Logo for novels

ハンギングロック:後藤の失踪(18)

 聡子は、一度狩野に会ってみたいと思った。後藤の日記に何度も名前が出ていたし、彼は結構狩野に気があったようだ。月曜日に、聡子は早速狩野に電話した。狩野は聡子に会うことを承知してくれ、次の土曜日のお昼に会うことになった。土曜日は子供たちが日本語補習校に行って家にいないときなので、聡子には都合がよかった。
 
 狩野は聡子から電話をもらって驚いた。どうして聡子が自分が後藤と親しいと思ったのだろうか。普通なら、日本語プログラムの責任者の香川に聞くべきところなのにと、不思議だった。そう言うと、聡子はふふっと笑って、
「後藤のコンピュータに日記もどき物がありましてね。そこに狩野さんのことが何度もでてきましたから、お親しいのかなと思いまして…」
 後藤は日記にどんなことを書いていたのだろうと思うと、狩野はあまりいい気はしなかった。だが、狩野も後藤の失踪には心を痛めていたので、何かの手がかりになればと、聡子と土曜日に大学の近くの中華料理店で会うことしたのだ。
 中華料理店に約束の時間より5分早く着いたが、聡子はもう来ていた。
「すいません。お忙しいところ、およびたてしてしまって」と聡子は椅子から立って頭を下げ、丁寧にわびた。
「いえ、とんでもありません。後藤さんの行方はまだ分からないんですか?」
「そうみたいです。狩野さんが後藤に最後にお会いになったのは、いつですか?」
「先々週の金曜日ですね。お食事に誘われたのですが、翌週博士論文の中間発表をしなければいけなかったので、準備に追われていて、お断りしたのです」
「そうですか」
聡子は気落ちしたようだ。
「奥様、あ、すみません。聡子さんはずっと後藤さんの行方を追ってらっしゃるのですか?」
みんな、私のことを奥様とよぶのねと聡子は心の中で苦笑しながら言った。
「そうなんです。もう私とは関係のない人ですが、子供たちが父親の失踪に動揺していましてね。警察はハンギング・ロックの捜索を済ませた後は、行方不明としてリストに載せる以外、どうしようもないといって、捜査を打ち切ったようなので、待っていても何も起こらないと思いまして、手がかりになるものはないかと聞いて回っているんです」
「それで、何か分かりましたか?」
「私も仕事がありますからね、そんなに調査に専念できるわけではないので、遅々として進まずとというところです」
「先日お電話で後藤さんが日記のようなものを書いていらっしゃったということでしたよね?」
「ええ、それが?」
「どんなことが書いてあったんですか?」
「ハンギング・ロックでのピクニックの映画を基にして、学生に作文を書かせるというようなことが書いてありました」
「ああ、そのことなら、私も相談されたので、知っています。後藤さんはハンギング・ロックに行ったことがあるんですか?」
「いいえ、少なくとも私と一緒の時には 行った事はありませんよ。ところで、狩野さんは後藤の失踪をどのように受け止めていらっしゃいます?」
狩野は首をかしげて、言った。
「私も後藤さんの失踪の理由を色々想像したんですが、可能性としてあることは、何者かに危害を加えられて死体を分からないところに運ばれてしまった。あるいは、どこかに埋められてしまった。もう一つの可能性は、自分から姿をくらました。でも、この場合は、今の生活に不満がある場合だと思うのですが、後藤さんから悩みなんて聞いていないし、どうもぴんとこないんです」
「じゃあ、狩野さんは後藤が殺されたと思われるんですか?」
「そんなこと思いたくはないのですが、可能性を消去法で消していくと、殺されて死体はハンギング・ロック以外のところにあるとしか思えないんです」
「後藤は誰かに恨まれていましたか?」
「聡子さんもご存知のように、彼は明るくて親切な人だし、人に恨まれるなんて考えられないですね。たとえ殺されたにしても、怨恨が原因だとは思えません。だから、物取りに襲われたとか」
「むしくしゃした若者に殺されたとか」と、聡子が狩野の後を続けると、狩野は驚いたように聡子の顔を見て言った。
「日本ではそういうこともよくあるらしいけれど、オーストラリアでは、そんなこと滅多にないと思うんですけど」
「でも、可能性としてはあるでしょ?オーストラリアだってこの間知恵遅れの50代の男性にガソリンをぶっかけて火をつけて大やけどをさせた若者がいたじゃありませんか。4人、グループになって。その子達も退屈しのぎでやったって言うじゃありませんか」
「まあ、確かに若者の面白半分の犯罪は日本に限ったことではありませんが」と狩野はしぶしぶ聡子に同意して、付け加えた。
「そのほか、喧嘩の仲裁に入って、殺されたことも考えられますよね」
「それは、ありえますね」
結局、狩野は後藤が何かの事件に巻き込まれて殺されたと思っているようだった。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ハンギングロック:後藤の失踪(17)

 狩野は、レイモンド刑事の訪問で後藤の失踪を知ったわけだが、後藤のことが気がかりで、仕事に手が付かなくなってしまい、そんな自分に驚いていた。毎日のように顔を合わせるのが当たり前だったので、後藤がいなくなってまだ3日しかたたないというのに、後藤の不在がさびしく感じられるようになった。研究室をノックする音があると、もしかして後藤かしらと思うのだが、この3日間その期待は裏切られっぱなしである。
 狩野も捜索の何かの手伝いができればと、夕べは布団の中で寝ながら、後藤とした会話を思い返していた。後藤は「ハンギング・ロックでのピクニック」がフィクションだと知って、ひどくがっかりしていた。あれは、フィクションではないと証明するために失踪したのではないかとふと思ったが、そんな子供っぽい考えを起こすような人ではないと、その可能性を否定した。考えうる原因を一つずつ挙げて、その可能性を考えていった。事故で動けなくなった。これは、もう警察がハンギング・ロック一帯を捜査した結果、何も出てこなかったことから、事故の可能性はない。自殺。これもあの陽気な人柄から考えられないし、死体も出てこなかったから、自殺ではない。そうすると、誰かに殺され、死体を隠されたということも考えられる。自分で姿をくらました。ということもありうる。それに四次元の世界に入ったとか、宇宙人にさらわれたとか、タイムスリップしたとか、そういうこともあるかもしれないと思い、最後にプッと笑ってしまった。でも、自分で姿をくらます理由なんてあるだろうか。仕事の面では確かに上司からは睨まれていたが、同僚や学生からは人気があったから、そんなに仕事がいやになったとは考えられない。まず、そうだったら、私にこぼしているはずだ。あれこれ考えているうちに眠ってしまっていた。

 聡子は佐藤に電話して、日曜日に会う約束を取り付けた。佐藤とは後藤と別れてから一度も会っていなかったので、佐藤は聡子が電話するとひどく驚いた。佐藤に後藤が失踪したことを告げると「え?」といったなり、沈黙が続いた。驚きであいた口がふさがらないといった感じだった。何か手がかりになるようなことを知らないかと聞くと、すぐには思いつかないが、日曜日までに思いつくことを書いておくということだった。一人で佐藤を訪ねるほうがよいと思ったので、子供たちは翔太のお母さんに預けた。翔太のお母さんは、後藤に気があったようで、後藤の失踪を聞くと心配顔になり、気持ちよく子供の世話を引き受けてくれた。
 佐藤は聡子を見るなり、「大変なことになりましたねえ」と言った。佐藤夫人もコーヒーを持ってきて、「後藤さん、どうされたんですかねえ」と心配そうに言った。
「電話でもお聞きましたが、後藤はハンギング・ロックに行くような事を言っていましたか?」
「いや、聞いてませんねえ。後藤さんには先週の土曜日に会って、一緒に飲んだんですがね。ハンギング・ロックに関しては、『ハンギング・ロックでのピクニック』について学生に作文を書かせたが、なかなか面白いのがあって、感心したとはききましたが、だからと言って、ハンギング・ロックに行くようなことは言っていませんでしたよ」
「そうですか。最近悩みがあるようなこと、言っていましたか?」
「悩み?後藤さんが?いや、後藤さんにも悩みはあるとは思いますがね、奥さん、あ、すみません、もう奥さんではなかったですね。聡子さんもご存知でしょう?彼は楽天的な人だから、自殺までするようなことは考えられませんね。勿論、大学で論文を書けとか、本を書けとかいうプレッシャーが強くて大変だ。それに楽をしていい点を取りたがる学生が増えて、昔ほど教えることが面白くなくなったと言ってましたよ。悩みって、それくらいでしょうかねえ。でも、それくらいの悩みって誰でも持っているでしょ?」
「そうですよね。私も刑事さんから自殺の可能性はないかと聞かれた時は、思わず笑っちゃいましたよ。でも、最近はそれほど話もしていないので、全然その可能性がないとはいえなかったんですが」
「それにしても、後藤さんが消えてしまうって、不思議ですねえ。そういえば冗談交じりに、『僕は宇宙人に狙われているのかもしれないな』と言ったことがありますよ」
「宇宙人?何ですか、それ?」
「いえね、よく空飛ぶ円盤で宇宙人が地球に来ているって話があるでしょ?」
「そういえば、UFOを信じている人がいますよね」
「そう。先日もテレビ番組でやっていましたね。家に帰る途中、空飛ぶ円盤が現われて宇宙人に襲われて、人体実験をされて戻されたっていう人の話。それが話題になったとき、彼が言ったんですよ」
「どうしてそんなことを言ったんでしょうねえ」
「彼に言わせれば、時々朝起きると体に何かに切られた痕があることがあるというんですよ。どこで傷ついたのかさっぱり分からないし、それも朝起きたときに傷ができているというんです。だから、寝ている間に宇宙人に連れ去られて人体実験に使われたのかもしれないって」
聡子は、プッと吹き出した。
「まあ、後藤は子供っぽいところはありましたが、そんなことを言うなんて思いもしなかったわ。それで、佐藤さんは、どう思われました?」
「彼から傷の痕を見せられましたがね、確かに普段は服で覆われている背中とか腹に傷が付いているので不思議には思いましたよ。かみそりでこすられたような浅い傷ですから、ちょっと目にはわからないんですがね、体に触れると傷になったところがざらざらするんだそうですよ。それで気づいたなんていっていましたが。でも、宇宙人なんて、いるわけないじゃありませんか。宇宙人がいないかと電波を送って探索している観測所が世界中に何箇所かあるって聞きましたが、何の反応もないので宇宙人なんて眉唾物だと思っている科学者達が多いようですよ」
「そうですよね。ほんとに馬鹿馬鹿しい」
聡子はお話にもならないというふうに言った。その後、深刻な顔になって
「後藤が何かのために姿を自分からくらますなんて可能性は考えられませんか?」
「何のために?たとえば借金取りから姿をくらますとかですか?まあ、養育費に聡子さんにお金をかなり送らなければならないからきついとは言っていましたよ。でも、あいつが金を使うのは酒ぐらいですからね。賭け事をやるわけでもなし、たかが知れていますよ」
「そうですよね」
結局、佐藤から聞き出せたのは、後藤が宇宙人に襲われたと思っていたことぐらいだった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ハンギングロック:後藤の失踪(15)

4月4日
 待ちに待ったイースターの休みがやって来た。学生たちもクラスが始まって一ヶ月も過ぎると段々息抜きがしたくなってくる頃だが、教師だっておんなじだ。大学で狩野さんを見かけたので、学生たちの作文を見せたら、
「学生たちもなかなか考えましたね」と、感心したようだった。
「ところで、先日オーストラリア人の友達にハンギング・ロックでのピクニックのことを聞いたら、彼、意外なことを言っていましたよ」
「何です?」
「あれはフィクションで、作者の死後、作者の遺言に従って、最後の章が出版されたんですって」
「フィクション?」
「そうなんですって。あの物語を映画化した時、小説の最後まで映画にしてしまうとしらけるというので、映画監督も出版社も作者に最後の章を発表させなかったんですって」
それを聞いて僕はがっくりしてしまった。それでは、その作者の結論は何だったんだろう。
狩野さんに聞くと、知らないというので、僕はその作者の死後出版されたという続編を読んでみることにした。幸いにも大学の図書館にそれがあったので借りて、その晩すぐに読んだ。
結局は4次元の世界に迷い込んだというものだったが、何だかありふれた結論でがっかりしてしまった。まだカールとヒージンの作り話のほうが面白い。

 後藤の日記はそこで終わっていた。聡子は、これで後藤がどうしてハンギング・ロックに興味をもったのかは分かったが、彼の失踪がその映画となんらかのかかわりがあるのか、分からずじまいだった。
 翌日レイモンドに電話すると、後藤の行方が分からなくなって3日もたつので、その日有志を募ってハンギング・ロックを捜索してみることになったと教えられた。
 聡子も後藤がなぜハンギング・ロックに興味を持ったかをレイモンドに説明したが、だからといって、彼の失踪が事故によるものか、故意なのか、手がかりになるようなものをみつけられなかった。
 聡子はハンギング・ロックでの捜索が気がかりだったが、そうかと言って捜索に加わる気がしなかった。ただ、子供たちには後藤の失踪を知らせることにした。子供たちが後藤から何か聞いていることも考えられる。
 その晩、夕食を食べながら、聡子は子供たちに言った。
「あんたたちのお父さんがね、3日前から行方が知れなくなったんだって」
子供たちは、そう言われてももぽかんとしている。
「あんたたち、お父さんからハンギング・ロックに行くなんて話、聞いてない?」
二人とも黙って首を横に振った。
「パパ、どうしていなくなっちゃったの?」と弘が聞いた。
「それが分からなくて、お巡りさんも困っているらしいわ」
「パパ、もう僕達のこと、嫌いになっちゃったんじゃないかな」と、祐一は涙声になっていた。祐一は離婚後時々情緒不安定になるのを聡子は気づいていた。両親の離婚を自分の責任だと感じる子供がたくさんいると聞いたが、祐一もその一人かもしれない。
「馬鹿ね。そんなことないわよ」と言いながら聡子は祐一の頭を撫ぜ、抱きしめてやった。そして後藤の日記の一節を思い出していた。
「離婚を早くしたかったが、子供たちが次々出来て、そのチャンスを失っていた」
夕食の後、いつもは兄弟喧嘩が絶えない二人がいやにおとなしく、早めにベッドに引き上げたのは、後藤の失踪に子供ながら心を痛めているせいかもしれない。
 翌日の夕方、レイモンドから捜索をした結果の報告がされた。
後藤の姿はおろか、手がかりになるようなものは何も見つからなかったという。
後藤の車は鑑識課に回されたそうだが、事故を起こした形跡もなく、血痕などはなかった。
レイモンドから、これ以上、警察としてはどうしようもないので、行方不明者として登録しておくということだった。聡子は子供たちのために、何とか後藤を探したいと思ったが、警察でさえどうしようもなかったものを聡子一人の力で探し出せるとは思えなかった。聡子に出来ることは、後藤と少しでもかかわりがあったような人物を思い出して、聞いて回ることくらいだった。もっとも離婚をしたあと、後藤がどんな人と交友関係をもっているのか分からないが、結婚していた時の知り合いを訪ねてみることにした。もっとも聡子も仕事があり子供の世話もあるので、後藤の捜索にあたる時間は限られていた。聡子は、昔後藤と交友関係のあった人物の名前と電話番号を書き出してみた。友人は多い人だったので、その数は15人にものぼった。しかし、その中には日本の会社から派遣された人とか総領事館の人も含まれており、その人たちは皆帰国したり他の国に転勤になっていると思われるので、その人たちを除くと8人になった。今週の日曜日から一人ずつあたってみることにした。まず、最初に、飲み友達の佐藤司郎に会いに行くことにした。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ハンギングロック:後藤の失踪(15)

 今は、観光地になっているハンギング・ロックは柵で囲まれていたが、柵の中の駐車場に車を停めると、ミランダたちを先頭に立たせて、ハンギング・ロックに登る道に向かった。山の麓に出ている道しるべを見ると、なだらかな坂道と、急な階段の道と二つに分かれている。
「どちらに行けばいいか分かるかね?」と警官が不安そうに聞くと
「私たちが行った時は、分かれ道なんてありませんでした。この階段の道は後で作られたものだと思います。だからこちらの方の道から行きます」
 長いスカートをひきずって二人は坂道を歩きにくそうだったが、ゆっくり歩き始めた。警官が二人の後についていきながら時折麓の景色を見た。警官の目に水平線まで緑の潅木で囲まれ、家一つ見えない風景が映った。なだらかな坂道が終わると、急な傾斜の坂道となり時折岩と岩の間をよじ登らなければいけなくなった。
 二人の少女が案内したのは、大柄な警官の体がやっと通るような岩の隙間を縫ったところにあった。
 洞窟は狭く、かがんで入らなければいけなかった。外の光が入らなくなるところまで来て、二人は立ち止まったので、二人の後についてきていた警官もとまった。
「ここです」
ミランダがそういったかと思うと、三人は電波のようなものに包まれた。それは前と同じように、あっという間の出来事だった。
 三人が気づいたのは、草原の中だった。
今度はどこに来たのだろうと、ミランダは不安に思って目を上げると、ハンギング・ロックの頂上が見えた。どうやら、ハンギング・ロックの麓のようだ。今何年なのだろう。そう思っていると、遠くで人の呼ぶ声が聞こえた。
「ミランダ!」「マリオン!」
呼んでいるのは一人ではなさそうだった。
どこかで聞いたことのある声だった。
「私はここよ!」
ミランダは、ありったけの声で答えた。
すると、人が近づいて来る気配がした。見ると10人ばかりの男たちが草原から現われた。ミランダはその男たちの群れに向かって駆け出した。マリオンも後に続いた。警官は夢中になって駆けはじめた二人をあっけに見とれていた。1900年に戻ったのだ」

僕はこれを読んで、「うまい」とうなった。学生たちにこれほどの文が書けるとは期待していなかったのだ。
 その晩、僕は作文の採点をするのも忘れて、他の学生の作文も次々と読んでいった。どうやら、学生の謎解きの解決法は4つに分けられるようだった。カールたちのように、タイムマシンに乗っていったというもの。宇宙人に連れ去られたというもの。好きな男の子と駆け落ちしたというもの。それに、三人は殺害されたというものもあった。

 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ハンギングロック:後藤の失踪(14)

4月1日
 今日は、『ハンギング・ロック』についての作文の提出日だ。学生たちがどんな話を作ったか楽しみで、作文を回収したあと、 研究室に戻ると、早速読み始めた。
オーストラリア人のカールと韓国人のヒージンのコンビの作文が一番上にあった。二人とも優秀な学生だ。作文の中には勿論助詞の間違いなど、ところどころ表現のおかしいところもあったが、それを修正すると、次のような作文だった。


「           ハンギング・ロックの謎
    カール・デイビッドソン、ヒージン・リー

ミランダ、イルマ、そしてマリオンは、岩と岩の間を縫っていくと、岩に出来た洞窟につきあたり、その中に入っていった。すると突然電波のようなものに包まれ、体がふわっと浮いた。驚いて「きゃー」と叫ぶとミランダは、気を失った。ミランダが気が付いた時は、人が大勢行き来する道路に立っていた。そばを見ると、イルマの姿はいつの間にか見えなくなって、マリオンしかいなかった。道を行く人々はミランダたちが今まで見たこともないような奇妙な服を着ていた。女の人のはいているスカートは短く膝がみえるくらいだし、ズボンをはいている女の人も多い。
「ここはどこ?」ミランダは道行く人のそのへんちくりんな格好を見て不安そうに聞いた。マリオンは呆然としていてミランダの質問に答えなかった。
反対にマリオンが「あれ、なに?」と言って、二人のいる方に向かってくる馬車のような乗り物を指差した。馬車にしては馬が見えない。中に人が乗っているのが見えた。通りかかった中年の女の人にマリオンは声をかけた。
「すみません」
呼び止められた女の人は、立ち止まってマリオンの服装をジロジロとうさんくさそうに見た。
「あれは、何ですか?」
女の人はマリオンが指差した方向を見て、怪訝そうに言った。
「電車じゃないの。電車がどうしたって言うの?」
「あ、そうですか。ありがとうございました」
マリオンは慌ててお礼を言ったが、何だかおかしい。
二人はお互いの顔を見合わせた。
すると、ミランダの肩を叩く人がいた。ミランダが振り向くと、背が高くてハンサムな警官が立っていた。
「君たち、そんな格好をして一体どうしたんだ?」
ミランダは、すぐに聞いた。
「ここはどこですか?」
警官はミランダは少し頭が弱い少女なのだろうと判断したようだ。
「ここはメルボルンだよ」
「メルボルン!」二人は同時に声をあげていた。メルボルンは少女たちのいた寄宿舎から馬車で3時間はかかる所だった。
「君たちは、どこから来たの?」
「マウント・マセドンからです」
「ふうん。君たち、どうしてそんな格好をしているの?」
ミランダは、警官の質問に答えないで、聞いた。
「今年は何年ですか?」
「何年?勿論2013年だよ」
「2013年!」
ミランダ達はそこで初めて、自分たちがタイムスリップしたことに気づいた。
しかし、ミランダはそのことを警官にどう説明したものか、困ってしまった。
警官も、ミランダたちをどう扱ったらいいものか思案しているようであった。
「君たち、どうやって、マウント・マセドンから来たの?」
「それが、分からないんです。私達、1900年の世界から来たんです」
それを聞くと警官は笑い出した。
「君たちは『ドクター・フー』の見すぎじゃないかね」
ドクター・フーがタイムマシンに乗って色んな奇妙な世界に舞い込む話がテレビで放映されているので、それに感化された頭の弱い子達とみなされたようだ。でも、ミランダ達はテレビなんて見たことさえもない。だから、警官の言うことが分からなくて、笑っている警官を困ったように眺めていた。
警官は
「ともかく署に一緒に来てくれ。そこで、詳しいことを聞こう」と言って、二人を近くの警察署に連れて行った。 
警官に勧められて椅子に腰掛けた二人に、警官は紅茶を出してくれた。
そして、ノートを取り出すと、質問をして、二人の答えることを、そのノートに書き込み始めた。
「名前はなんていうの?」
「ミランダ・オクレアです」「マリオン・サイドです」二人は素直に答えた。
「住所は?」
「マウント・マセドンにあるアップルヤード・カレッジの寄宿舎に住んでいます」
「アップルヤード・カレッジ?そんな学校あったかなあ」と言うと、後ろを振り向いて、後ろの席で書き物をしていた警官に聞いた。
「おい、アップルヤード・カレッジって聞いたことがあるか?」
「そんなの聞いたこと、ありませんねえ」
聞かれた警官は、顔をあげもしないで言った。
「じゃあ、すまないが、インターネットで調べてくれないか」
「オーケー」
その警官は目の前のコンピュータを操作し始めた。
ミランダとマリオンにとってコンピュータを見るのは初めてだったので、興味を注がれてその警官のすることに見入った。
「で、どうしてメルボルンに来たの?」警官は尋問を続けた。
警官の声に我に返った ミランダは、
「私たちもどうしてメルボルンに来たのか分からないのです。学校の遠足でハンギング・ロックに行ったのです。その時岩の間を探索していた私たちは穴に入って、電波のようなものに包まれて、気が付いたら、今さっきの所に立っていたのです」
「ふーん。信じられないなあ」
「信じられないって言っても、本当なんです。私たちにも何が起こったか分からないんですから」
ミランダは信じてもらえないと困ると思い、焦って声を大きくして言った。
コンピュータを調べていた警官が、口をはさんだ。
「その学校1900年にハンギング・ロックで生徒が失踪して、生徒の退学が続き経営がなりたたなくなって、1901年には廃校になったということですねえ」
「え?アップルヤード・カレッジが廃校になった?」
「私たちのせいなのね」マリオンが泣きそうな声で言った。
尋問をしていた警官は、コンピュータを操作している警官に聞いた。
「その失踪した生徒の名前は分かるか?」
「ちょっと、待ってくれ」と言って1分もすると返事があった。
「ミランダ・オクレアとマリオン・サイドと言うそうだ」
それを聞くと警官は唖然として、しばらく口をきけなかった。やっと自分を取り戻すと言った。
「君たちの話は嘘ではなさそうだな。でも、どうしてタイムスリップできたんだろう。その君たちが入った洞窟っていうのに、案内してくれないかね」
ミランダは、やっと警官に信じてもらえたことが嬉しくて、興奮して言った。
「勿論です。そして、戻れるものなら、1900年に戻りたいです。友達や家族がいるところに」
そこで、すぐに車が手配され、警官は二人を乗せてハンギング・ロックに向かった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

市民と観光客の憩いの場所『Federation Square』
MELBOURNE建物図鑑
路上の老ピアノ引き
Yep It’s A BuskerBourke streetの孤
子どもと行くメルボルン @Port Melbourne
メルボルン・海の玄関の町を探検!
Victoria Monsoon News
GippslandのMaffraで酪農場体験
第28回「異文化そして国民性」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう