Logo for novels

ハンギングロック:後藤の失踪(13)

3月3日
 今日は「ハンギング・ロック」のプロジェクトを説明することにした。
「この中に『ハンギング・ロックのピクニック』という小説を読んだり、映画を見たことのある人?」と学生たちに聞いたが、30年以上も前の映画のためか、42人中一人も手を挙げる者がいなかった。
「じゃあ、ハンギング・ロックに行った事のある人は?」と言うと、ぱらぱらと5人ぐらいが手を挙げた。
「今学期はハンギング・ロックのことについて作文を書いてもらうんだが、みんな映画も小説も見たことがないと言うことだから、図書館で映画のDVDもあるし、小説もあるから、映画を見るか小説を読んでみてくれ。ちょっとどんな雰囲気なのか、味わうために映画の最初だけ見せよう」と言って、教室のDVDをつけたが、テレビのスクリーンはテレビ番組になっていてDVDに変えることができない。色々ボタンを押して悪戦苦闘をしていると、レンタルビデオでアルバイトをしているというニックという学生が『先生、僕がやってみようか』と申し出てくれた。機械音痴の僕を見るに見かねたのだろう。
 ニックがボタンを押すと、DVDの画面が出てきた。ニックに感謝。
画面には長袖で足元まである長い白いワンピースを着て長い金髪をなびかせた美少女が現われた。そして『1900年2月14日アップルヤード・カレッジにて』と説明がでた。寄宿舎制になっているその少女のいる女子高でその日はハンギング・ロックにピクニックに行くというので、少女たちは皆浮かれている。厳しそうな女校長に見送られて馬車に乗って出かけた少女たちは、ハンギング・ロックで、お昼寝の時間を持つ。昼寝に退屈した少女4人は、探検に出かけたいと先生に許可をもらって出かけたが、少女たちは岩陰に消えていってしまう。一人残された太っちょの少女は、皆が消えたのにショックを受けてヒステリックになって戻り、先生に報告をする。
 ここまで、見せると僕はDVDを止め、「これで、一体どのような時代だったか分かったと思う。この物語の日本語版のあらすじを来週この時間に読むから、君たち、分からない言葉は調べておいてくれ」と言って、この日の授業を終えた。教室を出ようとした僕はスージーという学生に呼び止められた。
「先生。電子辞書を持っている人は、簡単に単語の意味を調べられるかもしれないけれど、私はそんなの持っていないので、時間がかかります。そんなの不公平だと思います」と口をとんがらせて文句を言う。確かに、クラスの中で約3分の1が電子辞書を持っている。
「電子辞書がなくったって、コンピュータのオンライン辞書を使えばいいじゃないか」
「そんなサイトあるんですか?」
「うん。勿論あるよ。機械翻訳のサイトもあるけど、これはまだあんまりおすすめできないけどね」と言って、日英辞書のサイトを教えてやったら、
「ありがとうございます」とニコニコ顔になって帰って行った。

3月6日
 今日は日本の大学から、客が来た。3月と8月は日本の大学が休みに入るためか、やたらと日本からの来客が増える。今日来た客はうちの大学との交換協定を結びたいというので、学長と会うことになっているが、通訳も兼ねて日本語プログラムから誰か出せと学長室からお声がかかったのだ。香川さんは「私、ちょうど今日はクラスが多くて忙しいのよ。お願い、行って」と言うものだから、仕方なく僕が学長室に出向くはめになってしまったのだ。10年間大学に勤めていても、学長と直接会うのははじめてである。普段は着ない背広を着てきたものだから、窮屈で仕方がない。
 来客は北海道にある、余り聞いたこともない大学の事務職の人たちだった。もっとも、うちの大学も海外では全く知られていないから、大きな事は言えない。
「はじめまして」と名刺交換をして座り、すぐに本題に入ったが、要するに、こちらに日本から学生を送って、うちの授業を受けさせたいというものだ。来客は二人とも英語が堪能で、僕がわざわざ訳すこともなかったので助かった。学長は、検討してみましょうということで、話し合いは終わり、国際交流課の人が「お昼でもご一緒にいかがですか」と誘ってくれたので、大学の教員会館のレストランで一緒に食事をすることになった。僕のような下っ端の大学の教員なんてただで飯にありつけることはめったにない。国際交流課が昼食代を払ってくれるというので、僕は一番高いイセエビのクリーム煮と赤ワインを注文した。来客ふたりのうち若い方は水島と言って、アメリカ訛りの英語を話し、積極的だった。何となく、年上の来客、石川はそれを苦々しく思っているような感じを受けた。きっと水島はアメリカ育ちで、上司を立てるという感覚が余りないのだろう。
「ところで、お宅の学生さんの英語の能力はどの程度なんですか?うちの大学に留学するには英語検定試験のTOEFLで、550点以上取得という条件があるんですが。それくらいの点数を取ってもらわなければ、とても英語の授業にはついていけませんよ」
余計なことかもしれないけれど、ついつい言ってしまった。
水島はすぐに
「そうなんですよね。550点も取れる学生なんて、うちにはほとんどいないんですが、オーストラリアの大学に留学できるチャンスがあるっていうのは、学生にとって励みにもなりますし、宣伝効果もあるんですよ。最近学生数が減ってきていますからね。何とか、大学の魅力を持たせたいと思っているわけで…」と、答えた。日本の大学も生き残りに必死なのが窺えた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ハンギングロック:後藤の失踪(12)

2月25日
 今日は新学期の第一日目だ。僕は朝9時からクラスがあるので、夕べ6時にラジオがつくように目覚まし時計をセットして寝た。目が覚めてもう朝かなと時計を見ると、まだ午前2時だった。僕は教師生活10年以上もなるのに、新学期の最初の日はいつも学生同様、いや学生以上に緊張する。それからもう一寝入り出来ると思ったが、なかなか眠れなかった。それからうつらうつらしたようだ。その間夢を見た。弘と祐一を連れて海辺を散歩している。風はさわやかでいい気分だった。桟橋の先で立ち止まって3人で海を眺めていると、雲行きが怪しくなり、にわか雨が降ってきた。慌てて子供たちを急きたてて、手で頭を覆って、近くの売店まで走って行き、その売店の軒先で雨宿りをした。その時突然思い出した。そうだ、今日は新学期が始まる日でこんなにのんびりしている時ではない。慌てて腕時計に目をやると、10時を回っている。確か今日のクラスは9時からだったはずだ。ここは、どこだろう。大学までどのくらいかかるだろう。パニック状態に陥ったとき、はっと目が覚めた。何だ、夢だったのかとほっとして目覚まし時計を見ると、午前5時になっていた。今また寝ると、寝過ごすことにならないかと心配になり、起きて、大学に早めに行った。まだ7時だった。大学ではまだ清掃のおばさんが忙しそうに窓を拭いているだけで、他に人影は見えなかった。その清掃員はフィリピン人の40代の女性で、いつも陽気で僕を見かけるとにっこり笑って声をかけるが、今日も
「ハーイ、ケイスケ。今日はやけに早いのね。どうしたの?」と窓を拭く手を休めないで言う。
「今日からクラスがあるからね。今朝は早く目が覚めたんだよ」
そういうと、
「あら、もうケースケは教師生活は長いんでしょ?それでも、クラスの前は緊張するの?」と笑った。
「いやあ、何年経っても、緊張するものは緊張するんだ」と答えた。
 9時になり、おもむろに教室に向かった。教室の中は久しぶりに会った学生たちが夏休みの出来事の情報交換で忙しいためか、僕が教室を入っても、おしゃべりが止まりそうもなかった。
「しずかに」と叫ぶと、やっと初めて僕がいることに気づいたように、僕のほうを皆が一斉に見た。
「僕は後藤ケイスケです。これから皆に自己紹介をしてもらう。名前とどうして日本語を勉強しているのか、いつから日本語を勉強しているのか、日本に行ったことがあるのか、まあ、そんなことを言ってほしい。勿論ほかに言いたいことがあれば、つけくわえてくれ」
こういうと、一人の大柄なアングロサクソン系の男子学生が手を挙げた。
「なんだ?」
「先生の日本語速くて分かりません。もう一度ゆっくり言ってください」
「それじゃあ、もう一度言いますから、よく聞いてください」と僕は同じ事をゆっくりと繰り返して言った。そして、「(1)名前、(2)いつから勉強しているのか、(3)日本に行ったことがあるか」と板書した。これで、分からないような学生はいないだろう。
僕は、手元にある学生の名簿を見て、学生が自己紹介をしている間に、その学生の外貌の特色を名簿の側に書いていくのに忙しかった。
 金髪で肌も白く大きな青い目が印象に残ったメラニーの名前の横には(美)と書いた。体が縦も横も大きいカールには(大)、ほっそりとしてポニーテールにめがねをかけ、いかにもインテリと言う感じのビクトリアには(めがね)などと書き込みをしていった。こうしておくと、後で名前を思い出すのに役に立つ。結局、日本に行ったことのある学生は30人、行った事のない学生が12人と、日本に行った事のある学生が大勢を占めた。その中には、日本の大学に留学したものも2人いた。毎年のことだが、学生の日本語能力のギャップの大きさが感じられた。ちなみにゆっくり話してくれと言った学生は、日本に一度も行っていないということだった。

著作権所有者:久保田満里子

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ハンギングロック:後藤の失踪(11)

1月25日
 今日はヘンダーソン教授と2時から会うことになっている。気が重い。僕は確かに研究実績はあまりないかもしれないが、翻訳などの内職をして大学の資金稼ぎに貢献していると自負している。でも最近の大学は研究の成果のみを追求する傾向にあり、僕の貢献も余り感謝されないように思われ、疎外感を感じることが多い。年に一回あるヘンダーソン教授との勤務評価のための面接では「もっと研究に力をいれんかね」と言う言葉を聞かされるのがいつの間にか年中行事になってしまった。また今日も同じことが言われるんだろうなと思うと憂鬱になる。
 「今年の目標」「去年の実績」などを書いた書類を持って学科長の研究室の前で待っていると、秘書が「どうぞ」と中に入れてくれた。
 中に入るとヘンダーソン教授が
「やあ、日本語プログラムの人は皆時間厳守だな」と珍しく機嫌よさそうに僕に笑いかけた。
「先日読んだ論文によるとね、世界の7箇所で広場などにある公共の時計の正確さを調べたら、東京の時計が一番正確で、一番不正確だったのはインドネシアのジャカルタの時計だったそうだ。確かにインドネシアプログラムの連中は約束の時間に平気で10分くらいは遅れてくるよ。時間の観念は文化によって随分違っているようだね」
「そうですか。それは、面白いですね。僕達は子供のころからいつも約束の時間より早めに行けと言われて育っていますからね」
「そうか」
それから、ヘンダーソン教授に言われたことは胸糞が悪くなるので、これ以上書くのはやめておこう。


2月10日
 僕の担当する中級の日本語のクラスは一人では教えきれないので、毎年小池理恵と言う、オーストラリア人と結婚して、メルボルンに在住している40代の女性にパートを頼んでいる。今日、小池さんが授業の打ち合わせに来た。きれいな英語を話し、はきはきした小池は学生の間で人気がある。
「後藤先生、今年もいつもと同じように教えればいいんですね。何か去年と内容の変わったところありますか?」と僕の前の椅子に座るなり、聞いてきた。
「今年の作文は、『ハンギング・ロックでのピクニック』という題で書かせようかと思っています」
小池さんには、『ハンギング・ロックでのピクニック』というのは初耳のようだった。
「ハンギング・ロックと言うと、あのマセドン山の近くにある?」
「そうです。そこで起こった少女3人と女教師一人の失踪事件を扱った小説があるのですが、その謎解きを学生にやらせてみようかと思うんです」
小池さんの顔がぱっと輝き
「ミステリーですか?面白そうですね。そのお話どんなお話なんですか?」
「まあ、フィクションなんですけれどね。簡単に言うと、1900年のバレンタインデーに私立のお嬢さん学校で生徒たちをハンギング・ロックにピクニックに連れて行ったのが事の始まりで、4人の生徒が探索に出かけると言って一行から離れたのですが、そのうちの一人の生徒がヒステリック状態になって帰ってきて、他の三人が岩の間に入っていき、消えてしまったというのです。そして他にも生徒の引率をしていた二人の女教師のうちの一人がいつの間にかいなくなってしまっていたんです。それから懸命の捜索が始まったのですが、見つからず、一週間後に一人の生徒が意識不明の状態で発見されたのです。医者の診断ではその生徒は頭を強く打ち、記憶喪失になってしまっていた。容疑者として、同じ頃ハンギング・ロックに来ていたイギリス人の若い貴族と彼のオーストラリア人の従僕が挙がったのですが、彼らが犯人だとの証拠も得られないまま、迷宮入りしてしまったというお話です」
「そうですか」
僕は刷り上ったテキストを小池さんに渡しながら、
「あらすじはここに書いてありますから、目を通しておいてください。これを学生に読ませて、行方不明の3人はどうなったかを想像させて、書かせようと思っています」
小池さんはテキストを手にするや否や、すぐにぺらぺらめくって、ハンギング・ロックの話の出てくるページを探し当てた。
「これですね?」
「そうです。オーストラリア人の学生とアジア人の学生を一組にしてプロジェクトとして書かせようと思っています」
「それ、大丈夫でしょうか?」
小池さんは何か反対意見をいう時小首をかしげる癖があるが、その時も小首を傾げながら言った。
「どうしてですか?」
「チームプロジェクトとして提出したものを評価するというのは、二人の息が合えばいいですけど、どちらかが怠け者だったりすると、一生懸命やった学生から文句が出るのではありませんか?」
「まあ、文句を言う奴もいるかもしれませんが、共同作業というのは、社会に入ってはよくあることですから、今から訓練するのも大切なんですよ」
「そういわれれば、そうかもしれませんが」
「それにね、オーストラリア人の学生と留学生は別々に座るっていう傾向がありますよね」
「ええ、確かにそうですね」
「だから、このプロジェクトがオーストラリア人の学生とアジア人との学生との垣根を取り払う役目をしてくれればいいなと、僕は考えているのですが」
「はい。先生のおっしゃること、よく分かりました」
小池さんはそう言うと、テキストを自分の持ってきたかばんにしまった。
「それじゃあ、この契約書にサインをして、経理の担当のほうに持っていってください」と、小池さんに契約書や雇用条件の紙を渡すと、小池さんを部屋から送り出した。これで、新学期の準備は完了した。後はどんな学生たちが上級クラスにはいってくるかと思うと楽しみだ。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ハンギングロック:後藤の失踪(10)

1月12日
 この一週間は新学期の授業の準備で大わらわだった。僕は上級のクラスの受け持ちだから学生数も大体見当がつく。去年の中級受講者が50人だったから、多くても50人少なくとも40人と見ていれば間違いない。大変なのは初級担当の狩野さんだ。新入生が科目を選択するまで学生数が分からなくて困っている。
 今日、狩野さんが、『ハンギング・ロックでのピクニック』の原稿を返してくれた。
「なかなか面白いですね。でも、これを全部読ませていると、それで一学期が終わっちゃいますよ。もっと簡潔にあらすじだけを読ませばどうですか?」
「そうだな。そうするとするか」
僕は狩野から原稿を受け取ると、すぐに100ページもある小説の日本語訳を5ページにまとめていくことにした。

1月20日
 やっと、『ハンギング・ロックでのピクニック』のあらすじも完成し、今日印刷に回した。
今日は新入生が入学手続きをしに大学を訪れる日だ。キャンパスには「新入生歓迎」の旗がかかり、正門では大学からアルバイトに雇われた学生達がパンフレットや色んな会社から寄付されたサンプル品の入っているバッグを新入生に渡している。去年までプラスチックのバッグだったのが、今年は布製に変わっている。マネージャーのマーガレットがプラスチックは環境に良くないから布製に変えたと言っていたが、最近は大学も環境に対する意識が高まっているようだ。僕も好奇心からバッグをもらってみた。大学案内の分厚いパンフレットやクラブやサークルの宣伝のパンフレットのほかにチョコレートやボールペン、薄っぺらな紙でできたような定規などあったが、その中にコンドームが混じっていたのにはびっくりした。コンドームを使って性病にかからないようにしましょうという謳い文句がコンドームの入っている袋に書かれていた。エイズがはやるまで、女性の避妊ピルの普及のおかげでコンドームなんか使う男はいなかったのだが、エイズがはやってきたのを境にコンドームが見直された感じだ。
 新学期が始まって久しぶりにキャンパスに活気が戻ってきた。夏の強い日差しの中で、新入生たちは友達とグループになって、楽しそうに大声でしゃべりながら歩いている。時折その集団にぶつかりそうになった。
 今日は香川さんが新入生向けに日本語の宣伝のための講義をする予定だ。今朝ちょっと家を遅く出たので自分の研究室に寄らず、直接今日彼女が講義することになっている講堂に向かった。彼女の作ったパンフレットを配る役を引き受けたのだ。講堂の外で香川さんを待っていると、講堂の中からチェン教授の声が聞こえてきた。チェン教授はイギリスの大学を卒業したということだが、生まれ育ったのはアメリカである。だからアメリカ英語を話しそうなものだが、完全にイギリス英語で話し、アメリカに住んだことがあるというのも信じられないくらいだ。きっと今年もOHPを使って中国語の宣伝をしているのだろう。まだ日本語の宣伝の予定の時間まで10分もある。5分待った頃、香川さんが現われた。手にはパンフレットを抱えていた。
「おはようございます」と僕がお辞儀をして言うと、
「おはようございます。今日はパンフレット配布、よろしくお願いします」と言った。彼女とは今年会うのは初めてだったが、もう1月も後半になって、「明けましておめでとう」と言うのもためらわれた。
「今日は何人ぐらい来るでしょうね。去年は確か70人だったわね。だから100枚あれば大丈夫だと思って、パンフレットは100枚しか作ってこなかったわ」
三々五々と集まり始めた学生に目をやりながら香川さんが話している間に、講堂のドアが開き、中からいっせいに学生がなだれ出てきた。ほとんどの学生がアジア系で、白人はほんの一握りだった。中国語を教えているスティーブは、中国語を専攻するのは親が中国人の学生が圧倒的だから、白人の学生は、中国語を勉強するのは不利だといって敬遠するんだよと苦い顔をして言っていた。オーストラリアには日本人の移民は中国人の移民ほどいないので、親が日本人で日本語を勉強している学生は少ない。しかし、メンジーズ大学では日本語を勉強するのはアジア系の学生が圧倒的に多い。
 中国語の宣伝を聞きに来た学生が出て行った後、講堂から出てきたチェン教授の手には予想通りOPHのシートがあった。
「やあ、君たちの番だよ。頑張って」と声をかけて、僕達の前を通り過ぎていった。
僕達が講堂に入ると、学生が入ってきた。一人で入ってくる学生はあまりいなくて、ほとんど2,3人連れだった。高校からの友達がグループになって固まっているのだろう。
香川さんはメモリースティックをコンピューターに差し込んでパワーポイントの準備をした。
その間僕はパンフレットを配って回った。
 予定の時間が来て香川さんが話し始めたので、僕は出席者の数を数えていくと、82人いた。去年より少し増えたようだ。
 香川さんは日本語の勉強は楽しいということを印象付けようと必死である。学生の好きそうなアニメや日本映画を見せて、日本語を勉強しようと言って話を終わった時は、学生たちから拍手と共に口笛まで飛んできた。香川さんの奮闘は成功を収めたようだった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第31回「13時間ほど頂ければなんとか…」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
投稿!メルボルン珍百景 34枚目
エコなビル
子どもと行くメルボルン @Kryal Castle
中世体験!ファミリーパス25%オフ情報も☆
Victoria Monsoon News
ヴィクトリア州の気候と自然をまもろう
子どもと行くメルボルン @Queens Park
噴水と歴史のある公園☆

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上