Logo for novels

行方不明(21)

静子がエリック刑事に会いに行くと、他に手がかりが見つからない状況のせいか、意外にも静子の推理を素直に聞いてくれ、調べることを約束してくれた。

その二日後、エリックはポールを探し出し、事情聴取をしてきたと静子に報告しに来た。

「ポールの居所は意外に簡単に見つかりましたよ。幸運にも大学の卒業生の会に入っていたので。卒業生の名簿を殺人事件に関連することだと言って警察の権限でみせてもらうことができましたよ。そこで、ポールにきのう会って聞いたのですが、トニーとはトニーが日本に行くまで親交があったそうです。それに面白いことには、トニーが日本に行く前に住んでいたうちの見取り図を書いてもらったら、あのミスター残酷の被害者のジェシカの供述と全く同じなのです。どうやらあなたの推理があたったようです。そのとき、スティーブと言う男と一緒に住んでいたそうです。ポールの話では最初はトニーが一人で家を借りたものの家賃を払うのが大変だったので、二部屋あるうちの一部屋をスティーブに又貸ししたんだそうです。だから、トニーの名前は借家人としてすぐに判明したものの、スティーブの名前が出てこなかったようです。これからスティーブの行方を追って分かり次第、またご連絡しますよ」と言ってくれた。

 静子はその翌日は仕事が入っていたが、スティーブの行方が気になって、落ち着かなかった。その日は新婚さん5組の市内観光のツアーが入っていた。20代と思われるカップル3組と30代が2組。新婚さんのグループはこちらが一生懸命名所案内の説明をしても、二人のおしゃべりに夢中になっているか、寝てばかりいるので、説明してもしなくてもあまり変わらない感じである。今日のカップルの一組は黙って興ざめしたように景色ばかり眺めている。静子はこのカップルは成田離婚組みかもしれないなと思った。

 市内観光の名所のひとつフィッツロイガーデンには、イギリスから運んできたキャプテン・クックの生家がある。静子が、その家の窓が小さいのはその当時のイギリスの税金が窓の大きさによって決まっていたためだと説明すると、ツアー客の一人が、「京都では昔、間口の広さによって税金がかけられたから昔からあるうちも間口が狭いんだけど、イギリスも同じような税金のかけ方をしたんだね。」と笑った。

 その日6時に仕事から帰って留守番電話を調べたが、エリック刑事から何もメッセージは入っていなかった。

 スティーブの居所が分かったと連絡があったのは、その1週間後のことだった。

「すぐ、みつかると思ったのに、意外に時間がかかりましたよ」とエリック刑事が言った。

「それで、もう事情聴取をされたんですか。」

「いや、まだです。それというのも、スティーブは5年前からアメリカに住んでいましてね」

「5年前と言うと、ミスター残酷の最後の犯行が行われた後ですね」

「そうなんですよ。これでミスター残酷の犯行が5年前にとまったということも説明できると、捜査本部は沸き立っていますよ。ともかくスティーブに会って調査する必要ができたので、来週僕がアメリカにいくことになりました」

「そうですか。大変ですね。いつお帰りですか」

「まあ、遅くとも再来週の木曜日には帰ってきますよ」

「それでは、収穫が多いことを祈っています。」と言って、静子はエリック刑事を見送った。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(20)

 姑は全部を見終わって、ため息をつきながら、「わかんないねえ。あの頃トニーは仕事が忙しいと行ってほとんどうちに戻ってこなかったし、戻ってきてもぺらぺら自分のことをしゃべる子でもなかったからねえ」と言った。

「そういえば、トニーはメルボルン大学で日本語を勉強していたんですよね。メルボルン大学の日本語の先生がトニーと仲の良かったクラスメイトを覚えているかもしれませんね。」

「そうかねえ。トニーが大学を出たのは7年も前のことだよ。トニーを教えていた先生がもういないかもしれないし、いたって、学生を覚えているなんて考えられないよ」

「でも、それしか方法が考えられませんよ。私、メルボルン大学の日本語科に問い合わせてみます。」

早速静子はインターネットでメルボルン大学の日本語科の主任のメールアドレスを探し出し、メールで問い合わせてみた。翌日返事が戻ってきた。

「お問い合わせのトニー・ジョーンズさんのことですが、私は教えた覚えはありませんが、同僚の橋本美智子が教えた記憶があると言っています。橋本は今週の金曜日ならお会いできると言っています」

静子はこれで何かをつかめる突破口を見つけた思いで、胸が躍り、金曜日が待ち遠しかった。

 金曜日の朝、約束の10時に出かけていくと、橋本は自分の研究室で待っていてくれた。

「私はトニーの妻の静子と申します」

「橋本です。トニーが日本に行ったのは知っていましたが、日本人の奥さんをもらったとは知りませんでした」と40歳代に思われる橋本は微笑んだが、すぐに真剣な顔に戻り、「トニーが殺されて骨になって発見されたと聞いて、驚いています。ご愁傷様です」と挨拶をした。

「どうも」

「トニーを殺害した犯人を見つけるお手伝いができれば嬉しいんですが。トニーはとても真面目で優秀な学生でしたから、よく覚えているんですよ。いつも前の席に座って、少しでも分からないことがあると聞くんですが、時々鋭いことをついてくるので、こちらが冷や汗をかくことがありました。今日は、どんなことをお聞きになりたいんですか」

「トニーがクラスで親しくしていたクラスメイトはいなかったか、お尋ねしたいと思いまして」

「トニーと親しかった学生ねえ。」
橋本は記憶の糸をたどるように、目を細めて考え込んだ。それは
12分のことかったかもしれないが、静子には永遠に感じられた。

「そういえば、トニーはいつもポールと言うオーストラリア生まれの中国人と一緒に座っていましたね。ポールのフルネームはちょっと覚えていないんですが。どうして思い出したかと言うと、クラスでは中国人は中国人でアングロサクソン系はアングロサクソン系で固まって座ることが多いので、トニーとポールのようなコンビはちょっと珍しかったんですよ」

「その人のフルネームと連絡先は分かりませんか」

「フルネームはすぐ分かると思います」と言って、ファイリングキャビネットから古い名簿を出してきた。

「ポール・ジェイハン・フアングですね」と名簿を見ながら答えた。その名前をメモに書き写させてもらった。

「今どこにいるか、ちょっとわかりませんね。もしかしたら大学の卒業生の会に入っているかもしれませんが、ちょっと住所は教えてくれないでしょうね。個人情報は他人に教えてはいけないことになっていますから。」

「そうですね。トニーの友達の名前だけでも分かれば、何かのてがかりがつかめると思います。ありがとうございました」

自分の手で調べられることは限界にきたと感じた。

静子の夢の話を鼻で笑うような態度のエリック刑事に、自分の考えたことを話すのは気がすすまなかったが、エリック刑事に話す以外手がなかった。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(19)

 静子は姑と共にトニーの葬式の準備で忙しくなった。葬儀屋に連絡し、新聞に葬儀の知らせを掲載してもらった。普段挨拶程度のつきあいしかなかった近所の人が葬式の後の集まりのサンドイッチなどを作ってくれると申し出てくれ、ありがたくお願いすることにした。姑はトニーの骨は舅の眠っている墓地に埋めたいという。静子はそれに同意した。

 葬式の日は、雨が降っていた。葬儀屋の小さな集会所には人でいっぱいになり、静子を驚かせた。百名ばかりの参列者の半分は、静子の面識のない人たちだった。一人ひとりの悔やみを聞きながら挨拶をしたが、その中にはジョンの父親の顔も見えた。ジョンの父親は「残念だったね」とだけ言って、静子の手を握り締めた。それだけでも、静子は大きな慰めを感じた。元の会社の同僚のリチャードとケイトもいた。ジョンの葬式で会ったトニーの高校時代のグレッグも来てくれていた。葬儀に犯人が来るかもしれないということも考えられるからと、刑事が二人来て、参列者に目を光らせていた。葬式には日本から静子の両親も来てくれた。ただ忙しい中、英語が分からない両親の面倒を見るのは静子にとっては重荷になったが、悲しみを感じる時間が少なくなったのは結果的には良かったのかもしれない。静子の両親はこれを機会に日本に帰るように静子を説得し始めたが、静子はオーストラリアに残ると言い張って両親の説得には耳を貸さなかった。

 葬式も無事に済み、両親が去った後、静子は独りになって初めてトニーの命を奪った犯人に激しい憎しみをおぼえた。警察から事情聴取をされ、トニーに殺意をもつような人物はいないか聞かれたが、静子の知っている範囲では、誰も思い浮かばなかった。姑も聞かれたそうだが、姑も誰も思い浮かばないということで、捜査は暗礁に乗り上げたようだ。その上殺されてから1年半もたっていることも警察の調査を難航させているようだった。

 静子は、弔問客の記帳を見て、お礼の手紙を書き始めた。知らない人も多かったので、姑に手伝ってもらった。

 「これは、トニーのいとこにあたる人だよ」

 「これは、トニーの大学時代の友達」

姑の説明を聞きながら、ふとトニーが日本に来る前に住んでいたという家のことを思い出した。

「お母さん、そういえばずっと前に、警察からトニーが住んでいた家について聞かれたことがありましたよね」

「え、そうだった?」

「ええ、トニーが飛行場のそばにすんでいたことがあるかどうか」

「そういえば、そんなこともあったね。でも、それがどうしたの?」

「今ふと思ったんですが、今度の葬式に、そこに一緒に住んでいた人も来たんじゃないかと思って。もしそうなら、この名簿の中に、その名前があるかもしれないから、お母さんの記憶を呼び起こす助けになるかもしれないなと思うんですけど」

「でも、思い出したからって、何になるっていうの?」

「あの時、どうして警察がトニーの住んでいた家に興味をもったのか、お母さんご存知?」

「いいえ、覚えてないわ。」

「警察の人は『ミスター残酷』の捜査だと言っていましたよ」

「そういえば、昔子供を襲う連続暴行事件があったわね。確か最後の子は殺されたんだったわよね」

「そうだそうですね。私はトニーを殺すほど憎んでいる人なんて、どう考えても思い浮かばないんです。一つだけ考えられるのは、何か事件に巻き込まれたかもしれないということだけなんです。だから、トニーが空港の近くに住んでいた時のことを知っている人を探したらいいと思うんですが、この帳簿の中に、お母さんの思い当たる人の名がないか調べてもらいたいんです」

「そうだねえ」と姑は丹念に帳簿に載っている名前を一つ一つ調べていった。

 
著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第19回「私ばっかり...。」
本日(17日13時~17時)チャリティ切り絵販売による募金実施
42-44 / 87days -大陸を南へ-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
【オーストラリア政府観光局】あなたの写真やコメントがデジタルブックに!?
みんなで作る!オーストラリア ソーシャルガイドブック
「和み」ニュースレター 2012年秋号
『和み』アパートメントホテルより素敵なお便り
第29回「外国人気分。」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう