Logo for novels

もしも、あの時(5)

携帯をかけてきたのは、ケビンだった。
「新聞を読んだか?」と沈んだ声が聞こえた。
「今読んだところだ」
「自首するしかないな」
長い沈黙が流れた。そしてやっとポールは「そうだな。自首しよう」と答えた。
それからは仕事をする気にはなれなかった。銀行を早退して、自首しよう。それしかない。
「それじゃあ、昼過ぎにお前のうちに行くから、待っていてくれ」と言って、ケビンは電話を切った。
ポールは上司に気分が悪いので早退したいと申し出た。ポールの青白い顔を見て上司はポールの嘘を疑いもせず、「お大事に」と部屋を出て行くポールの後姿に、声をかけた。
うちに帰ったものの、両親にこのことを黙っている訳にはいかない。まず会計士をしているジーナに電話した。詳しい事情を電話で言う気にはなれなかった。ただ、事情があって、警察に行くことにしたからとだけ言った。当然ジーナはポールが何をしでかしたのか、詳しい事情を聞きたがった。
「今どこにいるの?」
「うちだよ」
「じゃあ、今から私もうちに帰るから、警察に行くのはまだ待ってちょうだい。お父さんには連絡したの?」
「まだしてないよ」
「じゃあ、私から連絡しておくわ。いいわね。待ってなさいよ」と強い口調でポールが早まって警察に行くのを戒めて、ジーナは電話を切った。
警察に行くには、何を持っていったら良いのだろう。そのまま留置所にいれられてしまうんだったら、着替え等もいるのだろうか。そんなことをぼんやり考えながらソファーに腰掛けていたら、ジーナが帰って来た。
「一体どうしたって言うのよ?」帰ってくるなり、ジーナはポールの前に立ちはだかって、問い詰めた。
ポールは仕方なく、ぽつりぽつりと今までの経緯を話したが、聞き終えたジーナの顔はまっさおになっていた。
「それじゃあ、あなたがその男を殺したと言うの?」
ポールは黙って頷いた。
「弁護士を探さなくては。お父さんに優秀な弁護士を探してもらうわ。大丈夫よ、きっと」と言うとすぐに父親のマークに連絡を取った。
それから30分後、父親も血相を変えてうちに帰って来た。
「なんてことをしたんだ。」
それはポールも自分に何度も言った言葉だ。
「ともかく会社の弁護士に刑事犯罪専門の腕のいい弁護士を紹介してもらうように頼んだから、警察へはその弁護士と一緒に行け」と言った。ポールはうなだれたまま、黙って頷いた。
それから20分後にケビンがやって来て、それから1時間後、マークの会社の弁護士から紹介されたという刑事犯罪専門の弁護士がやってきた。その弁護士はスティーブ・ホワイトだと自己紹介した。スティーブはポールとケビンから詳しい事情を聞きだした後、二人につきそって、近くの警察署に出頭した。
殺人犯が自首して来たと言うので、対応した警官は緊張した面持ちで、事件担当の刑事に連絡した。取調室にまずポールが呼ばれた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしも、あの時(4)

「夕べ午後11時頃、セント・ビンセント病院の入り口に男が横たわっているのを、勤務明けで帰宅しようとした病院のスタッフが発見した。男はすでに息絶えていた。男には全身打撲の痕があり、警察は殺人事件として捜査に乗り出すとともに、男の身元の確認を急いでいる」
あの男が死んだ。自分は殺人犯となったのだと思うと顔から血の気がひいて行くのが分かった。ケビンはもうこの記事を読んだだろうか。すぐにケビンの携帯に電話した。ケビンが電話に出るとすぐに「あの男、死んだって記事が載っていたが、読んだか?」と機関銃の玉を撃つような勢いで聞いた。電話の向こうで沈痛そうなケビンの声が返って来た。
「読んだよ」
「俺たちどうすればいいんだろう?」
「実は俺もずっとそのことを考えていたんだ。俺たちはレイプされた女に代わってあの男を成敗したのだから、普通の殺人犯とは違うし、情状酌量されると思うんだ。それに男をほったらかしにしていた訳じゃなく、病院の前まで連れて行ったのだから、殺すつもりがなかったって事は警察にも分かってもらえると思うんだ。自首するのが一番だと思うんだが、お前はどう思う?」
ケビンの立場はポールと違う。直接に手を下していないのだから。せいぜい殺人幇助罪ですむだろう。そう思うと、すぐに自首しようとは言えなかった。沈黙が流れた。
「ちょっと考えさせてくれ」と言って電話を切った。
あの女を見つけなければいけない。しかし、名前も住所も分からない。でも、警察に自首すれば、あの女を警察は探してくれるだろう。それに、警察が自分たちを捜すのには、そんなに手間がかからないだろう。あの男の相棒は、俺たちの顔を見ている。警察に逮捕される前に自首する方が刑が軽くなるに決まっている。しかし、今まで警察のお世話になることがなかった自分がこんなことで捕まれば、親の心痛はどんなものかと思うと、目頭が熱くなった。高校時代は級友達がマリファナなどを吸って、警察のお世話になる事件もあったが、幸いにもポールにはそういうことがなかった。マリファナを吸ったことはあるが、一回興味半分で吸って、それきり手をださなかったからだ。それよりもフットボールに夢中になった青春時代だった。ほかの級友が皆ガールフレンドを作ってデートを楽しむときも、ポールとケビンはフットボールグラウンドを駆け回っていたのだ。そんな思いで、決心がつきかねて、一日が過ぎてしまった。

月曜日は重い足取りで銀行に行った。仕事の合間、暇をぬすんで、あの男についての新聞記事を読んだ時は愕然とした。その記事には次のようなことが書いてあった。
「きのうセント・ビンセント病院の前で死亡していた男の身元が判明した。名前は、ジェームス・ハリス、32歳。ハリス氏は友人のリチャード・ジョーンズ氏と二人で公園にいたところ、二人の若者に追いかけられたと言うことだ。その二人の男を警察は捜索中だが、動機はゲイ嫌いの男達の制裁のようである」
 ゲイ嫌いの男達の制裁?何のことだ?それじゃあ、あの男達はゲイだったというのか。ゲイの男達が若い女を二人掛かりで襲うということは考えられない。ということは彼奴等はレイピストではなかったと言うことだ。なんてことだ!無実の男を殺したということなのか!泥沼につっこんだ足がますます底にひっぱられていくような感覚にとらえられた。リチャードとか言う男が、俺たちのことをどのくらい覚えているかは分からないが、リチャードは二人を見ている。特にケビンはリチャードを追っかけたのだから、ケビンの顔を覚えている可能性が高い。
新聞を読みながら、その記事から分かることを頭の中で整理していたら、携帯が鳴った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしも、あの時(3)

ポールはうちに帰っても、不安で心臓がぞくぞく波打っていた。
「なんて事をしたんだ」
後悔の念で胸が一杯だった。あの女はあれからどうしたのだろう。公園に戻らないで、そのままタクシーを拾って帰ったので、あの女がどうしたか分からない。警察に行ったのかも知れない。うちではもう両親は寝ていて、シーンとしていた。今さっき起こったことを洗い流そうとするかのように、ポールは血のついた手に石鹸をこすりつけて何度も何度も洗った。血は流れ落ちたものの、洗っても洗っても、男の血まみれの顔が頭を離れなかった。その後は着替えをする気にもなれなくて、セーターとジーンズの今朝でかけたときのままの格好でベッドに横たわったが、目がさえてねむれず、ジーッと暗闇の空間を眺めていた。
 明け方まどろんだようだった。朝の光がカーテンの隙間から漏れて来るので目が覚めた。するとまた昨日のことが走馬灯のように思い出された。
「あの男は無事だっただろうか」
まず、それが気になった。目覚まし時計を見ると、8時になっていた。両親はもう起きているだろう。ポールは大学を卒業して2年になるが、親のうちに住む便利さから、そのままずるずる両親と一緒に住んでいた。
 頭ががんがんと痛い。体も鉛をつけられたように重かった。ベッドから起き上がろうとしたが、起き上がれず、そのまままたベッドに倒れ込み、頭を抱えてじっと横たわった。それからどのくらい時間がたっただろうか。母親のジーナがポールの部屋のドアを軽くノックした。「ポール帰っているの?もうお昼よ。そろそろ起きたら」そして部屋に入って来たジーナは布団に包まっているポールを見て、「いつまで寝ている気?」と布団を剥がしかけて、ポールが頭を抱えているのに気づき、「頭でも痛いの?」と気遣わしげに聞いた。「うん」とポールが僅かにうなづくと、ジーナはそのまま部屋を出て行き、5分後には、片手に水の入ったカップともう一方の手に鎮痛剤のパナドールの錠剤を持って戻って来た。
「これでも飲みなさい」とジーナはパナドール1錠とカップを差し出した。
「きのう、飲み過ぎたんじゃない?」
「うん」
薬を飲みながら、母親の干渉が煩わしく感じられた。ポールが薬を飲むのを見届けて、ジーナはコップを持って部屋を出て行った。
あの男はどうなったのだろう?新聞に何か載っているかも知れない。パナドールのおかげかどうか、20分も経つと、頭痛が消えた。ベッドからそろそろ起き上がり、新聞を探しにファミリールームに行った。誰にも会いたくない気分だったが、ジーナがいた。
「起きて大丈夫なの?」
「うん、少し楽になったよ」
「何か食べたら?」
「いや、何にもほしくない」と答えると、テーブルの上にあった新聞をわしづかみにして、すぐに自分の部屋に戻って行った。
第一面には、昨日のフットボールの決勝戦の結果がジーロングのチームの写真入りで大々的に報道されていた。2面を開けたが、何もあの男に関する記事はなかった。3、4面も何もなかった。少し安堵を感じた時に、5面の片隅に、あの男のことが載っていた。
著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしも、あの時(2)

「どうしたんだ?!」泣いている女の肩を揺すりながら、ケビンが聞いた。
「レイプ、レイプされたの」女はか細い声でそう言ったかと思うと、嗚咽し始めた。
「誰だ。誰にやられたんだ!」思わず声を荒げて聞いたポールに、「誰だか分からない。でも二人の男だったわ」と女は声を震わせながら答えた。
「二人の男なんだな?」と確認すると、女が泣きながらうなづいた。
ケビンとポールは、その男達を捜そうと、女をそこに残して、女が歩いて来た方向に向かって走り出した。5分も走らないうちに、遠くの木陰で二人の男が立っているのが見えた。そちらに向かって走って近づいて行くと、その男達はケビンとポールに気づき、突然逃げ始めた。
「あいつらだな。女をレイプした奴は。なんて不届きな奴だ。許せない」正義感が強く熱血漢である二人は男達を追っかけ始めたが、男達は途中で二手に分かれた。ポールはケビンに向かって、「左側に逃げた男を追え。オレは右手の男を追うから」と言って、こちらも二手に分かれて追っかけ始めた。日頃からフットボールをして体を鍛えているポールの足は速く、相手の男との距離がだんだん縮まって行った。公園の出口にさしかかった頃には、ポールはその男のジャケットの裾を引っ掴みんだ。男はその拍子にヒックリ転げた。30代半ばと思えるその男は、ほっそりしており、その顔には怯えが走った.その顔を見るとポールの怒りは燃え上がった。「なんでお前のような奴が女をレイプするんだ」と、正義の鉄拳をふるった。男は抵抗しなかった。ただ顔を庇うように手でおおった。それが男の罪悪感を裏付けているように思え、ますますポールの怒りの火に油を注ぐ結果になった。殴っていくうちに、エッセンドンが負けてむしゃくしゃしていた気持ちも発散されていった。何度殴りつけたことだろう。やっとポールの怒りもおさまり、手を止めると、男はぐったりして動かなくなっていた。顔は血まみれになっていた。ポールは自分の手を見ると、男の血で、真っ赤に染まっていた。その時初めてポールの頭に男が死んだのではないかと、一抹の不安が横切った。「おい、どうしたんだ。」と揺すぶっても、男はぐったりしたままで、答えなかった。大変なことになってしまったと、初めて冷や水をかぶせられた気持ちになった。その時後ろでケビンの声がした.
「オレの方は逃げられてしまったよ」
ケビンはポールの足下にうずくまっている男を見下ろし、「お前の方は、つかまえることに成功したようだな」と声をかけ、「よかったな」と続けようとした言葉を途中で飲み込んだ。呆然とつったっているポールの様子が異常だったからだ。「どうしたんだ」と初めて心配そうに声をかけた。
「男が動かないんだ」
「えっ?」と言って、ケビンはうずくまっている男の手首をとって脈を調べたが、脈が感じられなかった。「病院に連れて行かなきゃ」とケビンはぽつんと言った。「そうだ、病院に連れて行けばなんとかなるだろう。おい、ケビン手を貸してくれ」と現実に戻ったポールは、ケビンに両腕をもたせ、自分は両足を持って、公園の近くにある病院の電灯がついている玄関をめざして歩いた。やせているのに男の体はやけに重く、一歩一歩足を踏み出すのが、つらく、病院にたどり着いた時には、二人とも肩でハーハー息をしていた。幸いにも夜遅かったたため、誰にも見られずにすんだ。玄関の前に男の体を横たえると、二人は逃げるように駆け出した。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしも、あの時(1)

 人生の中には、「もしも、あの時、あんなことが起こらなかったら、自分の人生は違ったものになっていただろう」と思うことがある。これは、オーストラリアのメルボルンで起こったそんな物語である。

 その日は風が冷たい、9月の下旬とは言え、肌寒い日だった。メルボルンは、フットボールの決勝戦で、町中が浮かれていた.
 ポールとケビンは待ちに待った日の到来で、気分が高揚していた。何しろ彼らが贔屓にしているチーム、エッセンドンが決勝戦に出ることになったのだから。ポールとケビンは高校時代からの大の親友だった。同じ私立高校に行き、お互いにエッセンドンのファンだということが分かって意気投合した。大学も同じメルボルンの名門大学に行った。卒業後、ポールは銀行員になり、ケビンは建築士になったが、週末はいつも会っては一緒にパブに行ったり、色んなスポーツの試合の観戦に行ったりしていた。二人はともにまだまだ血気盛んな24歳であった。どちらもがっちりした体格だが、ポールは背の高さが178センチとオーストラリア人としては高いほうではなのに対して、ケビンは190センチののっぽだった。
 フットボールの決勝戦の入場券を手に入れるのには皆苦労をするのだが、子供の頃からのファンだったポールもケビンもエッセンドンのファンクラブに所属していたおかげで、簡単に入場券を手に入れた。
試合は午後2時から始まるのだが、午前10時の開場を待って人々はメルボルンクリケット場になだれ込んだ。観客は10万にもおよんだ。肌寒い日にもかかわらず、会場は熱気に包まれていた。午後2時きっかりに、人気歌手がオーストラリアの国歌、『Advance Australia Fair』 を声高々に歌ったあと、試合の幕が切って落とされた。
ポールとケビンは他のファンと同じように、試合前から興奮の渦にまかれていた。だから試合が始まって、エッセンドンが点を入れる度に、席から立ち上がって大声で叫び、エッセンドンに声援を送った。試合は接戦だった。ジーロングが6点入れれば、エッセンドンが6点入れる。またジーロングが1点を得る。試合終了のサイレンが鳴ったのは、101点対103点でジーロングに2点リードされている時だった。ポールとケビンは、エッセンドンがたった2点差で負けた悔しさに、二人で肩を抱き合って泣いた。
 試合が終わった1時間後、二人はフットボール競技場の近くのパブに入り、ビールを飲んでいた。そのままうちに帰る気にはなれなかったのだ。お互いにビールを買って来ては飲んだが、結果的には何杯飲んだのか、覚えていない。パブを出た時にしたたか飲んではいたが、それで足がふらふらすると言うこともなかった。外の空気はひんやりしており、酔ってほてった顔には気持ちよく感じられた。二人はフィッツロイ公園に入った。フィッツロイ公園にはオーストラリア大陸の発見者、キャプテン・クックの生家がイギリスから運ばれて建てられていて、観光名所の一つになっているが、夜の10時過ぎともなると、人影はなかった。木々に囲まれた公園の芝生の上に一本の小道がついており、二人はその小道を駅に向かって歩いていった。その日は満月の夜で、空には異常に大きな月が見えた。月の光と街灯に照りだされて、ベンチや木々が光って見えた。二人は、へまをしでかしたエッセンドンの選手を罵りながら歩いていたが、公園の中ほどに来た頃であろうか.目の前に一人の女がよたよた歩いて来るのが見えた。二人はおやっと言う風に顔を見合わせた。こんな時間に女が一人、まるで酔った様に歩いているのは、ただ事とは思えなかったのだ。二人は申し合わせたように、女の方に向かってかけ出した。酔いは一変に醒めていた。女に駆け寄ったときは、走った勢いでぶつりそうになった。女は25歳ぐらいで、ほっそりしており、かなりの美人であった。この寒いのに、きれいな黒色のワンピースは引きちぎられ、素肌が見えた。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

オーストラリアの学生諸君(最終回)

メルボルンに帰って最初に車を降りたミッシェルは「皆、私の失恋をダシにして、ゴールドコーストに遊びに行けたんだから、私に感謝してよね」と笑いながら手を振ってうちの中に消えていった。冗談が言えるようになったミッシェルに、皆ほっとしたものだ。
旅行の翌日は成績が発表される日だった。だからインターネットで自分の成績を調べてみた。政治が78点、歴史が82点、文化研究が77点。ところが、哲学を見ると32点になっていた。32点と言えば、学期中にやった宿題の合計点と同じではないか。と言うことは、試験が0点。そんなはずはない。あんなにがんばって勉強して、試験もよくできたはずだ。何かの間違いに違いない。すぐに、哲学担当のホームズ教授にメールを出した。
「ホームズ教授
哲学1の科目を受講していたケイト・カーターです。学生番号は012849です。私の試験の結果についてお聞きしたいことがあるのですが、会っていただけませんでしょうか。
ケイト」
ホームズ教授からすぐに返事が来た。みんなのうわさではホームズ教授はいつでもすぐに返事をくれるので、一日中コンピューターの前に座っているのだろうということだった。
「ケイト
明後日からアメリカの学会に出かけるので、明日の朝なら会えます。明日11時に私の研究室にいらっしゃい。
ベン・ホームズ」
翌朝私がホームズ教授の研究室に行ったのは言うまでもない。
ホームズ教授に椅子を勧められて座ると、すぐに話を切り出した。
「先生。哲学1の私の成績が32点になっていましたが、試験の点数を入れるのを忘れられているのではないでしょうか。学期中の課題で32点もらっていましたので、どうしてもおかしいと思うのですが、私の試験の解答用紙を見せていただけませんでしょうか。」
ホームズ教授は、私の言葉が終わるのを待たずに私の試験の解答用紙を、私の目の前に差し出した。
「僕は、どうして君がこんな解答用紙をだしたのか、さっぱり分からないのだが」と言った。
手渡された解答用紙を見て、私は驚きで息を呑んでしまった。
解答用紙は私の名前で埋め尽くされていたのだ。「ケイト・カーター」と限りなく書かれていた。そのほか、何も書かれていなかった。
私は余りの衝撃に打ちひしがれて、夢遊病者のようにふらふらとホームズ教授の研究室を後にした。



著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

MEL漫 〜メルボルンまんが道〜 シリーズ4の最終ラインナップ!
前回の覇者とゆるキャラおもちくん登場!
Victoria Monsoon News
海洋情報満載のウェブサイトで新しいビーチでの遊び方を
59-65 / 87days -WWOOF-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
子どもと行くメルボルン @Icehouse
意外と近くで楽しめるウインタースポーツ!
子どもと行くメルボルン @プレイグランド, Epping
酪農公園!+イースターイベント情報も♪

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう