Logo for novels

私のソウルメイト(44)

 水曜日のケビンへのお金の引渡しのとき、私がその場にいても仕方がないと思ったので、京子一人に任せ、会社に出かけた。
出社すると、デイビッドが、すぐに私のところに来て、
「ご主人が大変だったんだってね。ご主人の容態はもういいの?」と心配顔で聞いてくれた。
「一ヶ月の静養で職場復帰できるみたいです」と、言うと
「それは、よかった。最近、心筋梗塞で倒れる人が多いんだよね。僕も気をつけなくっちゃなあ」と、自分の突き出た太鼓腹をたたいて、席に戻って行った。
 水曜日、退社した後、京子に会いに、京子のアパートに行った。ケビンとの件を聞くためである。
京子は私の顔を見ると、
「うまくいったわよ」と、ニンマリ笑った。
「どこで、お金と写真の取替えをしたの?」
「向こうが指定してきたのが、ヒルトンホテルの一室だったのよ。お金を引き渡す前に、写真の入ったカメラのメモリーをくれたけれど、そんなもの、自分のコンピュータにダウンロードすれば、いくらでもコピーができるから、カメラのメモリーをもらったって、仕方ないわよね」
「それで、かまをかけてみたの?」
「そう。あなたの言ったとおりだったわ。私たちが彼のことを調べたなんて予想もしていなかったみたいで、銀行のお金の使い込みのことを言ったら、一瞬驚いた顔をして、どんな証拠があるんだって、うそぶいたわ。否定しなかったところを見ると私たちのにらんだとおりだったみたい。ばっちりその彼の顔、録画してきたわ」と言うと、コンピュータで、その録画を見せてくれた。
カメラの写せる範囲が狭いので、ケビンの顔の鼻が見えたり、口だけ見えたり、ケビンの動きによって、被写体は静止してはいなかったが、ケビンだと言う事は分かった。カメラには撮影の日付と時間まで出ていた。
「絶対彼のことだから、またお金がなくなってきたら、あなたを脅してくるわよ。それまで、このビデオが存在することも彼に言ってはだめよ。そうしないとこのビデオを取り返そうとして、あなたに危害を加えるかもしれないから」
「そんなことは、分かっているわ。私一人がこのビデオを持っていては危険だから、あなたにもコピーを持っていてほしいの。もうコピーをつくったから」と、京子は私にメモリースティックを私に渡した。私は、それを掌に受け取った瞬間、拳銃でも渡されたように、背筋がぞくっとした。
 うちに持ち帰ったメモリースティックを、私は洋服ダンスに入っている靴の箱の中に入れた。ここだと、何かの探し物をするにしても、アーロンもダイアナも開けはしない。
 それからの毎日は平穏を取り戻したかのように見えた。あれからケビンが何か言ってきたということは聞かなかった。アーロンもリズのことを一言も言わない。ロビンとは、あれっきり会うこともなかった。
 しかし、アーロンが退院し、仕事に復帰してから、アーロンと私の関係が極めて悪くなっているのが、明らかになってきた。私は、アーロンが浮気した事実が目にちらついて、アーロンの体を触るのを避けた。アーロンも体の調子が元に戻ったわけでもないせいか、私の体に触れようともしなかった。そして、うちに帰っても、物思いに沈んでいることが多くなった。私が話しかけても
「え? 今なんていった?」と聞き返すことが多くなった。ロビンに夢中になっている時の私を鏡越しに見るような気がした。アーロンはリズに恋をしている。彼の憂鬱そうな顔を見ると、私は段々そう確信していった。
その確信は、職場復帰して1ヵ月後に現実のものとなった。
それは、土曜日の午後だった。新聞についているスドクと言う数字のパズルに夢中になっていた私の前に、深刻そうな顔をしてアーロンが来て「話があるんだけど…」と言った。私は、胸がドキッとした。アーロンが何を言いたいか、私には分かっていたからだ。
「もとこ。君は、病院でリズに会ったんだろ?」
「ええ、会ったわ」
「僕があの晩リズと一緒だったってこと、君は知っていて、何も言わないんだね。どうして何だ?」と、静かだが、厳しい口調で言った。
「どうして? じゃあ、私になんていってほしいの?」
私は、怒りがこみ上げてきて、声が大きくなるのを禁じえなかった。幸いにもダイアナは、アーロンが入院中に見つけたウエートレスのアルバイトに行ってうちにはいなかった。
「あなたが浮気をしていたことを知って、私が苦しまなかったとでも思っているの? あなたを責めたい気持ちもあったけど、病気のあなたに精神的な苦痛を与えるのはしのびなかったので、誰にも言っていないわ。それとも、あなたのご両親やダイアナに、あなたが浮気している時に、倒れたと言ってほしかったの?」
アーロンは私の剣幕に一瞬ひるんだようだったが、また自分を取り戻して、静かな悲しそうな声で言った。
「リズのことで君を苦しめたことは、謝るよ。でも、この2ヶ月、ずっと考えたんだ」
「何を?」
一瞬うつむいた後、思い切って顔をあげ、まっすぐに私の顔を見て、アーロンは答えた。
「君とこのまま一緒に暮らしていくか、それともリズとこれからの一生を過ごして生きたいのか」
「それで、結論が出たって訳?」
「うん。決心したよ。僕も今度の入院で、人生いつ終わるか分からないということが、分かったから、残りの人生は、自分の好きなように生きたいって思ったんだ。リズといると、僕は自分が生きているていう気がするんだよ。彼女といると心が躍るんだ。君に対する愛情がなくなったというわけではないけれど、僕はリズと一緒にこれからの人生を送りたいんだ。ごめんよ」と言うと、アーロンの目から涙がこぼれ始めた。アーロンの涙を見るのは初めてだったので、私は動揺してしまった。そして、アーロンはリズに対して本気だったのだと、思い知らされた。私はアーロンのうなだれて泣いている姿を見ると、ロビンに夢中になっていた自分のことを思い出した。「因果応報」こんな古めかしい、仏教の言葉が頭に浮かんだ。私は、もうアーロンを引き止めるすべがないことを感じ、アーロンとすごした21年の月日が走馬灯のように浮かんでは消えた。そして私も声を出さずに泣いた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(43)

「ケビンのこと、心配してくれてありがとう。でも、あなたがケビンのことどころではないのが分かるから、心配しないで。これは私の問題だから、何とか自分で解決するわ」
「ありがとう。でも、私も気になるから、報告書が来たら、私にもしらせてよね」
「そう言ってくれると嬉しいわ。報告書が来たら、また相談にのってよね。ねえ、私のアパートに行かない? ちょっと二人で飲んで憂さ晴らしをしましょうよ」
「そうね。そうしよう」
その晩、私たちは京子のアパートでしたたか飲んだ。京子と一緒に飲んだと言っても、京子は京子でケビンの話をし、それが終わると、私がリズの話をし、きっと第三者が私たちの会話を聞いたら、互いが自分勝手なことを言っているだけにみえただろう。私はお酒の力を借りて、今の悩みを解消しようとしたが、アーロンとロビンの顔がかわるがわるちらついて、結局は悪酔いをしただけだった。 
 翌日、アーロンの下着の着替えを持って病院に行った。アーロンの病室のドアを開けると、アーロンは電話中であったが、私の顔を見て、あわてて電話を切った。私は何となく電話の相手はリズのように思われた。だから敢えて誰に電話をしていたか、聞かなかった。
「具合はどう?」
「まだ胸のところが痛いよ」
「それはそうね。大手術だったんだもの。痛むのが当たり前よ。もう朝ごはんは食べたの?」
「うん。でも、病院の食事ってまずいな」
「それは、脂肪はだめとか塩分はだめとか、食事制限されているからじゃないの?私がお産で入院したときは、いろんなメニューから自分の好きなものを選べて、結構おいしかったわよ」
「食事制限か。そういえば医者からこれからずっと食事制限をしていかなければいけないと言われたよ」
「退院後は、食事制限と適度の運動をするように、ハーマン先生はおっしゃっていたわ。ね、今度二人で毎朝散歩しましょうよ。散歩って体にいいみたいだから」
「そうだな」
その日もリズのことは一言も話さずに、病院から帰った。いつアーロンがリズのことを口にするか、私は恐れていた。
 月曜日は、結局会社を休んだ。アーロンの病気のためというのが表立った理由だが、ロビンに会いたくないこと、そしてケビンのことが気にかかったからだ。
 いつものように朝は病院に行き、その日の午後、京子のアパートに行った。
京子のアパートでは京子が待ち構えていて、私がソファーに座るやいなや、
「これ、探偵所からの報告書よ」と言って、茶色のA4の封筒を、私の方に差しだした。
封筒の中には20ページにも渡る報告書が入っていた。何しろ英語で書かれた報告書である。読むだけでも時間がかかりそうだった。
「これ、読むの大変そうだから、簡単にまとめて話してくれない?」
と、言うと
「結局は銀行に勤めているのは本当で、結構いい収入をもらっているのだけれど、カジノで賭け事に凝ってしまって、随分借金をかかえているみたいね。だから、私を脅して、その借金の返済に充てようと思っているようね。借金の額が10万ドルというのだから、ちょうど要求してきた額と同じだわ」
「それじゃあ、なお更、お金を渡しちゃだめよ。賭け事に狂っている人は、これからもどんどん借金を作るに決まっているから、そのたびごとに脅迫されていては、たまんないわよ」
「もう一つ面白いことが分かったの。銀行で来週監査があるんだって。今週の水曜日までに金をよこせって言うのは何かその監査と関係があるんじゃないかって、報告書に書いてあったわ」
「ということは、銀行のお金を使い込んで、監査の前に帳尻を合わせておこうっていうことかしら?」
「そうだと思うんだけど、探偵所では、銀行の内部のことまでは調べられないから分からないということだったわ」
「それじゃあ、ケビンにかまをかけてみてはどう?こちらは、あんたが銀行のお金に手をつけているのを知っているのよ。それを、警察に訴えられたくなかったら、脅迫するのはやめなさいとか言って」
「でも、それじゃあ、銀行のお金を使い込んだという証拠があるのか、聞いてきたら、どうする?」
「そうね。そういうことってありうるわね」
「私がケビンだったら、そう言うわね」
私は、しばらくない知恵をふり絞って、次のように京子に提案してみた。
「あなたが、ケビンにそう言って、ケビンがどう出るか分からないけれど、二人の会話を録音したらどう?ケビンに、そんなことはないとすぐに否定されたら、どうしようもないけれど、証拠を見せろなんて言ったら、自分の罪を認めたことになるんじゃない?だから、その会話を使って、こちらの防御にでることができると思うんだけど」
「それは、面白いわね。だって、私の罪は、犯罪じゃないけれど、彼の方は、犯罪者になるかどうかっていうところだから、彼のほうが弱い立場になるわね」
「そうよ。前に、テレビの報道番組で、小さなビデオカメラがついているかばんを使って、ひどい業者との会話を録画をして、後でその業者をつるし上げていたけれど、ああいうスパイの七つ道具のようなかばんを使えばいいんじゃない?」
「それは、いい考えだわ」
「でも、それは10万ドル渡してからのことになると思うけど…」
「10万ドルぐらい、いい勉強になったと思えばいいわ」
「お金の引渡しは、どうすることになっているの?」
「水曜日の朝、引渡しの場所は携帯にメールを送るって言っているわ。お金は現金でって言うことだったわ」
「現金で10万ドルと言うと、すぐにはそろえられないと思うけど、もう準備はしてあるの?」
「まだよ」
「じゃあ、準備しなくっちゃ」
そこで、私達は小さなビデオカメラのついたかばんを買いにでかけ、銀行で10万ドル引き下ろし、水曜日のお金の引渡しの準備をした。
忙しい一日を終えて、その日はぐったり疲れて、アーロンやロビンのことも考えないで済み、久しぶりに熟睡できた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(42)

 私は、うちに帰っても、リズという女性のことが頭を離れなかった。私がロビンに夢中になっている間に、アーロンも浮気をしていたなんて、気づかなかった。アーロンと私は、どんどん違う道を歩み始めたような不安な気持ちが横切ったが、私はそれを打ち消そうとしていた。ロビンが全く私のことを何とも思っていなかったことを知った今、アーロンを手放したくはなくなっていた。私は自分の身勝手さは分かっていたが、私はアーロンのように、実質的に彼を裏切ったことはないのだから、アーロンとは違うと思った。このまま黙っていれば、アーロンは彼女のことは浮気として片付けるに違いないと思いつつも、一抹の不安は隠しきれなかった。ダイアナは私のそうした不安は、アーロンの病状を心配しているためだと受け止めているようで、私の憂鬱そうな顔を見ても、敢えて理由を聞かなかった。
 翌朝、ダイアナと一緒に病院に行くと、朝アーロンが集中治療室から普通の病室に移されたと聞き、ダイアナも私も安堵の胸を撫で下ろした。
 病室は、個室をあてがわれた。これは、個人的に健康保険に加入していたおかげである。政府が無償で提供する医療のメディケアでは、緊急を要しない手術では何年も待たされることがあると聞いている。アーロンの病室に入っていくと、アーロンは目を開けていた。そして、ダイアナと私の顔を見ると、わずかに微笑んだ。
「パパ、びっくりさせないでよ。もう、パパが死んじゃったらどうしようかと思って昨日は泣いちゃったわ」
ダイアナはアーロンのほほにキスをしながら言った。
「それは、悪かったね。そう簡単にはパパは死なないよ」
アーロンは、苦笑いをしながら言った。
私もアーロンの傍らに行き、口に軽いキスをして、
「でも、集中治療室から出られて、よかったわ。昨日は口も聞けない状態だったから、心配で眠れなかったわ」
と言うと、
「このまま手術のあと順調にいけば、一ヶ月すれば復職できると先生がおっしゃったよ」と答えた。
 ベッドの傍のテーブルには、バスケットに入った大きな花束が飾られていた。カードには、「快癒祈る KK商事職員一同」と書かれていた。早くもアーロンの会社の人たちが送ってくれたものだった。きっとリズが手配したのだろう。
 私たちはそれからしばらくとめどもない話をして、病人を疲れさせないため病室を引き上げた。その間、アーロンの口からリズという言葉は一言も聴かれなかった。
 その日の昼過ぎ、ダイアナが出かけた後、京子がうちを訪ねてきた。京子は、エミリーからアーロンのことを聞いたらしい。
「アーロンが倒れたって聞いて、びっくりしたわ。アーロンの容態は、どうなの? 手術をしたって聞いたけど、今まだ疲れているだろうから、お見舞いに行かないほうがいいかなと思って、まだ病院に行っていないんだけど」
「一時、どうなるかと思ったんだけど、割合早く集中治療室を出れて、安心したわ。このまま順調にいけば、一ヶ月で職場復帰ができるってことだわ」
「それは、よかったわ」
京子の緊張した顔がほぐれた。
「アーロンの病気のほうの心配はなくなったんだけど、おとといアーロンが倒れたとき、実は彼、会社の部下と一緒だったのよ」
「どういうこと?」
「あの日、アーロン、私にはシドニー出張だってでかけたんだけど、実はメルボルンで浮気していたってことよ」
「え?アーロンのようなくそ真面目な人が、浮気ですって? 信じられないわ。どうして浮気していたと分かるの?」
「病院に付き添って行ったのが、その相手の女性だったのよ」
「じゃあ、その人に会ったの?どんな人?」
「30代くらいの結構魅力的な女性だったわ」
「今、30代の独身女性があぶれているって、先日新聞に書いてあったわよ」
「ね、くそ真面目な人の浮気って本気になりやすいっていうじゃない。私、何だか悪い予感がするのよ」
「でも、あなたはロビンに惹かれているんだから、お互いに別れて好きな人と一緒になったらいいんだから、めでたし、めでたしじゃないの?」
「とんでもないわ。ロビンからやっぱり私には興味がないって言われたのよ」私は、ロビンと別れたときのことを思い出すと、目に涙が溢れ出して、どうしようもなくなった。
「そうだったの」
京子は、そういって、私の肩を抱いてくれた。
私はしばらく嗚咽した。ロビンのこと、アーロンのこと。全てがうまくいかなくなっていた。しばらく泣くと、気持ちが落ち着いてきた。そして、ケビンのことを思い出した。
「ケビンのことをすっかり忘れてしまっていたわ。ごめんなさいね。探偵所から報告が来た?」
私は気を取り直して聞いた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(41)

病室の前にぼんやり立っていると、「ミセス・ヒッキー?」と声をかけられ、声のするほうを向くと白衣の40代の男が立っていた。アーロンの主治医のハーマン先生だとすぐに分かった。
「ハーマン先生ですか?」
「そうです」
「主人の容態はいかがでしょうか」
「余り、よくありませんね。心臓には4つの管がつながっているのですが、そのうち3つがつまっていました。今まで胸が苦しいとか何かの症状はでなかったのですか」
「いいえ」
「手術中も心臓が一時停止するなど、ひやひやしました。ここ2,3日は予断をゆるさない状態です。もし誰か知らせる人がいるなら、念のために知らせておいたほうがいいと思いますよ」
「と、言うことは、助からないということでしょうか?」
「今の状態では5分5分です」
目の前が真っ暗になって、立っていられなくなった。知らせなければいけない人?そうだ。ダイアナにアーロンの両親に、すぐ知らせなければ。
私が携帯電話を取り出して、ボタンを押していると、肩をたたかれた。
「病院では、携帯のご使用はお控えください。心電図などが乱れますから」
見ると、看護師だった。
「すみません。この近くに公衆電話がありますか?」
「あそこの受付のそばにありますよ」
「ありがとうございます」
私は公衆電話を見つけると、震える手でボタンを押した。まだ7時なので、朝寝坊のダイアナが起きているとは思えないが、起こさなければいけない。
何度かベルの音がなって、不機嫌そうなダイアナの声が聞こえた。
「こんなに朝早く、何?」
「パパがね、心筋梗塞で倒れて今病院にいるの。重態なので、すぐに来なさい」
「え、パパが?今から行くわ。どこの病院?セント・ポール病院ね。すぐ行くわ」
電話を切った後も、眠気がすっかりとれたようなダイアナの慌てた声が耳に残った。次に、アーロンの両親のうちに電話した。アーロンの両親は早起きでいつも6時には夫婦で散歩に出かけるといっていたからすぐにつながるはずだ。
案の定呼び鈴が3つも鳴らないうちに、アーロンの父親の声が聞こえた。
「ジョージ?私、もとこ。アーロンが心筋梗塞でセント・ポール病院に救急車で運ばれて、今手術が終わったところ。容態がよくないので、すぐに来てください」
「え?アーロンが重態だって。セント・ポール病院だね。すぐ行く」とすぐに電話を切った。
30分後にダイアナが駆けつけ、その10分後にアーロンの両親が来た。しかし、皆集まっても、どうすることもできず、私たちは心配そうに集中治療室の窓からベッドに横たわっているアーロンを眺めるだけだった。私はダイアナにもアーロンの両親にも、リズのことは話さなかった。アーロンが生きるか死ぬかの時に、アーロンの浮気などをぐちったって仕方がないと思ったからだ。10時になったころ、おなかも空いてきたので、皆で病院のカフェに行って、朝食を食べた。とはいえ、食欲はないので、皆小さなビスケットと紅茶を飲んだだけだった。皆これと言って話すこともなく、黙っていた。アーロンの母親は、目を瞑って下を向いている。きっとお祈りをしているのだろう。
その日の昼過ぎ、アーロンは、目を開けた。待合室で皆でぼんやり座っているところを看護師が呼びに来てくれて、私たちは急いで病室に向かった。アーロンは酸素マスクをされていて、呼吸も苦しそうで話はできなかったが、こちらの言うことは分かるようだった。私が手を握って「死んじゃだめよ」と言うと、私の手を握り返してきた。ダイアナも「パパ!」とだけ言って、涙声になってしまった。アーロンの父親も「アーロン、しっかりしろ。俺達よりも早く死ぬんじゃないぞ」と言うと、すこし頷いたように思えたが、錯覚だったのかもしれない。アーロンの母親は「頑張るのよ、アーロン」と言って、手を握った。
その後、少し小康状態になったと言われ、私たちは一旦うちに帰った。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(40)

うちに帰ってシャワーを浴び、ベットに潜り込んでも、なかなか眠れなかった。涙が止まらないのだ。それでも、いつのまにかうとうとしていた。その眠りを覚ましたのは、電話のけたたましい呼び鈴だった。
 眠気眼で目覚まし時計を見ると午前4時47分だった。
ふとんから手を伸ばして受話器を取ると、「ミセス・ヒッキーですか」と言う聞きなれない男の声が聞こえた。
「そうですけど」
「ご主人が今セント・ポール病院に運ばれてきました。心筋梗塞を起こされて、今から手術に取り掛かるところです。すぐにいらしてください」
私は一瞬誰かのいたずら電話だと思った。
「主人は今日はシドニーに出張のはずなんですけど」
「そうですか。でも、連れの女性から、アーロン・ヒッキーさんという名前とおうちの電話番号を聞いたんですが」
「連れの女性ですって? どういうことでしょうか?」
「4時10分に救急センターに電話が入り、救急車で運ばれた男性に女性が付き添ってきて、その女性から、患者の名前がアーロン・ヒッキーさんだと聞いたのですが」
私は驚きで言葉を失った。
「もしもし」と呼ぶ声が受話器から聞こえる。
気を取り直して、「それじゃあ、今から行きます」と言って受話器を置いた。
洋服ダンスを開けたが、どの服を着ればいいか判断ができない。ともかく一番右端にあったセーターとスカートを身につけ、車に飛び乗った。エンジンをかけたものの、セント・ポール病院にどうやっていけばいいのか、道順が分からないのに気づいて、メルウェイと呼ばれる地図帳を開けて、暗い車内灯をつけて調べて、アクセルを踏んだ。
 シドニーに出張のはずのアーロンがメルボルンにいた。おまけに女性の連れがいたなんて。ロビンのことを考えるといつもアーロンに対して罪悪感を感じていたが、そんな必要はなかったのだと思うと、悲しい笑いがこみ上げてきた。
 セント・ポール病院に着くと、まだ午前5時半で救急用の病棟しか開いていなかった。閑散とした病院の受付にアーロンの名前を言って、手術室の場所を聞いて、急ぎ足で行った。そこには、30代と思われる女性が心配そうに手術室の前を行ったり来たりしているのが見えた。グラマーなその女がアーロンの浮気相手だとすぐに分かった。
私が声をかけると一瞬びくっとしたように振り向き、私が誰かわかったようで、「ミセス・ヒッキー?」と聞いた。
「そうです。あなたは?」
「私はアーロンの同僚でリズ・ウイルソンと言います」と握手をしようと手を差し伸べたが、私はその手を無視した。
「一体、どうしたのか、説明してもらえませんか?」
私は廊下のベンチに腰をおろしながら聞いた。アーロンの病状よりも、どうしてアーロンが他の女と夜を共にしているのかの方が気になったのだ。
リズは居心地悪そうな様子で、私の前に立ったまま
「アーロンが、トイレからなかなか出てこないので心配になって見に行くと、胸を押さえて倒れていたんです。それで救急車を」
私は彼女の話を途中で遮って聞いた。
「私が聞きたいことは、どうして出張に行っているはずのアーロンがあなたと一緒にいたかと言うことです」
「それは…」リズは言いよどんだ。
私は攻撃の手を休めなかった。
「いつからなんですか、アーロンと付き合っているのは?」
リズはしばらく言いづらそうにしていたが、思い切ったように
「一ヶ月前からです。仕事のことで相談にのってもらおうと一緒に飲んだのが、きっかけでした」
「アーロンが既婚者だと知ってのことですか?」
「それは…」
またリズは黙ってしまった。
その時、手術室のドアが開いた。私たちの目は手術室のほうに釘付けになった。
私は手術室から運び出されるアーロンの傍らにより、アーロンの手を握った。
アーロンはまだ麻酔からさめていないようで、目を瞑ったままだった。リズはそんな私たちの様子を遠くのほうで眺めていた。
私は傍にいた看護師に
「どんな状態なのでしょう?」と聞いたが
「主治医のハーマン先生に聞いてください」と言い、私の質問には答えてくれなかった。
アーロンは集中治療室に入れられた。病室を出たとき、リズの姿はもう見えなかった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

コレ何?問一
白いニンジン?
Victoria Monsoon News
環境のためにできること【第1回】自分の消費を知る
シーズン到来!さくらんぼ&ベリー狩り
夏を満喫 輝く宝石 あまーい果物
メルボルン・インフォメーション・センター
メルボルン観光の心強い味方!
投稿!メルボルン珍百景 29枚目
Bourke Streetから近未来へタイムスリップ!?

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう