Logo for novels

私のソウルメイト(21)

月曜日は、BT商事に出かけたが、先週のような楽しい気持ちにはなれなかった。先週まではあんなにロビンに会えることを期待していたのに、今日は会いたくないという思いが強くなり、会社に向かう足取りも重かった。コンピュータの前に座り、翻訳を始めても、頭の片隅の嫉妬の炎を追い払うことはむずかしかった。その心の痛みを軽減するために自分に言い聞かせていた。
「あの人と私とは何も関係ないのだから、あの人に奥さんがいても私の知ったことではないわ」
そう思うと同時に「もし私があの人を本当に愛しているのなら、あの人の幸せを願うべきであって、あの人が孤独ではないことをむしろ喜ぶべきことなんだわ。それが本当の愛というものよ」
その二つの理屈をこじつけて私は自分の嫉妬心と戦っていた。またダイアナのことも頭痛の種だった。
仕事は思うようにはかどらなかった。1時の休憩の時間になるとほっとして、会社を抜け出し、近くのお店でサンドイッチとコーヒーを買ってBTの建物の中に入ろうとしたとき、向こうからやってくるロビンを目にしたときは、思わずアッと声を上げ、どこか隠れるところがないかと一瞬周りを見たが、隠れられるようなところはなかった。ロビンは私に気づいたようで、私の方に、微笑を浮かべてまっすぐ近づいてきた。
「やあ、久しぶりだね。元気だった?」
私は、冷静を装うので必死だった。そのため、声は冷たくなってしまった。
「ええ」
「最近、うちの会社でパートで働いているんだってね」
「ええ」
「いや、君が優秀だから、君をスカウトするように人事課に言っておいたんだよ」と冗談とも本気とも思えないように笑った。
「そうですか」
私は、何の感情も表さないように、必死だった。
ロビンは、私のこの態度に少しとまどったようだった。
「それじゃあ、仕事がんばってね」と、不思議そうな顔をして、歩き去った。
彼の後姿を見送って、しまったと後悔の念にさいなまされ始めた。めったに会えるチャンスがないのに、このチャンスを逃してしまった。私の冷たい態度に、ロビンは不思議そうだったが、これで愛想を着かされたかも知らないと思うと、「ばかばかばか」と言いながら、両手をこぶしにして自分の頭を殴っていた。
昼からの仕事も、はかどらなかった。少し仕事が軌道に乗ったかなと思うと、さっきのロビンとの出会いを心の中のビデオで何度も巻き戻してみては、後悔をしていた。もし巻き戻しができるのなら、もう少し素直に嬉しい思いを伝えられたのにと。ロビンの不思議そうな顔を思い出すたびに、自分の馬鹿さ加減を呪っていた。
翌日の日は会社がない日だったので、ドクター・マクナマラに電話して、予約を取り付けた。来週の金曜日の午後2時に会うことになった。その後、京子に会いに、京子のアパートに行った。
京子に招き入れられて、部屋に入ると、家具が全部揃っていて、随分豪華な感じになっていた。一緒に見て回って買った花柄模様にソファーに座ると、すわり心地がよかった。京子はロイヤルアルバートの真っ赤なバラの花模様で金で縁どられた『カウントリー・ローズ』と呼ばれる模様の入ったコーヒーカップにコーヒーを入れて持ってきた。
「家具が揃うと、やっぱりいいわねえ」
「そう、一国一城の主になった気分よ」
「ところで、ドクターに来週の金曜日の午後2時にいく事になったわ」
「うまくいけばいいわね。中には全然催眠にかからない人もいるそうだから」
「そうね。ところで、先週の金曜日、結婚記念日でペティシューに行ったんだけど、そこでロビンを見かけたわ」
「へえー。そうなの」
「あの人、独身かと思ったら、奥さんいたわよ」
「それじゃあ、もとこの恋も一巻の終わりね」
「そんなに、ちゃかさないでよ。それに、今までずうっと会えなかったのに、昨日も彼にばったりあったのよ」
「それで、奥さんのこと何か言ってた?」
「それが、もう奥さんに対して嫉妬心が沸いてきて、彼を見たら本当に憎らしくなって、ついつい冷たい態度をとってしまったの。その後、自己嫌悪に陥っているのよ」
「全くあなたって、純情なのね。もっと恋の駆け引きをしなくちゃ」
「自分でも、なんでこんな融通の利かない性格なのかしらと、恨めしくなるわ。久しぶりに彼を見た瞬間、私の細胞の一つ一つが喜びの声を上げているって思ったわ。それくらい嬉しかったのに、その気持ちを伝えられなくて」
「相手も貴方も既婚者なんだから、それくらいにしていたほうがいいわよ。あんまり深入りすると、どちらも傷つくに決まっているもの」
「そうね。私の理性はそういっているの。でも、私の心は彼を欲している。私の心はいつも揺れているの。だから、この気持ちに早く決着をつけたいのよ」
「それで、退行催眠で、貴方たちがソウルメイトだと分かったら、どうするつもり?」
「それは、そうと分かったときに、どうするか考えることにするわ」

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(20)

 その晩、私は、なかなか寝付けなかった。あの人は彼の奥さんなのだろうか。そうだと、全然勝ち目はなさそうだった。それに、彼の妻でもない私には嫉妬する資格なんてない。そう自分に言い聞かせていた。
 翌日は日曜日で、ダイアナはうちにいた。私は、ダイアナにレスビアンかどうか聞かなければいけないと言う思いにとらわれ、朝ごはんを食べているときに、思い切って聞いてみた。
「ねえ、ダイアナ。あんたボーイフレンドいないの?いたら、紹介してよ」
「そんなのいるわけないじゃない」
「あら、だって、あなたの友達みんないるじゃない」
「皆って誰のこと? 皆いるわけじゃないわよ」
「じゃあ、エミリーは?」
「いないわよ」
「エミリーとあんた、もしかして、レスビアンなの?」
ダイアナの顔が見る見る固くなると、投げつけるようにスプーンをおくと、席を立って、自分の部屋にかけこんでしまった。
「何も、朝ごはんのとき、そんなことをきくことないじゃないか」とアーロンは非難めいた口調で言ったが、あのダイアなの態度から、レスビアンなことが確定したように思えた。
私はすぐに京子に電話した。私の話を聞いた京子は、いつものようにおおらかだった。
「まあ、親の私たちが、どうこう言って、何もできるわけじゃないわよね。今はイギリスみたいにゲイの人たちも大手を振って結婚できる国もでてきたわけだから、そのうちオーストラリアもゲイ同士で結婚できるようになるわよ。現に最近オーストラリア政府だって、遺産相続なんていう面でゲイのカップルを認めたじゃない。今じゃゲイの人たちでもパートナーが死んだら、自動的に遺産相続ができるようになったじゃない」
「でも、そうなると、うちなんか、孫を抱ける望みがないってことになるわ。お宅にはフランクがいるからいいけど」
「何言ってんのよ。最近レスビアンの人でも優秀な精子を提供してもらって人工授精で子供作っている人だっているわよ。まあ、ビクトリア州では法的に認められていないけど、ニューサウスウェールズ州では合法化されているからね。変な男と結婚して、変な子供を作るよりよっぽどいいわよ」
「でも、まだゲイに対する偏見は強いわよ。私ダイアナには人から後ろ指さされるような人生を送ってほしくないわ」
「まあ、平凡に暮らしていければいいとは思うけど、今社会はどんどん変わってきているからね。10年たったら、また偏見だってなくなっているわよ。考えて御覧なさいよ。あなたと私がオーストラリアに来たころはアジア人に対する偏見って強くって、私たち色々腹立たしいことにであったじゃない」
そう言われてみると、京子はオーストラリアに来て間もない頃、白人のオーストラリア人の少年に道を歩いていて後ろから頭を殴られたことがあったっけ。その理由が京子がアジア人だからだってことだった。その少年は結局少年院に1ヶ月送られたと京子から聞いたことがある。
「今は、アジア人も皆大手を振って、歩けるけど」
そうだ。私が来て20年の間オーストラリアは随分変わった。だからゲイに対する偏見はもっと少なくなって、ゲイの人たちにとって住みやすい世の中になっているかもしれない。確か、ミッシェル・フーコーと言う有名な哲学者が言っていたっけ。核家族が理想になったのは、それが産業社会にもっとも適した家族形態だからだ。昔大家族が普通だったのは人手を要する農耕社会だったからだ。時代または社会機構によって、理想的な家族形態は変わってくるって。だから、将来の家族形態にはお父さん二人の家庭とか、お母さん二人の家庭とかもあったって、不思議ではないのかもしれない。私たちがただ今の家族制度が理想だと洗脳されているだけのことかもしれない。
「それじゃあ、あなたもエミリーとダイアナがカップルになっても、反対はしないのね」
「反対するもしないも、エミリーもダイアナも自分の人生を自分で選択すればいいと思っているわ」
京子も、アーロンと同じようなことをいう。私は自分は結構物分りのいい人間だと思っていたけれど、アーロンや京子と話していると、頭がコチコチの保守的な人間のように思えてきた。
「そういえば、ちょっと聞いてほしいことがあるの。火曜日に行ってもいい?」ときくと、
「勿論よ。じゃあ、待ってるわ」と電話が切れた。
その日はダイアナは私と顔を合わせても目線をそらせて私を避けるようにして、一言も私と口をきかなかった。きのうから落ち込むことばかりだった。ロビンが妻帯者だと分かったこと、そしてダイアナがレスビアンだと分かったこと。何だか将来夢見ていたことが、全て崩れ去っていくようなさびしい気持ちに襲われた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(19)


 私はロビンの会社に行くたびに、ロビンに会えるのではないかとかすかな期待を抱いていくのだが、そのチャンスはなかなか訪れそうもなかった。
2月11日は結婚記念日だったので、フランス料理で有名な「ペティシュー」と言うレストランにアーロンと出かけた。いつも結婚記念日には、カードを贈りあい、レストランに行く。それが二人の長年の習慣になっていた。今年アーロンのくれたカードには、「結婚記念日、おめでとう。ラブ アーロン」とだけ書いてあった。よくアメリカ映画で夫婦同士で『ダーリン』と呼び合い、『愛してる』と毎日のように言っているのを見るが、オーストラリアでは『愛している』を連発する夫婦は少ないように思える。オーストラリアはもともとイギリスの流刑囚によって作られた国だから、どちらかといえばイギリス気質の人が多いせいかもしれない。イギリス人はアメリカ人のように感情をあらわにしない。若い人はともかく、私たちの年代の人はアメリカよりもイギリスの影響を受けている人が多いからだろう。アーロンから結婚してこのかた、面と向かって「愛している」といわれたことはないし、私も言ったことがない。お互い、照れくさいのだ。
 フランス料理のお店は、静かで落ち着いた雰囲気だった。テーブルにはろうそくがともされ、薄暗い店内と、ソフトなバロック音楽がロマンチックな雰囲気をかもし出している。ウエーターに案内されて座った席は窓際の外の通りが見えるところだった。メニューはフランス語で書かれ、英語で説明が書かれていた。前菜として牡蛎を注文し、メインコースには、牛肉のステーキを頼んだ。アーロンの注文した赤ワインが私たち二人のグラスに注がれ、二人で「結婚記念日おめでとう」と言ってグラスをかちあわせた。しかしその後、一体何を話したらいいのか、困ってしまっている自分に気づいた。色々な経験を共有できないのだ。京子の買ったアパートの件、ロビンのことは、アーロンには話せない。それ以外の話題となると、今の自分には話すことがないのだ。アーロンも黙々とワイングラスを傾けている。そうだ、共通の話題があった。それは、ダイアナだ。そこで、思い切って言ってみた。
「ねえ、ダイアナはレスビアンじゃないかしら」
「えっ?どうしてそう思うんだ」
グラスをテーブルに下ろして、興味深そうにアーロンは私の顔を見た。
「あの、年頃の子だったら、ボーイフレンドの一人や二人いても不思議じゃないのに、全然その気配がないし、いつもエミリーと一緒なのは異常じゃない?」
「奥手なんじゃないかないか。それに、レスビアンだったら、何か困ることでもあるのか」
「困ることって、勿論あるわよ。そうなれば私たち、孫の顔を見ることはできないわ」
アーロンは苦笑いしながら、
「今頃は人工授精の技術もすすんでいるからね。優秀な精子をもらって、人工授精をすれば子供はできるわけだから、レスビアンだからって、すぐに孫の顔が見られないと結論付けるのは、おかしいよ。げんに、ペニー・ウォングという女性の大臣だって、自分のパートナーが出産したといって、喜んでいるニュースがあったじゃないか」
「それじゃあ、あなたはダイアナがレスビアンだって、構わないって言うの?」
「僕が構うか構わないかの問題じゃないよ。もしダイアナがレスビアンだったって、僕たちが何とかしてレスビアンをやめさせることができると思うのか。レスビアンは本人が選択して決めることじゃないだろ」
アーロンと議論をすると、いつも彼の理路整然とした議論に負かされてしまう。時々、アーロンには感情と言うものがないのだろうかと思うことがある。
「それも、そうね」
ともかくダイアナに本当のことを聞いて見なければ、今話していることは意味のないことだった。
「仕事のほうはどうなんだ」と、アーロンが聞いてきた。
「そうね。毎日技術翻訳するって言うのは、退屈だわ。あなたのほうの仕事は?」
「今、新しい顧客の開発で忙しいよ。段々競争相手が多くなってきたからな」
「そう」
はっきり言って私には、余りアーロンの仕事には関心がなかった。そこで話題は切れ、また沈黙が訪れた。周りのカップルを見ると、私たちのように黙々とワインを飲んでいる人たちもいれば、楽しそうにおしゃべりを楽しんでいるカップルもいた。
「ねえ、あそこで、楽しそうに話しているカップル見て。きっとあの人たち知り合って間もないのね。だからあんなに話すことがあるのよね」とアーロンに言ったが、アーロンは前菜を食べるので、忙しく、返事をしなかった。窓に視線を移した私は、一瞬心臓がとまるかと思った。窓の外をロビンが美しい女性と歩いているのが見えたからだ。ロビンの連れは、私と同年代の女性で、豊かな胸をあらわにした緑色のドレスを着ていた。そして二人は私たちのいるレストランのドアを開けて、中に入ってきた。思わず、窓のほうを向いて顔を見られないようにした。心臓はまだドキドキしている。しかし、アーロンに私の気持ちを気づかれたくない。私はできるだけ平静を装った。幸いにもロビンたちは私の顔が見えない遠くの席にウエーターに案内された。その後、私も黙りこくなって、食べることに集中した。そして、できるだけ彼らを無視するように努力した。しかし、心の中には嵐が吹き荒れていた。嫉妬と言う嵐が。
アーロンは、私のそんな気持ちに全く気づかないようだった。

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(18)

 その晩アーロンが、「今度の結婚記念日、どうする?」と言い出して、私は2月11日の結婚記念日をすっかり忘れていたことに気づいた。私達の知り合いで、夫婦とも初めて結婚記念日を忘れていたと笑って話していた人たちが3ヵ月後に離婚したのを思い出し、私たちも危なくなってきたのではないかと思った。結局、結婚記念日になる再来週の木曜日は、フランス料理のレストランに行くことに決め、私が予約を取った。
次の月曜日は、BTのパートの社員として初めて出勤した。万が一ロビンと会ったときのことを考えて、黒いスーツとハイヒールで身を固め、香水をふりかけ、思いっきりのおしゃれをして、出かけた。家から駅まで車で行って、駅の駐車場に車を止め、電車に乗った。メルボルンでラッシュアワーに乗る電車は初めてだった。ここも日本と同じように、電車は込んでいた。おまけに日本の電車にあるようなつり革がないので、乗客は皆捕まる棒のある電車のドアに固まる。だから、奥は空いていても電車に乗れず、電車を一つ見逃さなければならなかった。皆に押しつぶされそうになりながら、ドアの傍の棒にしがみついていると、ハイヒールを履いてきたことが悔やまれた。会社に着いたときは、大仕事をした後のような疲労感を感じた。こんな調子では何日もつかしらと不安になった。
会社では、コンピュータの前に座ったら、誰と話すこともなく、黙々とキーボードを打ち続ける作業を続けた。翻訳の仕事は孤独な作業だ。回りにも社員がいたが、誰も知る人がおらず、昼ごはんも一人で近くのお店でサンドイッチとコーヒーを買って、会社のそばにある公園のベンチに座ってすませた。その日は、結局誰と口をきくこともなく、退社した。勿論ロビンをみかけることもなかった。
 次の日は、京子と約束したとおり、京子のアパートに12時に出かけていった。ドアのチャイムを鳴らすと、すぐに京子がドアから顔を覗けた。
「入って!」と招きいれられた部屋は、前に見に来たときに比べて、一段と大きく見えた。それもそのはずである。家具が入っていないからである。
「家具屋さんは今日配達してくれると言っていたんだけれど、手違いがあったからって、また来週に引き伸ばされたわ」と京子はぷりぷりしている。
「京子さん。何年この国に住んでいるの? お店の人が配達しますとか言っても配達日に来るなんて、奇跡が起こらない限り、この国では絶対ありえないわよ」
「そうね。そこんところ、忘れていたわ」と京子は苦笑いをした。
「まあ、シャンパンを‘持っていたから、一緒に飲みましょ。グラスはあるんでしょ?」
「まあ、グラスくらいは買ってあるわよ」
グラスにシャンパンを注ぎながら、京子は聞いてきた。
「ロビンの会社は、どう?」
「パートの翻訳者だから、会社の片隅に机とコンピュータをあてがわれて、朝から夕方までしこしこ翻訳しているわよ」
「それで、ロビンには会えたの?」
「私も会えるかなって期待していたんだけれど、それが全然だめなの。彼は23階に住む雲の上の人なのよ」
「そうか。じゃあ、後悔してるんじゃない?会社勤めなんか始めて。私はスーパーのパートやめて自由の身になったわ」
二人は話しながら、シャンパンのグラスを持ってバルコニーに出た。バルコニーでは車の騒音が聞こえ、街中なのを思い出させた。
「あなたがうらやましいわよ。まだ後悔をするところまで言っていないけど、多分このままいくと3ヶ月が会社勤めの限度かな。今は新しいことばかりで物珍しいからいいんだけど、慣れてくると、退屈な仕事だと思うわ。だって技術用語って限られているもの。あんまり、チャレンジにはならないのよ。ところで、退行催眠してくれそうな人、見つかった?」
「うん、聞いてきてあげたわよ。どっかの紙に書いたんだけど、、」とハンドバッグの中を探し始めた。
「ああ、あったわ、これ」
手渡された紙には
「Dr. Keith McNamara, 342 Burwood Highway, Burwood」と書かれていた。
「お医者さんなの?」
「そう、精神科医で、退行催眠もやってくれるそうよ」
「精神科のお医者さんなんて、ちょっと抵抗あるなあ」
「もとこさんって、オールドファッションねえ。このストレスの多い世の中で精神科医にかからない人の方が少ないんじゃない。エミリーだって、先日かかったわよ」
「えっ?エミリーが?」
「そう。何に悩んでいたのか知らないけれど」
「何に悩んでいたのかも知らないの?」
「そんなに、親失格みたいな非難めいた口調はやめてほしいわ。そう、分からないけど、どうやら解決したみたいで、最近少し元気になったわ」
私はダイアナとエミリーがいつも一緒にいるところが目に浮かんだ。もしかして、彼女たちはレスビアンなのかなと言う思いが頭を横切った。
太陽の光がぽかぽか顔に当たり、気持ちよかった。
「私、それじゃあ、このマクナマラ先生に連絡してみるわ」
「私もついて行っていいかしら。面白そうじゃない」
「予約が取れたら、教えるわ」
素晴らしいアパートもソファもないので、居心地が悪く、私たちはすぐにアパートを引き上げた。

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(17)

「ところで、来週の水曜日は私の引越しだからアパートに来てよね。さびしいけれど二人で引越し祝いのパーティーをやろうよ」
「いつになったら、ロベルトにアパートのこと教えるの?」
「多分死ぬまで教えないと思うわ。でも、ちゃんと先日弁護士に会って、遺言を書いておいたから大丈夫よ。私が死んだらアパートは売って、ロベルトとエミリーとフランクの三人で、お金を分ければいいと思っているのよ。それからやっぱりスーパーはやめることにしたわ。だって、スーパーでこのまま働いていたらせっかく買ったアパートですごす時間なんて全然ないじゃない。だから、架空の会社に勤め始めたって言って、給料は私の銀行口座にふりこんでいけば、ばれないと思うの」
「よく、考えたわね」
「そう、そういうことって、私、結構抜け目がないのよ。郵便局で私書箱も作ったから、アパートに関する郵便物は全部私書箱に送るように手配したのよ」
「それで、アパートでどう過ごすつもり?」
「それは、これからのお楽しみ。多分すぐに退屈すると思うけれど、しばらく自由を満喫して、それからまたやることを考えるわ」
「自由を満喫か。最近は、自由もお金で買い取るものなのよね。ダイアナが生まれたときにね、私、自由はお金を出して買うものだと思い知ったわ。だってその頃そんなに気軽に子守を頼めるような人がいなかったから、誰かに頼むとなれば、1時間いくらと子守代を払わなければならなかったしね」
「そうね、私たちが知り合ったのは、エミリーが保育園に行くようになってからだもんね。それじゃあ、また来週ね。火曜日の12時にアパートに来てよ。引越しパーティーをしよう」
「それじゃあ、また来週」
私たちは、カフェで別れた。
 次の日、アーロンもダイアナも出かけた後、いつものように、メールを調べた。
またサイモンからメールが入っていた。
「BTより連絡あり。今度日本からのロボット購入により、説明書の英訳を作る必要があり、週2日のパートの翻訳者が必要となったそうだ。興味があれば、連絡されたし」
BTといえば、ロビンの会社ではないか。またロビンに会えると思うと、胸がどきどきし始めたのを感じ、すぐに、返事を出した。
「引き受けます。雇用の条件はどうなっていますか」
すぐに返事が来た。
「BTに直接連絡して、聞いてくれ」
また、ロビンとのつながりができたと思うと嬉しくなって、私は回りに誰もいないことを確かめて、「ばんざ~い」と両手を挙げて、飛びあがった。
もう縁が切れたかと思うと、またつながりができ、つながりがきれたかと思うと、またそれも復活して、きっとロビンと私はソウルメイトに違いと、私は薄れ掛けていた自信をまた取り戻し始めていた。
サイモンの教えてくれたBT商事の人事課に、メールを打った。
「パートの翻訳者が必要だと聞きましたが、その条件を教えてください」
すぐに返事が来た。
「勤務は週二日で月曜日と水曜日。時給35ドルで、週15時間。年金積み立てとして給料の9%を支給。年休8日。長期勤務特別休暇は勤務期間が10年を超えたところで3ヶ月です」
なかなかいい条件だった。その晩アーロンにパートタイムの話をしたら、すぐに賛成してくれた。
BTに勤めると言っても、ロビンと会える保証はない。しかし、会える可能性は大いにある。そう思うと、浮き浮きした。
早速次の日に、ルンルン気分で履歴書を持ってBTの人事課を訪れた。ロビンに会えるかもしれないと、会社の建物に入って、きょときょとしながら、人事課に行ったが、ロビンには会えなかった。人事課は3階にあるので、23階にいるロビンは文字通り、雲の上の人だった。
人事課の人は、すぐに、勤務の手続きをしてくれた。私は総務課に一応席を置くことになり、総務課に連れて行かれた。人事課の人が、私の直属の上司になる総務課の課長のデイビッド・ミルトンに紹介してくれた。デイビッドは、鼻も目も口も全部大作りの人で、体もズボンから肉がはみ出しそうな肥満体だった。しかし、陽気な人らしく、笑顔で握手をしてくれた。それから部屋の片隅にある机を与えられた。この机は、もう一人のパートと共有するものだそうで、月水が私、火木金と、もう一人のパートが使うということだった。机の上には、コンピューターが一台あるだけだった。机の傍にあるファイリングキャビネットに、必要書類を入れて置くように言われた。来週から勤務開始ということになり、その日は、手続きだけを済ませて帰った。これからロビンに会える可能性のあることに、胸をわくわくさせながら。

著作権所有者:久保田満里子



マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

子どもと行くメルボルン @Plenty Gorge Park
カンガルーがいる公園♪
48-49 / 87days -キングスキャニオン-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
投稿!メルボルン珍百景 22枚目
これぞ環境とアートの融合!アナタもアーティストになれる!?
Victoria Monsoon News
GippslandのMaffraで酪農場体験
第21回「ビューティー」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上