Logo for novels

EMR(1)

第一章:奇妙な忘れ物 
 (オーストラリア国メルボルンにて)
  理沙は、新しい住処に運び込まれた荷物の山を見て、これから徐々に自分の城を作り上げる喜びに浮き浮きしていた。自分の城と言っても、賃貸のマンションである。今のメルボルンの家の値上がりと来たらすさまじく、とてもじゃないが理沙の給料では買えない。
今まで、アジア人二人とオーストラリア人一人と大きな4つベッドルームのあるおんぼろ家を借りてシェアしていたのだが、大学を卒業し、就職をしたのを機会に、引っ越したのである。
 ベッドルームが一つに居間とダイニングキッチンのある小さなマンションを、週二百五十ドルで借りた。ちょっと家賃が高いが、駅に近いのが気に入ったのである。
 気が合うとは言えなかったハウスメイトとこれでおさばらかと思うと、気がせいせいしている。理沙はきれい好きなので、ハウスメイト達の食べたままほっ散らかしの流しに山積みされた汚れた皿を見ると、腹立たしかった。それに平気でドロドロの土のついた靴で家に入ってくるのも、耐え難かった。結局、きれい好きの理沙が家の掃除をするはめになり、それが理沙には大いに不満だったのだ。これで、きれいな部屋に住めると思うと心が軽く、鼻歌も自然にでてきた。
 大学で知り合った友人のエイミーと省吾に手伝ってもらって、運送屋が運んできた荷物の箱を開け始めると、たちまちのうちに床は皿や鍋やヤカン等の台所用品、そしてそれを包んでいた古新聞の山で、足の踏み場もないくらいになった。
「これ、どこに置けばいいの?」と聞く、エイミーや省吾に「それは、台所の上の棚に入れて」とか、「それは、流しの下に入れて」とか指示を与えながら、理沙自身も、どんどん段ボール箱の中から取り出したものを手際よく、片付けていく。
 省吾は日本人にしては背が高く180センチ近くあるので、高い戸棚に物を納めるのに大いに活躍してもらっている。
 エイミーに台所の整理を頼んだ後、理沙は衣類の入った段ボール箱をベッドルームに運んで、ベッドルームを整理することにした。まず下着から片付けようと、備え付けの洋服ダンスの引き出しを開けた時、引き出しの片隅に何か、小さくて円錐形の銀色の物が二つあるのに気がついた。それを手に取ってみた。イヤリングのように見えるが、ピアスの耳につけるためのピンはないし、そうかと言って、昔ながらのネジでとめるものでもない。何だろうかと不思議に思った。きっと、前の人が残したものだろうから、もし大切な物なら取りに来るだろうからと、それ以上考えるのはやめにして、ジーパンのポケットにしまった。そして、自分の服をハンガーに吊り下げたり、下着類やソックスを引き出しにしまったりする作業に追われた。
 昼過ぎから作業を始めたのだが、三十個余りあった箱が片付いた時はもう夕方の六時近くなっていた。
「二人とも、ありがとう。今日は私のおごりで、近くのレストランで晩御飯を食べましょ」と、理沙はマンションの近くの中華料理屋にエイミーと省吾を誘った。
 理沙の住むボックスヒルは、比較的アジア人の多い地域で、中華料理店、韓国料理店、ベトナム料理店と、アジア系の店が立ち並んでいる。
 大きくは無いがこぎれいな中華料理店を見つけて入って、一人三十ドルのコースを注文した。食べ物が来るまでウーロン茶を飲んで待っているとき、理沙はジーパンのポケットに入れていたヘンテコな物のことを思い出した。そしてポケットを探ってヘンテコな物を取り出すと、二人に見せた。
「ねえ、これなんだと思う?」
二人は、理沙の手に乗っている小さな物を見て、首を傾げた。
「イヤリングに似ているけれど、ピンもネジもないのがおかしいわね」とエイミーが言った。
「どれどれ、よく見せて」と省吾は理沙の手からその不思議な物を取って、自分の掌に乗せて目の前に掲げ、横から上、上から下へと、あらゆる方向に動かして観察した。そして言った。
「これ、イヤホンに似ていない?」
「そういわれれば、イヤホンみたいに見えるけど、普通イヤホンにはコードがついているよね」と、理沙が言った。
「それはそうだね」と、省吾が理沙に素直に同意した。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしもあの時(最終回)

「きのうは、ジェームズ・ハリス氏を殺害した犯人が実刑を免れましたが、どうしても納得できません。私はハリス氏と10年以上つき合っていますが、ハリス氏は虫も殺せないような優しい人でした。その人を殺した犯人は前途有望な金持ちのお坊ちゃんであったがため、優秀な弁護士を雇って刑をまぬがれることができました。ハリス氏は中学校を卒業した後、町工場にずっと務めていました。ハリス氏は貧しいし、世間から偏見をもたれることが多いゲイで、社会的に弱者の立場の人でした。今回の判決は社会的に底辺にある人を殺しても、金持ちの前途のある若者なら罰せられなくてもいいと言う、不平等な社会に私たちは生きていることを示唆しているように思えます。オーストアリアはa fair go、全ての人に平等のチャンスを与える国のはずです。それなのに、こんなことが許されていいのでしょうか。ハリス氏のパートナーだったリチャードはきのうの判決を聞いて、悲嘆のあまり、自殺未遂をしたことも付け加えておきます」
そう言えば、自分が実刑を免れた喜びに浸っていて被害者のことを全く忘れていたことに気づいた。その投書を読み終えた後、ポールのところにテレビ局から、インタビューしたいと電話がかかってきた。
「マクミランさん。人を殺しておいて何のお咎めも受けないことに対して、世間で非難の声が上がっていますが、それに対してどう思われるか、インタビューさせてもらえませんか?」
「ノーコメントです」と言って電話を切った。ピラニアのように寄ってくるジャーナリストにむかっ腹が立った。そして何か悪いことが起こりそうな胸騒ぎがした。
一週間後、スティーブから電話があった。
「検察庁は、判決を不服として上訴することに決めたそうだよ。新聞の投書を読んだかも知れないけれど、人を殺しておいて刑務所に行かないのはおかしいと言う世論が起こったので、検察庁もその世論を無視できないようだね。今度は前ほど軽い判決がおりない可能性が高いから、その覚悟をしておいてくださいよ。」
やっと事件を忘れられると思ったのに、また悪夢の日が舞い戻って来た。

それから1年後、ポールは刑務所の小さな独房の中を檻に入れられたクマのように行ったり来たりしながらつぶやいていた。
「もしも、あの時、あの女に会わなかったら、、。もしも、あの時、あそこに二人の男がいなかったら、、。そして、もしもあの時、あの二人が逃げ出したりしなかったら、、」



著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしもあの時(11)

「被告人、ポール・マクミラン、殺人罪——無罪.過失傷害致死罪——有罪」
ポールは、それから続いた裁判長の判決を聞いて、夢ではないかと思った.
「被告は、頭も良く、有名大学を卒業し、人からも好感を持たれる前途有望な好青年であった。それが、女の嘘に騙され、その正義感から人を殺すまでになったのは、不幸な出来事であったというほかない。女からレイプされたと聞いた時、その捜査を警察に任せなかったと言う過失は見られるものの、被告に殺意はなかったことは、被害者を病院まで運んだことから、明らかである。よって、ポール・マクミランには弁護側の主張を受け入れて、懲役2年、執行猶予5年とする。」
ポールは思わずスティーブの方を見ると、満足そうな笑みを浮かべたスティーブが、ポールに向かってかすかにうなづいた。一緒に来た両親も、喜びを隠しきれないようで、顔がほぐれていた。この6ヶ月、ポールの両親はポールとともにどんなに心労を患っただろう。これで、やっと、この事件も終わりを告げ、新しい未来に向かってまた一歩を踏み出すことが出来る。そう思うと嬉しさが心の奥底からこみ上がってきた。
ポールが両親と一緒に法廷を出ると、報道陣に囲まれた。
「判決の感想は?」
「勿論、嬉しい。それだけです」晴れ晴れとした気持ちで答えた。
ポールはこの言葉によって、またトラブルに巻き込まれようとは、その時夢にも思わなかった。
法廷から帰った後、6ヶ月ぶりにケビンに電話した。ケビンも執行猶予を与えられ、実刑を免れたのだ。
「おい、一緒に今晩飲みに行かないか?」
二人ともすぐに話がまとまって、ケビンのうちの近くのパブに行った。ビールのジョッキを持って、「乾杯」と、かち合わせ、久しぶりにビールを口から流し込むと、冷たいビールがひとしおおいしく感じられた。6ヶ月の月日がDVDの早送りのように流れ去り、またケビンとの友情を取り戻したことが嬉しくてたまらなかった。その6ヶ月の空隙を埋めるかのように、二人の話はつきなかった。証言台に経ってくれる人を捜す苦労とか、腕のたつ弁護士がついてくれてラッキーだったとか。あのうそつき女に対しては、特に二人の憤慨は全く収まっておらず、二人で悪態の限りをついて、鬱憤をはらした。そして、あの女に対する鬱憤がおさまると、これからどうするか、二人は将来のことを夢中になって語り合った。ポールは冗談のように、「この経験を本にして出版しようかな」と言うと、ケビンは「それは、いい。俺たちのようなユニークな経験をした者は、世間にはそうざらにはいないものな」と言い、ポールのアイデアに賛成した。
 翌日の新聞には、法廷から両親と弁護士に囲まれ晴れ晴れとした表情で出て来たポールの写真が一面に載っていた。それを見ると、やっと自由になれたんだと思った.これからまた就職口を探して、両親を安心させようと明るい希望がふつふつわき上がって来た。
 ところがすぐその後、ポールの目はその新聞の投書欄に載っていた一人の読者からの投書に釘付けになった。そこには次のようなことが書かれていた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしもあの時(10)

 高校時代、ポールの学校のフットボールのコーチだったジャックは、ポールがいかに正義感が強かったかを次のように語った。
「ポールは勉強もよくでき、フットボールも上手な生徒で、チームの皆から一目おかれる存在でした。ある日、中国人の男の子がチームに入ってきたことがあるんです。中国人がフットボールのクラブに入ってくるのはとても珍しいことなんですけど。中国人って教育ママが多くて、中国人の生徒は勉強していい点を取ることに専念することが多いから、スポーツのクラブに入ってくることはほとんどなかったんです。その生徒は足は速いし、キックも上手で、すぐに私の目を引きました。ところが私が目をかけたのが裏目に出たようで、他のチームメイトから、私の見ていないところでいじめをうけるようになっていたようです。私は全くそのことに気づきませんでしたが、卒業式の日、その生徒から初めていじめのことを聞かされました。その生徒は、いじめを受けても続けられたのは、ポールのおかげだと言っていました。ポールはその生徒がいじめのグループに取り囲まれている時、割って入っていて、いじめのグループをとめたりして、かばっていたということです。ですから、ポールが殺人罪に問われていると聞いた時、人違いではないかと思いました」
 証言台にたった三人は一様に、有望な将来を保証されていたポールが、ここで犯罪者として将来を断ち切られるのは無念だと語った。
 検察官はポールに対して懲役10年を求刑したのに対し、弁護人側は執行猶予つきの2年の刑を主張した。ケビンに対しては検察官が1年の求刑で、弁護側は執行猶予付きで3ヶ月を主張していた。
判決は一ヶ月後に言い渡されることになった。
法廷を出ると、スティーブは、ポールに対する同情の声が傍聴席から聞こえ、ポールの友人、知人達の証言が裁判官にも、刑の軽減に効果を発揮しそうだと嬉しそうに語った。別れ際に「予断は許さないが、もしかしたら、実刑を免れることが出来るかも知れないよ」と言ったスティーブの言葉は、絶望の崖っぷちに立っていたポールに希望を与えてくれた。

判決の日は事件が起こってから6ヶ月以上も経っており、事件の日のどんよりとした冬の日から、日差しが強い夏の日に変わっていた。その日は40度もあり、北風がオーブンから吹いてくる熱風のように感じられた。その日、出廷したポールがかけていたサングラスは、夏の強い日差しを避けるとともに、夕べ眠れなくて目が真っ赤になっているのをかくす役目も果たしてくれた。背広姿のポールは両親とスティーブに囲まれて、法廷の玄関に入った。
天井の高い法廷の中は、別世界のように、涼しかった。
この事件は、マスコミの関心を集めたようで、新聞記者と思われる者が3、4人、前の席に陣取っているのが見えた。また傍聴席は満席で、半分はポールの見知らぬ人達であった。
ポールは被告席に座ると、不安と期待の両方が同時に押し寄せて来るように感じた。ケビンも緊張した面持ちで座っていた。
3人の裁判官が入ってくると全員起立し、官吏から座るように指示されて着席した。
裁判長が陪審員長に判決を書いた書類をもってくるように指示した。陪審員長は、頭のはげた50歳代の白人の男だった。はげ上がった所は日に焼けたようで、ピンク色になっていた。その男から書類を受け取ると、裁判長は重々しく書類を開いて、「それでは、判決を言い渡す」と朗々とした声で判決を読み上げた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

Victoria Monsoon News
ヴィクトリア州のアルプス! 『Grampians』
オーストラリア近代美術センター
アートギャラリーだけでなく建築デザインもユニーク!
第49回「シャイなんだから」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
38-41 / 87days -カカドゥ国立公園-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
子どもと行くメルボルン @Healesville Sanctuary
今の季節がおすすめ!

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう