Logo for novels

ヒーラー(26)

「ともかく洋子さんが無事で、安心したわ」と、ミョンヒが言うと、野上の裏切りが思い出されて憤懣やるかたない思いで、
「野上に裏切られたわ」とミョンヒに憎憎しげに言った。
「野上はあなたを裏切ったりしないわ。後ろを見て!」と言うので後ろを見ると野上が笑顔で立っていた。
私は何が何だかわからなくなって、。
「じゃあ、どうして、キムの部下に捕まったのかしら?」と、独り言のようにつぶやくと、
私の疑問に野上が答えてくれた。
「洋子さん、リー医師に対して随分失礼なことをしたでしょ?だからリー医師が怒って、私たちが病院を出た後、警察に通報したのよ」
私はリー医師に枕を投げつけたときのことを思い出した。その時のリー医師の怒りで真っ赤になった顔を思い出した。
「そうだったの。私はてっきりあなたが密告したのだと思ったわ。ごめんなさいね」
野上に悪いことをしたと思い、しょげかえって謝ると、野上は
「いえ、いいんですよ」と、笑顔を崩さずに言った。
気が落ち着くと、部屋に私を救い出してくれた男の姿を認め、
「ああ、あなたはミョンヒから送られた人だったのね。助けてくださってありがとう」と、改めて頭を下げてお礼を言った。
「ミョンヒから泣き付かれてね」とその男は苦笑いしながら言った。
ミョンヒは
「野上からあなたが連れ去られたと連絡があって、動転したのよ。それで、私が頼れる人のことを思い出したってわけ」
そういわれて、いつか私が麻袋に入って輸送される途中、もう少しでキム側に見つかりそうだったとき、銃を空に撃って助けてくれたミョンヒの従兄弟のことを思い出した。
「僕はミョンヒの従兄弟のリー・ソンジュです」と言って頭を下げて挨拶をした。
「私は洋子・ウォーカーです」と言うと
「知っています。ミョンヒの命を救ってくださって、ありがとう。今度は僕達があなたを救う番ですよ」とミョンヒの顔をいとおしげに横目で見ながら言った。ソンジュはミョンヒに首っ丈なのはすぐに分かった。
そうしている間に、野上は気を利かして、お茶を入れてくれた。
ベッドの上に座った私を取り囲むようにして、ミョンヒ、ソンジュ、野上が椅子に座り、野上がいれてくれたお茶を皆で飲みながら、これからの作戦を練ることにした。
「もう一人殺してしまったから、空港に戻るのは危険だ。空が駄目なら、海か陸だが、僕は船で日本に渡るのが一番だと思う」
軍の上層部の人間だけあって、ソンジュは積極的に計画を練って、皆の意見を聞いた。
ミョンヒはすぐに賛成したが、私は北朝鮮の事情を全く知らないので、黙って聞いていた。
「それでは、船を確保しなければいけないな」とソンジュは、何かを考える時の癖のように、右手であごを撫ぜながらいった。
「その役は私がやります」と野上がすかさず言った。
「私は実は日本海沿岸にある小さな漁村の出身なのです。生まれ故郷で、信頼できそうな人に頼んで船を譲り受けてもらいます」
「それは、いい。それじゃあ船の確保は野上に任せるとして、洋子をどうやってその村まで連れて行くかが問題だな」
「もう、麻袋に入るのも、スーツケースに入れられるのも、御免です」
私は、また何かに入れられたらたまらないと思い、誰かが何か提案する前に口をはさんだ。
皆の間で始めて笑いがおこった。
「洋子さんの整形手術後の顔写真が出回っていたら、顔を隠すことから考えないといけないけれど、どうなのかしら」
そうだ。手術で人に目立たない顔になっているのならいいが、こんな醜い顔では目立ちすぎだ。
野上が私の手術後の状況を思い出しながら言った。
「それはないと思います。包帯を取った後、リー医師は一度も病室に顔を見せませんでしたから、手術後の写真は持っていないと思います」
「じゃあ、どうしてキムの部下たちは私のことが分かったのかしら?出国手続きの係官は私のパスポートを見て変な顔をしたのよ。パスポートに何か不備なことがあったんはないかしら」
「そういえば、そうですね。これは私の想像ですが、リー医師は、私たちが空港に向かったことを知っていましたから、今日の飛行機に乗ることは予想できたと思います。それに、リー医師は洋子さんに私が同伴しているのを知っていましたから、それを警察に密告すれば、私が野上の名前だと分かっていますから、それで割り出して我々の乗る飛行機を特定し、その乗客名簿を調べて怪しげな人間だとして、待ち構えていたのではないでしょうか」
「なるほど。そうとしか考えられないわね」私は野上の推理に感嘆して大きくうなずいた。
「でも、もう一人のキムの部下が私の顔を見ているわね。そうすると、やはり大手を振って歩くわけにはいかないのね」私はしょんぼりとしていった。これからどうなるのかと思うと、不安が入道雲のようにむくむく心にふくれあがっていった。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(25)

 キムの部下たちに連れて行かれた一室は、警察の取調室のように、机と椅子だけが部屋の真ん中にあった。キムの部下の一人は部屋を出て行き、キムの痩せて背の高い部下と二人きりになり、椅子に座らせられた私はこれから起こることを想像すると、体がガタガタ震えた。キムの部下が「お前さん、手を焼かせるんじゃないよ」と言った。
「私をどうしようというの?」できるだけ強がって言ったつもりだが、声が震えていた。
「さあね。どんな殺され方をしたいんだ?射殺がいいかな。毒殺がいいかな。絞殺って言う手もあるな。どんな方法で死にたいんだ?最後の願いをかなえてやるよ」
捕まえた獲物をいたぶるのを楽しむように、ニヤニヤしながら言った。
「どうして私を殺す必要があるの?」
「まあ、冥土の土産に聞かせてやるよ。それは、わが国の首領の病状を知ったからだ。誰でもわが国の極秘情報を外国に流す奴は死刑になることになっている」
「私、情報を流したりしないわ」
そう言うと、部下の一人が皮肉な笑いを顔に浮かべた。
「そうかな。まあ、あんた自身はそう思っていても、外国の諜報機関があんたをほってはおかないよ。外国の諜報機関の奴らはわが国の情報を得ようと躍起になっているからな」
私はもう死を免れることはできないと思うと、体中に震えがきて、歯までカチカチ鳴り始めた。すると、ドアのノックの音が聞こえた。
「さあ、お迎えが来たようだ」と言いながら、キムの部下がドアを開けたが、そのとたん、何者かに顔を殴られたようで、後ろにひっくり返った。ひっくり転げたままキムの部下が腰に付けた銃を取ろうと思ったが、侵入者の方がすばやかった。侵入者の銃が撃たれた。拳銃には防音装置が取り付けられているのか、音はしなかった。キムの部下は撃たれた左胸を両手で押さえたが、その両手の間から血がドクドクト流れ落ち、キムの部下はそのまま声をあげることもなく動かなくなった。音もなくあっという間に起こった出来事は、まるで無声映画を見ているようだった。私は侵入者の顔を見たが、見知らぬ男だった。30代で鼻が高くハンサムだが目が鋭い。男は部屋の外に置いていたスーツケースを床に置き、私に、「早く!」と、スーツケースに入るように言った。男は何者か分からなかったが、私の味方であることだけは間違いない。私は言われるままに大きな布製のスーツケースに入ると、ふたがしめられ、私はスーツケースに閉じ込められた。そのスーツケースをトロリーに載せたようだ。がたがたスーツケースがゆれる。私は、丸くなって不自然な格好でスーツケースに入っているので、体中が痛くなり、息苦しくなってきた。この状態でどのくらいいなければいけないかと思うと、暗闇の中で、狭所恐怖症に陥り、発狂しそうになった。おまじないのように「もうすぐ出られる」と自分に言い聞かせていると、やっとトロリーがとまった。すぐに外に出してもらえると思うと、そのまま上に持ち上げられ、またどこかに置かれたようだ。そして、またスーツケースがゆれ始めた。そのゆれ方から、今度は車のトランクに入れられたことが分かった。
「出して!」と声をあげたが、誰にも聞こえないらしい。そのまま車は20分くらい走ったところで、とまった。トランクが開けられる音がして、スーツケースはまたもやトロリーに載せられた。どこに連れて行かれるのだろうかと危ぶんでいると、エレベーターに乗せられたようで、体が上昇しているのが感じられた。チンと音がしてエレベーターは止まり、トロリーはエレベーターからおろされ、ガタガタと音をさせながら動かされるとまた止まりドアを開ける音がして、トロリーは部屋の中に入れられた。部屋のドアが閉まる音がして、私の体はまたもや持ち上げられ、何かふわふわ柔らかいものの上に置かれた。スーツケースのジッパーが開けられ、そこで初めて私は外界を見ることができた。スーツケースはベッドの上に載せられていた。上を向くと、そこにはミョンヒの顔があった。驚きと懐かしさで、思わずミョンヒに抱きつくと、安心したためか、涙がぼたぼた落ちた。「ありがとう、ミョンヒ」とかすれた声で言った。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(24)

 一ヶ月ぶりに見る太陽の光は、まぶしかった。すぐに野上の手配した車に乗り、空港に向かった。車に乗っても、誰かに監視されているようで落ち着かず、絶えず後ろを振り返ってみた。何台かの車が後ろにいたが、つけられているのかどうか、さっぱり見当がつかなかった。道路は舗装はされていたが、走っている車は少なかった。
「野上さんはずっと私について北京に来てくれるんでしょうね?」
「ミョンヒ様からは、北京の日本大使館までご案内して帰ってくるように言われています」
それを聞いて安心した。右も左も分からない北京空港で「はい、さようなら」と言われたら、私は路頭に迷ってしまう。何しろお金だって一銭も持っていないのだから。もう、キムに追われることはないと思った。こんな醜い顔になってしまったのだから、私と見分けることは絶対出来ないとそれだけは自信があった。やっと、この国から抜け出せると思うと、心が弾んだ。ただジョンの身に悪いことが起こっていなければいいのだがと、それだけが気がかりだったが、ジョンに連絡する手立てがなかった。それに、たとえジョンに連絡したとしても、こんなに距離が離れてしまっているのだから、ジョンもどうしようもないだろう。それにキムの部下にまだ監禁されているのなら、私が戻らないとジョンに危害を加えると脅かされるのがおちだろう。ぼんやりそんなことを考えていると、空港への道表示が見えた。もうすぐで、空港だと思うと、心がはやった。前に座っている野上の顔がバックミラーに映っていた。これからの彼女の任務の重さを感じているためか、野上は深刻な顔をして、見るからに緊張していた。
空港で車を降りて、高麗空港のカウンターに足早に向かった。野上が持っているのはビジネスクラスの航空券だったため、ビジネスクラスのカウンターに行ったが、カウンターには誰も並んでおらず、すぐに座席を書いた切符をもらった。小さなスーツケースをカウンターに預けると身軽になった。私は野上からパスポートを受け取り、出国手続きの窓口に行った。野上は私の後ろについていた。出国の係官は黙ったまま私のパスポートを受け取り、コンピューターに何やら情報を入れていた。しかし、すぐにしかめ面になり、「ちょっと待ってください」と言うと、席を立ってどこかに行ってしまった。私はとたんに不安になった。パスポートに何か不手際があって、偽パスポートだとばれたのではないか。その時、どんな言い訳をしたらいいのか考えたが、妙案は浮かばなかった。1分もしないうちに係官は戻ってきたが、彼の後ろについてきた二人の男を見て、あっと驚いた。その一人は私をオーストラリアから連れてきたキムの部下の大男だったのだ。私は踝を返して駆け出した。その後を男たちが追ってくる足音がした。振り返る余裕はなかった。出国のため列を作っていた人々の間をかきわけて、必死で駆けた。しかし必死で走っているつもりなのに、足の回転が遅い。1ヶ月もベッドの上で過ごしたため、足の筋肉が萎えてしまっていたらしい。空港の出口が見えて、もう少しで空港の外に出られるというところで、一人の男の手が後ろから私の腕をつかみ引っ張った。結局すぐに捕まって、二人に両腕をつかまれ引っ立てられるように空港の一室に連れられていった。引っ立てられながら野上のほうを見ると、野上は申し訳なさそうな顔をしていた。野上に裏切られたのだ。そう思うと、この一ヶ月間で縮まっていた二人の距離が赤の他人のように、いやそれ以上にできてしまった。私の信頼を裏切った野上に対する怒りが一挙に噴出した。しかし、両腕をとられている私は何もできず、野上を睨みつけるのが関の山だった。野上は黙って突っ立ったままだった。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(23)

~~いよいよ包帯をとる段になると、恐れよりも期待で胸が膨らんだ。どんな美人になっているだろうか?リー医師はゆっくりとデリケートなものにふれるように慎重な手つきで包帯をとっていった。そして全部を取ったとき、驚いたように「あっ!」と言った。そばにいた野上も驚いて手で口を塞いだ。私は彼らの反応を見て悪い予感に襲われた。
「どうしたんです?鏡をください!」私は頼んだが、リー医師も看護師も野上も呆然としたように立ちすくんで動かなかった。私は一段と声をはりあげて、ヒステリックに叫んだ。
「野上さん。鏡を持ってきて!」
野上は一瞬迷ったようにリー医師の顔を見た。リー医師がかすかに頷いたのを見て、野上は洗面所にあった手鏡を持ってきて、私に渡してくれた。
それを受け取って、私が鏡に見たものは、モンスター、いや魔女と言ったほうが適切かもしれない。奇妙奇天烈な顔だった。鼻はわしばなのようになり、それも曲がっていた。両方の目の大きさがちぐはぐで、その上右目のmabutaはまるでお岩さんのように腫れ上がってこぶができていた。私は余りのショックで、手鏡を落としてしまった。これが自分の顔だなんて信じられなかった。
「ひどい、ひどいわ」
私はショックから立ち直ると、泣き崩れてしまった。
リー医師は私の様子を戸惑ったように眺めて、すごすごと病室から出て行こうとした。
「ちょっと、待って。まさかこのままで退院しろと言うんじゃないでしょうね」咎めるように言った。
ドアの外で振り向いたリー医師は
「失敗は認めますが、全然違った顔にしてほしいというご注文にはお答えしたと思います」
と冷徹に言い放った。確かに今までの私と似ても似つかぬ顔だ。
「もう一度、手術をして!」と言いかけて、口をつぐんだ。これ以上ひどい目に遭うだけかもしれない。それに手術をすればそれだけこの国からの脱出が遅れる。そう思うと、言いかけた言葉を喉にしまいこんだ。しかし、腹の虫はおさまらず、ドアの外を出かけたリー医師の背中に向かって、思い切り枕を投げつけた。枕はリー医師の背中に見事に命中し、リー医師は驚いたように私を振り向いたが、その顔は怒りで真っ赤になっていた。
「何をするんだ!」
「あんたが藪医者だと知っていれば、整形なんか頼まなかったのに!」
その言葉はリー医師のプライドをひどく傷つけたようだ。
「何を!」と言うや否や拳を振り上げたが、すぐに理性を取り戻し、拳をおろした。しかしその手は怒りでぶるぶる震えていた。そしてそのまま背を向けると、荒々しく部屋を出て行った。
突然こんなところにいつまでもぐずぐずしていたくないと言う思いがこみ上げてきた。
医師が部屋を出て行くと野上に向かって命令するように言った。
「すぐに出国の手配をして!」
野上は今までめそめそ泣いていた私が俄然エネルギッシュになったのに戸惑ったようだ。当惑した面持ちで、
「それじゃあ、顔写真を撮ってパスポートを作らせましょう」と言い、カメラを持ってきて私の顔写真をとると、どこかに消えてしまった。
翌日野上が帰ってくると、「カン・ヘホン」と書かれて私の醜い顔の写真が貼り付けられたパスポートを手にしていた。
「航空券も手配しました」
「出発はいつ?」
「今日の午後5時です」
「じゃあ、もう7時間もないってことね」
「そうです」
海外に旅行となると色々準備をすることがあるような気がしたが、よく考えてみると、自分には何も持っていくものがないことに気が付いた。しかし、たとえピョンヤンから北京まで一時間の飛行時間とはいえ、手ぶらで飛行機に乗るのはおかしい。
「手ぶらで飛行機に乗るのはおかしいから、小さいスーツケースでも買いたいんだけど」
お金を持っていない私は、少し気後れしたが、言ってみた。
野上は「準備は、できています」と言うと、部屋を出て行き、しばらくすると小さな紺色のスーツケースを持って、戻ってきた。
スーツケースを渡されて、開けてみると、下着類と衣類が入っていた。
「それはミョンヒ様からのプレゼントです」
ミョンヒに感謝するとともに、彼女の安否が急に気遣われた。
「ミョンヒは元気にしているの?」
「ええ、お元気です」
野上はいつも返事は簡潔で余計なことを言わない。そういう風に訓練されているのかもしれない。
「もう退院の手続きをすませましたから、いつでも出発できます」
「ここから空港までどのくらいかかるの?」
「2時間かかります」
「それじゃあ、もう出発したほうがいいわね」
そう言うと、私はスーツケースを手にとって、歩き始めた。
こんなところに必要以上に長くいたくない。そんな気分だった。
この一ヶ月間、病室を出ることもなく過ごした身には、廊下を歩くのも新鮮に感じられた。しかし、自分に向かって歩いてくる人々が、皆通り越しては振り返るのに気づいて、自分の新しく与えられた醜い顔を思い出した。人も振り返るような美人になるかと期待に胸を膨らませて入院したときのことを思い出した。確かに人が振り返るが、それは余りにも醜いからだからと自嘲した。
自分の整形後の顔を見てからは、鏡を見ることがこわくなった。洗面所に行っても、下を向いて鏡は見ないようにした。見ると絶望で落ち込んでしまうのが、目に見えているからだ。くさいものはふた式に、私はいやなことは見ないで、今やるべきことに神経を集中させることにした。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

ブライトン・グラマー
メルボルンの名門学校を覗いてみよう。
コレ何?問十
オージーからSMS。「Omg, ex, lol...」何コレ!?
Hilton Melbourne South Wharf
従来のヒルトンのイメージを覆すデザインに注目
コレ何?問一
白いニンジン?
MEL漫 〜メルボルンまんが道〜 シリーズ2の第1弾登場!
MEL漫 新シリーズ発動!君もあなたも参加しちゃおう!

最新記事

もう迷わない!自分だけの英語勉強法を知る講座
色々な英語勉強法で苦労した方向け
手軽に占い・ヒーリング体験~お茶会気分で癒されて~
手軽にそれぞれを体験できる企画
クリケット日本チーム、総領事館・日本人学校を訪問
ワールド・リーグ予選でメルボルン滞在中
週末どこ行く?何をする?2月第4週
今週末のメルボルン ★2月24日(金)~2月26日(日
毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ