Logo for novels

EMR(17)

「どうして情報を得たかという点があいまいなものですから」
「ですから、EMRで聞いたんです」
「EMRと言いますと」
 理沙の苛立った声と対照的に、マークの声はのんびり聞こえた。
 理沙はEMRをハンドバックから取り出すと、
「警部さん、これを耳にはめて他人に触れると、その人の思っていることが分かるんですよ。試してみてください」と言って、テーブルの上に置いた。
「ほほう。はじめて見ますな」と物珍しいものを見るように、マークはEMRを手にとって眺めた。
「こうするんですか」と言って、耳にはめて、理沙の腕に触れた。そのとたん、マイクは顔をしかめた。
「警察には、こんな間抜けな警部しかいないのかしら。早く捜査に乗り出さないと、テロ爆破をとめることは出来なくなるわ」と言う、理沙の苛立ちの声が大きく耳に響いたのだから、マークもびっくりしたのだ。すぐにEMRをはずして、
「いやあ、びっくりしましたよ。本当に他人の心が読めるというか、聞こえるんですね」
と、EMRをくるくる回しながら、どこに仕掛けがあるのか調べるように観察した。
 そこでハリーがおもむろに説明し始めた。
「これは僕が発明したもので、今実験段階なのですが、想念の内容は正確にわかるはずです」
「すごいものですね。こんなのが使えれば、犯人の自白を取るのも、簡単ですね」と感心している。
「ですから、このEMRの実験をしている時に、テロリストの声を聞いたんですよ」と理沙が説明をするのを最後まで聞かず、
「分かりました。それでは、お二人からもらった情報は信憑性のあるものとして、早速捜査に乗り出しましょう」と、マークが言った。それを聞くと、今までの緊張感やら焦燥感が消え、「よろしくお願いします」と理沙は素直な気持ちになって、マークに頭を下げていた。
「ところで、これをお借りすることは、できませんか」とマークがハリーに言うと、「いえ、今実験段階ですので、それはお断りします」とハリーはきっぱり断った。マークは残念そうな顔をして、「これをお借りできれば、捜査もしやすくなると思うんですが」と言ったが、ハリーは「まだ、特許もとっていないものですから」と、同意しなかった。理沙は、貸して上げればいいのにと思ったが、ハリーを説得する自信がなくて、黙っていた。話が終わった後、ハリーはマークに「このEMRのことはまだ公表したくないので、内密にお願いします」と言うことを忘れなかった。
 マークは、「それじゃあ、また何か思い出したら、こちらに電話してください。僕の携帯番号が書いてありますから」と、ハリーと理沙に名刺を一枚ずつ手渡した。
 その時突然理沙は省吾が聞いた情報を思い出した。
「役に立つかどうか分かりませんが、ムハマドが昼間会った男と話している会話を友人にEMRを使って聞いてもらったんです」
「何か、新しい情報が入りましたか?」と、マークが聞いた。
「アバスという名前がよくでてきたそうです。アバスがテロに関係しているかどうかまでは分かりませんが、一応調べられたらいいと思います。あ、そうそう。一番大事なことを忘れていました。ムハマドとムハマドが会った男の写真を友達が撮ってくれて、私の携帯に送ってくれました」
「それは、助かります。ちょっと、その携帯を貸してもらえますか」
「いいですよ」
 それから、待たされたため、理沙が警察署を後にしてハリーに送ってもらってマンションに帰りついた時は、午前様になっていた。理沙はこれで自分の責任を果たしと思い、その晩はぐっすり寝た。
 翌朝、理沙は寝室のカーテンからもれて来る朝日で目を覚ました。時計を見ると九時五分になっていた。あれからどんな捜査が行われたのか知りたかった。ニュースで聞けるかもしれないと思い、枕もとの目覚まし用のラジオをつけた。
「では、最初の質問者はジョンさん。イースト先生へのご質問をどうぞ」と若い女の声が聞こえてくる。
「イースト先生。おはようございます」
「おはようございます」
「僕は今5万ドルくらいの貯金があるのですが、これを株に投資しようかと思っているのですが、優良株を教えてください」
 なんて馬鹿なことを聞く奴だろうと理沙は思った。イースト先生がそんなぼろ儲けできるような株を知っていたら左手団扇で暮していて、ラジオの経済情報の解説しているはずないんだってばと思いながら、周波数を変えてみた。とにかくニュースをやっているところはないかと探していると、一日中ニュースを流しているラジオ局に周波数が合った。
「野党のトニー・アボット党首は、ギラード政権が二酸化炭素排出量によって税をとるというのは、国民の家計を圧迫するものであると、与党を非難しています。それに対して・・」
 ああ、また政府と野党の喧嘩かとうんざりした。まあ、若い有名なアメリカの某歌手がメルボルンに来て、有名な商店街、チャペル・ストリートで買い物をしたというくだらないニュースよりはましかと思いつつ、起きた。 
 結局、メルボルンでテロ爆破計画未然に防止なんていうドラマチックなニュースは聞かれなかった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR (16)

理沙は、もう一度「ジーンズ・オンリー」の店を見たが、誰も客が入る様子はなかった。
 それからマンションに帰った理沙は、疲れを感じ、ぐったりした。省吾のこと、テロリストのこと、今日は本当に神経が消耗することばかり起こった。今晩のテレビで、テロリスト逮捕のニュースが見られるだろうから、テロリストのことは警察に任せればいいんだと思いながらも、何だか落ち着かない気分だった。省吾は、時間が経てば元気になってくれるだろう。省吾に似合う女友達を彼に紹介した方がいいかなと思ったが、そんな女友達は、すぐには思い浮かばなかった。
のろのろマンションの中を片付けていると、六時になった。夕方のテレビニュースが見られる時間である。テレビのスイッチを入れると、理沙は緊張した面持ちで、テレビの画面を食い入るように見た。テロリストの話はトップニュースだろうから、最初に報道されるだろう。そう思っていると、
「フットボール選手のマシュー・ロングがパブで酔っ払い、パブにいた客を殴って軽症を負わせました。そのため、彼の所属するフットボールクラブは彼に罰金五千ドルを課し、五試合出場停止を命じました」と、マシュー・ロングの写真が大写しに出た。メルボルンで一番の大事件がフットボール選手の暴行事件とは、なんてメルボルンは平和な街なんだろうと、理沙は思わずにはいられなかった。
 オーストラリア人のフットボールとクリケット熱は、日本人の野球やサッカー熱を上回ることを考えれば、仕方ないことなのかもしれないとは思った。では、次のニュースで出てくるのかなと思うと、次のニュースは、新資源税に労働組合も反対しているというニュースだった。理沙はじっとテレビを見たが、結局最後まで、テロリストの話は出てこなかった。やはり、警察では私たちの流した情報は真面目に受止められなかったのだろうか?そうとしか思えなかった。ニュース番組が終わるとすぐに、ハリーの携帯に電話した。
「ハリー、テレビのニュースを見たけれど、テロリスト逮捕の情報はなかったわ。私たちの流した情報を警察はまともにとってはくれなかったんじゃないかしら?」
「そんなことはないと思うけど。オーストラリア政府だって、アメリカに加担しているって言うので、イスラム教過激派からは敵視されているのを知っているはずだからね」
「じゃあ、どうして、あの男を捕まえなかったのかしら?」
「さあ、警察には警察の考えがあるんじゃないか?たとえば本当は逮捕したけれど、何らかの理由で極秘にしておくとか」
「それだったらいいんだけど・・。今朝あなたと別れた後、私、あの男を見張っていたけれど、逮捕されたようすはなかったわ。もっとも私が監視したのは昼過ぎまでだけど・」
「そんなに気になるなら、もう一度警察に電話してみるよ」
「そうお願いできれば嬉しいわ。警察に電話した後、何か情報が得られたら、私にも教えてもらえるかしら。こんな状態では、私、不安で眠れそうにもないわ」
「分かった。じゃあ、また電話するよ」
「お願いします」と、電話を切った後も、理沙の不安な気持ちはおさまるどころか、入道雲のように、ムクムクと膨れ上がっていった。
 きっちり十分後に、ハリーから電話が来た。飛びつくようにして電話に出た理沙に、受話器を通して聞こえるハリーの声は沈んでいた。
「やっぱり、警察では僕達の言うことを信じていなかったようだよ。仕方ないからEMRのことを話したら、一度そのEMRを持って、警察本部に話に来てくれないかというんだよ。君に今から用事がなければ、二人で警察に行って、説明した方がいいと思うんだけど」
 理沙は、今日は疲れたのでまた外出するのは気がすすまなかったが、事の重大性を考えると、疲れているからまたにしてとは言えなかった。決行の日は月曜日だということだから、もう3日もない。
「いいですよ。では、警察署で落ち合うということにしましょうか?」
「いや、僕は車を持っているから、車で君を迎えに行くよ。それから一緒に行ったほうがいいだろう。警察ではEMRを見てみたいということだから、EMRも持って行こう」
「じゃあ、待っています」
 理沙が夕食の片づけを済ませた頃マンションに現われたハリーは、少々疲れているようだった。
「本当はEMRは完成したところで公表したかったのに、そうは言ってはいられなくなったな」と、警察署に向かう車の中で、残念そうに言った。
 理沙はここで、謝るべきかどうか迷ったが、こんな事態になったのは自分の過失とは思えなかったので、黙っていた。
 警察署本部に着いた時は完全に日は沈んでいたが、本部の前の蛍光灯が煌々とついていた。
 建物の中に入ると中は深閑としており、受付に一人女性の警官がいた。ハリーがその警官に事情を説明すると、彼女はインターフォンで誰かを呼んだ。すると間もなく、四十代くらいの背の高いがっちりしたいかにもスポーツマンと言った感じの背広姿の男が、姿を現した。
「テロリスト対策本部の警部、マーク・クロフォードです」と、自己紹介をしながら、ハリーと握手をし、その後、ハリーのそばに立っていた理沙にも握手の手を差し伸べた。
「僕は、東オーストラリア大学の理学部のハリー・アンダーソン。こちらは、僕の研究協力者の林理沙さんです」と、ハリーが言うと、小さな取調べ室にマークは二人を招きいれた。
 三人が腰をおろしたところで、マークがまず口を切った。
「最近ガセネタが多いので、信憑性のあるものから調査していくことにしていますので、お二人からの情報はまだ調査に乗り出していません」
「調査に乗り出していませんなんて、のんきなことをいっている場合ではないでしょ?決行は来週の月曜日なのですよ」
 理沙は思わず大声でマークを怒鳴りつけるように言った。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(15)

大学院に残っている省吾は、サラリーマンのように時間に束縛されない。省吾に助太刀を頼もう。最近の気まずくなった関係を修復するにも、いいチャンスかもしれないとも理沙は思った。
 省吾の携帯の番号は登録しているので、すぐに電話をかけることができた。省吾の「ハロー」と言う声を聞くや否や、「私、理沙。今リッチモンド駅の北側の喫茶店の前にいるんだけれど、至急来てくれない?」と早口で言った。
「えっ?どうして」
「事情は来てから話すわ。大至急来て」
 理沙のいつにないパニック状態の声を聞いて、省吾も何か緊急事態が生じたことを感じたのか
「すぐ行くよ。場所が分からなくなったら、また電話するから」と言って、電話を切った。
 時計を見ると十二時十五分になっていた。
 省吾が大学にいるのかアパートにいるのか聞き忘れたが、どちらにしろ省吾が急いできても、三十分はかかる。
 それまで、ムハマドがのんびりカフェにいるかどうか、それが心配になってきた。しかしたとえカフェでの会話が聞かれないにしろ、このままずっと一人で監視を続けるのは無理である。理沙一人だと、トイレに行きたくてもいけない。いらいらしながら省吾を待つこと三十分。省吾が息を切らせて理沙の前に現れた時は、ムハマドはまだ男と話しながら昼ごはんを食べていた。
「どうしたんだ?」と肩で息をしながら聞く省吾に、理沙は今までのいきさつを話した。
「あそこにアラブ系の男が二人座っているでしょ?顔は見えないけれど、こちら側に座っているのがムハマドなの。彼らの会話が聞こえるところに座って、会話の内容を聞いて欲しいの」
「でも・・」
「でも、なんなの?」
「二人がアラビア語かなんかで話していたら、僕お手上げだよ。アラビア語なんて知らないからね」
「そうだ。だったら、EMRを使って。これだと言葉に関係なく、心の中で考えていることが分かるから。」と言って、理沙はEMRを省吾に渡した。
「あ、そうそう。それから、携帯持ってる?」
「え?勿論持ってるけどどうして?」
「携帯で二人の写真が取れたらいいんだけれど、無理かな?」
「無理かもしれないけれど、努力してみるよ」
 省吾はEMRを耳につけて、
「じゃあ、行ってくるよ」と、カフェの中に消えて行った。その後ろ姿を理沙は不安な面持ちで眺めた。
 省吾が中に入って十分も経たないうちに、ムハマドと彼の連れが出てきた。理沙は慌てて、二人に顔を見られないように、いかにもカフェの窓に貼り付けられたメニューをみているようなそぶりをして、彼らから顔をそむけた。幸いにもムハマドは話に夢中になっていて、理沙のことには気がつかないふうだった。ムハマドはカフェの外で連れと別れて、『ジーンズ・オンリー』の店のほうに向かって歩き始めた。どうやら店に帰るようである。彼の連れはリッチモンド駅のほうに向かって歩き去った。一瞬ムハマドの連れの男の後を追っていこうかと言う思いが頭を掠めたが、省吾から話を聞くのが先だと思いとどまった。
 カフェから出てきた省吾の顔は、興奮のためか赤くなっていた。
「どうだった?」と聞くと、
「二人の欧米諸国に対する恨みつらみは、すごいね。圧倒されちゃった」
「で、どこを爆破するか、聞き取れた?」
「いや、テロ爆破の話は一つも出てこなかったよ。そんな内密のことをこんな公の場で話すはずないじゃないか」
「それもそうね。で、どんなことが聞けたの?」
「二人の会話にアバスという名前が何度も出てきたが、何者かは分からない」
「そのアバスもテロリストってわけ?」
「さあね。そこまでは分からなかった」
 理沙は遠くに見えるムハマドの後ろ姿を見て、
「どうやら店に帰るようだわ。あの店の向かいにカフェがあるの。そこでお昼でも食べましょうよ」と、省吾を誘った。
 省吾と理沙はムハマドの行き先が分かっているので、たいして急ぎもしないで、カフェに行き、ハンバーガー-を注文して、「ジーンズ・オンリー」の店がよく見える道路わきの席に腰掛けた。朝から行っていなかったトイレにも行き、理沙はやっと人心地ついた気持ちになった。
「ところで、写真、撮れた?」
「うまく写っているかどうか分からないけれど、一応撮ってみたよ」
「じゃあ、それを私の携帯に送ってくれる?」
「いいよ」と言うと、省吾はその場で写真を理沙に送ってくれた。
 理沙は送られた写真を見て、満足そうに言った。
「よく撮れているわ。ありがとう」
「ところで、もう、警察には連絡したんだろ」
「そう。今朝、ハリーが電話したから、私はてっきりすぐに誰かがムハマドを逮捕しに来ると思ったんだけど、誰も現われないの。きっとハリーの電話は真面目にうけとめてもらえなかったんじゃないかと思うの」
 理沙はそういって、ウエイトレズの運んできたハンバーガーを口に頬張った。
「でも、こんなことは、僕達が心配することでないよ。警察に任せればいいんだよ」
 省吾の言うことはもっともである。
「そうね。私も今朝からずっと緊張のしっぱなしだったから、疲れてきたわ。警察が今来るか今来るかと待っていたんだけれど、まだ来そうもないし、もう家に帰ることにするわ」
「それがいいよ。きっと今晩のニュースで、どうなったか分かるはずだよ。EMRを返すよ」
 省吾からEMRを受け取りながら、理沙は感慨深げに言った。
「このEMRって、すごいと思わない?まあ聞かれるほうとしては、聞かれたくないことを他人に聞かれていると思うといい気はしないとは思うけど」
「僕の思っていることも、聞いたんだろ?」
 急に、省吾は目を細めてまぶしい物を見るように理沙を見た。理沙は、その省吾の特別な意味を含むまなざしに出会い、とまどいを感じた。
「ええ、聞いたわ」
「で、君は、ぼくのことをどう思っているんだ?」
 ここで、省吾にそう問い詰められると、理沙は返事に窮してうつむいた。しかしやはり、省吾の心を一時的に傷つけることになっても、今本当の気持ちを言わないと、今までの省吾との友情も永遠に失ってしまうと理沙は恐れを感じた。だから、思い切ったように顔を上げて言った。
「省吾は、私のいいお友達。男として考えたことないわ。ごめんね」
「何も、謝ることはないじゃないか。謝られると、何だか自分がみじめになってくるよ」
「そんなつもりで、謝ったんじゃないわ」
「それは、分かっているけれど」
「省吾とは、いつまでも気の置けない友達でいたいのよ。だから、省吾には私以外の彼女を見つけて欲しいわ」
「分かった。もうこの話はこれくらいにしよう」と言うと、伝票をわしづかみにして、省吾は出口に向かった。急な省吾の突拍子もない行動に、理沙は一瞬あっけにとられたが、慌てて彼の後を追った。
 会計でお金を払おうとする省吾に、
「いくらだったの?割り勘にしましょうよ」と理沙は声をかけたが、まるで理沙の声が聞こえないかのように、省吾はさっさと会計を済ませると、通りに出た。そして、
「僕、これから大学に帰るけど、君はどうする?」と理沙に聞いた。
「私は家に帰るわ。まだ家の中も片付いていないから」
「そうか、じゃあ、これで」と言うと、省吾はさっさと駅のほうに向かって歩き去った。
 理沙は、省吾の後ろ姿を見ながら、自分の方がみじめな気持ちになった。省吾は本当にやさしくていい人。でも、彼に抱かれてみたいなんて一度も思ったことがない。だから、結婚を前提につきあうなんてできそうもないと思った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

オーストラリア最大のエンターテイメント劇場
MELBOURNE建物図鑑
マイケルズ・カメラ博物館
懐かしい機種がどっさり。一見の価値アリ!
第17回「ナチュラルです」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
シャムロックホテル
ベンディゴの旅②
The Horse Whisperer -洋書レビュー4/5
ベストセラー『ホース・ウィスパラー』レビュー

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう