Logo for novels

私のソウルメイト(53)

 家の引渡し日が二ヶ月先に迫ってきた。それなのに、私はまだ引越し先をきめていなかった。心の奥底でロビンが一緒に住もうと言ってくれるのを期待していたのだ。しかし一向に一緒に住もうと言ってくれない。ある日しびれを切らせて、思い切って、「どんな家を買ったらいいかしら」と相談を持ちかけてみた。するとロビンは驚いた顔をして、「うちに引っ越してくるんじゃないのか」と言った。ロビンは何も言わなくても当然私が彼のうちに転がり込むと思っていたようだ。それを聞いたとたん、もう一つ今まで自分から言い出せなかったことが、自然と口をついて出た。「それじゃあ、結婚しなくちゃ」
そのあと、ロビンがどんな顔をするのか、ちょっとこわくてロビンの顔を見ないで、横を向いていたのだが、ロビンの嬉しそうな声が耳に入ってきた。「そうだね。結婚しなくちゃ」
私は慌てて付け加えた。
「結婚式なんて大げさなものをしなくてもいいけれど、婚姻届だけは出しましょうよ」
「結婚式の準備なんて、僕はよく分からないから、全部君に任せるよ」
「それじゃあ、登録所で登録して、あとで親しい人を招いて、ウインザーホテルでお食事をすることにしましょう」
そうは言ったものの、後で調べたら、夫と別居して一年たたないと再婚ができないことが分かって、結婚式は、当分お預けとなってしまった。
自分がロビンと一緒に住むことになったことをダイアナに話すと、「ママ、良かったね」と、ダイアナは喜んでくれた。結局家を売ってできたお金で、ダイアナにマンションを買ってやることにした。ダイアナはエミリーと一緒に暮らせると、嬉しそうだった。
 ロビンの家では家財道具がそろっているので、家にあるものはダイアナにやることで話がまとまった。家の引越しの日が決まると、私は家の中の物を整理するために、家の車庫で日曜日の午前九時からガレージセールをすることにして、コミュニティーの新聞に広告を出した。庭にある物置小屋を見ると、もう着れなくなった服、本、食器類、ダイアナの子供の時使ったおもちゃ等で一杯だった。だからガレージセールの一週間前から、私もダイアナも値札つけに追われた。
 ガレージセールの日は、ロビンも京子もエミリーも手伝いに来てくれることになっていた。土曜日の晩は、準備に追われて、寝たのが午前0時だった。私はセールは九時からなので、少なくとも七時まで眠れるとぐっすり寝込んでいたところ、朝六時にしつこく鳴るドアの呼び鈴で起こされた。こんなに朝早くだれだろうと不機嫌な顔で、ネグリジェの上にドレッシングガウンを羽織って出た私の前には、見知らぬ男が立っていた。
「ここで、ガレージセールがあると聞いてきたんだが…」と髭もじゃの労務者のような感じの男が言う。
「九時からやると、広告に出したはずですが…」
「買いに来たんだが、どんな物があるか見せてくれんかね」
「でも、まだ準備ができていないんです」
「いいじゃないか、みせてくれるだけでも。買って上げるんだから」
その男は私の迷惑顔を見ても引き下がらなかった。仕方なく、男を外で待たせて、売り物を朝早くからガレージに並べる羽目になった。彼はガレージセールで安く物を買って人に高く売りつける専門業者だということを後で知った。
 九時になると、京子とエミリーが応援に来てくれた。京子は、「ガレージセールはこちら」と矢印のついたチラシと風船をたくさん持ってきてくれ、家の近くの電信柱に貼り付けに行ってくれた。十時ごろからお客が少しずつ来始め、本や服が売れ始めた。ロビンは十二時ごろ、テイクアウトの巻き寿司を買ってきてくれ、かわるがわる昼ごはんを食べた。四時にお客も絶えたところを見計らって売れ残ったものを片付け始めたのだが、売上金を見ると、百ドルくらいだった。広告代に五十ドル払わなければいけないので、一日で五十ドルの収入と言う悲惨な結果だった。売れ残った物は慈善事業のために中古品を売っているオポチュニティーショップに持って行き、家の中がすっきりした。 
 家の明け渡しの日が、あっと言う間に来た。その日、私はロビンと一緒に暮らせる喜びとダイアナと別れる悲しみの二つの感情がいり交じった複雑な心境になっていた。ロビンが私を迎えにきてくれ、ダイアナがエミリーと出て行くのを一緒に見送った。いつでもダイアナには会えるのは分かっているのだが、今までダイアナと暮らした思い出の家を離れることは、切ないことだった。私はダイアナの肩を抱いて「幸せになってね」と言うと、「ママもね」とダイアナが言った。ダイアナは結婚するわけではないのだが、きっと娘を結婚させる母親は皆こんな気持ちになるのだろうと思った。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(52)

幸せにどっぷり浸かっているいるうちに、家の競売の日が明日に迫った。その晩は、家がいくらで売れるか心配でなかなか眠れなかった。不動産屋は百万ドルで売れると言ってくれたが、どこまで信用できるか分からない。ともかく百万ドル以下では売らないからと不動産屋には釘を刺しておいた。この日はロビンと京子とロベルトが来てくれ、少し心強く感じた。午前十一時の競売の予定で、不動産屋は競売人と一緒に十時にうちに現れ、うちの前に家の写真がついた広告の衝立を出し、家に「競売」と書いた旗を掲げた。十時半から三々五々人が集まり始め、不動産屋の配る家の間取りの描いてあるパンフレットを片手に家の中を見て回り始めた。家の前には近所の人の顔も見える。私の家がいくらで売れるかを見て自分の家の値段の参考にしようと言うわけだ。十一時になると家の前には三十人ばかりの人が集まってきていた。
 私たちは家の中から競売の様子を見ていた。競売人が家の説明と売買上の注意をするのが聞こえた。それが終わると、「さあ、いくらから始めましょう?それじゃあ、五十万ドルから始めましょうか?さあ、五十万ドル。五十万ドル、興味のある人はいませんか?あ、そこの紳士、五十万ドル。では五十五万ドルと言う人は?」と威勢のいい声で段々値段を吊り上げていく。家に興味を持ってくれている人は三人いることが分かった。中年のカップルとビジネスマン風の中年の男、子供二人を引き連れた家族。八十万ドルにいったところで、まず家族組が降りた。後残った中年のカップルとビジネスマン風の男。その二組が競り合っていたが、九十五万ドルでビジネスマン風の男が降りてしまった。すると、不動産屋は「売り主と相談しなければいけませんから、競売を一旦中断します」と、家の中に入ってきた。
「九十五万ドルまでいきましたが、どうします?」
私は少々弱気になってきていた。百万ドル未満でも、売らなければいけないかと思案していると、「百万ドル以下でば売らないよ」と後ろの方で声がした。振り返って見ると、声の主はロビンだった。私が返事をする前に、答えたのだ。
「そうですか。それじゃあ、もう一押ししてみます」と競売人はもう一度外に出たが、私には無駄な努力のように思えた。
「売り主は九十五万ドルでは売らないと言っていますので、また九十五万ドルから競売を開始します。九十五万五千ドル、いませんか?」
すると、今まで一度も手を上げたことがなかった若いカップルから手があがった。それから、その若いカップルと中年のカップルの競り合いが始まり、結局百万ドルで、若いカップルが買うことになった。あっけにとられている私に向かってロビンが、「だから最後まであきらめちゃいけないんだ」と言った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

SANTUCCI
3 BIG FISHの生演奏
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
軍艦セルベラス
ブラックロックの海岸に沈む軍艦は、明治元年に出来たもの!!
子どもと行くメルボルン @Fire Services Museum of Victoria
消防について学べる!
コレ何?問六
救急車、なんで文字が逆さまになってるの?

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう