図を見ると、湖に沿って車道があった。そこを走ることにした。

湖に沿って走ると、田舎だからすいているだろうと思ったのだが、思ったより混んでいた。週末を利用してメルボルンから来た人が結構いるのだろう。前をまっすぐ見ていると、「この先100メートルのところにレジャーボートあり。」の看板を見つけ、胸がドキッとした。

 夢の中では船着場は右手に見えていた。右手に注意をしていると、船着場が見えた。静子は「あった!」と、思わず声を上げていた。夢で見たときと同じような小さな船着場にレジャーボートがつながれているのが目に入ったのだ。

 ライアンは静子の叫び声で思わず急ブレーキを踏んで、「ここなの?」と聞き、静子の頷く顔を見て、船着場のそばにある駐車場に車を入れた。

車を降りて、レジャーボートに乗ってみることにした。30500円。麦藁帽子をかぶった年配のボートの持ち主にお金を払うと、緑色にぬられたボートを引き寄せ、二人が乗ると杭にくくりつけていた綱をはずしてくれた。二人で向きあって座ると、ライアンがオールをこぎ始めた。日差しは強いが、風は冷たく、さわやかだった。夢で見たのはここに違いない。しかし、ここのどこなのだろう。湖の底は見えず、深そうだった。もしも湖に死体を投げ捨てられたら、捜しようがない。そんな思いにふけっていたら、ライアンが、「ここに死体をすてられたらどうしようもないな」と静子の思いを見透かすように言った。

 30分して、ボートを降り、駐車場に向かった。車に乗り込もうとしたときだった。突然後ろで「静子、僕はここにいるよ。」と言う声が聞こえ、振り向くと道路の向こう側の林の中でトニーが手招きしているが見えた。だが、それも一瞬で消えた。思わず駆け出した静子の腕をライアンが捕まえ、「どうしたんだ?」と驚きの声をあげた。
「トニーがあそこに立っていたの。」と言うと、静子の気が狂ったと思ったようだ。ライアンは憐憫の目で静子を見ながら、「ほら、誰もいないじゃないか」と言った。静子はライアンの手を払いのけると、「行かせて!」と言って駆け出した。ライアンはその後を追った。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(16)

カフェから見える海は波が高だって見え、サーフィンをする若者が点になって見えた。

 「オーストラリアって本当に大きい国ねえ」美佐子が日差しの強い昼間の太陽を手をかざしてさえぎりながら海を見て言った。

 ウエートレスが持ってきたフィッシュ・アンド・チップスは皿に盛り上がっており、その量に江藤夫妻は圧倒されたようだった。「フィッシュ・アンド・チップスって何かと思ったら、魚のてんぷらのことだったのか」揚げたてのフィッシュ・アンド・チップスをフォークで刺して口にほおばりながら、武雄は言った。「おしょうゆがほしいわね。」と、美佐子が言った。確かに味付けが塩とレモン汁だけは日本人には物足りなく感じられるのだろう。

 その日の午後は船で沖に出て、釣りをして終わった。夜は観光するところもなく、静子は江藤夫妻から解放されて、一人モーテルの部屋に引っ込んだ。モーテルの小さな部屋ではすることもなく、結局テレビを見てすごした。翌日は、朝早く、江藤夫妻を連れて、海辺を歩いた。さらさらの砂は朝早いせいか昼間のように焼きついてはおらず、足に心地よく感じられた。足を水につけると透き通って見え、海水が押し寄せては引いていくたびに足元の砂が崩れていた。時折貝殻を見つけては美佐子は拾っていた。

 帰りに森を車で走っているときだった。夢の中の森と重なって見えたのは。静子は運転手にこの近くに湖があるか聞いた。

「この近くにはありませんよ。もっと北のほうに行くとありますがね」

「その近くを通ってもらうことできないかしら」

「とんでもない。そこに行くにはまた半日かかりますよ」

「なんていう所?」

「ブライトっていう所ですよ」

ブライト。静子はつぶやいて、今度そこに行ってみようと思った。

遠回りをしたため、メルボルンに着いたときは夕暮れだった。時計を見ると9時に近かった。江藤夫妻をホテルにおろした後、静子はすぐにうちに帰った。

 次の休日に、静子は久しぶりに姑のうちに足を運んだ。すると、珍しく先客がいた。姑は静子の来訪を喜んでくれ、そののっぽで金髪の長い髪をポニーテールをした先客の男を紹介してくれた。

「静子、彼のこと覚えているでしょ?トニーのいとこに当たるライアンよ。確かあなたの結婚式にも来たはずよ」

ライアンの顔を見ても、会った覚えはなかった。

「やあ、久しぶりだね」
ライアンは屈託のない笑顔を静子に向けた。

「お久しぶりです」
静子はとまどいながらも挨拶した。

「トニーがいなくなってもう1年以上になるんだって?大変だね」と気の毒そうに言った。

「ライアンさん、以前トニーと親しかったんですか」

「まあね。年が同じくらいだったから子供のときはよくいききしたものだけど、彼が日本に行ってから疎遠になってしまったけれどね」

「それじゃあ、トニーが行ったことのある湖のある森って知らない?」

「え、どうして?」ライアンは不審げにきいた。

一笑に付される危険を覚悟で言った。

「実は、前にお姑さんにも言ったことがあるんだけど、よくトニーの夢を見るの。その夢ではトニーは森の中にいて私においでおいでをするので、もしかしたらトニーは殺されて森の中に埋められているのではないかと、思い始めたの。それで、もしかしてトニーが行った事がある森かもしれないと思って」

ライアンは少し揶揄するような面持ちで言った。

「へえー。夢を見るの?トニーの行ったことのある森ねえ。あまり記憶にないな」

「実は、今度ブライトに行ってみようと思うの。そこに湖があるそうだから」

姑は「あんた、離婚した後、暇ができたんだろ。連れて行ってやりなさいよ」とライアンに言った。

「そうだな。いつ行くつもり?」

「日にちは決めていないんだけど、できるだけ早く行きたいと思っているの」

「じゃあ、次の週末はどうかな、時間があるけど。ブライトって遠いから片道4時間かかるよ。日帰りするのはちょっと無理だから一泊する覚悟で行かなくっちゃ。」

「それじゃあ、来週の週末お願いします。モーテルの予約は私がしておきますから」

話はとんとん拍子で決まった。

その後、姑とライアンと取り留めのない話をして帰った。

次の週末は仕事を入れないでおいた。一週間はあっという間にすぎた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(15)

8時半に、お客さんの泊まっているホテルに、運転手のビルと一緒に行った。ロビーで落ち合った客の名前は江藤武雄と美佐子と言った。

「今日のご案内役を勤めさせていただきますジョーンズ静子です。」と言うと美佐子が「まあ、こちらの方とご結婚なさっているの?」と聞いた。
「はあ、そうです。」としか答えようがなかった。

 車が市街地を出ると有料高速道路に入り、それも15分も走ると地方に延びる無料の高速道路になった。そこに入ると、地平線上には山一つ見られない平原になった。
「まあ、山が一つも見えないなんて、さすがオーストラリアねえ。」と美佐子が感嘆の声をあげた。平原の道路わきには白っぽい幹のユーカリの細い木がまるで防風林のように並んで立っている。青い空に枯草の平原を背景に、ユーカリはオーストラリア独特の光景を編み出していた。

「コアラはこのユーカリの葉っぱしか食べないんですよ。時々ユーカリの木にコアラが眠っているのを見られることがあります。コアラは夜行性動物なので昼間は眠っていて動かないので見つけにくいとは思いますが」
静子がそういうと、江藤夫妻は一生懸命ユーカリの木を観察し始めたが、時速百キロで走る車の中からコアラを見つけるのは無理だと、
10分ばかりで諦めた。

 ユーカリの木が見えなくなると、農場らしきものが見えてきた。なだらかな丘陵に牛が群がっている。旱魃が続いているためか、いつもは緑色で埋め尽くされているはずの畑は黄色と化し、牛たちは干草を食べていた。最初は物珍しさに吸い付いたように目を窓に向けていた江藤夫妻も、1時間も同じような風景が続くと飽きたのであろう、今度は静子に質問が集中し始めた。特に美佐子は興味津々な様子で、「静子さんは、どこのご出身?」と静子の個人的なことを聞き始めた。トニーのことを聞かれたら困るなと思っていると、案の定、「ご主人とはどんなふうに知り合われたの?」と聞かれた。ツアーガイドをし始めたときはのらりくらりと答えをはぐらかしていたのだが、いまは適当にでまかせを言うようになっていた。
「こちらに留学していたときに、大学で知り合いました。」
「まあ、留学生だったの?」
「はい、教育学を勉強していました。」
「まあ、すごいわね。」
これくらいの嘘は許してもらえるだろうと、静子は心の中で、ちょっぴり罪悪感を持ちながら答えていた。

 4時間半も同伴すると、静子も江藤夫妻の個人情報をかなり得ることができた。ご主人は大手企業の役員を去年退職。娘さんが二人いて、一人は嫁いでいるがもう一人はキャリアウーマンとして働いており、結婚するようすはないこと。姑さんが認知症にかかり、美佐子は3年間姑の世話で苦労をしたが、その姑も去年亡くなったこと。ご主人は美佐子夫人が姑の面倒をみてくれたことに感謝して、夫人が行きたいと常日頃言っていたオーストラリアに連れて来たのだと言うことだった。仲のよさそうな夫婦を見て、トニーと私もこんな老年をおくれたかもしれないと想像すると、少し気が沈んだ。

 レイク・エントランスに近づくと国立公園に入り、うっそうとした森の中を車が走り始めた。外を見ると、真紅の体に紫色の羽をした美しいインコが車の前を横切った。思わず見とれたが、すぐにガイドの役目を思い出して、「いろんな鳥がいますから、外をご覧になってくださいね。」と言うと、さっそく武雄がインコを見つけて、「ああ、あれ」と美佐子に指差して教え、美佐子も「まあ、きれい。なんていう鳥なの?」と聞いた。静子は動植物の名前には疎く、答えられなかった。カンガルーの絵が描かれた道路標識が見えた。「あれ、どういう意味?」とこれまた好奇心旺盛な美佐子が聞いてきた。「あれは夜になるとカンガルーが道路を横切ってひき殺されることがあるので、カンガルーに注意と言う意味なんですよ。カンガルーを轢くと車体が損傷しますから、ドライバーにとってカンガルーは厄介者なんです」

「まあ、カンガルーてかわいいのに厄介者だなんて」

「今カンガルーの数が増えたので、殺して数の制限をしているんですよ。カンガルーの肉、お召し上がりになりました?」

「えっ! カンガルーの肉、食べるの?」薄気味悪そうに美佐子は聞いた。

それに対して武雄は「カンガルーの肉なんて食べてみたいね。」と、好奇心を募らせた。「脂肪も少なく、体にはよいと言われていますよ。私も一度食べたことがありますが、臭みもなく柔らかくて結構おいしいですよ」と、静子は一度食べた経験を話した。

 森の中の車道を出ると、目の前に広い海が開けて見えた。

「あれが、タスマン海と申しまして、あの海を越えていくと、タスマニア島があります。」

海は、かなり荒れているようで、白い波が幾重にも重なって押し寄せているのが見えた。

レイク・エンタランスに着いた時は、午後一時になっていた。

「お昼ご飯にでもしましょう。」と言っても、レストランはおろか、店も見当たらなかった。静子にとっても初めてのところなので、どこに案内したらよいのか分からない。「観光案内センター」の住所をインターネットで調べてきていたので、まず観光案内センターに行って、地図をもらい、食事をする場所を教えてもらった。レイク・エントランスの繁華街になるところであろうか。海岸線に沿った道脇に10軒ばかり店が並んでいるのが見えた。そのうちの一軒がカフェになっているようで、店の前にテーブルや椅子が出ていた。そこに腰をおろし、メニューを見たが、サンドイッチやバーガーが主で、日本人にとって物珍しいものと言えば、フィッシュ・アンド・チップスくらいだった。海のそばの町なので、新鮮な魚が食べられると思われたので、それを注文した。待っている間、ハエが顔にたかってきたので顔の前で手をふってハエを払いながら話をしなければならないのが、静子をいらだたせた。ハエは人間を恐れる風もなく、口の中まで入ってくるので、下手をすると飲み込みかねない。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(14)

その日は日本の鉄道組合のグループのバララットへのツアーが入っていた。行きはバスで行ったのだが、帰りは電車に乗りたいというツアー客の希望で、電車に乗った。組合員の中には電車の運転手も3人いたので、運転室を見たいというので交渉し、その3人と静子は運転室に入れてもらった。そのとき運転室に時刻表がみあたらないのを不審に思った日本人の運転士の一人が、「時刻表が見当たらないようだけど、どこにあるんでしょうね」と言うので、オーストラリア人の運転士に聞くと、「どこかにあるはずだけどなあ。」と散らかっている紙をひっくり返し始めた。しばらくして、「ああ、あった、あった」と見つけたのだが、日本人の鉄道員はびっくりした様子だった。見つけた時刻表を日本の鉄道員に見せながら、得意そうに「ああ、今5分遅れているな。まあ、5分なら悪くないな。」と運転士が言った時には、日本の鉄道員たちは、みな開いた口がふさがらないようだった。「僕たちは1分でも遅れると、始末書を書かされますよ」と、日本の鉄道員は、静子に言った。

 家に帰ると、木村から電話があり、来週レイク・エントランスにいけないかと言ってきた。レイク・エントランスなんて行った事がないし、どこにあるのかも知らなかった。

「退職した日本人の夫婦が時間をかけてオーストラリアを回りたいと言うことで、レイク・エントランスに行ってみたいということなんだ。」

「でも、私、レイク・エントランスなんて行った事ないですよ。」

「いや、それは分かっているんだけど、英語のできない人たちで、英語の通訳をしてほしいと言うんだよ。日帰りでは行けないところだから、1泊2日になるんだけど、泊りがけで出かけられるような人って、君しかいないんだよ。まだ一週間あるから、レイク・エントランスについて調べられる時間があるだろう。頼むよ」

説得されて、しぶしぶ承諾した。

 翌日は仕事が入っていなかったので、インターネットでレイク・エントランスのことを調べてみた。車で片道4時間半かかるということだから、確かに少なくとも一泊しなければいけないようだった。木村が車の手配してくれるということだから、交通のほうは心配しなくてもよいのが助かった。インターネットには空から眺めた景色が載っていたが、半島や島が複雑に入り組んでいた。150キロばかり続く浜に砂丘があるというから、日本の鳥取とはスケールが違うのだろうと思われた。インターネットからの情報は限られているので、地元に観光情報センターがあるということだから、そこで情報を得る以外ないように思われた。

 一週間は、あっと言う間に過ぎ去り、レイク・エントランスに行く日になった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第24回「日本の夏」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
最後のビール工場
メルボルンのビールのルーツを探る。
子どもと行くメルボルン @メルボルン博物館
晴れでも雨でも☆
子どもと行くメルボルン @Alice's Playspace
たくさんの思いが込められた公園☆
Hilton Melbourne South Wharf
従来のヒルトンのイメージを覆すデザインに注目

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう