Logo for novels

EMR(26)

「この女、ガセネタを持ってきたな。メルボルン・セントラルがターゲットだと?空港がターゲットなのに、とんだお門違いだ」
 理沙は、その声を聞いたとたん、ぞっとした。
 ニールは理沙の話を熱心に聞くふりをして、言った。
「いやあ、貴重な情報をありがとうございました。これからも、何か情報を得られたら、お知らせください」
 そして、名刺を渡すと、さっさと部屋を出て行った。ニールは、理沙が聞いたと言う男の声について、他の刑事のように根掘り葉掘り質問しなかった。偽情報だと分かったからだろう。
 ハリーは理沙の緊張した様子を見ていて、ニールがスパイだったことを悟ったらしい。ニールが出ると、「奴だったのか?」と聞いた。理沙が頷くと、「よし、マークに報告に行こう」と言っている間に、マークがノックもなく部屋に入って来た。結果を聞きたくて部屋の外でうずうずしていたようだ。
「どうだった?」
「ニールでした。そして、分かったことはターゲットが空港だって事でした」
「時間は?」
「残念ながら、時間のほうまでは分かりませんでした」
「そうか。でも、ターゲットが分かっただけでも助かる。空港の警護を強化することができるからね」
「でも、そうすれば、ニールからムハマドに情報が筒抜けですよ」
「ニールには、メルボルン・セントラルの警護に当たらせるよ。君からの情報を無駄にしないためにね」と、マークはにやりとした。
 マークは時計を見ると、「もう三時か。明日までに余り時間はないな。ともかくニールに監視をつけて、ニールの携帯を調べてみることにしよう」と、独り言を言い、
「君たちの協力には、感謝しているよ」と、理沙とハリーと握手をして、警察署の外まで、送り出してくれた。
「時間が分からなかったのは、残念だけど、ターゲットが分かっただけでも上出来だったね」とハリーは理沙を褒めた。
「でも、明日、ムハマドが爆発させる前に、ムハマドを捕まえることはできるんでしょうかねえ」
「まあ、ニールと言うムハマドと結びつく人物をみつけたからね。逮捕することができるんじゃないか?」
 警察署を出て、ハリーの車に向かって歩き始めた時、理沙を呼ぶ声が後ろでした。振り返ると、マークが大またな足取りで二人を追ってきた。
「ちょっと、待ってくれ」と言うので、理沙とハリーが立ち止まると、二人に追いついて言った。
「そのEMRを貸してもらえないかな。ニールを監視するよりも、EMRで彼の心を読み取るほうが、手っ取り早くムハマドの居所も分かる。もう時間もないことだし」と、言う。確かに、ニールの心を読み取るほうが、情報が簡単に手に入る。理沙はハリーの顔を見た。
EMRはハリーの物なので、理沙には人に貸す権利はない。
「前にも言ったとおり、貸すことはできないけれど、今からニールを取り調べるのなら、それには協力できるけれど」とハリーが答えると、
「それでもいい。今はともかく時間がないので、早くムハマドの居場所を突き止めたいんだ」
 理沙とハリーは、またもとの取調室に引き返した。
「君は疲れているだろうから、今度は、僕がやろう。今度は堂々とニールの体を触ることができるからね」と、ハリーが理沙に申し出てくれた。理沙はそれを聞くとほっとした。きのうから、ずっと緊張しっぱなしだったので、頭がぼーっとしてきたところだった。
 ハリーがEMRをつけると、間もなくマークがニールを連れて取調室に戻ってきた。
 ニールは二人が座っているのを見ると怪訝な顔をしたが、空いている椅子に座ったところで、マークが言った。
「ニール。君がムハマドと通じていることは、分かっている。そこで、君をスパイの容疑で取り調べることにした」と言うと、ニールは驚いた顔をして、
「マーク。何を言っているんだ。俺が、どうしてムハマドに通じていると思っているんだ?濡れ衣もはなはだしい」と、声を荒げて言った。
 ハリーは、すばやく彼の腕を取った。ニールは驚いて、ハリーの顔をまじまじと見た。
「一体、何をしようと言うんだ?お前は一体何者なんだ。警察内部監査の者か?」と言うと、マークが「僕が依頼した調査員だ」と答えた。
 ニールの心の声が、ハリーにはっきり聞こえてきた。
「どうして、ムハマドとの関係がばれたんだ?それに一体このハリーとか言う男は何者なんだ?」
 ハリーはマークに聞こえたことを声に出して言った。自分が思ったことをそのままそっくりハリーが言うのを聞いて、ニールは驚いて目をむいた。
 マークがすかさず、質問を投げかけた。
「ムハマドは、どこにいるんだ?」
「ムハマドが、どこにいるだと?そんなことは、知らないよ」
 ニールが口に出したことが、そのままそっくりハリーに聞こえてきた。
「じゃあ、ムハマドは明日の何時に空港を爆破するつもりなんだ?」
「どうして、そんなことを俺が知っていると思うんだ?」
 ニールの心の声は別のことを言っていた。
「どうして、空港を爆破することが分かったんだろう。あの理沙とか言う女は、メルボルン・セントラルが狙われていると言っていたではないか」
 それをハリーが口に出すと、恐ろしいものを見るように、ニールはハリーを見た。

著作権所有者:久保田満里子



マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(25)


次に入って来たのは、ゆうに百キロはありそうな大男だった。背も百八十五センチぐらいはありそうだ。いかつい顔をしていて、刑事と言うより、プロレスラーを思わせる。
「レイ・スミスですが、林理沙さんですね。何か、情報を提供してくださるとマーク・クロフォードから聞きましたが・・・」
 理沙は同じお芝居をした。
「はい、実は夕べ母とスカイプを使って話していたら、電話が混線したようで、『確かに一月十七日午前八時に、メルボルン・セントラルを自爆します』と言う男の人の声が聞こえてびっくりしたんです。刑事さん、こわいんです。助けてください」と言いながら、レイの腕を握った。すると、レイの心の声が聞こえてきた。
「一月十七日と言うと、明日だな。今調査している情報と一致している。時間は午前八時となると、ラッシュアワーだな。事前にテロリストを捕らえない場合は、この情報をマスコミに流して、人々に警告を与える以外ないな」
 レイは冷静な声で理沙に向かって言った。
「その男の声に何か特徴は、ありませんでしたか?」
「特徴と言われても、ざわざわしている中で聞いた声なので・・・」と、理沙がいかにも何かを思い出そうとしているようなふりをすると、
「それじゃあ、何か思い出したら、すぐに私に連絡してください。どんな些細なことでもかまいませんからね」と、彼も名刺を置いて出て行った。
「どうだった?」とハリーがまた聞いた。
「あの人も、情報を信じたわ」
「そうか。すると、後残る三人が怪しいわけだ」
 話している間もなく、次のノックが聞こえて、三人目の刑事が入って来た。
 入って来た男を見て、理沙もハリーも驚いた。その男が髭を生やしたアラブ人だったからだ。浅黒い顔。細いが鋭い人を射るような黒い目に、太い眉。そして、真っ黒な短い髪。いかにも中近東の人と言う感じだ
 一瞬あっけにとられた二人を見て、その男は、
「どうされたんですか?ははあ、僕がアラブ人なので、びっくりしたようですね。僕はイマード・サイードと言います。テロ対策部門の刑事です。僕は、アラビア語が話せるので、この部門で重宝されているんですよ」と理沙とハリーに自己紹介をした。
「ところで、あなたは林理沙さんですね。そして、そちらがハリー・アンダーソンさん」と、二人の顔を見ながら言った。
「マークの話では、何か情報提供してくださるとか・・」
 理沙は慌てて、イマードの手を取って、お芝居を繰り返した。
イマードの心の声がすぐに聞こえてきた。
「なんだ、この女は。人の手を気安く握って。混線して聞こえてきただと?どこにそんな間抜けなテロリストがいるんだ。ガセネタに違いない。しかし、どこからテロの決行日を手に入れたんだ?マークがもらしてしまったのかな?俺は、残念ながら、お前さんの情報は信じられないね」
 心の声とは裏腹に、イマードは丁寧に理沙に情報提供の礼を言った。
「こちらで、その情報の追跡調査をします」
「刑事さん。明日テロ攻撃があるんなら、メルボルン・セントラル駅には近づかないほうがいいでしょうね」
「いや、絶対そんなことにならないようにしますよ。だから安心してください」と自信ありげに言った。しかし心の声は、口からでた言葉とは全く違ったことを言っていた。
「明日までにテロリストを見つけるなんて無理だろうなあ。でも、そんなことを言えば、警察の信用に関わる。そんなことは思っても口には出さないことだ」
「それでは、僕はこれからすぐに調査をすすめますから、これで失礼」と、風のようにさっさと部屋から出て行った。
「あの人も、スパイではなさそうね。思っていることと口に出すことは、随分違っていたけれど」
「僕はあの刑事を見たときは、てっきり彼がスパイだと思ったよ。だって、アメリカで、米軍に勤めていたアラブ系の精神科医が、基地で拳銃を乱射して何人も米兵を殺したという事件があっただろ?あの事件を起こした精神科医はいつもアラブ系だというので、他の兵士からいじめられて、突然切れたんだってことだけど、あの刑事だって、警察内部でいじめられていないとは限らないからね」
「そこまでは、深読みしなくてもいいんじゃないかしら?あの人は、随分懐疑的だけど、職務は真剣に果たしている感じだったわ」
「そうか」
「あとは、マークともう一人の刑事ね。まさか、マークがスパイなんてことないでしょうね」
「それって、推理小説の読みすぎじゃないか?一番信頼していた人が犯人だったっていう推理小説が、多いからな。ダン・ブラウンの書いた『ダビンチ・コード』が面白かったから彼の書いた推理小説を随分読んだけれど、いつも最後は思いがけない人物が犯人なんだよ。何だか、最後はこじつけみたいな感じの理由をつけてさ。いつもそうだと、段々しらけてきちゃうんだよな」
「私、推理小説なんて興味ないから、読んだ事ないわ」と理沙が答えると、ノックが聞こえ、次の刑事が入って来た。
 今度の刑事は定年退職前のような感じの男だった。頭の毛は薄くなっていて、赤ら顔のでっぷりした感じの男だった。運動不足のようだ。
「僕は、ニール・ハンターっていう者だけど、君たち、何かテロリストに関する情報を持っているんだって?」
「はい、実は・・・」と、理沙は四度目のお芝居をした。四度目になると、自分でも本当に混線した男の声を聞いた気持ちになってくるから不思議である。ニールの腕をつかんで熱演する理沙の耳に、ニールの心の声が聞こえた。

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(24)

 ハリーも側から理沙を応援した。
「スパイが分かれば、そのスパイにムハマドをおびき出させるのです。そうすれば、事件解決につながるんじゃないですか?」
 今のところムハマドの居所は分からない。その焦りもあったのか、しばらく考えていたマークが
「それじゃあ、やってみましょう」と同意した。
「そこで、これがスパイを見つけ出すための面談だ何て言わないで欲しいのです。あくまでも私達を、自爆テロの情報を手に入れたので、それをもとに捜査をしてほしいと依頼しに来た一市民ということにしていただきたいのです。相手を下手に警戒させたくありませんからね」と、理沙が言った。
「いいでしょう」と答えてマークは椅子から立ち上がった。
「それじゃあ、この部屋で待っていてください。一人ひとり、ここに来させますよ」と言って、マークは出て行った。
 部屋に残されたハリーと理沙は、ちょっと不安な面持ちだった。理沙はEMRを耳につけて、自分の椅子を今さっきマークが座っていた椅子の横に動かした。どんな人物が来るかと不安と期待の入り混じった思いで待つこと五分。
 最初に現われたのは、中肉中背の三十歳くらいの男だった。髪は黒く、南ヨーロッパ系の人に見えた。
「僕は、フランシス・カーロスです。何か、テロリストについての情報を提供しに来たとマーク・クロフォードから聞きましたが」と、座るなり言った。せっかちな人らしく、せかせかとした話し方だった。
「私、林理沙と言います。刑事さん、私、本当にこわいんです。助けてください」と言って、理沙はフランシスの腕をつかんだ。
「夕べスカイプを使って日本にいる母と話していたら混線したらしく、『確かに一月十七日午前八時に、メルボルン・セントラルを自爆します』と言う男の人の声が聞こえて、びっくりしたんです」
 フランシスは、理沙の話を聞くことに集中していたためか、理沙が腕をつかんでも、腕を引っ込めなかった。フランシスの心の声が、理沙に聞こえてきた。
「この女の言うことは、先日入手した一月十七日の自爆テロの情報とよく似ている。時間は午前八時というと、ラッシュアワーを狙う気だな。午前八時のメルボルン・セントラルと言うと、人も込んでいて、大変なことになるぞ」
 フランシスは、理沙に向かって「どうも、貴重な情報をありがとうございます」と言って、メモを取ろうとして、初めて理沙に腕を取られているのに気がついたようだ。そして、
バツが悪そうに、手を引っ込めるとメモをとった。
「その男の声は、何歳くらいに聞こえましたか?」
「何歳くらいかって聞かれても、ちょっと判断しかねます」
「その混線が起こったのは、いつのことなのですか?」
「夕べのことです。午後十時頃でした」
「それで、その男は英語で話していたんですか?」
「はい、そうです。でも、外国訛りがありましたわ」
「どんな訛りですか?」
「どんな訛りかと言われても、言語学者ではないので分かりません。ただ日本人でないことだけは、間違いありません」
「どうして、そんなことが言えるんですか?」
「だって、自分が日本人だから、日本人の英語って私にとっては分かりやすいんですよ」と、理沙は半分笑いながら答えた。
 メモを取り終わると、フランシスは、
「貴重な情報をありがとうとうございます。これからも何か情報が入ったら、知らせてください」と言って、名刺を理沙に渡し、部屋から出て行った。
 フランシスが部屋を出るや否や、ハリーが聞いた。
「どうだった?」
「あの人はスパイじゃないわ。私の言ったこと、信じたもの」
「ははあ、君はガセネタを与えて、それで相手の反応を見る気なんだな」
「そう。あなたがムハマドの名前を聞き出したのと同じ方法よ」
「君は、僕が思ったほど、馬鹿じゃないんだな」とハリーがにやけながら言うのを聞いて、理沙は腹が立ってきた。
「そんなに私が馬鹿だと思っていたの?」
「自分から危険なものに飛び込んでいくのは、馬鹿しかやらないことだからね」
「正義感が強いといって欲しいわ」と理沙は抗議したが、ハリーは取り合わなかった。
 ドアをノックする音がしたので、二人はまた姿勢を正して、次の刑事を迎えた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(23)

理沙は思いついたことをすぐに知らせたくて、ハリーに電話した。
「ね、私、警察に協力できることを思いついたんだけど、あなたはどう思うか、あなたの意見が聞きたいんだけど、今からうちに来ない?」
「へえ、どんなこと?」
「電話では、説明しにくいわ」
「じゃあ、今から行くよ」
 ハリーは、三十分後には理沙の部屋のドアの前に立っていた。
「何だい?僕達が警察に協力できることって?」
 ソファーに座るや否や、ハリーは聞いた。
「刑事が『ジーンズ・オンリー』に現われるすぐ前に、誰かからムハマドに電話がかかってきて、ムハマドは慌てて『ジーンズ・オンリー』の店を出た。そして、私を監禁した時も、誰かからムハマドに電話がかかってきて、ムハマドは慌てて小屋を出て行った。どちらの場合も、後で警官がそこに現われているわ。これは偶然とは思えないわ」
「ということは・・・」
 ハリーの目がきらりと光った。
 理沙は大きくうなずいて言った。
「警察署の誰かが彼に情報を流していたんじゃないかしら」
「警察にスパイがいるっていうことか。そうすれば、ムハマドの行動は理解できるね」
「そう。スパイがいると仮定すると、そのスパイをEMRで見つけ出すことができるんじゃない?」
「そうだね。そうすると、警察の協力を得なければいけない。それも、相手に気がつかれないようにね」
「マークにはEMRのことを話したわね。だからマークにこのことを話したら、どうかしら?彼のほうではムハマドもアバスも行方が知れなくなっているから、焦っていると思うの。警察側にいるスパイをみつければ、そのスパイを利用してムハマドをおびき寄せることも出来るんじゃない?」
「ううん。EMRを使うって言ったってね、具体的にどう使えばいいんだろ?」
「それは、私に考えがあるの」と理沙はハリーに自分の考えた計画を話すと、ハリーは「それじゃあ、僕は責任重大な仕事をやらされるわけか」とため息をついた。
ハリーの自信なさそうな様子を見て、「あなたがやるのがいやなら、私がやるわ」と理沙
が、言うと、ハリーはほっとした顔で、「じゃあ、頼むよ」と言った。
昼過ぎに、ハリーと理沙はマークに会いに行った。理沙はマークに助けられたお礼にとワインを手にしていた。
 マークは、夕べ一睡もしていないようで目が赤く、髪の毛もぐしゃぐしゃ、着ているワイシャツもしわくちゃになっていた。家にも帰らないで泊り込みだったようである。理沙がワインを渡すと、
「いや、僕は自分の仕事をしただけだから」と言いながらも「ありがとう」と言って受け取った。
 ハリーが、話を切り出した。
「僕達、色々考えると、警察の情報が事前に相手に伝わっているように思えてきたんですが・・」
「ええ。僕もそれは感じていますが、だからといって、そのスパイを見つけ出すことはちょっとできそうにないですね。お二人の話では、明日が決行日だそうですから、もう時間がない。ともかく今は必死でムハマドの居所をつきとめることを優先させているんですよ」
「それで、何か手がかりがありましたか?」
「いや、ムハメドが弟と一緒に住んでいるマンションに見張りの警官を置いていますが、ムハメド達はマンションには戻って来ていないみたいです」
「ムハメドの友人関係は調べたんですか?」と、理沙が聞いた。
「勿論調べましたよ。あのムハメドと会っていた人物はハサームと言って、ムハメドと弟が通っている教会の指導者だと、分かりました」
「じゃあ、やはりイスラム教過激派が関与しているんでしょうか?」
「それは間違いありません。ムハメドは去年6ヶ月母国のパキスタンに帰っています。ですからパキスタンでアルカイダのゲリラ訓練を受けた可能性があります」
「やっぱり、そうだったんですか。ところで、ムハマドの捜査に関わっている刑事さんは何人いるんですか?」理沙が聞いた。
「中心になってやっているのは、僕を含めて五人です」
「警察署にはその五人しか、ムハマドの自爆テロ計画を知らないわけですね」
「そうです」
 理沙は、思い切ったように、言った。
「その五人の人を一人ひとり面談させてもらえませんか?」
「面談して、どうするんです?」
「EMRを使って、心の声を聞くんです。そうすれば、誰がスパイかすぐ分かるはずで
す」
 理沙の提案を聞いてマークは、腕を組んで宙を睨んだ。どうしようか迷っているようである。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

投稿!メルボルン珍百景 27枚目
State Library前のあの人
子どもと行くメルボルン @Mali in the city
ゾウ探しに出掛けよう!
第2回「歩きにくそう」
毎木曜日更新。好評・ドーリーの4コマ漫画
投稿!メルボルン珍百景 6枚目
毎週土曜更新!何が埋まっているんだろう...
Mercure Welcome Melbourne
都心に見つけたベストホテル。

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう