Logo for novels

私のソウルメイト(56)

「フリーメイソンって聞いたことある?」
私は黙って首を横に振った。
「宗教を超えて神を信じる人たちが集まってできた友愛を掲げる団体なんだけど、会員だってことを口外してはいけない規則があってね、君には言わなかったんだけど、実は僕はフリーメイソンの会員なんだよ」
「それじゃあ、毎月一回ある会議って言うのは、フリーメイソンの会議だったわけ?」
「そうだよ」
私は安堵の胸を撫で下ろした。
 翌日私は京子のアパートを訪れ、京子にそのことを報告すると大笑いされた。
「全く、あなたは心配性なんだから。ところで、フリーメイソンって、有力な人しか入れない団体だって聞いたことがあるわ。その会員なんて、ロビンもたいしたものじゃない」
「京子さんは、フリーメイソンって聞いたことがあったの?」
「うん。『ダビンチ・コード』って、映画化もされた小説で、日本でも一躍知られたみたいよ。もともとはキリスト教徒でないと入れなかったみたいだけど、今は無神論者以外はだれでも入会できるって聞いたわ」
「ふうん。そうか。一緒に暮らしていても、ロビンについて知らないことがあるんだと思ったら、ちょっとさびしかったわ」
「自分自身でも知らないことがたくさんあるんだから、他人のことを全部知ろうなんて無理よ」と京子は私のウツウツした気持ちを笑い飛ばした。
 ロビンと結婚してから三年の月日が流れた。この三年の間に色々なことがあった。
 まず、ダイアナが大学を卒業して、経済的にも一人立ちできたことだ。銀行に勤め始めたダイアナは、預金額のノルマを課せられて大変そうだったが、ロビンが知人を次々紹介してくれたため、今ではその支店で一番の業績をあげている。ロビンの紹介してくれた人達はフリーメイソンの会員が多いのではないかと思うのだが、ロビンに直接聞いたことはない。ダイアナは今でも仲良くエミリーと一緒に暮らしている。そのエミリーもデザイナーをめざしていたが、今では食器のデザインの仕事をしている。
 京子にもいろんなことがあった。京子がタツロットを当てたことが、ロベルトにばれた時は大変だった。たまたま京子のアパートの水道管の漏れで呼んだ配管工がロベルトの知り合いで、京子の持っているアパートがロベルトに知られてしまったのだ。その時の騒動は今だから笑って話せるが、その時は彼女達も私のように、離婚組の仲間入りをするのではないかと思った。ロベルトが怒って家をでてしまったのだ。京子とフランク、エミリーが一緒になってロベルトを慰めた結果、ロベルトはやっと京子のもとに帰り、仲直りをして事態は収まった。それからロベルトは配管工をやめて、京子夫妻は豪華船に乗ってヨーロッパへ半年の旅に出かけ、帰ってからは、ますます仲良くなったようだ。結局二人は古い家を売って、今では、あの超豪華マンションに住んでいる。
 私は、今でもロビンと仲良く暮らしている。いつだったかロマンチックな愛が続くのは一年半だと聞いたことがあるが、私とロビンに関しては、それは嘘である。私は今でもロビンと一緒にいるだけで、幸せな気持ちになる。多分これは二人で過ごす時間が限られているためだろう。
 ロビンは相変わらず仕事で忙しくて、夜もコンピュータの前に座っていることが多いが、私は退屈して、彼に後ろから抱きつく。彼は、「今仕事中だからやめろよ」と怒るのだが、その怒った顔が私にはかわいく思える。そう言うとロビンは「君は、変わっているね。僕が怒るとうちの社員なんかそれから一日は僕の周りの半径2メートル以内には近づかないよ」と笑う。
 週末手をつないで公園を散歩したり、ポップコーンを食べながら映画を見るといったシンプルなことにも、幸せを感じていた。
 ロビンが休暇を取れるのはクリスマスの前後だけだが、その時二人で三週間の旅行をするのは、私の一番の楽しみになっていた。ロビンと結婚して最初の年は、アメリカのカリフォルニアに住んでいるロビンの姉のキャロリンを訪ねていった。初めて会うロビンの姉には小姑の感覚はなく、友達感覚で話ができたのは嬉しいことだった。キャロリンにはハリウッドに連れて行ってもらったり、ビバリーヒルズの有名スターの住んでいる地区の見学をしにドライブに連れて行ってもらったりした。楽しかったアメリカ旅行だったが、クリスマスの日だけは、少しさびしい気持ちがした。いつもはアーロンとアーロンの両親とダイアナと過ごしたクリスマスを、全く新しい家族と過ごしたからだ。キャロリンもキャロリンの夫のマークも、息子のベンもギャリーも皆ユーモアのある楽しい人たちだったが、ダイアナのことが気にかかった。ダイアナは京子の家でクリスマスを過ごしているのは分かっていたのだが。
 次の年はヨーロッパに行った。メルボルンの冬は雪も降らない暖かい冬なので、ヨーロッパの冬の寒さは厳しく感じた。オーストラリアから持って行った冬服は何の役にも立たず、イタリアで暖かいセーターとオーバーを買い込んだ。ただ一つ良かったことは、観光客が少なくて、どこの観光地に行っても待たずに入れたことだ。
今年はどこに行こうかとロビンと旅行の計画を立て始めたある晩、ロビンが疲れたような顔をして会社から戻ってきた。
「何か会社であったの?」
「うん。うちの会社の株が暴落したんだよ」と答えたロビンの顔には不安の陰りがあった。
「どうして、そんなことになったの?」
「うちで輸入していた中国製のおもちゃが毒性のある塗料を使っていたことが分かってね。その回収を始めたのだが、それが原因のようだ」
「まあ、そんなことがあったの?」と驚く私に、
「うん。おもちゃ製造会社の社長は、親友から塗料を買っていたようで、それが毒性の物だなんて全然知らなかったんだそうだよ。事件が発覚して社長が親友に連絡を取ろうと思ったら、その親友、いち早く一家で夜逃げして、行方がわからないんだそうだ。そして、」と言葉を切って、目を宙に浮かせた。
「そして、どうなったの?」と私が促すと、ロビンは沈痛な面持ちで話を続けた。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(55)

ちょうど、翌日が定例の会議の日にあたった。ロビンはいつものように「今日は会議で遅くなるから」と出かけていった。京子と私は、その夕方、ロビンの会社に出かけてロビンの車がある駐車場で彼の車が見える場所をみつけ、車を停めた。私の車は紫外線を遮断するためにガラスが黒っぽくなっているので、外からすぐに我々が乗っていることは分からないはずだ。それでも、私達だと分かると困るので、私も京子も帽子をかぶり、サングラスをかけておいた。
 午後五時の終業時間を過ぎると、三々五々人が駐車場に現れ、家に帰り始めた。金曜日なので、同僚と一緒に飲みに行く人もいるようで、グループで固まって一つの車に乗る人達も見られた。私の車の時計が五時半を表示した時、ロビンが車に近づいてくるのが見えた。ロビンは私達に気づく様子もなく車を発車させた。私は彼の車との車間距離を十分にとって車を発車させ、尾行を始めた。駐車場を出ると、車は一方通行の狭い通りに入った。ちょうどラッシュアワーで、ロビンの車はすぐに赤信号で止められた。ロビンとの車の間に他の車が二台割り込んだ。尾行を続けられるかどうか自信がなくなってきた。青信号に変わったが、ロビンの車の前の車が動かないため、ロビンの車は止まったままである。やっと前の車が動き出し、ロビンの車は右折した。私も早く右折しなければと気が焦ったが、私の前の車は左折しようとしても、込んでいて左折できず、そのまま信号は赤に変わってしまった。私は京子に「これじゃあ、尾行なんて無理だわ」とぼやいた。いらいらしていると一分でも永遠に感じられる。やっと信号が青に変わり、前の車が左折し、やっと自分の車を右折できた。もうロビンの車はとっくに見えなくなっているだろうと半分あきらめていたのだが、ロビンの車は三台先で信号待ちで停まっているのが見えた。それから、ロビンの車は直進をして市街地を出た。そうすると、街中とは違って車の流れがスムーズになり、このまま尾行が続けられそうで、私は安堵のため息をついた。それから十五分間まっすぐ走った後、ロビンの車は、とあるホテルの駐車場に入っていった。私たちも駐車場に入ったが、今度は尾行しているのがばれないかとひやひやし始めた。ロビンが車を停めたのを確認して、私も空いている所をみつけ駐車した。ロビンはアタッシュケースを持つとホテルの建物の中に消えた。私達は急いで車を降り、彼の後を追った。私達がホテルに入っていくと、ロビンがエレベーターに乗るのが目に入った。エレベーターのドアがしまった後、私たちは彼が何階に行くのか、エレベーターの行方を追うと十八階で止まった。だから、私たちも十八階に行くことにして、ドアの開いたエレベーターに乗り、十八階のボタンを押したが動かない。部外者の侵入を防ぐため、カードを持っていないと行けない所のようだった。仕方なく十八階に行くのは諦めて、ロビーで彼が降りてくるのを待つことにした。ロビンは普通この日は十一時頃うちに帰って来るので、十時半まではロビーに下りてくるとは思えなかった。そうすると、ロビンが降りてくるまでには時間がたっぷりある。だから、ロビーがよく見えるカフェテリアでロビンが降りてくるのを待ちながら夕食をとることにした。ステーキを注文したのだが、そんなに早くロビンが降りてくるはずはないと思いながらも、もしかしたら今日に限って早く降りてくるということは十分考えられる。そう思うと、いつロビンが降りて来るか気が気ではなく、余り食べた気はしなかった。
「こんなホテルで会議をするのかしら?何だか、怪しいわね」と京子が言った。
「私も何が起こっているのかさっぱりわからないわ」
「これから、どうする?ロビンが降りてきたところを捕まえて、彼に直接聞く?それともうちに帰るのを待ってから問い詰める?」
「ここで、騒動を起こしたくないわ」
「じゃあ、家に帰ってとっちめるのだったら、ずっとここにいても仕方ないわね」と京子が言う。
「あなたの言うのはもっともだと思うけど、そんなホテルに行っていないと言われれば、それまでよ」
「じゃあ、駐車場にとめてある彼の車を写真に撮るって言うのは、どう?ホテルの名前が入るように写真を撮るの」
 「それは、いいわね。そうしよう」
話がまとまると、二人で駐車場に戻って携帯電話で彼の車の写真を撮り、うちに帰って彼を待つことにした。京子も彼の帰りを待って、彼がどう答えるのか聞きたがったが、私は、京子を巻き込むと、たいしたことではない事も大騒ぎになる可能性もあると思い、明日報告するからと彼女を説得して、彼女をうちまで送り届けて家に戻った。
 その夜もロビンは十一時頃戻って来た。私はいつもはベッドに潜り込んでいる時間なのだが、今日はネグリジェに着替えないで彼の帰りを待っていた。居間のソファに余所行きのドレスを着て座っている私を見て、ロビンはちょっと驚いたようだったが、
「やあ、今日はどうしたんだ?まだ起きていたのか?」と微笑んでキスをした。
「ロビン、今日どこに行ってたの?」
「出かける前に言わなかったっけ?今日は会議があって遅くなったんだよ」
「会議って、何の会議?」
「会社の企画の会議だよ」
「会社の会議にどうしてホテルを使わなければいけないの?」
ロビンはぎょっとした表情で
「どうしてホテルに行ったって、知っているんだ?」
と聞いた。そこで、さっき撮った写真をコンピュータを使ってプリントしたのを見せた。
「これ、見て。あなたの車が今日ホテルの駐車場に停まっていたのよ」
写真を手に取ると、ロビンは不思議そうに
「だれが、こんな写真を撮ったんだ?」と聞く。
「ねえ、ホテルで今晩何をしていたの?」
「ははあ。君は僕が浮気をしているとでも思って、探偵でも雇ったのか」と面白そうな顔をして言うので、私のほうが煙に巻かれてしまった。
「ねえ、ホテルで何していたの?」
私はどうしても真相をつかみたくて、彼に食い下がった。
「僕って、そんなに信用がないの?」
「私、本当のことを知りたいだけなの」
ロビンは、困ったような顔をした。理由を言ったほうがいいのか言わないほうがいいのか、迷っているようだった。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(54)

 私はロビンの家に移ったのを機会にロビンの会社の仕事をやめた。会社でロビンと顔を合わせるかもしれないと思うと、何となく居心地が悪かったからだ。だから以前のようにサイモンの回してくれる翻訳、通訳の仕事だけ続けていくことにした。
ロビンの家は中に入ると地下に行く階段と二階に登る階段があり、地下は室内温水プールとジャクジーがある。一階は客間と居間と台所があり2階には寝室が4つある。一階の客間続きにテラスがあり、外でバーベキューが楽しめるようになっている。家はまるで砦のようで、テレビつきのインターフォンがあり、来客を一人ひとり確かめることができるようになっている。出かける時と夜寝る時は防犯ベルを設置する。ドアや窓の振動に反応するようになっており、異常があればすぐに警備会社に連絡がいくようになっている。ロビンに言わせれば、ツーラックの家ではこういった防犯ベルがついているのは常識なのだそうだ。一度防犯ベルを解除し忘れて、うちの中に入った時、耳をつんざくようなベルの音にぎょっとなり、慌てて解除をしたことがある。そのすぐ後に、警備会社から「異状ありませんか?」と電話がかかってきた。「異状ありません。解除し忘れて家に入ってしまったんです」と言うと、「お名前は?」「パスワードは?」と立て続けに聞かれ、「もとこ・グーレイです」「パスワードは、横浜」と答えると、相手は納得してくれ、それで電話は切れた。もしパスワードが間違っていたりすると、すわ曲者の侵入ということになって警備員が駆けつけてくるという仕組みになっている。
 ロビンの家では、以前ロビンの家を見張っていて見かけた家政婦が週一回が来て、掃除とアイロンがけをしてくれる。そして二週間に一回は庭師が芝刈りをしてくれる。私のやる家事と言えば食事作りと洗濯だけだった。ロビンは毎朝五時半に起き、地下のプールで一泳ぎして、それから二人で朝食を済ませて七時には会社に行く。そして六時半には家に帰り、一時間半私と食事をしてくつろいだ後、八時からやり残した仕事を書斎にこもってする。ロビンとすごせる時間はそんなに長くはなかったが、彼のいない時も彼のことを考えるだけで幸せな気持ちになった。こんなに地球にはたくさんの人がいるのに、その中のたった一人の人の存在がこんなにも幸せな気持ちを与えてくれるというのは不思議であった。
 ロビンと暮らし始めて十ヵ月経ち、アーロンとの離婚が成立した。その晩、ロビンは上機嫌で会社から帰ったかと思うと、
「ちょっと、目をつぶって」と言うので、目をつぶると、私の手を取って私の左の薬指に何かをはめた。
「目を開けていいよ」と言うので、目を開けて指を見ると、そこには大きなキラキラ輝くダイアモンドのついた指輪がはまっていた。
「婚約指輪だけど、気に入ってくれた?」
私は電灯の下で手を回して様々な角度に光を当ててダイヤモンドの輝きを眺めて、その美しさを堪能した。
「本当にきれいだわ。ありがとう」と言って、彼の首に抱きついてキスをした。
 思えば、アーロンからもらった結婚指輪をはずして一年たっていた。
 その一ヵ月後、私達は籍を入れた。結婚式はせずに、結婚届を出した日、私たちの知り合いに集まってもらって、レストランで食事をしただけだったが、それで十分心が満たされていた。
 結婚したらばら色の人生が待っているなんていうのが昔の(今もそうかもしれないが)少女小説の定番であったが、現実は楽しいことばかりではない。私にとって一番苦痛になったのは、ロビンについて色んな行事に社長夫人として出席しなければいけないことだった。どんな服装がその行事には適当かとか、会った人とどんな会話をすればいいかなど気疲れすることも多く、ロビンが社長でなかったらどんなに気楽だろうと、パーティの誘いがかかる度にため息をついた。特に取引先の社長のケンは大のフットボール好き。話すこととと言えばフットボールのことばかり。スポーツに全く興味のない私は、夜遅くまで続く彼のフットボール談義にはあくびをかみ殺すのに苦労をする。そのことをロビンに言うと、ロビンは笑いながら、「オーストラリアの小学校ではフットボールの情報を知らない奴なんて皆馬鹿にされて、仲間はずれにされたもんだよ。だから、毎週どのチームが首位か知らない奴はいなかったな」と言う。オーストラリア人のフットボール好きは、日本人の野球やサッカー好きを超えるものがあるらしい。
 一緒に暮らしてみて、この一年間、ロビンが毎月第一週目の金曜日に夜遅く帰ってくることに気づいた。その日はいつも、「今晩は会議で遅くなるから」と言って出かけていくのだが、オーストラリア社会で朝食を食べながらの会議は聞くことはあるが、夜定期的に会議をする会社なんて聞いたことがなかった。私はアーロンがリズと付き合い始めた時、仕事で忙しいと言って、帰りが遅くなったことを思い出した。あの頃は私自身がロビンに夢中だったので、アーロンの変化にちっとも気づかなかったのだが。ある日京子のアパートに行ったとき、気がかりになっていることを口にしてみた。すると、京子は面白がって「彼を尾行してみてはどう?」と言い始めた。彼女は探偵ごっこが好きなのだ。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第21回「ビューティー」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
MEL漫 〜メルボルンまんが道〜 今月の第2弾!
MEL漫 第2弾登場! みんなで4コマスター目指しちゃおう!
T&G(現KPMG) ビル
コリンズ通りの由緒あるT&Gビルの歴史
子どもと行くメルボルン @IMMIGRATION MUSEUM
穴場的スクールホリデー中の行き先
投稿!メルボルン珍百景 38枚目
何が何でも守ります。

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上