Logo for novels

ハンギング・ロックの謎:事件の始まり(3)

狩野に会った後、レイモンドは香川に会ったが、耳新しい情報は得られなかった。香川も後藤がいなくなったらしいという話に驚いていた。大学の教師は、学生の休暇中は毎日大学に出てくるわけではないので、今日はまだ後藤の顔を見ていないが、たいして気にも留めていなかったということだ。そして後藤からハンギング・ロックに行くという話も聞いていなかった。
 レイモンドはそれからいったん署に戻り、後藤の写真をスキャンして、電子メールでハンギング・ロックを管轄する北警察署に送った。北警察署からは、車はそのまま駐車されたままで、後藤は戻って来た気配はないと報告があった。
 レイモンドは次に後藤の元妻聡子の居所をつかむため、メルボルンにある総領事館に出向いた。
 総領事館は街中にある高いビルの47階にあった。受付で事情を説明すると、領事が出てきて、聡子の住所を調べてくれた。幸いにも聡子は総領事館に住所を届け出ていた。電話番号も分かったので、総領事館を出ると、すぐに電話をした。呼び鈴が鳴って3回もしないうちに女の声が聞こえてきた。
「ハロー」
「ハロー。聡子さんですか?」
相手は聴いたこともない男の声に少し警戒したようだ。
「そうですけど」と、ためらいがちに答えた。
「私はケン・レイモンドという刑事ですけど、後藤さんについてお聞きしたいのですが、今からおうちに伺ってもいいでしょうか?」
30秒沈黙があった。警官を装った強盗だっている時代だから、警戒したようだった。
「お宅に伺ったら警察手帳をお見せしますから」というと、やっと
「では、待っています」と返事がもらえた。
 総領事館で教えてもらった聡子が住んでいるアパートは、メルボルンの東のはずれの郊外にあった。
人っ子一人見当たらないさびしい道を駅から歩いて10分の所にあった。そのアパートは後藤の住んでいるアパートのように防犯用の玄関はなく、そのまま階段を登って部屋の前のドアに行けた。呼び鈴を鳴らすとすぐに聡子が出てきた。
警察手帳を見せながら、
「いまさっきお電話した、ケン・レイモンドです」と言うと、「どうぞ」と言って聡子はレイモンドを部屋に入れてくれた。小さな応接間には、男の子二人が写っている写真が飾ってあった。後藤との間に出来た二人の息子だろう。二人とも小学生のように見えた。後藤の写真は当然ながら見当たらなかった。レイモンドが部屋を観察している間お茶を用意したようで、聡子がコーヒーを持ってきた。
「やあ、すみません」と、レイモンドは進められるままに、応接間のソファーに腰を下ろし、コーヒーカップを手に取った。
「で、後藤について聞きたいということですが、後藤が何かしたのでしょうか?」
レイモンドと向かい合わせにソファーに腰をおろすと、聡子が表情を硬くして、口を切った。
「後藤さんの車がハンギング・ロックの駐車場に停められたままになっていて、行方が分からないのです。何か心当たりのことがあったら、お聞きしたいのですが」
聡子は驚いたような顔をした。
「たとえば、お子さんの親権についての争いなどありませんか?」
レイモンドが一番気になっていることをきいた。
「いえ、そんなことはありませんよ。週末だけ息子たちと会っていますが、それで本人はハッピーなようですよ。普段は仕事で忙しいようですし。離婚する前だって、子供の相手をしてやるのは休日くらいのものでしたから」
皮肉そうな笑いが聡子の顔に浮かんだ。後藤は余り家庭的な男ではなかったようだ。
「それで、今日は、お子さんは?」
「勿論今朝二人を学校に送っていきました」
「後藤さんがハンギング・ロックに遊びに行かれるということを聞かれましたか?」
「いいえ」
「後藤さんは何か悩みをお持ちではありませんでしたか?」
「自殺したっていうんですか?」
聡子も狩野と同じように、そんなこと信じられないという顔をした。
「私も週一回後藤が子供達を迎えに来たり、送って来たりする以外に話すこともありませんから全然悩みがなかったなんて言い切れませんが、そんな風には見えませんでしたよ」
「そうですか」
「後藤がハンギング・ロックで見当たらなくなるなんて、どうなっているんでしょうね」
初めて後藤の行方を気遣うそぶりがうかがえた。
「まず最初に考えられることは、迷い子になったってことですね。ハンギング・ロックは高さ105メートルくらいの余り高くない丘ですが、いたるところ穴が空いていたり、岩の間に隙間が出来ていたりするので、好奇心を出してそんなところに迷い込んでしまうと、ちょっと見つけるのに厄介ですね」
「それじゃあ、迷い子にでもなったんでしょ。あの人は好奇心の強い人ですから」
すぐに聡子は結論付けた。
「でも、迷ったとしても、それほど大きな丘ではないので、一昼夜見つからないということは、ちょっと考えられません。後藤さんのアパートの鍵はお持ちではありませんか?後藤さんの行方を探す何か手がかりになるようなものがあるかもしれませんから、アパートの中を調べたいのですが」
「そうですか。それじゃあ、私も捜査のお手伝いをしますわ。一緒にアパートに行きます」
「そうですか。そうしてもらえば助かります」
二人が後藤のうちのアパートに着いた時は午後2時半になっていた。
 後藤のアパートはいかにも男の一人暮らしだと感じらるものだった。台所用品は最小限も物しかなかったので、外食が多いと思われた。ワインラックには、ワインがたくさん置かれていた。ワイン好きらしい。しかし、男の一人暮しにしては整理整頓が行き届いていた。応接間はテレビとDVD、ビデオデッキがあり、ハイファイの機器もあった。本棚には本よりもDVDが多く、アクション物とポルノまがいの物が多かった。留守電を聞くと、一つだけ入っていた。聡子からのもので、きのうのものだった。
 応接間の片隅に小さな机があって、ラップトップのコンピュータがあった。コンピュータをつけると、色んな書類が入っていたが、ほとんど日本語なので、レイモンドには何が書いてあるか分からない。
「すみません。聡子さん。この中から何か後藤さんの行方を探す手がかりになるようなものがないか、見てくれませんか?」と、本棚のDVDの題を汚らわしいという顔で見ている聡子に声をかけた。
 聡子はすぐにレイモンドと交代して机の前に座り、色んな書類を開けて見始めた。そして5分もすると、
「あら、こんなものがあるわ」と声をあげたので、レイモンドも興味を引かれて
「何です?」と聞いた。
「日記みたいです。これ、随分長いみたい。ちょっと読むのに時間がかかりそう。プリントして家に持って帰って読んでもいいですか?そして何か手がかりになりそうな箇所があったらご連絡します」
その書類は30ページにも渡っていた。しかし、もしも日記なら、重要な手がかりがつかめそうだった。
「そうですね。そうしてもらえれば助かります」
それからその日記らしきものをプリントして聡子は家にもって帰ったわけだが、その日記は日記にしては詳しく書いてあり、まるで小説のようにも思えた。もしかしたら、日記を小説風に書いて、小説を書く練習をしていたのかもしれない。昔から後藤は文を書くことが好きで、日本人コミュニティー向けに発行されている新聞に、随筆みたいなものを連載したこともあるくらいだった。聡子はその日、息子たちを9時に寝かせて、後藤の日記を読んでいった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ハンギング・ロック:事件の始まり(2)

308号室に行き、ドアをノックしたが、不在のようだった。どうしようかなと思い始めたとき、通りかかったアジア人のほっそりした女性が声をかけてきた。
「後藤先生に何か御用ですか?」
レイモンドは渡りに船とばかり、警察手帳をまた取り出して
「警察の者ですが、後藤先生にお会いしたいのですが」
警察手帳を見て、その女性はちょっとびっくりしたようだ。
「警察の人が、後藤先生に何の用なんです?」
「いえ、後藤さんにお聞きしたいことがあるのですが、どこにいらっしゃるかご存知ですか?」
「今日はまだ大学に来ていないようですが…。お家のほうに行かれたほうがいいかもしれませんよ」
「いえ、家にいないからこちらに来たのですが。失礼ですが、後藤さんの同僚ですか?」
レイモンドは観察するような目で狩野を見ながら聞いた。
「ええ、後藤と同じようにこの大学で日本語を教えている狩野洋子と申します」
「それはよかった。実は後藤さんの車がハンギング・ロックの駐車場に夕べから停まったままになっているんです。ハンギング・ロックのカフェのオーナーが心配して通報してきたので、捜索にあたっているのですが、後藤さんがハンギング・ロックに行かれたのは、ご存知ですか?」
狩野の顔に不安の翳がよぎった。
「そういえば、ハンギング・ロックにいつか行ってみたいというようなことは言っていましたが」
「どうしてですか?」
「『ハンギング・ロックでのピクニック』という小説を授業の教材に使ったけれど、実際にハンギング・ロックに行ったことがないので、いつか行きたいと言っていました。で、もしかして後藤さんがあの小説の少女たちのように行方不明になったっていうのですか?」
レイモンドは笑いながら言った。
「いや、そんなことは言っていませんよ。そんなに簡単に人間が蒸発するなんて事、ありえませんからね。今いろんな可能性を探っているところです」
「可能性と言うと?」
「一番考えられることは、ハンギング・ロックで迷ったことですが、まず後藤さんがどんな人か分からないと捜索のしようがありませんからね。ところで、後藤さんの写真は、お持ちですか?」
「あるはずです」と言うと、狩野は廊下を歩き始め、自分の研究室に向かった。レイモンドは黙って狩野の後をついていった。狩野の研究室は後藤の研究室とはかなり離れており、受付を通り越した反対側にあった。
 研究室の鍵を開けて、狩野はレイモンドを中に招きいれた。

 狩野はきれい好きと見え、部屋の中はきれいに整頓されていた。本棚にあまり本がないのがレイモンドには意外だった。大学の先生の研究室と言うと、本で溢れかえっているような印象を持っていたからだ。本の代わりに扇子とか日本人形が飾られていた。
「どうぞ、お座りください」と狩野はレイモンドに応接セットの椅子をすすめた。
レイモンドが座って待っている間、狩野は机の引き出しを開け、10数枚の写真の束を取り出し、一枚ずつ調べていき、5枚目のところで、
「ああ、ありました」と言って、その写真をレイモンドのほうに差し出した。
「この右側にいる眼鏡をかけた男の人が後藤先生です」
「なるほど。後藤さんに関して知っていることをどんなことでもいいんですが、話して頂けませんか?」
「後藤先生は10年前からこの大学で教えていらっしゃいます。オーストラリアに来たのもその頃だとうかがっています」
「ご家族は?」
「弘君と祐一君と言うふたりの息子さんがいらっしゃいます。でも、3年前に離婚され、息子さんたちと会うのは週末と休暇の時だけだと聞いています」
「再婚はしていないのですか?」
「ええ、お一人です」
「先妻の名前と住所は分かりますか?」
「前の奥さんの名前は聡子だということは知っていますが、私は一度もお会いしたことがないし、住所までは分かりませんわ」
 レイモンドは、子供の親権が母親に取られ、子供と別れるつらさと元妻に対する腹いせで子供連れの無理心中をした男の事件が最近二つもあったことを思い出して、聡子と連絡をとらなければいけないと思い始めた。
「後藤さんて、どんな性格の人ですか?」
「さあ」と言って狩野は困ったように、首をかしげた。
「まあ、陽気な方で、よく周りの人を笑われていましたね。だから学生からとても人気がありました」
「なるほど。最近自殺をするような悩みをもっているように感じられましたか?」
「え?自殺」
狩野は驚きの声をあげた。レイモンドは狩野の反応にあわてたように急いで付け加えた。
「いえ、可能性の一つとして自殺もあるかなと思って聞いているわけで、別に後藤さんが自殺をしたなんて思っていませんよ」
「それなら、考えられませんわ。とてもポジティブな方で、落ち込んだことなんて一度も見たことありません。反対に私はよく落ち込んでは慰められているくらいですから」
「そうですか。でも、明るい人に限って、独りになると孤独が身にしみて限りなく落ち込む人っていますからね。表面だけでは人間わからないところがありますよ」
「へえ、そんなもんですか?」

狩野はレイモンドのしみじみとした言い方に感じ入ったように、うなずきながら言った。
「ところで、後藤さんは何歳なんですか?アジア人の年齢は全然見当がつかないんですが」
狩野は笑いながら言った。
「42歳ということです」
「後藤さんは、今でも日本国籍なのですか?」
日本国籍なら日本の領事館に協力を求められる。
「日本国籍のはずです。日本人がオーストラリア国籍を取得すると日本国籍を捨てなければいけませんからね。オーストラリア国籍を取得しても英国国籍ももっていれるようなイギリス人と違って、日本人はそう簡単にはオーストラリア国籍を取得しないんですよ」
「そうですか。それは初耳です。ところで、後藤さんと親しい方、どなたかご存知ありませんか?」
「私は親しかったつもりですが、ハンギング・ロックに行くことは聞いていませんでした。もしかしたら、日本語プログラムの主任の香川先生が、何かご存知かもしれません」
「香川さんの研究室はどこです?」
「307号室、後藤さんの隣の部屋です」
「また、何か耳寄りな情報が入ったら、こちらに知らせてください」とレイモンドは椅子から立ち上がりながら、自分の名刺を渡した。
「後藤さんがみつかったら、すぐにしらせてくださいね」と狩野も自分の名刺を出してレイモンドに渡した。狩野は後藤の失踪で動揺しているようだった。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ハンギング・ロックの謎:事件の始まり(1)

  ジェーンは仕事からの帰り、駐車場に自分の車以外に白いカローラが停まっているのを目にした。もう午後6時になっており、周りは薄暗くなっていた。ジェーンはメルボルンから1時間も北へ行ったところにある岩山、ハンギング・ロックの麓にあるカフェの経営者である。600万年前に火山活動によって出来たといわれるハンギング・ロックは平原の中ににょっきと入道雲のように突き立っている姿が遠くからでも眺められる100メートル余りの高さの岩山である。周りに人家もほとんどなく、ピクニックを楽しむ人々が訪れるだけで、夕方になって薄暗くなると、不気味な雰囲気が漂う。ハンギング・ロックの周りは柵で囲まれており、車が出入りできるのは一箇所だけ。そこでは、棒でできた遮断機が車の行く手をさえぎっていて、入るのは自由だが帰る時は券売機で買った駐車券を入れなくては棒があがらないようになっている。ジェーンが帰る頃に駐車場に車が残っていることは珍しかった。ただ、物好きな人がまだ残っているのかも知れないと、不審に思いながらも、その夕方はうちに帰った。しかし、翌日午前8時半に来た時、きのうの車がそのまま停まっているのを見て、何か不吉な予感がしてきた。白いカローラの窓から運転席を覗き込んだが、車の中はきれいに整頓されていて、外から見えるのは地図帳と傘だけで、そのほか不審に思われるものはなかった。しかしこの車の主はきのうハンギング・ロックに野宿をしたとは思えず、ともかく警察に連絡をすることにした。
 制服を着た若い二人連れの警官の一人が、開店準備で忙しくしているジェーンのカフェのドアをノックした時は、ジェーンが連絡をして30分たっていた。大して急ぐこともないだろうとのんびり来たという風だった。ジェーンがドアを開けると
「僕は巡査のマーク・ファーガーソンで、こちらは相棒のアーサー・ウイルソンです。ジェーンさんですね?」
と制帽を脱ぎながら、マークが聞いた。
「そうです」とジェーンが答えると
「通報を受けてきたのですが、不審な車ってどこにあるんですか?」と聞いてきた。
ジェーンは、カフェのドアを開けて外に出て、駐車場のほうを指差した。駐車場と言っても舗装されているわけでも屋根があるわけでもない野外駐車場で、緑色のペンキを塗った丸太で30センチぐらいの高さの囲いがしてあるだけである。駐車場の側にはユーカリの木があちらこちらに立っており、ピクニック用のテーブルが3つほどある。
「あそこにある白いカローラが夕べから停まったままになっているんです。ご覧のように、この周りには民家はなく、ここに車を停めてどこかに遊びに行くなんて事は考えられないので、あの車の持ち主に何かあったのではないかと不安になって連絡したのです」
「失踪事件かもしれないと思ったんですね?映画のように」と言うと、マークはにやりとした。ハンギング・ロックといえば、岩山自体よりもハンギング・ロックを背景にして起こった失踪事件を扱った『ハンギング・ロックでのピクニック』という映画があまりにも有名だからである。
「そうです」とジェーンは素直に認めた。
二人の警官はそれからカローラのほうに向かっていったが、その後はジェーンも開店の準備で忙しく、二人にはついていかなかった。
15分後、二人の警官はジェーンの元に戻ってきて言った。
「車の持ち主の住所が分かったので、持ち主の居所をつきとめてみますよ」
「そうですか」
「車の持ち主は、名前から見るとアジア人のようなんですが、きのうアジア人をみかけませんでしたか?」

ジェーンは笑いながら、
「ハンギング・ロックに来る3割くらいの人は、アジア人ですからね。アジア人というだけでは分かりません」
「そうですか。じゃあ、また何かあったら、聞きに戻ってきますから」と、マークは帽子をかぶってパトカーのほうに戻っていった。
メルボルンの郊外にある派出所に「ケースケ・ゴトー、ジョンソン・ロード 23の2、ケンシントン」の居所を確認するようにと通達があったのは、その10分後である。それを受けてケン・レイモンド刑事は、早速その住所にあるアパートに向かった。盗難が多い地区にあるアパートだけに、アパートの建物のドアはしまっており、中から住民に開けてもらわないとドアが開かない仕組みになっていた。ドアの側についている2号室のボタンを押したが、何の反応もなかった。仕方ないので隣の1号室の住民に事情調査をしようと、1号室のボタンを押すと、幸いにもすぐに女性の声が戻ってきた。

「どなたあ?」
「警察の者ですが、お隣に住んでいる後藤さんのことについてお聞きしたいんですが」
女性の間延びした声は、警戒したような声に変わった。
「後藤さんが何かしたんですか?」
「いえ、後藤さんの居所が知りたいんですが、ちょっとドアを開けてもらえませんかね」と言うと
「後藤さんはメンジーズ大学の先生だそうだから、メンジーズ大学に行かれたほうがいいんじゃありません?」と、一刻も早く刑事を追い払いたい風だった。
「メンジーズ大学の何科ですか?」
「日本語を教えているそうですから、日本語科とかアジア言語科とか、そういった科ではありません?私、詳しいことは知りません。挨拶をする程度のおつきあいですから」
女はドアを開ける気は全くなさそうだった。
仕方なく
「どうもありがとうございました。また、お聞きしたいことがあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします」と、そのまま引き下がった。レイモンドはその足でメンジーズ大学に向かった。メンジーズ大学はメルボルンにある三流大学で、アパートから歩いて15分の所にあった。
 大学の正門で守衛からアジア言語科の場所を聞いてたどり着いた所は、赤や青のモダンなデザインの絵が描かれた建物だった。いかにも若者にアピールしそうな建物である。
建物に入るとすぐに受付があったので、レイモンドは警察手帳を見せながら聞いた。
「こちらに後藤啓介って言う人がいるはずなんですが、お部屋はどこですか?」
「ああ、ケースケなら、3階の308号室ですよ」
40代と思える太っちょの人のよさそうな受付の女性が答えた。
大学は休暇中のためか、建物の中は閑散としていた。

 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

Q and A -洋書レビュー5/5
アカデミー賞受賞作品『Slumdog Millionaire』の
シャムロックホテル
ベンディゴの旅②
投稿!メルボルン珍百景 3枚目
毎週土曜更新!不思議なアレの正体は...
投稿!メルボルン珍百景 34枚目
エコなビル
53-56 / 87days -ただいま!-
3カ月でオーストラリアを1周する方法

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上