Logo for novels

EMR(14)

 リッチモンド駅前の道路の片隅に立って、ハリーが携帯で話しているのを理沙は側で聞いていたが、電話は一分とかからなかった。こちらが提供できる情報と言うのがごく限られていたからである。
 携帯のふたを閉めているハリーに向かって理沙は聞いた。
「000番に電話しなかったの?」
「これは、緊急事態と言うより、犯罪防止のための電話だろ。だから犯罪防止課に電話したんだよ」
「で、どうでした?何て言っていました?」
「調査すると言っていたよ」
「どうして情報を手に入れたと説明したんですか?」
「独り言を言っているのを聞いたということにしたよ」
 理沙は思わず吹き出してしまった。
「そんなことを言うと、信用されないんじゃないですか?テロの計画を独り言でもらす馬鹿がいるなんて、考えられないんじゃないんですか?」
「じゃあ、どう説明すれば警察は納得してくれると思うんだ?」
「それは・・・」理沙は反問されて、口ごもってしまった。
「ともかく、向こうも調査に乗り出すと言ってくれたんだから、善良なる市民としての僕達の役目は終わったんだ。僕は、また今から研究室に戻るよ」
 ハリーがリッチモンド駅からメルボルン・セントラルに行く電車に乗って去った後、一人ホームに残された理沙は、これでいいのだろうかと不安になってきた。果たして警察は緊急事態として、あの男を逮捕してくれるだろうか?今日は会社を休むと連絡したので、今更出勤もできない。それなら、あの男を見張っておくほうが、少しでも心安らぐ。警察が乗り出すと言う事だから、今日中にはあの男は逮捕されるだろう。理沙はその様子を確認したいという衝動に駆られた。
 理沙は、リッチモンド駅から「ジーンズ・オンリー」の店に引き返した。店の近くまで行ったものの、中に入っていくわけにはいかない。どうすれば、この店を監視できるだろうかと辺りを見回すと、道路を挟んで斜め向かいにカフェがあるのが見えた。カフェの道路わきに出してあるテーブルに座れば、この店に出入りする人の様子が見える。そのカフェから見張ることにした。
 「ジーンズ・オンリー」がよく見えるテーブルに陣取って、注文したカフェラテを飲んだ。これで今朝から3杯目のコーヒーである。さすがのコーヒー好きの理沙も少し胃もたれする感じだ。コーヒーを飲みながらも目は店のほうから離さなかった。すると、サングラスをかけた頑丈そうな体をした男二人が店に入って行った。こんなに迅速に行動を起こすなんて警察もまんざらではないと、理沙は感心するとともに、ほっとした気持ちで眺めていた。そのうちムハマドを真ん中にはさんで三人が連れ立って出てくる姿が目に浮かぶようであった。今か今かと待っているとやっと現われたのは、あの店に十分前に入って行った二人だけで、ムハマドの姿は見られなかった。二人のうち一人が「ジーンズ・オンリー」の紙バッグをさげているところを見ると、ただの客だったようだ。
「なーんだ。やけに早いと思ったわ」
 理沙はがっかりしたものの、そのまま店の監視を続けた。三十分も経ったころ、突然理沙の頭に恐ろしい考えが浮かんできた。
「もしかしたら、あの店、裏側にも出られるんじゃないかしら」
 でも、よく考えているうちに、その可能性は薄いように思われた。まず、あの男が出勤した時、表にあるドアから入って行ったこと。そしてハリーと理沙が店の中にいた時も、表から帰って来た。だから、裏戸があるとは思えない。そう考えると、立ちかけた腰をまた椅子に下ろした。理沙の前にはからっぽになったカフェラテのグラスがあったが、しばらくすると長居をする客は邪魔だとばかり、ウェートレスがグラスを取って行ってしまった。また何か注文しなければいけないかなと思っていると、ムハマドが、店から出てくるのが見えた。どこにいくのか心配になり、慌ててコーヒー代を払うと、ムハマドの後を追った。時計にちらっと目をやると、十二時になっていた。もしかしたら昼ごはんを食べに行くのかもしれない。それにしても二時間ばかり待っても警官の姿が見えなかったのには、理沙は失望した。ムハマドとは十メートルぐらいの間隔をとって後をつけた。人もまばらなので、余り近づくと尾行に気づかれてしまう。ムハマドは理沙の想像していた通り、駅前のカフェに入って行った。そこに入っていくと、先に来ていた男にムハマドは近づいて、同じテーブルに座って、その男と何やら話し始めた。何を話しているのか聞きたいが、ムハマドに顔を見られている理沙は、中に入っていくことができない。、窓越しに相手の男の顔を見た。その男もアラブ系で、ムハマドよりは十歳ぐらい年上に見えた。浅黒い顔に真っ黒の髪。そして濃い眉毛と鋭い目は、ちょっと近寄りがたい雰囲気をもっていた。
 どうしたら近づけるか考えているうちに、省吾の顔を思い浮かべた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(13)

「何か僕おかしいことを言ったかなあ?」
「ううん。ただ、あなたの言っていることを聞いていると、あなたはEMRなしでも他人の心が読めるんだって、驚いているのよ」
「そうかなあ」とハリーはニヤッとした。
「店には僕も一緒に行こう。君がその男だと教えてくれたら、僕のほうが芝居をうって、名前を聞き出すよ」
 どんな芝居をうつつもりなのか理沙には分からなかったが、ともかく自分がその男の名前を聞き出す役目からまぬがれれば、理沙には何も言うことがない。話が決まると、二人はすぐに「ジーンズ・オンリー」の店に向かった。
 表からは小さく見えた店も、中に入ってみると奥行きがあって、かなり大きな店だった。中を見回したが、今朝の男の姿は見えなかった。理沙は失望したものの、気を取り直して、店の真ん中に山のように積み上げられているジーンズのバーゲン品を二人で漁った。すると、「どのサイズをお探しですか?」と背後で声がしたので振り向くと、白人の中年の太鼓腹の人のよさそうな男がニコニコしながら立っていた。
 「僕のウエストのはサイズは、確か八十センチだったけど、」とハリーが言うと、その男も一緒にサイズ八十のジーンズを探し始めてくれた。朝早いせいか、客は理沙とハリーしかいなかったので、手持ち無沙汰だったのだろう。店員は彼一人しかいないのかと思っていると、表から、今朝の男が入って来た。理沙の胸の動悸が激しくなり、チラッとハリーのほうを見ると、ハリーの目は「あの男か?」と聞いているように見えた。理沙がかすかにうなずくと、ハリーはその男に向かって、「やあ、アブドゥーラじゃないか」と大きな声で呼びかけ、握手をするように手を差しだした。理沙があっけにとられていると、その男は当惑したように、「僕はアブドゥーラじゃないですよ。人違いですよ。僕はあなたを知らないし」と言う。
「え?アブドゥーラじゃないって?じゃあ、君の名前はなんていうんだ?」
「ムハマド・ラシードって言うんです」
「へえ。似た人もいるもんだなあ。いや、失敬。てっきり僕の友人の知り合いのアブドゥーラかと思った」とハリーが謝ると、ムハマドは「僕達アラブ人の顔は、白人の人には同じように見えるんでしょうかねえ」と苦笑いした。
 ハリーはその後ジーンズを一本買い、二人は店を出た。店を出ると、すぐに理沙が言った。
「あんな芝居をうつなんて、思いもよらなかったわ」と言うと、
「僕の芝居もまんざらじゃないだろ?」とハリーは機嫌良さそうにいった。
「よく、あんなことを思いつきましたね」
「いや、君とカフェで話している時に、僕の友達の話を思い出したんだよ。そいつは言語学者でね。オーストラリア人の中でHをエイチと言わないでヘイチと言う人たちがいるけれど、ヘイチと発音するのは、労働者階級の人だと仮説を立ててね、電話帳で職業別に十人ずつ名前のイニシャルがHの人を選んで、電話をしては、『あなたはM.ジャクソンさんですか』なんて、わざと違ったイニシアルで名前を聞いたんだそうだ。そうすると、向こうはHの音を強調して「いやH.ジャクソンだ」なんて答えるんだよね。それで、Hの発音の研究したっていうことだから、間違った名前を言われると、むきになって、自分の本名を言うんじゃないかと思ったんだよ」
「頭がいいんですね」理沙は感嘆して言った。
ハリーははにかんだように、
「いや、そんなの何でもないよ」と言い、
「それじゃあ、名前も分かったことだし、警察に連絡したほうがいいな」と携帯を取り出し、ポケットから出したメモ用紙に書かれた番号を入れた。警察なら000番だと信じていた理沙はハリーが入れる番号が違っているのを不思議に思った。警察の防犯課の電話番号まで調べてメモしておいたらしい。
「普通学者って自分の専門分野のことにしか能がないのかと思ったけれど、この人は実務能力もあるんだわ」と改めて、ハリーを見直した。
 理沙は祖父から、日露戦争時代の日本の学者の中に日露戦争があったことすら気づかなかった人がいたことを聞いたことを思い出した。自分の専門以外のことに関しては全く関心がない人のことを学者馬鹿というが、この言葉はハリーに関しては当てはまらないようだった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR (12)

理沙は逸る気持ちを抑えながら、ハリーに電話した。呼び鈴が永遠に続くかと思われるほど鳴って、やっと出てきたハリーの声は、眠いところを起こされたようで不機嫌そうだった。
「ハリーだ」
「ハリー、理沙です」
「ああ、理沙か。こんなに朝早く、どうしたんだ」
「今朝EMRを使って調査していたら、テロ爆弾の計画をしている男の心の声を聞いてしまったんです」
「えっ?何だって」
 ハリーはいっぺんに眠気が吹き飛んでしまったようだ。
「で、その男の名前は?爆弾テロの計画の詳細は?」
 矢継ぎ早に質問するハリーに、苦笑いしながら、
「それが、全然分からないんです。でも、その男の勤め先は、今尾行して突き止めました。警察に連絡したほうがいいでしょうね」
「警察?それは、ちょっと待ってくれ」
「どうしてですか?」
「まだEMRの特許も取っていない段階で、EMRのことを公表されると困るんだ。でも、警察には知らせなければいけないと思うから、警察には僕も一緒に行くよ」
「そうしてもらえれば、私も心強いです。今から仕事に行こうと思ったのですが、それどころじゃないですね。会社には病気で休むと連絡しておきます。」
「警察の本部は確かセントキルダにあったと思うから、メルボルンセントラル駅で落ち合って、一緒に警察に行こう。行く前に打ち合わせもしておきたいからね。一時間後に会おう」
「分かりました」
 理沙は会社に、今日は頭が痛いので休むと連絡を入れた。まだ勤め始めて一週間も経たないうちに病欠を申し出るのは、気が咎めた。理沙は会社への電話を切った後、大変なことに巻き込まれたと、興奮と怯えの入り交じった複雑な気持ちになっていた。
 リッチモンド駅から電車に乗ると、電車は地下に潜って行き、メルボルン・セントラルの駅には十分足らずで着いた。約束の時間までかなりあったが、自分の頭を冷やすため、近くのカフェでコーヒーを飲んだ。
 一時間後、ハリーは約束どおり現われた。慌てて家を出てきたようで、髪がぼうぼうで、ひげも剃っていない。顔を洗ったかどうかも怪しい。
「警察に行く前に、打ち合わせをしたほうがいいと思うから、ちょっとコーヒーでも飲みながら話さないか」
 理沙は、さっきコーヒーを飲んだばかりなのにと思いながらも、ハリーに誘われるままカフェに入り、ハリーに、今朝起こったことを手短に話した。
「そうかあ。それはびっくりしただろう。どんな男だったんだ?」
「アラブ系の中肉中背のがっちりした感じの若者でしたよ。きっと二十歳前後だと思います」
「で、決行日は分かっても、何時にどこを爆破するかまでは分からないんだね」
「ええ」
「でも、その男の居所が分かったんだから、警察にその男を逮捕してもらえばいいわけだね」
「ええ」
「ただし、どうして、そういう情報を手に入れたかというのを説明するのが難しいな。勿論EMRのデモをしてみれば分かることだけど、電話でもいったように、僕としては特許をとるまでは、あまり他人に知られたくないんだよ。EMRのことを知られないようにして、その男を逮捕してもらう方法はないかなあ」
 ハリーは思案顔で言った。
「よくオーストラリア政府がテロの情報を密告してくださいとテレビで宣伝していますよね。こちらの名前を知らせないで、不穏な動きがあるとだけ密告したらどうでしょうかね」
「そうだな。わざわざ二人で警察に行く必要はないな。でも、その男は『ジーンズ・オンリー』と言う店で働いているらしいくらいの情報では、ちょっと弱いんじゃないか。その男の名前だけでも、知りたいな。理沙は、その男から、何の疑いも抱かれていないんだから、今からその店に行って、名前だけでも確かめてから、それから電話したほうがいいな」
「どうやって、名前を確かめるつもりですか」
「デートしないかと、誘ってみたら」
「冗談じゃありませんよ。私、役者じゃないんですから、そんなことできるはずないでしょ」
 ハリーは理沙が急に怒り出したのを興味深そうに見て言った。
「理沙は、自分から男を誘うって言うのは、みっともないって思っているんじゃないか」
言われている意味が分からなくて、理沙はキョトンとしてハリーを見た。
「そんなに怒ることじゃないだろ?今の君は、『そんなこと、たとえお芝居でも私のプライドが許さないわ』って顔をしているよ」
 理沙は、ハリーが理沙の心をまるで見透かしたように言うので驚いて、顔を赤くした。
「この人、EMRなしでも、他人の心が読めるのね」と思うとおかしくなり、自然と顔の筋肉が緩んだ。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR (11)

一月十四日の朝が来た。前日の40度を越える猛暑のため夕べは全然気温が下がらなくて、朝になっても三十度を越えていた。理沙は夕べはエアコンをつけっぱなしで寝たのだが、エアコンのブーンと言う音がうるさくて、夜何度も目が覚めた。だから、寝覚めはよくなかった。今日の予報は三十七度。普段なら三十七度と聞いただけで暑くてたまらないと感じるのだが、四十四度の猛暑を経験した後では、それほど暑くないなと思うから不思議である。
 理沙はやっと金曜日が来たと思うと嬉しかった。電車に乗って、いつものようにEMRをハンドバックから取り出し、そばに来たアラブ系と思われる浅黒い男の腕にそっと触れた。男は何やら物思いにふけっているようで、理沙が触ったのも、気がつかないようだった。
「とうとう来週の月曜日に決行だな。爆弾の準備もできた。オーストラリア人に、アメリカに加担するとどうなるかを思い知らせてやる。俺たちイスラム教徒を馬鹿にして、俺たちの文化を破壊しようとするにっくきアメリカに加担するオーストラリア人をやっつけ、俺は殉教者になるんだ。やるぞ」
 ここまで聞いて、理沙の胸は、驚きで心臓がドキドキし始めた。心臓の音が大きくて、自分の耳にも聞こえてきそうな感じだ。
「この人は、もしかしたらテロリスト?もし、そうだったら、私、どうしたらいいの?警察に報告すべきかしら?いやいやEMRなんてことは、警察も知らないし、ハリーも公にはしたがらないだろう。そうだ、ハリーにすぐに知らせるべきだわ。ともかく、もっと何か情報が得られないか、このまま聞いてみよう」
 そう決心すると、理沙はこの男の心の声を一言も漏らさないように聞こうと、EMRに全神経を集中させた。
「父さんと母さんにさよならが言えないのが悲しいけれど、きっと僕が殉教したら、喜んでくれるだろう。皆俺のことを意気地なしと思っていただろうけれど、俺のことを見直してくれるだろうな。そうだ。明日ブシュラに会いに行こう。そして、それとなくさよならをしておこう。ブシュラのことを考えるだけで、胸がつぶれる思いがする。この世でブシュラと一緒にはなれなかったけれど、ブシュラは殉教した僕を誇りに思ってくれるだろう」
 理沙は段々イライラしてきた。私が聞きたいのは、何時に、どこで爆弾を爆発させるかと言うことなんだけどと思っていると、その男は電車がリッチモンド駅に着くと、人を押しかき分けて、ドアのほうに向かい始めた。理沙が下りるメルボルン・セントラル駅の二つ手前の駅だ。このまま男を尾行していくと仕事に遅れる。尾行すべきか、諦めるべきか一瞬迷った。男が電車を下りかけたとき、理沙の心は決まり、慌ててその男の後を追った。
 人を掻き分けながら電車を下りて、黒いTシャツにジーパンのその男の後ろ姿を探すと、プラットフォームの階段を下りていくところが見えた。同じ電車から降りた十人余りの乗客に混じって、その男は改札口に向かって行く。男の後ろ姿を見逃さないようにと、理沙も足早で階段を下りて改札口に向かった。男は駅を出ると道路を渡り、まっすぐ北に向かって歩き始めた。誰かに尾行されるというのは念頭にないようで、振り向きもしなかったので、尾行は比較的簡単に出来た。
 十分ばかり歩いたところで、男が店の中に入った。店の名前を調べるために、理沙はその店の前をゆっくり歩いた。ガラス張りのショーウィンドーの中を覗こうとしたが、中は薄暗く、何も見えなかった。ガラス窓の上の看板には「ジーンズ・オンリー」と書かれていた。後で、電話帳で住所を調べればいい。
 理沙は店の名前を確かめたところで、踝を翻してリッチモンド駅に引き返した。駅
に着いて時計を見ると八時十分になっていた。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

ミドル・ブライトン
高級感あふれる街で大人な気分
メルボルン空港ガイド スカイバス編
ラクラク、良心的価格。メルボルン空港とシティをつなぐスカイバス
第4回「うーん…ムリ!!!」
好評!ドーリーの4コマ漫画第4回
子どもと行くメルボルン @Herring Island
アートの島へ✩
チャンネル9 朝のワイドショーでお馴染み。
トウデイ TODAYの素顔

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう