Logo for novels

私のソウルメイト(25)

次の金曜日に会う予約を受付で済ませて待合室を見ると、京子が待っていた。
「どうだった?」
私は興奮気味に言った。
「いろいろなことが分かったわ」
京子が「私のマンションに行って話を聞かせてよ」と言うので、そこからすぐに京子のマンションに直行した。
京子のマンションのソファーに腰を落ち着けると、私は今日分かったことを全部京子に話した。京子とは同じメイドとして働いていたこと、ロビンは私たちの雇い主の息子で、私はロビンと恋仲になって妊娠したこと。そこで、結婚相手として押し付けられた相手がアーロンだったこと。
京子は興味深げに耳を傾け、聞き終わった後、
「あんたと私がメイド仲間とはね。もう少しましな生活をしていたのかと期待していたのに」と笑った。
「今日はこれで時間切れになってしまったけれど、この続きも知りたいので、また来週の金曜日にマクナマラ先生に会う予約をとったわ」
「そうだよね。今の話を聞くと、宙ぶらりんにされた感じだよね。でも、これでどうして貴方がロビンに惹かれるのか原因が分かったわね。ただの袖振り合う人ではなかったってことね」
「そう。でも、あなたと私はこんな仲だったのよとロビンに言ったって、私が気が狂ったくらいにしか思わないでしょうね」
「それはそうね。この間ラジオを聴いていたら、催眠術に関して面白いこと言っていたわよ。ある研究者が何十人か学生を集めて自動車事故のDVDを見せて、後でその学生一人ひとりを呼び出して催眠にかけて車の番号を聞いたら、全員番号をすらすら言ったんですって。でも、実際に見せたDVDでは車の番号は見えないのよ。だから、車の番号はと誘導されると、車の番号が見えたように錯覚してしまうみたいね。だから、オーストラリアの裁判では催眠術で得た証言は無効と言うことになっているんだって」
「ふーん。でも、私の場合は、マクナマラ先生は私には誘導尋問なんかしなかったわよ。だから、私は今日得た情報は、私の想像ででっち上げたものとは思えないわ」
「でも、あなたの潜在意識の中で、ロビンと過去恋仲だったら良いなと言う願望がなかったとは言えないんじゃない」
「そう言われれば、そうだけど。でももし願望だけで今日見たことがでてきたと言うのは矛盾するところがあるわよ」
「どんなところが矛盾するの?」
「願望が現れるなら、私はどこかのお姫様であってほしかったわ。メイドなんかじゃなくて」
「それもそうだ。私だって、自分が過去世ではメイドだったなんて聞いて、あんまり気分よくないもんね」と二人で笑った。
私は、来週は、マクナマラ先生に会った後、京子とマンションで会う約束をして、うちに帰った。帰り道、私はロビンのうちに行って今日会ったことを話したい衝動を抑えるのに苦労をした。

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(24)


「さあ、足元を見てください。あなたはどんな履物を履いていますか」
「布でできた古くてきたない靴です」
「あなたはどんな服を着ていますか?」
「黒いワンピースで白いエプロンをつけています。頭には帽子をかぶっています。どうやら私はメイドのようです」
「それは何年ですか?」
私の頭の中に1876と言う数字が浮かんできた。
「1876年です」
「あなたはどこにいますか?」
「どうやら、イギリスの町のようです。町の名前は、ヨーク?ヨークです」
不思議なことに、質問をされるたびのその答えが自然と私の頭に浮かび上がってくるのだ。
「あなたの名前は?」
「ハリオットです」
「あなたは何をしていますか?」
「台所で、他の2名のメイドと一緒になって、じゃがいもをむいています。どうやら晩御飯の支度をしているようです。他には女中頭みたいな太った中年の女が見えます」
「そのうちには、どんな人が住んでいるのですか?」
「ええと、40歳くらいの領主と領主の奥さん、それから20歳になるお嬢様と17歳になるお坊ちゃん、あ、そのお坊ちゃんは、ロビンです。顔とか体つきは全然違いますが、あの目はロビンの目です。間違いありません。ロビンは私を見て笑っています。そのほか広い3階建てのお屋敷には、いかつい顔をした執事、女中頭、私のようなメイドが3人、庭師が2名、馬の飼育係が一人います」
「どんなことが起こっていますか?」
「ロビンは、私を連れて、干草の積まれている納屋のほうに手を引っ張っていています。そして私たちは干草の上でじゃれあっています。二人ともけたけた笑っています。私はロビンが好きなのです。ロビンも私が好きなようです。ロビンが私を抱いています。干草のぷんとした匂いを嗅ぎながら、私はとても幸せな気分です」
「場面が変わりました。私は領主の前に立たされて、小さくなっています。どうやら領主はかんかんになって怒っているようです。私は妊娠したのです。お腹の子の父親はロビンです。領主はメイドの私に息子の子供を生ませることはできないと、わめいています。ロビンは見当たりません。どうやら、女中頭が私の妊娠に気づき、領主に報告したようです。そこでロビンはロンドンにある親戚のうちに行くように言いつけられ出かけたようです。これは領主がロビンと私の仲を切り裂くためにしたことのようです。つまり、ロビンのいない間に私を追っ払うつもりなのです。私はうつむいて泣いています。領主は、自分の友達の雇っている馬の飼育係の男と結婚するように、私に命令しています。明日の朝早くお屋敷を出て行くように言われました。その後、自分にあてがわれた小さなメイド用の3人部屋にもどると、私はベッドに潜り込んで、ずっと泣いています。友達のメイドは私を取り囲んで見ています。同情しているようです。ああ、そのメイドの一人が京子さんです。私は、翌朝早くたたき起こされて、小さな風呂敷き包み一つ持って、女中頭につきそわれてお屋敷を出て行きました。出て行くとき、京子さんは私の肩を抱いて何も言わずに泣きました。もう一人のメイドも泣いています。馬車に乗せられ連れられて行ったところは、ロビンの住むお屋敷から一時間もかかる所にありました。大きな3階建てのお屋敷の裏にある馬小屋に連れて行かれました。そこには、馬の体を拭いている男がいました。その男は、女中頭に声をかけられ、顔を上げました。25歳くらいの青い目をしている男でした。ああ、アーロンです。アーロンはちらと私を見ただけで、女中頭の話を聞きながら、また馬の体を拭く作業を続けました。女中頭は「今度あなたと結婚することになったジュディよ」と私を紹介していますが、アーロンは大して私には関心なさそうです」
そういったところで、マクナマラ先生の声が聞こえてきた。
「それでは、もうそろそろ今の時代にもどりましょう。あなたは、段々目が覚めてきます。1,2,3.さあ、目が覚めました。目を開けてください」
私はマクナマラ先生の指示に従って、ゆっくりと目を開けていった。すると、そばでマクナマラ先生が笑顔を浮かべて立っていた。
「あなたは、本当に催眠にかかりやすい人のようで、今日一回のセッションで、随分収穫がありましたね。もう1時間経ちましたが、これかれも続けていきたいですか?」
私は、今見てきたことを心の中で反芻し、興奮をおさえきれなかった。
「ええ、是非続けていきたいです」
私は、あの後、私とアーロンはどうなったのか、ロビンとはどうなったのか知りたかった。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(23)


 1週間がたつのは早く、金曜日が来た。ダイアナとも仲直りもできず、ロビンとも会えず、暗い気持ちで過ごした1週間だった。12時に京子は私のうちに来て、二人で近くのカフェに行ってお昼ご飯を済ませた。京子はイタリア料理のブルシェッタ、私はフィッシュ・チップスを食べた。その後、私の車で、バーウッドにあるマクナマラ先生のクリニックに行った。2時の約束だったが、早目にうちをでたため着いたのは15分前だった。マクナマラ先生のところでは予約制になっており、一人30分の時間をとってあるせいか、待合室には誰もいなかった。確かに精神科医のところで知り合いに会うのは、気持ちのよいものではなかろう。受付で、名前や住所などを書類に記入させられた。待合室には、雑誌がテーブルの上にのっており、テレビがついていた。知らないお医者さんに初めて会うので緊張したが、京子がその緊張をほぐしてくれた。
「うちの亭主、きのう未亡人のうちに配管がつまったからと呼び出されたんだけど、その未亡人、ご主人が死んだ後、ご主人が10軒も家を買っていたのを知ってびっくりしたんだって。ご主人が生きているときは結構質素に暮らしていたのが、今は10軒の家の大家と言うことで、優雅に暮らしているということよ。うちの亭主も、私が死んだ後100万ドルもするアパートを持っていることを知ったら、どう反応するかと思ったら、楽しくなっちゃったわ」と、楽しそうにくすくす笑った。
「それは、大喜びするに決まっているわよ」
「そうね、そして若い女と再婚しちゃったりして」
「そこまでは、分からないけれど」
 そこで、看護師が私を呼びに来た。
「じゃあ、また後で」と京子に手を振って、看護師の後をついていくと、大きな机の前に座っている、あごひげをはやしている50歳くらいの背広を着た男の前に連れて行かれた。
その男は「マクナマラです」と、すぐに握手を求めてきた。
「もとこです」と握手をすると、
「おかけください」とすぐに椅子を勧められた。いつの間にか看護師は消えていた。
「どうしましたか」とすぐにきいてきた。
「マクナマラ先生が退行催眠をなさると聞いたので、来ました。実は私には非常に気になる人物がいまして、一体その人と私は過去世で、どんな縁があったのかと最近気になって仕方がないものですから、その解明を図りたいとおもってきました」
「なるほど。ブライアン・ワイズの本を読んだんですか」
「はあ。先生もご存知ですか」
「いや実は僕は彼のワークショップに出たことがありましてね」
「そうなんですか」それを聞くと、なんとなくこの医者に親しみが持てるような気がした。
「催眠にかける前に言って置きますが、皆が皆催眠にかかるわけではないので、この方法があなたにとって有効かどうかは保証できないのですが、それでもいいですか」
「勿論、構いません」
「それじゃあ、こちらの長いすに横たわって、リラックスしてください」
黒いレザーでできた180度リクライニングできる椅子に座ると、ほとんど180度にまで倒された。部屋のカーテンは引かれ、部屋は薄暗くなった。
「今から私の言うことを聞いて、想像してください。あなたは今砂浜に寝転がっています。太陽がさんさんと輝き、海から涼しい風があなたの頬に吹いてきます。聞こえてくるのは、波の音だけです。リラックスしてください。息をゆっくり吸って、ゆっくりはいて。もう一度息を吸って、息を吐いて」
 マクナマラ先生の声がささやくように聞こえてくる。私は息を吸ったりはいたりしているうちに、瞼が重くなってきた。
「あなたの足の指の力を抜いてください。息を吸って、吐いて。貴方の足はだんだんリラックスしてきます。さあ、次は足の甲の力を抜いてください」
マクナマラ先生はゆっくり、私を催眠状態に誘導していく。足から腰、腰から胸、胸から首と頭のてっぺんまで行った後、
「あなたは今大きな図書館の前に立っています。この図書館の中にはあなたの過去世を記した本があります。さあ、中に入ってみましょう」
私の頭の中にはその図書館がはっきり浮かんできた。まるで古代の遺跡のように見える石造りの大きな建物が見える。
「さあ、階段を降りて地下に行きましょう。さあ、貴方の過去世が書いてある本を本棚から取り出してください」
私は言われるままに、とある本棚の前に立つと、手が自然に伸びて、一冊の本を取り出した。それは、金で縁取られた、古くて高価に見える本だった。手にかかる本の重みを感じながら、真ん中のページを開いてみた。すると、私の体はくるくる回って、過去の世界に落ち込んでいくように思われた。私はこれから繰り広げられる過去の世界に不安を感じると共に、期待で胸が膨らんできた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(22)


「ところで、おとといエミリーとダイアナのこと言っていたけれど、私もエミリーに聞いてみたわ」
「なんていっていた?」
「貴方の言った通りだったわよ」
そうだと思っていたが、確証を取るまでどこか頭の片隅で信じたくない気持ちがあった。だから、はっきりそうだといわれてみると、やはりショックだった。
「二人はまだ学生だから、卒業してから一緒に住むことを考えているみたい」
「そうか。やはり、そうだったのね」私はそういう以外になかった。
「エミリーとダイアナの友達は皆知っているみたい。最近の子は、余り同性愛に対する抵抗はないみたいよ」
「ふーん」
「まあ、ダイアナは私にとっても娘のような子だから、変な男に入れあげるよりはましよ」
そうだ。変な男や女に惚れこんで、人生の道を踏み外した人は、枚挙にいとまがない。翻訳仲間の栄子は、よく夫に暴力を振られて、あざを作っていることもあるが、それでも、別れようとはしない。近所に住むジェーンの夫はポーキーにはまってお金を使い込み、ジェーンが必死になって働いて借金を返したかと思うと、また他で借金を作り、またまたジェーンはその返済に追われるという地獄のような毎日をすごしているではないか。アーロンの従兄弟のルーシーの夫は浮気性で、いつも女を作ってルーシーを泣かせている。そう考えていくと、エミリーだったら、そういった心配は皆無だ。
「ともかく二人が幸せならば、私が文句を言う筋合いはないと思っているわ」
結局は、そこに落ちついた。愛しているなら、愛する人が幸せであることを願うのが当たり前なのだ。それで、いいではないか。
京子と話していると、外が暗くなって来ているのに気づいて時計を見ると5時を過ぎていた。私たちは慌ててうちに帰る支度を始め、
「じゃあ、来週の金曜日に1時にうちに来て。私の車で一緒にいきましょ」と京子に言って別れた。
 私はうちに帰る車の中で、一体愛とは何なのだろうかと考え始めた。愛する人の幸せを願うこと。それだけでいいのではないか。こちらが好きでも相手は嫌いってこともある。相手に自分の感情を押し付けるのは、愛とは言えないのではないか。ストーカーになる人は、ここのところを思い違いをしているのだ。また子供に自分の理想を押し付けるのも愛とは言えない。ダイアナのことは認めてやらなければ。そう思っているうちにうちに着いた。
うちでは、ダイアナが出かけるところだった。
「どこに行くの?」と言う私の言葉を無視して、ダイアナはバターンとドアを閉めて出て行ってしまった。何とかダイアナのことを認めて仲直りしなければと思っていた気持ちがたちまち萎えて、むかっ腹が立ってきた。
「なによ、あの態度は!」私は一人罵りながら、晩御飯の支度に取り掛かった。
毎日同じことの繰り返し。晩御飯を作って、家族で食べて、テレビを見たり本を読んだりして寝る。そしてまた朝が来て、仕事に出かけ、帰ってきて晩御飯を作って、と。本当はそれが一番の幸せなのだろうが、時々何もかもおっぽり出して、全てをおしまいにしてしまいたい思いに駆られる。暗い思いで作った晩御飯の支度ができたところで、いつものようにアーロンが帰ってきた。いつものように軽くキスして、そして夕飯を食べる。アーロンは仕事のことを余り話さない人なので、ダイアナもいない夕食は、私一人がぺらぺら話をしない限り、二人で黙々と食事をするだけだ。その晩は私も話すことはなく、食事は沈黙のうちに終わった。その晩ダイアナは夜遅く帰ってきたようだった。ベッドに横たわっている私の耳にドアが開く音がして、足音が聞こえた。時計を見ると午後11時半だった。
 翌朝、私はダイアナの起きてくるのを待ち構えていた。10時過ぎにダイアナは起きてきた。
「ダイアナ、エミリーのお母さんと会って話したんだけど、あんたとエミリー大学卒業したら一緒に暮らしたんだって?」できるだけ非難めいて聞こえないように、冷静を装って聞いた。
「そうよ」意外にもダイアナも冷静に答えた。
「いつからそんな気持ちをもっていたの?」
「そうね、中学校に入って皆が男のこのことを話し始めたときかな。私、全然男の子には興味を持てなかったんだ。だから、皆がどうしてあんなに男の子に夢中になれるのか気が知れなかったわ」
「ふーん。あなたをそんなにしてしまったことに、責任感じるわ」と言うと、急にダイアナはいつもの攻撃的な態度になった。
「何言っているの?別に育て方の問題じゃないわ。そういうふうに思われると腹立たしいわ」と、ぷいとまた自分の部屋に引っ込んでしまった。まったく扱いにくい子だと、情けなくなってきた。
 その次の週、会社でロビンと顔を合わせることもなかった。顔を合わせたら、自分のそっけない態度を謝るつもりだった。彼に奥さんがいて当然だし、それについて嫉妬する権利なんて私には何もないことを自分なりに納得したからだ。だから、会えないことが少し寂しかった。

著作権所有者:久保田満里子



マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

ギリシャ神殿がスワンストン通りにあった!!
リップ・カールのビルがそれだ!!
LOVE LOVEセントキルダビーチ!
ナデシコガールズと行くSt Kilda Beach!!
子どもと行くメルボルン @クリスマスイベント
メルボルンでChristmasを楽しもう♪
世界遺産 カールトンガーデン 
初春のカールトンガーデンを散策してみよう。
オリンダとササフラス
ダンデノン丘陵のヨーロッパ

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう