Logo for novels

私のソウルメイト(36)


京子が「それか、彼を呼び出すって言うのは、どう?」と言い出した。
「呼び出すって、どういうふうに?」
「彼のメールのアドレス知らない?」
「初めてあった時もらった名刺に書いてあったはずだけど」
「じゃあ、お会いしたいってメールを出したら?」
「でもね、彼は社長だから、彼のメールは秘書が読むと思うわよ。彼一人が読むんだったら問題ないけど」
「そうか。偉い人って簡単には極秘で連絡取れないってわけか」
「そういうこと」と言って、私はため息をついた。そして、
「じゃあ、今度の月曜日、出社したとき、意を決して、社長秘書に社長の予定をそれとなく聞いてみるわ」と言った。
「そうしなさいよ」と、京子に励まされたが、実際には、どう聞けばいいのか、分からず、その週末は、どう言おうかと、そればかりに頭を悩まされるはめにおちいった。
浮かない顔で考え事をしている私を、アーロンもダイアナも変に思い始めたようだ。話しかけられても、すぐには返事をしないのだから、無理はない。
「何か心配事でもあるの?」
まず、ダイアナが聞いてきた。
「別に。どうして?」
「だって、私が話しかけても、全然返事しないんだもの」
「ああ、ごめん。夕べ余り寝られなくって、頭がぼっとしているのよ」
「ふうん」と、余り納得しないような顔をした。
そして、アーロンも、
「ハロー、ハロー、いる?」と私の目の前で掌を広げて振り、顔を覗き込み
「僕の声聞こえる?」と言う。
「勿論、聞こえるわよ」
「いや、君の脳がなくなっちゃったんじゃないかって心配になったよ」と笑った。
  週末ずっと考えて、でてきたアイデアと言えば、デイビッドを昼ごはんに誘って、社長の動向を探ることくらいであった。
月曜日に出社すると、デイビッドが先に来ていた。
「デイビッド、今日のお昼一緒にしない?」と言うと
「やあ、一緒にしたいのは山々なんだがね、今日は顧客とビジネスランチなんだ」
「それは、残念。じゃあ、水曜日は?」
「へえ、それはデートのお誘いかい? 水曜日はいいよ」
全然気のないデイビッドに対してはいとも簡単にデートの約束ができるのに、どうしてロビンに対して、積極的にアプローチできないのかと思うと、自分が情けなくなった。
 ところが、昼ごはんからの帰り、ふいにまたロビンに出くわしたのだ。突然のことで、ロビンに対する構えがなかったので、自然と笑顔がほころびて来るのが、自分でも分かった。
「やあ、久しぶりだね。仕事のほうはどう?」
「ええ、順調に行っています。社長は、明日の晩お暇ですか?」
率直に聞く自分に、一瞬驚いた。
ロビンは怪訝そうな顔をして
「明日の晩? 何かいいことでもあるの?」
「いえ。社長にお話したいことがありまして、時間をとっていただけないかなと思いまして」
「じゃあ、次の会議まで後20分あるので、20分だったら今つきあってもいいけれど」と言うロビンに、私は慌てて
「いえ、込み入った話なので、もっと時間がかかると思いますので、いつかお仕事の後お会いできないかなと思うのですが」
「明日から僕はシドニーに出張でいないから、今週の金曜日の8時からだったら、一緒に晩御飯を食べながらでも話ができるけど」
私は嬉しさで胸が一杯になった。
「はい、それでは今週の金曜日に八時に」と言うと慌ててその場を離れようと踝を返すと、背後でロビンが私を呼び止めた。
「それで、場所は分かっているの?」
そうだ。まだ場所を決めていなかった。振り向くと、ロビンが
「どこかおいしい日本料理のレストランがあったら、そこにしよう」と提案してくれた。
私がよく行く「みっちゃん」は、大衆食堂という感じでロビンと二人で食事をするにはふさわしくない。考え込んでしまった私を見て
「「すき焼きハウス」はどう?」と言う。
「ええ、結構です。では、また来週おめにかかります」
私はぴょこんとお辞儀をすると、その場を足早に去った。ロビンのいる前で、嬉しい気持ちをあからさまに出してしまうのが、ためらわれたからである。ロビンはきっと私のそんな態度にあっけに取られたことだろう。後ろを振り返らなかったので、ロビンの顔を見なかったが。それからすぐに女子トイレに駆け込んで、誰もいないのを確認して「やったあ!」と両手を挙げて叫んだ。
 翌日京子にこのことを報告すると、
「よくやったね!」とほめてくれた。
「それじゃあ、今週の金曜日は二人で泊りがけで出かけるって家族に言わなくちゃね」
「ありがとう。じゃあ、その日はこのアパートにお泊りってことね」
「そう。私もここに泊まるの初めてよ」とくすりと笑った。
 アーロンに金曜日に京子と一泊旅行に行くと言うと、アーロンも急にシドニーへの出張が入って家にはいないという。ダイアナも金曜日の夜はエミリーと出かけてうちにいないことが多いので、ちょうど良かったと安堵した。
 そして、金曜日を心待ちにしていた私に、京子から緊迫した声で電話がかかってきた。
「今日、会えない? 私のアパートに来てほしいんだけど」
「何かあったの? 随分気が立っているみたいだけど」
「電話じゃいえないわ」
「じゃあ、今日は特別な用事はないから、昼過ぎに行くわ」と言って電話を切った。
 私はなんとなく悪い予感に襲われた。前日の晩御飯の残りを昼ごはんに食べると、すぐに京子のアパートに向かった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(35)

ご城下に行って、殿様の行列が通るのを待ちました。「下にい、下に」と言う声が聞こえてくると、道行く人々は道脇に正座して座り、ひれ伏しました。私も、他の人に習って道脇に座りひれ伏しましたが、お殿様の籠が通るとき、直訴状を渡さなければいけません。そのタイミングがうまくいくかどうか、不安で胸が押しつぶされそうでした。行列の先端が通り過ぎ、お殿様の籠が通るのを察知した私は、道脇から躍り出ました。直訴状を右手で大きく掲げながら
「お願い申し上げます」と大きな声を放ちました。すぐに護衛の侍に行く手を阻まれましたが、私が武器も持たない農民で、直訴のために躍り出たことが分かると、護衛の侍は、私から直訴状を取り上げ、私を押さえつけたまま、お殿様の籠の傍にひざまづき、「申し上げます。直訴状をもつ百姓が飛び込んでまいりました」と言うと、「さようか」と一言殿様の声が聞こえ、お供の侍によって籠は開けられ、お殿様はその直訴状を受け取り、また籠の扉は無言のうちに閉められました。そして、そのままお殿様の行列は何事もなかったように、通り過ぎて行ったのです。その後私は護衛の侍に引っ立てられて、牢屋に入れられました。寒くて暗い狭い牢屋には他にも5人入っており、込んでいました。その晩寒さと不安でぶるぶる両膝を抱えて震えながら、直訴状の願いが聞き入れられるように祈るような気持ちで過ごしました。その翌日、私は牢屋から引っ立てられ、後ろ手で縛られ、裸馬に乗せられました。そして、「謀反者」と書かれた札を首からかけさせられ、町中を引き回されました。道行く人々は馬が通る道を空け、私を恐れるように見上げていました。そして、刑場に連れて行かれ、筵の上に座らせられました。刑場の囲いの外をたくさんの見物人がこちらを見ていました。私は、恐ろしさに震え上がっていました。そして、首に刀があたったのを感じたとき「お久!」とお久の名前を心の中で呼んでいました。死の瞬間、私はお久のことだけが気がかりだったのです。そして、私の首ははね落とされ、私は息が絶えたのです。私の魂は、息が絶えた瞬間、体から離れ、お久のもとに飛んでいきました。お久は、井戸の水を汲み上げていました。その物悲しそうな風情に私は胸が詰り、一生懸命「私はここにいるよ」と伝えようとしましたが、お久は全然気がついてくれません。私は何度もお久に話しかけましたが、体のない私の言葉はお久には通じないことに気づき、あきらめて、天に昇っていきました」
私が話し終えると、マクナマラ先生の声が聞こえてきた。
「それで、あなたの直訴状は、無駄ではなかったのですか?」
「直訴状の結果は、うまくいったようです。村の衆の安堵した顔が見えます」と答えた。
「それでは、1,2,3と言うと、あなたは目が覚めます。1,2,3」
マクナマラ先生の声で、私は段々目覚めていった。
「この度の人生はどうでしたか?」とマクナマラ先生から聞かれたが、首打ちになったショックから、なかなか立ち直れなかった。ロビンに関して分かったのことは、その人生では、ロビンは私にとって最も大切な人だったということだ。
 マクナマラ先生から、このまままた来週も退行催眠を受けたいか聞かれたが、この前のような積極さはなくなっていた。
「少し、お休みさせてもらいます。また、必要を感じたら、お願いします」と言って、退行催眠のセッションは一旦打ち切ることにした。
 その後、京子のアパートに行くと、京子はいつものように待っていた。
二人でコーヒーを飲みながら、私は今日体験したことを話した。
「あなたと私はやはり、ソウルメイトみたいよ。いつも私の人生にあなたが出てくるわ。そして、アーロンとロビン。この二人も私と夫婦関係になることが多いみたい」
「そうみたいね。今の人生と、その前の人生では、アーロンとあなたは夫婦ですもんね。ロビンとの関係は、ころころ変わるみたいだけど」
「そう。でも、ロビンにはいつも執着を残しているのよね。今生では、その執着に決着をつけるべきなのかもしれないなと思うんだけど」
私はロビンを避けてきていたが、どうしても会って話さなければいけないという衝動がつきあがってきた。
「私、どうしても一度ロビンに会って、話したいんだけど、どうすればいいと思う?」
「先日は私が助けてもらったから、今度はお礼に私が一肌脱ぐ番ね」と京子はまたいつもの茶目っ気を出して言った。
「一番手っ取り早いのは、彼の家に行って、彼の帰りを待ち伏せることね」
「それだと、彼が何時に帰るか調べないといけないし、夜出かけるとなると、アーロンにどう言ってうちをでるか考えなかればいけないわ」
「彼がうちに帰る時間は、社長の秘書から聞き出せないの?」
「そんなことしたら、変だと思われるわよ」
「夜出かけることは何とかなると思うわよ。また二人で一泊旅行に行くなんて言えば、いいことだし」
「そうね。じゃあ、二人で一泊旅行に出かけるっていうことにして、ロビンが帰るのを待ち伏せするっていうことにしましょうか?」
「そうね。ただその待ち伏せする日に彼はどこかに出張だったってことになったら、我々の苦労も水の泡になっちゃうわね」
「そうすると、やはり何かの理由をこじつけて、社長秘書から聞き出すか、本人に聞きだす以外ないわね」と私は、思案顔で言った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第45回「嘘も方便」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
子どもと行くメルボルン @Altona Miniature Railway
ミニ機関車シリーズ第4弾!
59-65 / 87days -WWOOF-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
路上チェス スワンストン通り
あなたも挑戦してみては?白熱の試合模様を少しのぞいてみましょう。
子どもと行くメルボルン @Fire Services Museum of Victoria
消防について学べる!

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう