Logo for novels

ヒーラー(13)

私は二人の頑強な男に左右を挟まれて、ビジネスクラスの切符を手に、北京行きの中国国際航空に乗るはめになった。オーストラリアから北朝鮮行きの直行便なんてないのだ。北京で北朝鮮行きの飛行機に乗り換えるのだろうと、想像した。左隣の席はキムが座り、右隣にはキムの部下が座った。私を誰とも話させないためだった。

機内食の中国料理を食べると眠気がもよおし、私はそのまま眠ってしまった。

目が覚めたときは機内はざわざわしていた。

「当機は間もなく北京に到着します。皆様、席にお戻りになりシートベルトをご着用ください。また席は元通りの位置にお戻しください」というスチュワーデスのアナウンスが聞こえた。英語でそういった後、今度は中国語でのアナウンスが聞こえた。同じ意味のことを言っているのだろう。

私はまだ寝不足のようなぼんやりした頭で、北朝鮮には、これからどのくらいかかるのだろうかと思った。トイレに行こうと立ち上がったら、キムに腕を引っ張られた。「トイレよ」と言うと、仕方なさそうに手を放したが、私の後からついてきた。狭いトイレに入ると、不安が頭をもたげかけた。ミョンヒなんて人を治癒しさえしなければ、こんなことにならなかったのにと思うと、ため息がでた。

北京の空港は、オリンピックに備えて作っただけあって、近代的な設備を備えた空港だった。今や、日本よりも世界に対する発言力の強くなった中国だけのことだけはあった。近頃はオーストラリアは、毎日中国のことが話題にならない日がない。中国語の話せる人がオーストラリアの首相になったとき、首相の演説で中国と言う言葉は29回でてきたのに、日本と言う言葉は3回しか出てこなかったと誰かが言っていたのを思い出した。空港で乗り換えた北朝鮮行きの飛行機は小さく古かった。搭乗定員120人だということだが、空席が目立った。乗客は50人にも満たないであろう。相変わらず私の周りにはキムとキムの仲間が目を光らせており、おとなしくしている以外なかった。機内は寒かった。その時初めて、自分がTシャツとジーパンの姿なのに気づいた。オーストラリアは初夏だったが、北半球は暖房が効いていないようだ。「寒いわ」とキムに言うと、キムは乗務員を呼び止めて、毛布を持ってこさせた。私は毛布を肩からかけて鳥肌が立って冷たくなった腕を暖めた。飛行機が飛び立つと揺れがひどく、私は飛行機のエンジン故障が心配になったほどだ。キムは揺れも気にも留めていない風で、乗務員から渡された韓国語の新聞を読んでいた。ピョンヤンには1時間で着いた。ピョンヤンの空港は小さく、田んぼの中にコンクリートを流して作った滑走路と近代的なコンクリートのビルがあるだけだった。北京やオーストラリアの空港では飛行機が直接空港のビルに横付けになりタラップを降りる必要がなかったが、ピョンヤンではタラップを降りなければいけなかった。外に出ると外気が冷たく私は思わず身震いをした。ぶるぶる震えながら、両腕を交錯させて手で腕を握った。滑走路の周囲を走る小さなマイクロバスに乗り換え、閑散とした空港のビルに入った。ビルの中は暖房がきいているだろうと思ったが、ビルの中も寒かった。キムがくれたパスポートを見せると税関を難なく通れた。ビルの外に出ると、黒い外車が待っていた。キムが手配しておいたようだ。三人とも黙って後ろの席に座った。キムが行き先も言わないのに、車は走り出した。キムのおじさんの家に直行するつもりなのだろうと想像できた。このたびは目隠しをされなかったが、窓が暗く、おまけに左右も前も人の頭で阻まれ、外の景色は見ようにも見られなかった。ただ車が街中を通り越して、林のようなところを走っているのだけは分かった。極端に方向音痴の私は、たとえ景色が見られたとしても、迷わないで、また空港に行くなんて事はできそうもなかった。林の中を1時間走った頃であろうか。大きな門があって、門の側に人民兵の服を着た男が両側に一人ずつ銃を持って立っていた。

運転手が窓を開けて、二言三言と門番をしていた兵士と言葉を交わすと、兵士たちは直立不動の気をつけの姿勢になって、車を通してくれた。

車は砂道を落ち葉を踏みつけてバリバリ音をさせながら、ゆっくり進んで行き、大きな古いが威厳を感じさせる家の前に停まった。

車からキムに腕を引っ張られるようにして出た私は、そのまま建物の中に連れられていった。

建物の中に入って、旅行中一言も口をきかなかったキムが始めて口を開いた。

「早速、おじに会ってほしい。そしてなんとしてもおじの病気を治してほしい」

威嚇するようにキムは言った。

「キムさん。できるだけのことはしますが、必ずしも私の力で病気が治るわけではありません。本人の生きたいと思う気持ちがなければ」

「大丈夫ですよ。おじは何としても生きたいと思っているはずですから。フランスからも名医だといわれる人に来てもらって見てもらったのですが、一向に回復する様子がみられないのです。あなたが最後の頼みの綱なんですよ」

「おじさんの病気と言うのは、何なんですか?」

キムはため息をついて、

「脳梗塞です」と、言った。

長い廊下を歩いていくと、一つのドアの前でキムは足を停めて、コツコツと静かにドアをノックした。すると、中からドアが開き、白い制服を着た看護師がでてきて、キムに向かって深くお辞儀をした。キムはその看護師を無視して、つかつかと部屋の中に入って行った。その部屋は、まるで大病院の集中治療室のように、最新の医療器材が備えられていた。

中に入っておじさんのベッドのそばに立ったキムは、自分も中に入ったほうがいいのかどうか迷っている私に向かって、こっちに来いというように、手招きした。

私は薄暗いその部屋に入って行き、大きなベッドの側に立っていたキムの側に立ち、ベッドに寝ている病人の顔を見た。薄暗い中で最初ははっきりとその顔が見えなかったのだが、目が暗さに慣れてきて、その顔をはっきりと見た時、私は驚きで声をあげそうになった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(12)

ご飯を食べ終わってキムがまた私の前に現れた時に、ジョンに連絡したいと言ってみた。

「私がいなくなったら、ジョンが心配します。ジョンに連絡できないかしら」

どうせだめだと言われると思ったが、驚いたことに

「では、ジョンさんとお話になりますか?」と、あっさりと自分の携帯電話を私に貸してくれた。

私はキムの気がかわらないうちにと、急いで携帯のボタンを押し、耳にあてた。

呼び鈴が聞こえる。1回、2回、3回。ジョンはなかなか電話に出ない。イライラしながら返事を待ったが、7回鳴った時、

「ハロー」とジョンの声が聞こえた。彼の弱弱しい声に、彼の身に何か起こったのではないかと、私の胸には一気に不安が高まった。

「ジョン?洋子よ?何かあったの?」

自分の状況を説明するよりも、彼のことが心配になった。

「洋子か?今、どこにいるんだ?おれは、今見知らぬアジア人の男二人に監禁されているんだ」

「どうして、そんなことになったの?」と聞いたとたん、キムが私の持っている携帯を取り上げ、

「話は、そこまででいいだろう」と言って、携帯を切った。

「まさか、ジョンを殺したりなんかしないでしょうね」私は、蒼くなってキムに聞いた。

「それは、あなた次第ですよ。あなたが協力してくれる限り、ジョンさんに危害なんて加えたりしませんよ」

「じゃあ、ジョンは人質って言うわけ?」

私は唇をかみ締めて言った。

「まあ、そういうことになりますかね。後10分でこの船を下りてもらいます」と自分の腕時計を見ながら言った。

「ジョンを殺したりしたら、おじさんの祈祷なんてしませんからね」

私はヒステリックになって叫んだ。

キムは苦笑いをしながら、

「大丈夫ですよ。洋子さんがこちらに協力してくれさえすれば」と言った。

それを聞くと、私はともかく今はキムに協力するしかないことを悟った。

「それでは、今から船を下りて、飛行機に乗り換えますが、誰とも口を利いてはいけませんよ。僕と僕の仲間があなたのすぐそばにいますからね」

その時、大柄な190センチは身長がありそうな頑強そうな、ひげをはやしてメガネをかけた30代ぐらいの男が現われた。頬には傷があり、やくざ映画に出てきそうな男だった。

なにやら、韓国語でキムに言ったが、私には何を言っているのか分からなかった。低いドスのきいた声だった。

「それじゃあ、船を下りましょう。今から空港に行きますが、誰とも口をきかないように。いいですか?でないと、ジョンさんの命は保証できませんよ」とキムは言った。

国外に出るなら、パスポートなどが必要なはずだが、どうするのだろうと思ったが、そんなことは私の心配することではないと思いなおした。

「それはじゃあ、申し訳ないが、目隠しをしてもらいますよ」と言うと、キムは後ろから私の目を鉢巻のようなもので覆った。

キムに手を引かれて船を下りると、熱い日差しに体が覆われた。そして車のエンジンの音が聞こえ、私は車の後ろの席に、押し込められた。私はキムとキムの仲間の大男に挟まれて座らされた。車の中はエアコンがきいていたが、知らない男たちの体温が私の両腕に伝わってくるのは、余りいい気持ちではなかった。車の運転手もキムの仲間のようだ。まさか何も知らない人間が運転をするとは思えない。車は後ろのドアが閉まる音と同時に、動き出した。車は何度か左に曲がったり右に曲がったりした後、まっすぐな道を走り始めた。きっと空港に続く高速道路に入ったのだろう。キムも、大男も黙ったままだった。時計がないのではっきりした時間は分からないが30分も走った頃だろうか。車が停まった。

キムが私の目隠しをはずした。そして私の目の前にパスポートを差し出した。それは、朝鮮人民共和国と書かれていた。私ははっとなってキムの顔を見た。

私は北朝鮮に拉致されるのだと悟ったとき、これまで拉致されたままになっている人たちのことを思い出し、背筋がぞくっとした。

「ともかく、ここは黙って付いて来て下さい。用事が終わったら、大丈夫、返してあげますよ。ここから先は、朝鮮人のキム・キュオンとして振舞ってもらいます」

有無を言わせない態度だった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(11)

祈祷依頼の電話がかかってきて30分もすると、玄関のベルが鳴った。ドアを開けると、がっちりした中肉中背の三十代半ばと思われる精悍な顔をしたアジア人の男が立っていた。

「今さっき、お電話差し上げた者で、キム・ジョンと言います」と言って握手をするため手を差し伸べた。背広を着たその男は礼儀正しかった。

私は、キムをうちの中に入れ、先に立って居間に案内しながら聞いた。

「キムさんは、韓国人ですか?」

「まあ、そうです」

後ろからついてくる依頼客のおかしな返事を不審に思って、

「まあ、そうですって、どういう意味でしょう?」と、振り返ったとたん、キムは私の口にガーゼのような物を押し付けた。アルコールのような臭いがしたかと思うと、段々私の意識が遠のいていった。

私の意識がだんだんよみがえってきた時は、体がゆらゆら揺れている感じだった。まぶたはまだ重く、開ける気にはならなかった。ベッドの上に寝かされたいるようだが、今どこにいるのか、またどうしてここに横たわっているのかも、最初分からなかった。そのうち段々キムと言う韓国人の依頼客のことが記憶によみがえってきて、彼にガーゼのような物で口を塞がれ、意識がなくなっていったことを思い出した。すると、恐怖で身がすくんだ。このまま意識がないように振舞っているほうが安全なのかもしれないと思い、目を瞑ったまま、一体どうしたものかと、考えた。ゆらゆらゆれる感じは、船に乗っているためかもしれないと、見当をつけた。そうすると、北朝鮮の拉致事件のことを思い出した。皆袋のようなものをかぶせられ、北朝鮮に連れて行かれたということだったが、私は袋もかぶされてもいないし、手足もしばられていない。キムは韓国人だと言ったが、本当は北朝鮮人なのかもしれない。でも、私のような人間を北朝鮮に連れて行って、何の役に立つというのだ。そこで、キムが自分のおじの病気を治して欲しいと言ったことを思い出した。私に彼のおじさんを祈祷で治して欲しいということだが、それが本当だったとしても、北朝鮮にも私のような祈祷師なんて、たくさんいるだろうに、どうして私のような人間をオーストラリアから拉致しなければいけないのだろう。考えれば考えるほど、訳が分からなくなっていた。

すると、突然人の声が聞こえた。

「洋子さん、目が覚めましたか?」

キムの声だった。英語で話しかけるところを見ると、キムは日本語は話せないようだ。キムの声は穏やかで、誘拐犯が被害者に対して話しかけるような威嚇する口調ではなかった。私はおそるおそる目を開けると、

「おなかがすいたでしょう。食事を用意しましたから、食べてください」と丁重に言う。

そう言われると、とたんに空腹を覚え、おなかがキューと鳴った。私は何だか場違いな音に、苦笑した。

キムも苦笑いながら、私に食べ物を入れた皿を差し出した。私は起き上がって黙って皿を受け取った。皿には、肉と野菜を炒めたものとご飯が載っていた。キムチの臭いが鼻をついた。

「あなたは北朝鮮の人なんでしょ?」

私は皿の上のものに手をつける前に、キムの顔をにらみつけるようにして聞いた。

「そうです。よく分かりましたね」

キムはあっさりと認めた。

「あなたのおじさんの病気を治して欲しいということだけど、北朝鮮にもたくさん私のような祈祷師がいるでしょ?それなのに何故私をわざわざ北朝鮮にまで連れて行くの?」

「ミョンヒは僕の妹で、あなたは信頼できる人だと言っていましたから」

「そう言われても、納得できないわ。どうして私の意識を失わせてまで、無理やり連れて行こうとするの?」

次から次に沸き起こってくる疑問をキムに投げかけた。

「それでは、北朝鮮まで来てくださいと、まともに申し込んだら、あなたは承知しますか?」

私は黙って、かぶりを振った。

「そうでしょうね。皆北朝鮮を恐ろしい国だと思っているようですからね。だから、乱暴なことをしてしまったのです。すみませんでした」

キムは、深く頭を下げた。

「で、今私は船に乗っているのですね?」

「ええ。でも、これから飛行機に乗り換えてもらいます。船では時間がかかりますからね。おじの病気は緊急を要することなので、できるだけ早くおじの下に行ってもらいたいのです」

「こんなことまでするなんて、あなたのおじさんって、お金持ちなのね」

「ええ、まあ」と、キムはあいまいに笑った。

私は今更いやだと言っても解放してもらえそうもないし、だからと言ってすぐに殺されるということはないと思い、腹が減っては戦はできぬからと、お皿に載っていた物をもくもく食べた。その間、キムはどこかに消えてしまった。きっと、飛行機に乗り換える準備でもしているのだろう。

食べているうちに、ジョンのことが心配になった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(10)

カレン達に押しかけられて一週間後、私の恐れていた番組が放映された。

「癌患者の弱みに付け込むインチキ祈祷師」と題されていた。

カレンがマイクロフォン片手にテレビの前に現れ

「私たちは祈祷で癌細胞を消すことができるといううわさの、ようこ・ウォーカーを取材しました。祈祷をするきっかけになったのは、夫のジョン・ウォーカーさんが胃癌と宣告され、ジョンさんを治したい一心で、祈祷をしたことだそうです」

そうすると、ジョンが映し出され、ジョンが自分の癌細胞が消えていて驚いたと話している姿が流された。

「これが、彼女が癌患者に対する祈祷をしている場面です」と言って、私がアンディの肺の上に手を当てて、アンディのベッドの側にうずくまり、一心不乱に祈っている姿が映し出された。

「この祈祷には癌センターのテッド・オースチン医師に立ち会ってもらいました」と言うと、オースチン医師に対するインタビューに代わった。

「オースチン先生、祈祷に立ち会っていただきましたが、いかがでしたか?」

カレンの質問に対してオースチン医師は、「これを見てください」と言って、肺がうつっているレントゲン写真を見せた。「ここが白くなっていますね。ここが癌細胞に冒されているところですが、この患者の場合、右の肺の3分の2がやられているのがわかります。そして、これが祈祷の終わった後のレントゲン写真です」と言ってもう一枚のレントゲン写真を見せた。「ご覧の通り、祈祷の前も後も全く変わっていません。祈祷で癌が治せるなんてことはないんですよ」と結論付けた。その後を受けてカレンが勝ち誇ったように「皆さん、祈祷で癌の治療ができるというのを信じてはいけません。なんら科学的根拠もないのです。癌を完治させるといって、一時間で千ドルもとっているようこ・ウォーカーはわらをもつかみたいという癌患者の弱みに付け入って暴利をむさぼるペテン祈祷師といわざるをえません」と締めくくって、番組は終わった。

覚悟はしていたが、見た後私は怒りと悲しみのドン底に突き落とされた。私が暴利をむさぼるペテン祈祷師だって?私は患者に一度だって千ドルを要求したことはない。口コミで来る人たちは、最初にジェーンが千ドルを払ったことから、いつの間にか千ドルが相場になってしまっていたのだ。それをいかにも私が言い出したかのように言うカレンに対して今まで感じたことのないような憤りがフツフツと湧き起こってきた。自分に一言の弁明の機会も与えられなかったのも悔しかった。こんな番組が流された以上、もうこれから祈祷を依頼してくる人なんていないだろう。怒りと悲しみの混じった気持ちで、無言のままソファーに座っていると、電話が鳴った。出ると、ジェーンだった。「今テレビで見ましたが、洋子さんをペテン祈祷師なんて、ひどいことを言うものですね。私は本当に洋子さんに感謝しているのですから、あんなテレビ番組なんか気にしないで、これからも癌患者さんを助けてあげてくださいね」と言ってくれた。私は自分に感謝をしてくれている人がいるんだと思うとありがたく、目が潤った。「ありがとうございます」と言う私の声は涙でかすれていた。電話を切った後、少し気が晴れてきた。そして、また電話が鳴った。最近治療をしたスージーだった。「洋子さん、今テレビを見ましたが、あれはひどいですね。あんなことを言われて、黙っている手はありませんよ。名誉毀損でテレビ局を訴えたほうがいいですよ。もし裁判になったら、喜んで証人になりますから、知らせてください」と言ってくれた。患者さんたちの励ましの電話で段々元気がでてきた。また電話が鳴った。テレビの威力と言うのはすごいなと感心しながら、受話器をとった。出ると知らない男の声が聞こえてきた。

「おい、お前、癌患者をペテンにかけて金儲けしているんだってな。そういう人の弱みに付け込んで金儲けをする人間はゆるせねえ。今にどうなるか、覚えていろ!」と怒鳴ると、がちゃんと電話が切れた。

元気を取り返し始めていた心が、いやがらせの電話によっていっぺんに萎えてしまった。

それから、何回か電話が鳴ったが、もう受話器をとる気もせずに、留守番電話が回るままにしておいた。元患者で励ましの電話もあったが、30秒沈黙したままガチャンと腹立たしげ気に切れた電話もあった。

その日を境に、私は留守番電話で電話の相手を確かめて、電話に出るようになった。そして、祈祷の予約をしていた人からのキャンセルが増え、依頼はぱったりと途絶えた。一度などは買い物に行っている間、家の窓にいくつも生卵が投げつけられていたこともあった。私に対するいやがらせとしか思えなかった。その卵を取り除くために窓を拭いていると、なぜ私がこんな目に遭わなくてはいけないかと思うと、ぽろぽろと悔し涙がこぼれた。

祈祷の依頼もなくなった私は、また掃除婦に戻ることにした。ローカルのコミュニティーの新聞に100ドル出して、3行の広告を出した。「信頼できる掃除婦をお探しの方、お電話ください。ようこ 電話番号 04132887」

その広告の効果があって、掃除の依頼が10件来て、私はまたお金持ちの家の掃除をし始めた。一ヶ月も経つと、癌患者のために祈祷をしたのが、まるで、遠い昔のように思えた。

掃除婦の仕事を再開して二ヶ月経った頃、留守番電話に知らない男の声が入っていた。祈祷の依頼だった。驚いて、折り返し電話すると、少し訛りのある英語が聞こえてきた。電話だけでは、どこの国の人か分からない。

「祈祷のお願いをしたいのですが」

「実は、もう祈祷はしていないんですよ。ご存じないのかもしれませんが、こちらのテレビ局でインチキだと報道されて、それ以来祈祷をする意欲を失ってしまったのですよ」

私は率直に言った。

「私もあの番組は見ましたが、あなたは不当に扱われていると思いましたよ」

そんなに思ってくれる人もいたのかと思うと、目頭が熱くなった。

「ありがとうございます。でも、もう私の祈祷の効果なんて期待できませんよ」

「私はキム・ミョンヒの知り合いなのですが、ミョンヒから、あなたが彼女の肺がんを治したと聞きました。私は病気に掛かったときのミョンヒも知っているので、あなたの祈祷の効力を信じていますよ」

それを聞いてミョンヒの美しい顔をを思い出した。

「それでは、患者さんを明日にでも連れてきてください。治るかどうか分かりませんが、私なりに全力を尽くしてみます」

「連れて行きたいのはやまやまなんですが、実は直して欲しいのは私のおじで、おじは外国に住んでいるんです」

「外国?それじゃあ、無理ですね」

電話を切ろうとすると、相手は慌てて言った。

「ちょっと、待ってください。おじは難病を患っていて、色んな医者に掛かったのですが、どの医者ももう末期ですと言って、取り合ってくれないのです。もう医者にさじを投げられた状態なので、洋子さんに頼むのは、最後の手段なのです。どうか、おじを見捨てないで、治してやってください。渡航に掛かる費用は勿論のこと、その上に一万ドル謝礼金を差し上げます」

「でも…」躊躇する私に、

「ともかく今から伺いますので、よろしくお願いします」ととりすがるように言うと、こちらが返事をする前に電話を切った。

強引な人もいるものだと思ったが、それだけ頼られているのかと思うと悪い気はしなかった。悪い気がしなかったどころか、この2ヶ月の間、誹謗を浴びせられていた身にはこの依頼は嬉しくもあった。

著作権所有者:久保田満里子

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第29回「コンパクトってスバラシイ。」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
コレ何?問八
メルセンのレンガの建物、実は…
名跡:イースタンヒル消防署
豪州最初の首都メルボルンを守った歴史的消防署!!
マウント・イライザ
ビーチの景色が素晴らしいフランクストンの秘密の場所
Victoria Monsoon News
ヴィクトリア州の気候と自然をまもろう

最新記事

もう迷わない!自分だけの英語勉強法を知る講座
色々な英語勉強法で苦労した方向け
手軽に占い・ヒーリング体験~お茶会気分で癒されて~
手軽にそれぞれを体験できる企画
クリケット日本チーム、総領事館・日本人学校を訪問
ワールド・リーグ予選でメルボルン滞在中
週末どこ行く?何をする?2月第4週
今週末のメルボルン ★2月24日(金)~2月26日(日
毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ