Logo for novels

EMR(10)

その晩、理沙はなかなか寝付けなかった。一見して幸せそうに見える人にも、いつ不幸の火の粉が襲い掛かってくるのか分からない。そんな思いに駆られたのだ。ボーイフレンドと言えば、省吾はどうしているだろうか。省吾と話したのは2日前だったが。
その翌朝は、夜寝つきが悪かったので、朝寝坊をしてしまった。だから、朝ごはんも食べずに慌てて家を出た。頭がボーとしていてEMRを取り出す気がしなかったので、朝は調査をお休みにした。
 会社からの帰りは少し元気が出てきたので、ハンサムな二十代の後半から三十代前半と思われる白人をターゲットにすることにした。その男の長い睫、大きな青い目、そしてウエーブのかかったような柔らかそうな茶色い髪の毛、それに筋の通った程よい高さの鼻は、少女マンガに出てくる王子様のようで、理沙の好みにぴったりだったのだ。もっとも王子様と言える年齢ではなかったが。
 相手がハンサムだと胸がドキドキする。EMRをハンドバックから取り出して、痴漢に間違われないように祈るような気持ちで、男の腕にそっと触れてみた。
すると、すぐに男の声が聞こえてきた。
「来週の火曜日はレベッカの誕生日だな。何をプレゼントしよう。婚約指輪を買って、プレゼントしようか?でもこの間結婚の話を持ちかけたら、まだ結婚によって束縛されたくないわって、あっさり断られたからなあ。そうだ。高級レストランに行って、ロマンチックなディナーっていうのもいいな。レベッカはフランス料理が好きだから、ジャック・レモンがいいかもな。あそこは値段は高いけれど、味は抜群だからな。そうしよう。今日も会社でレベッカの顔が見られただけで、心が浮き浮きしたな。レベッカを見るだけでまるで俺の細胞の一つ一つが喜びの声をあげているって感じだからな。俺って、レベッカに首丈だって友達からからかわれるけど、まあ、本当のことだから仕方ないな」
 皆くたびれたような顔をしている乗客達の中で、彼だけが嬉しそうに輝いて見える。
「何だ、恋人がいるのか。馬鹿馬鹿しい」と理沙はすぐに彼の腕から手を放した。人ののろけなんか聞いても、ちっとも面白くない。
 次には、背広を着てはいるが、くたびれ果てたような顔をした五十代の白人の男に目を
つけた。頭も禿げかかって、眉間に皺があるその男は、さっきの男と対照的だった。仕事の悩みでもかかえてくるのだろうか。その男の背中に触れてみた。
「きのうも二百ドル負けてしまったな。これで、今月は三千ドルも負けてしまったことになる。何とかせめて元手だけも取り戻さなければ。ケイトの奴からまたガミガミ言われるだろうな。生活費までポーキーに使って家族を飢え死にさせる気かといって金切り声を張り上げて責め立てられるのはたまったもんじゃない。家にまっすぐ帰る気にはなれないな。これからまた帰りにパブによって、ポーキーをしてみよう。今日は何となく運がついているような気がする。でも、財布の中には五ドル札一枚しか入っていないから、どこかで現金が手に入らないものだろうか。またビザカードを使って、百ドルおろすことにするか。借金が増えるが、前のように三千ドル当たったら、そんな借金なんてすぐに返せる。大丈夫だ。今日こそは勝って見せる」
 自分を励ますように言っている男の声は、ハンサムな男の声ほどはっきりは聞こえず、くぐもっていた。
 その晩に、早速調査表に次のように記録を書き入れた。

ケース4
日時:一月十二日午後五時半―五時四十五分
場所:メルボルン・セントラル駅からカンタベリー駅
相手:白人二十代後半から三十代前半と思われる男性
接触場所:腕
感度:五つ星

 ケース5
日時:一月十二日午後五時四十五分―六時
場所:カンタベリー駅からボックスヒル駅
相手:白人五十歳代と思われる男性
接触場所:背中
感度:二つ星


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(9)

 理沙は会社に着くと、慣れない仕事のためなのか要領が悪いのか、その日も一日多忙を極め、会社にいる間、一度もEMRのことを考える暇さえなかった。
 理沙はその日の帰りも調査をしようかなと思ったが、会社で全力投球したために疲れて、帰りの電車の中ではEMRを取り出す気力もなかった
晩御飯を食べた後、調査報告書を出して、その日の情報を書き込んだ。

ケース1
日時:一月十日午前七時半―八時
場所:ボックスヒル駅からメルボルン・セントラル駅
相手:インド人の二十代前半と思われる男性
接触場所:背中
感度:五つ星

二日目の朝、理沙は電車の奥のほうには全く入れなかった。仕方なくドアのそばに立ち、周りをたくさんの人に囲まれていた。そのうちの一人、スーツを着た白人の二十代後半と思われる男性がつかんだ棒が理沙の目の前にあったため、彼の手と理沙の手が触れた。EMRを取り付けてみると、ちょっと感度が悪くてざわざわする感じがするが、かすかにその男の想念が伝わってくる。しかし、きのうと違って全神経を集中させないと聞こえない。
「あ~あ。眠いなあ。こんなに毎晩遅くまで仕事だと寝不足になるのは、無理もないか。昨日の夜勤はこたえたなあ。仮眠をしたかと思うと救急患者が来て、眠い目をこすりながらの診察では、もしかしたら誤診もあるかもしれないなあ。病院っていう所はこんなに階級性が強いところとは思わなかったなあ。新米の僕に全部しわ寄せが来るんだから」
「えっ?この人お医者さん?」と理沙は、びっくりした。感度が悪いのは、この人が寝不足で脳の思考が不活発なためかもしれない。それにしても、本人も誤診を心配しているけれど、こんな医者に診られる患者のほうは、たまったもんじゃないわと、理沙はこの男に同情するよりも毒づきたい気分になった。
 感度が悪いのは接触しているところが手の甲のせいかもしれないと、今度はきのうのように男の背中に触れてみた。感度はさして変わらない。もしかしたら、調査相手の体調によって、感度が上がったり下がったりするのかもしれない。これもメモに取っておいたほうがいいなと思いながら、理沙は会社に向かった。
 その日の帰りは、きのうほどの疲れを感じなかった理沙は、調査を続けることにした。
 帰りの電車で理沙のそばに立ったのは、二十代前半と思われる金髪美人の女性だった。すらっと長い足に高いヒールが良く似合っている。ほっそりとしているが胸と腰は豊かでプロポーション抜群である。もしかしたらモデルかもしれない。白いふわっとした感じのワンピースは、理沙が一度は自分でも着てみたいなと思うような高級品だった。きっとお金持ちなのだろう。ただ、何かいやなことがあったのか、額にしわを寄せ、深刻そうな顔をしている。理沙は早速EMRを取り付けて、そっと彼女の指に触れた。幸いにも電車が込んでいたからか、彼女があまりにも自分の思いに心をとらわれていたせいか、難なく心の声を聞くことができた。
「どうしよう。どうしたらいいんだろう。切り取るか、そのままにしておくか。遺伝子なんて調べてもらわなければ良かった。ママが乳がんになったと聞いた時は、目の前が真っ暗になる思いだったわ。ママのママも乳がんで亡くなったんですもの。ママに『うちの家系には乳がんの遺伝子があるのかもしれない。あなたも乳がんの遺伝子を持っていないか、調べてもらったほうがいいわ』なんて言われ、調べてもらったんだけど。きのう結果が分かったって知らせがあったので、急いでお医者に行ってみると、乳がんの遺伝子があるなんていうのだから。ママに電話したら、すぐにでも乳房を取り除く手術をしてもらいなさいと言っていたけれど、ボーイフレンドのニールは何ていうだろう。ニールはいつも私の乳房はプルンプルンとしてかっこがいいって褒めてくれているわ。その乳房がなくなると、ニールから見向きもされなくなるんじゃないかしら。あの人はほんとにプレイボーイだから目が離せないわ。いつも何人もの美女に取り囲まれていたのを、一生懸命モーションかけて、やっと他の女を追っ払ったというのに。フットボール選手は皆の憧れの的で、フットボール選手とセックスしたというだけで自慢する女もたくさんいるのだから、ニールをつなぎとめられる自信は、私にはないわ。そうかと言って、このままほっておくと乳がんにかかる可能性は高いということだし」
 女は大きなため息をついた。理沙の心は最初この女を見たときのねたましさがスーッとひいていき、代わって憐憫の情が生まれた。理沙は心の中で、「そんな乳房がなくなったくらいで他の女に走るような男は、早く別れたほうがいいわよ」と言っていた。勿論口に出しては言わなかったが。女はメルボルン・セントラルから5つ目の駅、ホーソン駅で降りていった。
その晩、理沙が記入した調査表には、次のように書かれていた。

ケース2
日時:一月十一日午前七時半―八時
場所:ボックスヒル駅からメルボルン・セントラル駅
相手:白人ニ十代後半と思われる男性
接触場所:手の甲
感度:一つ星
備考:背中も触れたが、感度悪し。調査相手は疲れて眠そうだった。もしかしたら、実験
対象者の思考の強さが感度に影響するのかもしれない。

ケース3
日時:一月十一日午後五時半―六時
場所:メルボルン・セントラル駅からホーソン駅
相手:白人二十代前半と思われる女性
接触場所:指
感度:四つ星

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(8)

理沙は、ハリーに会った翌日から調査を始めた。
 朝の満員電車では、人と接触しないわけにはいかない。ひしめき合う電車にかろうじて乗ると、嫌でも人の腕や体に接触する。たくさんの乗客にいっぺんに接触することになると、色んな人の声が同時に聞こえてくるので、収拾がつかなるのではないかと、不安になった。押し合いへしあいしながら、理沙は比較的空いている奥のほうの座席の間に立って、その側に座っている人の肩に触れてみることにした。
 実験第一号となったのは、理沙のそばに座っていたインド人の若者だった。EMRをつけ、彼の肩にそっと触れると、すぐにはっきりと心の声が聞こえてきた。
「お袋が早く国に帰って来いというけれど、帰りたくもないなあ。最近はメルボルンではインド人を狙っての暴行が増えたけれど、それにしても、友達のラジンがオーストラリア人の若者にナイフで切りつけられて胸を大怪我して病院に運ばれたのは、ショックだったなあ。一命は取り留めたものの、退院したところで、こんなところにはいたくないってインドに帰ってしまったけれど、俺はまださっさとインドに帰るっていう気はしないなあ。せっかくオーストラリアの大学を卒業して、オーストラリアの永住権も取ったのに、それを捨てると言うのは惜しい。でも、そうかといって命も惜しいし。オーストラリアの警察は一体何をやっているのかなあ。今まで何人もインド人が怪我をさせられているのに、犯人が一人も捕まらないなんて、手をぬいているんじゃないかなあ。護身術でも習ったほうがいいかな。俺もナイフを持ち歩いたほうがいいかなあ。一番腹が立つのはどうして俺たち、インド人が暴行を受けなくちゃいけないかということだ。オーストラリア社会で目立つといえば俺たちインド人よりもソマリアやナイジェリアから来た黒人のはずなのに。まあ、黒人のほうが体がでっかいから、喧嘩したら勝ち目がないと思うんだろうか。俺達、あんまり大きくないから俺たちのほうがねらいやすいのかもしれないな。今までも俺も白人の男のティーンエージャの集団に囲まれて、『自分の国に帰れ!』って怒鳴られたことがあったけれど、あの時はこわかったなあ。実際には暴行は受けなかったけれど、あの時は殺されるかもしれないって思って、手足がぶるぶる震えて動けなかったもんなあ。オーストラリアの政治家たちはオーストラリアには人種差別がないってしきりに宣伝しているけれど、口からでまかせもいいところだよ。結局は俺達が大学や専門学校に支払う金が欲しいだけじゃないか」
 とりとめもなく流れるそのインド人の青年の想念は、怒りと迷いに満ちていた。
 理沙も、オーストラリアに住む少数民族の一人なので、その青年の思いが他人事とは思えなかった。第二次世界大戦の時、日本軍のオーストラリア人の戦争捕虜に対する扱いがむごかったというので、戦争直後オーストラリアに住んでいた日本人は、オーストラリア人の憎しみをかったと知り合いのおばあさんから聞いたことがある。とばっちりを避けるため、中国人を装った日本人もいたそうだ。外国に住む人間は、母国と居住する国との関係によって、友好だった隣人もいつ敵になるのかわからない不安を抱えて生きていることに、理沙は改めてぞっとさせられた。幸いにも、理沙は今のところ、オーストラリアにいて人種差別のために生命の危険を感じた経験はない。もっとも、時折店員や役所や病院の受付のつっけんどんな態度に腹を立てることはあるが、それが人種差別からくるものか,ただサービス精神に欠けるためなのか、はっきりしないことが多い。
 また、そのインド人の青年の背中にそっと触れてみた。
「やっぱり、護身術を習ったほうが、よさそうだな。来週から、空手のクラスでも行こうかな」
 理沙は、思わず「それがいいわ」と口に出しかけて、慌てて口を押さえた。
 理沙の降りる駅、メルボルン・セントラル駅に着き、下りるとき振り返って見たその青年の顔は、憂いに満ちていた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(7)

「理沙がさっさとボーイフレンドを作っちゃえば、省吾だってあなたのことを諦めて、ただの友達としてつきあってくれるかもしれないわよ」
「そんなにボーイフレンドって簡単に作れるものなの?私、今は仕事に慣れることで精一杯だから、そんな気持ちの余裕ないわ」
「気持ちの余裕があるかどうかなんて、関係ないわよ。要は、フィーリングの合う人に会えるかどうかだわね」
「そうね。ともかく、省吾も気にしていると思うから、エレクトロニック・マインド・リーダーのこと、知らせておくわ」
「そうね。じゃあ、また」
 電話を切った後、理沙はすぐには省吾に電話する気にはなれなかった。しかし、いつまでも引き延ばすわけにはいかない。
「よし、電話しよう」と自分を励まして、受話器を手に取った。今までは、省吾に電話する時そんなに意識をすることはなかったのに。
「省吾です」といつも聞きなれた声が聞こえてきた。
「理沙だけど、きのうは引越しの手伝い、ありがとう」
「いや。いいよ」
 いつもなら冗談の一つも言う省吾なのに、やはり彼もきのうのことを意識しているようで、いつになくぶっきらぼうだった。
「今朝、ハリーが来たわ」
「ハリーって、誰?」
 省吾はきのう隣の人が教えてくれたハリーという名前をすっかり忘れているようだった。
「このマンションの前の住人よ」
「ああ」
やっと、ハリーと言う名前を思い出したようだ。
「あの耳栓もどきは、エレクトロニック・マインド・リーダーっていって、ハリーの発明した機械なんですって」
「エレクトロニック・マインド・リーダー?」
「ええ、心を読む機械っていうわけね」
「へえ、そんなもの、何の役に立つんだろうね」
 省吾は自分の気持ちを読み取られたことを腹立たしく思っているようで、敵愾心をもろにだして、意地悪く聞いた。
「私もそれを聞いたら、身体障害者とのコミュニケーションとか、嘘発見器の代わりに使えるということだわ」
「そうか。でも、それって個人の機密情報をとるのにも使えるよな」
「そうなの。この機械はまだ特許を申請していないから、誰にも言わないでくれっていうことだわ」
「そうか」
 省吾の「そうか」は、他人に言わないことを約束するよと言う意味か、ハリーがそういったということを理解したという意味か、はなはだあいまいだったが、理沙はそれを追及する気にはなれなかった。
「ところで、彼にこのエレクトロニックス・マインド・リーダーの実験協力を頼まれたわ」
「え?それって、何をするの?」
「知らない人に触って、その人の心を読む実験よ」
「そんな不愉快なこと、やめておけよ」
「私も断ったんだけど、結局は説得されて、協力することにしたわ」
 省吾は黙ってしまった。
「ともかく、そういうことなの」
「そうか」
 二人の会話はそれで終わり、電話を切ったが、理沙はその後しばらく気持ちがすっきりしなかった。省吾は理沙がハリーの実験を手伝うことに反発していたが、ハリーとの約束を反故にする気にはなれなかった。
 月曜日が訪れ、理沙は勤務先の日本商社に初出勤した。他の社員に紹介されたり、仕事の説明を受けたりで、ドタバタしているうちに退社時間になった。日本の商社と言えどもオーストラリアでは五時までの仕事と言う契約なら五時になれば堂々と退社できる。理沙は五時に会社を出ると、そのままハリーの研究室に向かった。
 ハリーの研究室は大学の古い建物の中にあった。石造りのアーチに取り囲まれた建物は、一見してヨーロッパの古い教会のようにも見える。ただ建物のてっぺんには十字架がないので、教会でないことが分かる。建物の中に入ると、天井が高く、夏にもかかわらずひんやりとした空気が漂っていた。入ってすぐ右手にある事務室は五時を過ぎていたため、閉まっていた。建物の中を歩いていくと、大理石で出来たような床にコツコツと理沙の足音がひびく。話しながら歩いている二、三人の学生とすれ違った。五時を過ぎるとクラスもないようで学生の姿もほとんど見えなかった。
 事務室から一番遠い奥のドアに「ハリー・アンダーソン博士」と名札のかかった部屋があった。ドアをノックすると、すぐにきのうと同じ髭もじゃのハリーがドアを開けてくれた。研究室の中は、本と書類などが所構わず散らかっており、足の踏み場もないくらいだった。ハリーは無頓着に紙の上も平気で歩いたが、理沙は床が見えるところを選びながら足を運んで、やっとの思いでハリーの机の前にある椅子にたどり着き、腰掛けた。
 この調子では、契約書など、まだ準備をしていないのではないかと心配になってきたが、事務能力と整理能力は別物のようで、ハリーの机の上には、契約書がちゃんと置かれていた。
 ハリーは自分も椅子に座ると、「この契約書を読んで、サインしてください」と理沙に契約書を渡した。
 理沙が契約書を読んでいる間、ハリーはコンピューターに目をやり、コンピューターのキーボードを打ち始めた。一分でも時間を無駄にしたくないという感じだ。
 契約書には、一時間三十ドルで一年間に百時間、総額三千ドルと書かれていた。
「あのう、この一時間三十ドルというのは?」と理沙がハリーに声をかけると、ハリーは顔だけ理沙に向けて、
「一人について一時間かかると見て、半年で百人くらいのデーターをとってほしいと思っているんだけれど」
「一人について一時間もかけるんですか?」
「レポートを書く時間も含めたら一時間かかると思ったんだけれど、それでは、不服なの?」
「いえ、一人について一時間もくっついていなければいけないのかなと思ったので」
「アッハッハ。そんなに知らない人にくっついていたら、たとえ君のように可愛い女性でも、痴漢かストーカーに間違えられるよ」
 ハリーの顔に、屈託のない笑顔が広がった。
「それでは、これでいいです」と理沙はサインをして日付を記入し、ハリーにその書類を返した。
「毎月、何人の実験ができたか、この書類に記録して、月末に僕のところにもってきてもらえば、アルバイト料を君の銀行の口座に振り込むから、ここに君の銀行の口座番号を書いてください。それから、これが、調査報告書」と言って、ハリーは書類をもう一つと、調査報告書の用紙を理沙に渡した。
 理沙が銀行口座の番号を書き、報告書の用紙を受け取ると、ハリーはEMRを鍵のかかった机の引き出しから取り出して、理沙に渡した。
「これ、代わりはないから、大事に使ってください。これで、契約の手続きがすみましたが、何か質問がありますか?」
「いえ、ありません」
「じゃあ、よろしく」と言って、ハリーは握手をするために手を差し出した。理沙はハリーの手をとって握手をし、契約は成立した。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

名跡 タスマテラス
歴史の生き証人。幽霊も出る、
子どもと行くメルボルン @River Rink, Fed Square
期間限定!アイススケート!!
パッフィング・ビリー
メルボルンの人気者と云えばパフィングビリー!!
子どもと行くメルボルン @Hanging Rock
最も有名なピクニック先へ!
子どもと行くメルボルン @Riverside Park、Maribyrnong Park、Coulson Gardens
プレイグランドめぐりへ✩

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう