Logo for novels

EMR(6)

「そうですよ。一度使ったことがあるんでしょ?使い方は簡単でしょ?耳につけて、相手に触れるだけでいいんですから」
「でも、知らない人に触れるって、そう簡単にはできませんよ」
「まあ、女性のあなたが触る分に関しては、そんなに問題にならないでしょう。僕なんかが女性に触ると、痴漢だって喚きたてられる恐れがありますけれどね」と言って、はじめて笑った。胡散臭いと思った男も白い歯を出して笑っているのを見ると、無邪気に見えた。
「どんなことをしてほしいんですか?」
「毎日、電車に乗りますか?」
「ええ、勤務先はシティーにありますからね。電車で通勤するつもりですよ」
「じゃあ、電車で人の考えていることを調べてくれませんか?ちゃんと調査費用は研究費からお払いしますから、アルバイトだと思ってやってくれませんか?」
「そんな他人の考えていることを調べて、どうするんです?」
「いや、どんな状態のときが一番性能がよくなるかとか、性能が下がるのはどんな時かを知りたいので、その人がどんなことを考えていたのか記録する必要はないですよ。実験した日時、場所、相手の外見、相手のどこと接触したか、よく相手の考えていることが分かったかを五つ星の点数にして書いてくれればいいんです。簡単でしょ?」
「そうは言われても、私も新しい仕事に就いたばかりだし、アルバイトをする時間なんてないんですけど」と言いながらも、理沙は、他人の心を覗くということに興味が全くないわけではなかったので、断る言葉も歯切れが悪かった。
「一日何人やってほしいなんてことを強制はしませんよ。時間のあるときにやってもらえばいいんですから、やってくださいよ」
 ハリーに粘られて、理沙は結局「それじゃあ、やってみます」と言ってしまった。
「実際の実験をやり始めるためには、契約書にサインをして頂かないといけないので、明日にでも大学に来てもらえますか?そうだ。僕の名刺を渡しますから、僕の研究室に来てください。その時、このエレクトロニック・マインド・リーダーをお渡しします」
「その耳栓もどきは、エレクトロニック・マインド・リーダーっていうんですか?」
「ええ、僕がつけた名前ですけれどね。心を読む電気器具ですからね。ちょっと長ったらしいので、EMRと省略して言うことが多いですけれどね」
「分かりました。では、明日仕事を終わってからいってもいいですか?」
「何時に仕事は終わるんですか?」
「五時です」
「それじゃあ、事務室はしまっているかもしれないので、直接僕の研究室に来てください。契約の書類も明日までに揃えておきますよ。いや、実験協力者をどんな風にして集めればいいのか思案していたところなので、助かります。じゃあ、また明日」と、ハリーは握手のために手を差し伸べ、力いっぱい理沙の手を握り締めて大きく振った。分厚くて毛深い手だった。
 ハリーは戸口まで見送った理沙を突然振り返り、大事なことを言い忘れたとばかり、「EMRはまだ特許の申請もしていないので、口外しないでくださいね」と真剣な顔をして言った。理沙は、エイミーと省吾もEMRのことは知っているので、困ったような顔をして「引越しを手伝いに来た二人の友達は、もうEMRのことを知っていますよ」と答えた。ハリーはそれを聞くと、「うーん」とうなった。「これも僕が不注意にもここに置き忘れたためだから、仕方ありませんね。そのお二人に、他言しないようにお願いできます
か?」
「ええ、いいですよ」と理沙は気軽に請け負ったが、秘密だと言われたら余計にしゃべりたくなるのが人情だと思うと、本当は、こんなに安請け合いしてもいいものかと自信がなかった。
   何だか台風に襲われたような感じのハリーの訪問だったが、理沙はハリーが帰るや否や
  すぐにエイミーに電話した。
「エイミー、今さっき、前のこのマンションの住人が、あの耳栓もどきを取りに来たわよ」
「へえ。前の住人って、どんな人だった?」
「髭もじゃの余り身なりを構わない感じの三十半ばくらいの男かなあ」
「で、あれは、一体何だったの?」
「エレクトロニック・マインド・リーダーって言う、ハリーが発明したものなんですって」
「へえ。やっぱり人の心の声を聞く機械だったんだ」
「そう。まだ特許をとっていないので、秘密にしておいてくれっていうことなの」
「そう。分かったわ」
「それで、まだ試作品が出来たばかりだから、私に実験に協力してくれって言うのよ」
「で、引き受けたの?」
「そう。新しい仕事についたばかりだから時間がないって言ったんだけど、どうしても協力して欲しいってねばられちゃって」
「もしかして、理沙、そのハリーって言う男に気があるんじゃないでしょね」
「まさか。あんなむさくるしい感じの男、私の趣味じゃないわよ」
「そうなの。で、省吾にはもう知らせたの?」
 エイミーはEMRのことよりも省吾のことが気になるようだった
「今から知らせるわ」
「省吾、理沙が好きみたいだから、彼の心を傷つけちゃだめよ」
「そう言われると、つらいわ。だって省吾に対しては全然男って言う感覚がないんだもの。省吾があんなふうに私のことを思っていると知って、実は私困っているのよ。今までのように無邪気に彼と接していけなくなったわ」
 理沙はため息混じりに言った。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(5)

「どなたですか?」と聞くと、
「このマンションの前の住人のハリー・アンダーソンです」と言う。
 隣のシェリルの言った言葉を思い出した。
「大切な物だったら、そのうちハリーが取りにくるわよ」
 慌ててドアを開けると、茶色の髪はぼうぼうで無精ひげを生やし、くしゃくしゃのTシャツとジーパン姿の三十代の白人の男が立っていた。学者らしいとは知っていたが、社会人とは思えないような身なりだった。だから、理沙が少し警戒する気持ちになったのも、無理はない。
 ハリーは、理沙のじろじろと警戒するような視線を気にする風もなく、
「忘れ物をしたんですが、小さい耳栓のような物はありませんでしたか?」と聞く。
 やはり、前の住人のようである。それでないと、あの耳栓もどきがこのマンションにあることを知っているはずがない。
「ありましたよ」と言った理沙は、ハリーから耳栓もどきの正体を聞きたいという好奇心が頭をもたげてきて、つい言ってしまった。
「立ち話もなんですから、どうぞ中に入ってください」とハリーを居間に招きいれたのだ。
 知らない男は自分の部屋には入れないという一人暮らしの女の鉄則を破ってしまった。ハリーは「それじゃあ、お邪魔するかな」と言って、そのまま部屋に入ろうとするので、理沙は慌ててしまった。
「あ、ちょっと待ってください。靴を脱いでスリッパにはきかえてくださいませんか」と言って、急いでスリッパを出して、ハリーの前においた。苦笑いしながら、ハリーが靴を脱ぐと、ソックスの親指のところに大きな穴が空いていて、親指が見えた。しかし、ハリーは全然気にする風も無く、スリッパに履き替えて部屋に入り、きょろきょろ見回した。
「住人が変わると、随分部屋も違って見えるもんだなあ」と感心したように言う。
「以前は、どんな部屋だったんですか?」と理沙が聞くと、苦笑いしながら、
「僕は掃除が苦手だったからね。部屋の中は本や紙で散らかっていたよ」と答えた。
居間のソファーにハリーを座らせ、理沙は耳栓もどきを机の引き出しから取り出し、ソファーの前のテーブルの上に置いて聞いた。
「これ、一体何なのですか?」
「何だと思います?」
 ハリーはからかうように言った。
「その耳栓をつけると、他人の心の声が聞こえるみたいですね」
「ほう。実験してみたのですか?」
 理沙は、黙ってうなずいた。
「だったら、分かったと思いますが、これは他人の心が聞ける耳栓なんですよ」
「そんなことがどうしてできるんですか?」
「うーん、素人に説明するのは、難しいなあ。最近医療器具で、心で思うだけで動かせる人工の指ができたんですが、聞いたことがありますか?」
「そんなことが、できるんですか?」
 理沙にはそんなことは初耳だった。
「ええ、できるんですよ。想念って言うのは、脳の中の細胞がシナプスを使って伝達されるのですが、その時起こる電流を調べることができるのはご存知ですよね」
「脳波のことですか?」
「そうそう。脳波で一番知られているのは、普通の活動をしている時出るアルファー波、夢を見る時にでるシーター波、深い眠りの時のデルタ波なんかですが、今では、脳波をもっと詳細に観察することによって、想念も分かるようになってきたんですよ。脳波と想念の関係の研究がすすんできて、人工的に作られた肢体を、思うだけで動かせることも可能になってきたのです」
「ふーん。ちょっと難しいお話ですが、分かるような気がします」
「僕の恩師のマクミラン教授は、脳波と想念の関係を詳しく調査して、想念を脳波の微妙な動きによって解明することに成功したんですよ。その先生が突然亡くなられて、僕はその先生の遺志を引き継いで、先生が残されたデータを基にして、想念を伝達する機械を作る研究に打ち込んでいたのですが、やっとその試作品ができたわけです。この機械は言葉を介さないで、想念を伝達することができるので、言葉の壁も乗り切ることに成功した画期的なものなんですよ」
「はあ」
 とうとうと話し始めたハリーは、本当に研究に打ち込んでいるのがうかがえた。自分の研究のことを話しているハリーの目はキラキラ輝いている。初めて見たときの、だらしない格好をした冴えない男と言う印象が吹っ飛んでしまった。
 しかし、理沙の気の抜けたような返事を聞いて、理沙に自分の研究を話しても理解されそうもないことに気づいたようで、ハリーは一応説明がすむと黙ってしまった。
 今度は理沙が聞く番だった。
「失礼ですが、何のために作られたのですか」
 実際理沙には、耳栓もどきがどんなことに役に立つのか、理解しがたかった。
 自分の研究にけちをつけられたと思ったのか、ハリーはムッとした顔をして、
「色々役に立ちますよ。たとえば身体が動かなくなった人の世話をするとき、これで相手の考えていることが分かるので、世話がしやすくなります。時々手術をするために麻酔をかけられ、身体は麻痺して動かないのに意識だけあって、手術の間中、激痛に耐えなければいけなかった患者の話を聞きますが、これを使えば、そんな恐ろしい思いをする人がいなくなりますよ。それに、犯罪者なんかも捕まえやすくなりますよ。嘘発見器のようなまどろこしいことをしなくても、直接容疑者の心を読めば、その容疑者が実際に犯罪にかかわっていたかどうか、分かりますからね」
「でも、個人情報の機密は守れないことになりますね」
「まあ、使いようによっては危険な道具になりますが、どんなものでも、使う人によって危険な物になるものは、実際世の中に溢れていますから、これだけを取り立てて問題にすることはないと思います」
「もう、たくさんこんなものを作られたのですか?」
「いえ、これだけです。これからいろんな人に使ってもらって、性能を実験していかなくてはいけない段階です」
「どんな実験をするんですか?」
「実際に使って、ちゃんと相手の心が読めるかどうかの実験です。そうだ。僕の実験に協力してくれませんか?」
「私がですか?」
 急に言われて、理沙は戸惑った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (1)

EMR(4)

シェリルと挨拶を交わして、理沙のマンションに戻ると、三人はテーブルを囲んで座った。
 省吾がまず口を切った。
「確かにシェリルの言うとおり、そのハリーとか言う男にとって、この耳栓もどきが大切な物だったら、いつか取りに来るんじゃないか?まあ、それまで待つしかないね」
「それはそうだけど、もし大切でないものだったら、このまま私の手元に残しておかなければいけないってことね?」
「気味が悪いんだったら、僕が預かってもいいよ」
「そうしてもらえると助かるけれど、ハリーが取りに来た時に、返せなくなるわね」
「もう一度、実験してみないか?本当に、これは人の心の声を聞ける機械なのか」
「そうね。そうしてみましょう。まず、私が耳栓もどきをつけて、省吾の心を読むことにするわ」と理沙は言い、耳栓もどきを耳につけて、省吾の腕をとった。
 神妙に二人に見守られながら、理沙が「聞こえるわ。省吾の声が」と、言ったかと思うと、急に顔を赤らめ、耳栓もどきをはずした。省吾がバツの悪い顔をしたのを見て、エイミーは狐につままれた思いで二人の顔を見比べたが、何となく、何も聞かないほうがいいような空気を感じ取ったのか、わざと明るい声で言った。
「今度は、私の番よ。貸して」と言うと、耳栓もどきをつけて、理沙の腕に触れた。すると、理沙は口を閉じているのだが、エイミーには彼女の声がはっきりと聞こえてきた。
「省吾が私のことをそんな目で見ていたなんて、今まで気がつかなかったわ。気安い男友達くらいにしか思っていなかったのに」
 エイミーは、突然聞いてはいけない他人の秘密にふれたような居心地の悪い思いに陥り、すぐに耳栓もどきをはずした。理沙も省吾もバツが悪そうに黙っている。
 変な雰囲気になったのを察知したエイミーは、
「私、もう帰るわ」と椅子から立ち上がると、省吾も彼女に釣られて立ち上がって、
「じゃあ、僕も帰るよ」と言い出した。理沙は二人を引き止める気にはなれなくて、そのままドアの外まで送り出した。
二人が帰って独りになった理沙は、テーブルの上にある耳栓もどきを眺めながら、途方にくれていた。
「省吾が私を女としてみているなんて、ちっとも気がつかなかったわ。私は省吾を男としてみたことが全然なかったし、これからもそんな気持ちにはなれないわ。これから彼とどう付き合っていったらいいのかしら」と言うと、ため息をついた。

 翌日は日曜日だったこともあって、理沙は、目覚まし時計をかけないで寝た。カーテンの間から漏れる日の光に目が覚めて、枕元の目覚まし時計を見ると、もう十時になっていた。夕べはなかなか眠れなかった。あの不気味な耳栓もどきのこともあったし、省吾とのことも考えていると、夜通し目がさえて、明け方になってうつらうつらしたのだ。
 ゆっくり起きて、顔を洗ってトースト二枚とハムエッグを食べていると、ドアのベルが鳴った。一瞬、省吾かなと思ったが、彼だって自分以上にばつの悪い思いをしているだろうから、こんなに朝早く来るとは思えなかった。
 ドアの覗き穴から見ると、見知らぬ男が立っていた。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR (3)

「誰?」と若い男の声が中から聞こえた。
「あのう、今日お隣に引っ越してきた林理沙と言うものですが」と言うと、ドアの真ん中についている小さな覗き穴から、理沙の顔を見たのであろう。しばらくすると中でガチャガチャとチェーンをはずす音がした。ドアを開けたのは、紺色のTシャツとジーパン姿の、学生のような感じの十代の終わりか二十代前半と思われる白人の男だった。
「あのう、今日引っ越してきた林理沙と言いますが、よろしくお願いします」と言うと、その男は三人をじろりと見て、
「三人で暮すの?」と胡散臭そうに聞いた。
 ベッドルームが一つしかないのに、三人で暮すのは無理なことは誰の目にも明らかなのに、変なことを言う奴だと、理沙は思った。
「いえ、私一人です。こちらは今日引越しを手伝ってくれた友人のエイミーと省吾です」と、後ろの二人を振り向きながら紹介した。
 その男はそれを聞くと不機嫌だった顔が少し和んできた。最近は家賃の支払いが大変なため小さな所に何人も一緒に住む海外留学生が多いと言う話を聞いたことがある。私たちもそんな貧乏留学生に間違われたのかもしれないと、理沙はその男の態度の変化をみて思った。もっとも、エイミーは白人だが。
「そう。僕はマイケル・ロビンソンって言うんだ」と、握手をするために手を差し伸べた。
 挨拶がすむと、理沙はすぐに前の住人のことを聞いた。
「私が来る前お隣に住んでいた人は、どんな方だったんですか?」
「さあね。時折見かけることはあったけれどね、口を利いたことはないな」
「あ~あ、やっぱり」と三人の顔に失望の色が浮かんだ。
「じゃあ、名前とか、職業も分からないんでしょうか?」
「うん。知らないね。夜遅く帰ることが多かったみたいだけど」
「男の人ですか?女の人ですか?」
「三十代くらいの男だったよ」
「そうですか」
「何か、あったの?」
「いえ、別に。では、これで。よろしくお願いします」と三人はすごすごと引き上げた。
  マイケルがドアを閉めると、理沙の口から大きなため息が漏れた。
「やっぱり、お隣にはだれも関心がないんだ」
「でも、右隣の人は何か知っているかもしれないよ」
 省吾になぐさめられて、気を取り直した理沙は右隣のマンションのドアの前に立った。
呼び鈴を押すと、「どなたあ?」と女の声がした。
「今日隣に引っ越してきた理沙というものです」と理沙が言うと、ドアが開いた。
 年齢は四十歳ぐらいであろうか。茶色の短い髪をした面長で睫が長く黒い目の大きなスペイン系の美人だった。
「私、今日からお隣に引っ越してきた林理沙って言うものです。こちらは今日引越しの手伝いに来てくれた友人のエイミーと省吾です」
 誤解をされる前に、急いで理沙はエイミーと省吾の紹介も付け加えた。
「ああ、そう。私はシェリルって言うの。よろしくね」とシェリルはニコニコしながら言った。マイケルに比べるとずっとフレンドリーだ。エイミーと省吾は理沙の後ろに立ち、理沙とシェリルの会話に耳を傾けていた。
「あのう、前にお隣に住んでいた方のことを、ご存知ありませんか?」
「えっ?どうして?」
「何か忘れ物をされたようなんですが、大切なものではないかと思って、連絡をしたほうがいいかなと思って」
「さあ、私もたいしてお隣さんのことを知っていたわけではないけれど、名前は確かハリーと言っていたわ。苗字のほうは知らないけれど」
「それじゃあ、引越し先もご存じないでしょうね」
「知らないわ。残念ながら。でも勤め先は聞いたことがあるわ」
「どこですか?」
「東オーストラリア大学だと、一度聞いたことがあるけれど」
 東オーストラリア大学は学生数が3万人もいる総合大学である。ハリーというようなありふれた名前の人物は何千人とまでは言わなくても百人くらいはいるだろう。せめて、学部でも分かれば、見つけ出せるかもしれない。
「そうですか。どこの学部の方か、分かりますか?」
「一度、夜遅く帰ってくるのに出会ったとき、実験で遅くなったなんていっていたから、理学部か工学部、それか医学部っていうところじゃないかな」
「そうですか。ありがとうございました」
「大切な物だったら、そのうち取りに来るでしょうから、そんなに心配しなくてもいいんじゃないの」とシェリルは言った。確かにシェリルの言う通りなのだが、奇妙なものの正体を早く知りたいのだ。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(2)

理沙は省吾からそのイヤリングに似たものを取り返すと、試しに耳に入れてみた。耳に、ぴったりはまる。しかし、何も聞こえては来ない。聞こえないどころか、今まで聞こえていた人の話し声や、皿の触れ合うカチャカチャという音までも消えた。
「もしかしたら、耳栓かしら」と理沙が言うと、
「ちょっと、僕にも貸して」と、省吾が手を出したので、理沙はその奇妙な物を耳からはずして省吾に渡した。
 省吾はその奇妙な物を両方の耳に入れると、
「何も聞こえない。きっと、これは性能のいい耳栓だよ」と言いながら、耳栓もどきを耳からはずそうと腕をあげた。その腕にエイミーが触って、「私にも貸して!」と言った。
すると、省吾は急に変な顔をした。まさかエイミーが触ったくらいで変な顔をすることもあるまいにと、理沙は思い、
「どうしたの?」と、耳栓のようなものをはずした省吾に聞いた。
「耳栓をしている時は、なんの音も聞こえてこなかったのに、エイミーが僕の腕に触れたとたん、エイミーの声だけがはっきり聞こえてきたんだ。変だなあ」
「それは変ね。そんな耳栓があるなんて聞いたことないわ」
 理沙は、耳栓をしたエイミーの手に触れながら、
「エイミー、私の声が聞こえる?」と聞くと、エイミーは理沙のほうを向き、
「勿論聞こえるわよ」と言うので、理沙は「変な耳栓ね」と心の中で思った。すると、驚いたことに、エイミーが
「本当に、変な耳栓ね」と言う。
「エイミー、まさか私の考えていることが分かるんじゃないでしょうね」と心の中で理沙が言うと、
「ええ、分かるわ」と、エイミーが理沙を見ながら言う。
理沙は驚いて、何も言えなくなった。そんな理沙を見ながら、エイミーが耳栓をはずすと、
「理沙、どうしてそんなに驚いた顔をしているの?」とキョトンとしている。エイミーは、理沙が心の中で思ったことも、口に出した言葉だと思っているようだ。
「だって、私、変な耳栓だと心の中で思ったけれど、口に出して言わなかったのに、私の考えていることが分かるなんて、薄気味悪いわ」
「そういえば、そうね。でも、私にはちゃんと理沙の考えていることが伝わってきたわ」
 エイミーがそう言うと、三人は薄気味悪いものを見るように、テーブルの上に置かれた耳栓もどきに目をやった。その時、注文したスープが配られたので、皆黙ってコーンの入ったチキンスープをうつむいて飲んだ。皆それぞれに、この耳栓もどきの正体を考えているようだった。スープを最初に飲み終わった省吾が最初に口を切った。
「それって、誰にもらったの?」
「もらったんじゃないのよ。今度引っ越したマンションの洋服ダンスの引き出しの中にあったの」
「じゃあ、前の住人が置き忘れて行ったってことね」エイミーが考え深げに言った。
「前、どんな人が住んでいたの?」
 エイミーと省吾が同時に聞いた。
「さあ、知らないわ。隣の人に聞いてみれば、分かるかもしれないけれど」
「まあ、隣の人に聞いても、オーストラリアでは隣にどんな人が住んでいるのか知らない事が多いから、余り期待は出来ないけれどね」
 エイミーは何でも悲観的に考える傾向がある。
「でも、知っている可能性がなきにしもあらずだから、食事が終わったら、隣の人に聞きに行こうと思うんだけど、一緒についてきてくれる?」と、理沙が心細げに言うと、
「うん、いいよ」と二人は好奇心に目を輝かせながら言った。二人とも、テーブルの真ん中に転がっている物が何なのか、知りたくてたまらないのだ。
 そうと話が決まれば、早く聞きたいのが人情である。皆食べていても落ち着かない。スープが終わると春巻きが前菜として出てきた。それを食べ終わるとメインコースの牛肉と野菜のオイスターソース炒め、チャーハン、酢豚がでた。最後にオーストラリアの中華料理店だけで食べられる、バナナの天ぷらとアイスクリームの組み合わせのデザートがでた。三人はせかせかと物も言わずに食べた。
 ウエートレスが、「お飲み物は何になさいますか」と聞きに来た時は、もうおなかが一杯で、これ以上何も入らないという気持ちだったし、早く耳栓もどきの正体を知りたいとの焦りもあって、三人とも何もいりませんと答えた。そして、理沙が伝票をもらって会計を済ませると、大急ぎで中華料理店を出た。勿論理沙は、テーブルの上にあった耳栓もどきをポケットにしまいこむのを忘れなかった。
 外に出たらまだ明るい。理沙が腕時計を見ると、午後八時だった。夏時間なので、最近は九時過ぎまで明るい。知らない家を訪ねていっても失礼にならない時間である。
「日本だったら、タオルとかそばを持って、お近づきにって、お隣さんに挨拶に行けるけど、オーストラリアには、そんな習慣ないの?」
「ない」とエミリーはそっけなく答える。
「知らない人を訪ねるのに手ぶらでは、ちょっと・・」としぶる理沙を、
「いいから、いいから」とエイミーは理沙の背中を押すようにして、左隣のうちに行った。理沙を先頭にしてエイミーと省吾は理沙の後ろに立ち、理沙がマンションのドアのベルを鳴らした。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

子どもと行くメルボルン @Skinners Adventure Playground
可愛い子には冒険を!
Victoria Monsoon News
ヴィクトリアの大自然を体験
子どもと行くメルボルン @Johnstone Street Reserve
緑豊かなプレイグランド✩
投稿!メルボルン珍百景 19枚目
思わず目を細めたくなるLaneアート...
第29回「コンパクトってスバラシイ。」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上