Logo for novels

ヒーラー(31) 

誰かに肩をゆすぶられ、目が覚めた。目の前には警官の装備をした30代のいかつい顔をした男が立っていた。

それを見て思わず「あっ!と声をあげた。北朝鮮の巡視船につかまったのだろうか?ヨンスはどうしているか見たが、ヨンスの姿は見えなかった。心臓は驚きで早鐘のように打っている。

「君の名前は?」日本語だった。そのときほど、日本語を聞いて嬉しいと思ったことはなかった。喜びで声がうわずった。

「ようこ・ウォーカーです」

「洋子・ウォーカー?何人だ?」

「日本人です」私は誇らしげに答えた。

「パスポートは?」

「パスポート?私はオーストラリアから拉致されたので、パスポートなんか持っていません」

「なに?拉致被害者だって?どうなっているんだ?この船は日本に向かって来たんだぞ」

「ええ、北朝鮮から脱出してきたんです」

「じゃあ、この船を操縦していた男とは、どういう関係だ?」

「彼は友達のおじさんです。彼は韓国に行きたがっていますから、韓国大使館に連れて行ってあげてください。それにメルボルンにいるオーストラリア人の夫が北朝鮮人の男たちに監禁されているんです。オーストラリアの警察に連絡してもらえないでしょうか?」私の矢継ぎ早の依頼に警官はとまどったように私の顔を見た。

「ともかく、上陸した後、詳しい話を聞くよ」

私はすっかり目が覚めて、無事に北朝鮮から脱出した興奮に浸った。

これから、両親と会って、ジョンを救出してもらって、そして私はまたオーストラリアに帰れる。やっと、私は自由になれたのだ。そう思うと、今までの緊張感が抜けていった。

それから間もなくして新潟に上陸したが、ヨンスはどこか別の場所に連れて行かれたらしく、顔を合わせることもなく、別れることになってしまった。

その翌日、警察から連絡を受けて両親が駆けつけてくれた。ところが感激の面会になることを期待していた私は、その期待を完全に裏切られてしまった。両親は私の顔を見るや否やぎょっとした顔をして言ったのだ。

「あなた、本当に洋子なの?」

母から気持ち悪そうな顔をしながら言われた時、逃亡することに必死で忘れてしまっていた自分の醜くなった顔のことを思い出した。

私は母の言葉にひどく傷つき、驚きと悲しさで胸が一杯になった。

「ママ、ひどいわ。脱走するために整形させられたのよ。そして整形が失敗してこんな顔にされてしまったのよ。でも私はあなたの娘の洋子よ」

私の抗議に母は、

「確かに、あなたはようこの声をしているわ。ごめんね。疑ったりして。でもどうしてそんなひどい顔にされてしまったの?かわいそうに」と言って、初めて私を抱きしめてくれた。そんな私たちを父はそばで黙ってみていた。

その晩両親の家に泊まったのだが、どうも落ち着かない。それは顔のせいだ。私は顔が変わったからと言って自分が変わったわけではないと思っているが、回りの人間はそうは思わないらしい。両親とも顔を見ないようにして話す。私は初めて、顔の大切さに気づいて愕然とした。ジョンなら、きっと今まで通り私を取り扱ってくれるだろう。上陸した後すぐにジョンと電話で話すことができたが、彼は涙声で私の無事を喜んでくれた。ジョンは結局キム達の部下にずっと監禁されていて、日本の警察から連絡を受けたオーストラリアの警察によって救出されたのだ。私はオーストラリアにすぐにでも帰りたかったのだが、何しろパスポートを持っていない。ジョンは私のパスポートを持ってすぐに日本に私を迎えに来てくれると言った。それまで実家にいることにしたのだが、両親から言い渡された。

「あまり、外に出ないでね」

すぐにはピンと来なかったが、近所の人にこの醜い顔を見られたら困るという意味合いをもっていることに後で気づいた。そんな両親の態度にむかっ腹が立ったが、世間体を大切にする日本では、仕方のないことかもしれないと、怒りを飲み込んだ。

家の中でも居心地が悪い思いをしていたので、ジョンが迎えに来る日を指折り数えて待っていた。

憂鬱な毎日だったが一つだけ嬉しいことがあった。野上のおじさんが無事韓国大使館に保護され、韓国に亡命することになったのだ。テレビのニュースでそのことを知り、よかったと胸を撫ぜ下ろした。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(30)

漁船の機関室には野上のおじ、ヨンスが黒い海に目を向け舵を握っていた。明かりをつけて警備の者にでも見つかると大変なので、明かりなしに舵をとっているようだ。

「日本まで、どのくらいかかりますか?」

「早ければ、明日の朝までには、日本の領海にはいるはずだ」

そうだ。日本本土に上陸しなくても、日本の領海まで行けば、安全だ。

「警備は厳しいんですか?」私は捕まる可能性がどのくらいあるのか、知りたかった。

日の焼けた赤い顔をこちらに向けて、ヨンスはにやりとして、

「巡視船は、余りいないな。ともかくこの国は何もない国だからな。食べ物も十分にないが、燃料なんてもっと不足している。だから巡視船を走らせる燃料がないんだ。だからと言って安心はできないがね。ときおり運悪く巡視船にでくわすこともあるからな」

黙っていると、つかまったときのことを想像してしまうので、恐怖感を振り払うために私はしゃべり続けた。

「どうして韓国に脱出することにしたんです?」

「あんたは、北朝鮮がどんな国か知らないのか?」

「ほとんど逃亡生活でしたから、はっきり言って知らないんです」

「ホンリンからは余り詳しいことを聞いていないが、あんたは一体何をやらかしたのかね?」

ホンリンと言うのは、野上の本名のようだ。

「拉致されて来たんですよ。病気の首領を治せなかったからと言って、今では犯罪者扱いで、逃亡を余儀なくされたんですよ」

「首領が病気?そんなこと聞いていないな。確かに首領の姿は最近ニュースで見かけなくなったが」

「それよりも、おじさんが、逃亡したい理由を教えてくださいよ」

「この国で、逃亡をしたくないなんていう奴はいないんじゃないかな。勿論首領一家は別として。先日なんて、首領の二番目の夫人の甥が韓国に逃亡したって、誰かから聞いたよ。食べるものが不足して餓死するものもいるくらいだ。だからと言って首領の悪口を言おうものなら、すぐに強制収容所行きで、死ぬまで働かされる。たとえ政府の高官であってもすぐに粛清されてしまう。だから心の中で不満を持っていても首領に反対するものなんて一人もいない。そんな息苦しい国にいたくもないよ」

「そうね。私もニュースで北朝鮮のことを聞くだけだけど、非人道的なことをするキム・チュンサンなんて、死ねばよいと思っていたわ。それなのに彼の病気を治せと強制されたんだから、たとえ私が有能なヒーラーだったとしても、治せるはずないわよね」

「へえ、あんたはヒーラーなのか」

「ええ」と言おうと思ったら、船が大きく揺れ始めた。そばの柱につかまったものの、ゆれはますますひどくなり、立っているのもむずかしくなった。舵をとりながら、ヨンスは「これからゆれはますますひどくなるから、座っていたほうがいいよ」と言ってくれた。機関室の隅で腰を下ろしたものの、私はだんだん頭がくらくらし始め、吐き気をもよおした。慌てて機関室からとび出ると、びゅんびゅん風が吹きしぶきがかかってくる船の縁に出て、顔に波しぶきを浴びながら今晩食べたものを海に向かって全部吐き出してしまった。口の中に胃液の苦味が残ったものの、あげた後は胃のほうは落ち着いた。しかし頭痛はひどくなるばかりだった。こんな荒海を航海するのは初めての経験だった。痛みに耐えて、じっとかがみ込んでいた。ヨンスは荒海に慣れているようで、平気な顔で立ったまま舵を握っていた。両手を頭に当てると、痛みが少し和らいだ。そうだ。私はヒーラーなのだと、思い出した。こうして頭に手を当てて祈っていれば大丈夫と自分に言い聞かせた。頭の痛みは手を伝わって、消えていくようだった。私はそのまま寝込んでしまったらしい。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(29)

2時間走った頃、ソンジュが
「もうあと、10分で村に着くよ」と言った時、初めて日本に帰った時のことを想像することができるようになった。日本に帰ったら、すぐに父母に連絡して、オーストラリアの友人に電話してオーストラリアの私の家の様子を見に行ってもらおう。まだジョンが軟禁されているのかもよく分からない。ジョンを人質に取られて、無理な要求をされるのが怖い。そんなことを考えているうちに、車が止まった。
「もう着いたんですか?」そう聞く私の声は弾んでいた。
「そうだが、野上がどこにいるのか、まず探さなければ」とソンジュは言った。
後ろの座席から起き上がって見ると、まるで日本の戦前の農家を思わせるかやぶきの家が建ち並んでいた。フロントグラスを通して見えた景色は、月明かりに照らされた黒い海だった。さざなみが立っているところだけが銀色に光って見える。人影はなくシーンとしている。運転席のソンジュは、タバコを取り出し、火をつけた。オーストラリアでは喫煙する人が少なかったので、狭い車の中でタバコの煙を吐き出し始めたソンジュが、無神経な男に思えた。しかし、ソンジュも2時間半も誰かに見つからなければ良いがと冷や冷やしながら運転したであろうことを考えたら、文句も言えなかった。
ソンジュが一本目のタバコを吸い終わるころ、後ろで人の足音が聞こえ、びくっとした。そして私はソンジュと同時にその足音がするほうに目をやった。野上だった。ほっとすると同時に、野上が船を確保してくれたかどうか気になりだした。ソンジュは野上が車の傍らに来た時、助手席のドアを開けてやった。ドアが開くと冷たい空気が入ってきて、いっぺんに目が覚めた。野上が助手席に腰を下ろすやいなや私は、「船、確保できたの?」と聞いた。野上は助手席から首を回して私を見て、
「ええ。おじが承知してくれました。ただ日本に着いたら韓国へ移住したいと言っています。日本から違法出国者として北朝鮮に送り返されたんじゃ、死刑、運が良くても終身刑でしょうから」
「大変なことをお願いしているんですね。すみません」
「おじは韓国に脱出する機会がないか狙っていたそうで、いいチャンスだと言って、喜んでいました。ただ、日本の領域にたどり着く前につかまれば、命はないでしょう。洋子さんも、その覚悟はしておいてくださいね」
私は、大きくうなずいた。こんなに多くの人が私のために命をかけてくれていることに、ありがたいと思うと同時に、大きな責任を感じた。
「それで、野上さんやソンジュさんは、これからどうされるのですか?」
「私たちは、また任務に戻りますよ」
「それじゃあ、ここで、お別れなのですね」
「ええ。ともかくおじの船まで、案内しますよ。外は寒いですから暖かいものを着てください」と茶色くて重いが暖かそうなオーバーを渡してくれた。それを着て車の外を出たが、海からの風がびゅんびゅん吹き、寒さで顔がヒリヒリし始めた。野上の後をついて50メートルも歩いたところに、小さな漁船が待っていた。こんな船で日本海を渡れるのか、少し不安になった。その船に50歳ぐらいの男が立ってこちらを見ていた。野上が「おじの、ヨンスです」とその男を紹介してくれ、私だけが船に乗ると、野上とソンジュはそのまま岸に立ち、野上が「それじゃあ、お元気で。無事を祈っていますよ」と言って手を振ると、すぐに船は岸を離れ、大海に向かい始めた。ソンジュも手を振った。「ありがとう!」と言いながら私も手を振ったが、もうこの人たちに会うことはないのかと思うと、涙が出てきた。野上とは1ヶ月も毎日一緒にいたのだ。だから、野上との別れは特につらかった。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(28)

車に乗ると、早速ソンジュは後ろの席に乗った私の手足を縛り、横たわって置くように言った。私はこれからどうなるのかと思うと恐怖で体がすくみ、無事に日本につけることを祈った。高速道路はゆれなかったが、高速道路を抜けると道路の表面ががたがたになっているらしく、横たわっていると、揺れが一段激しく感じられた。
体が持ち上げられては、落とされる。普通なら車酔いをするところだが、緊張感のためか、車酔いはしなかった。ただただ黙って揺れにたえた。
また車はほとんど見られず、ヘッドライトにともされる道路が前方に見えるだけで回りは暗闇に包まれていた。
ソンジュも緊張した面持ちで黙って運転をしており、車のエンジン音以外はあたりは静寂に包まれていた。
走り始めて1時間経った頃であろうか。ソンジュが緊張した声で言った。
「前方に明かりが見える。もしかしたら検問をしかれているのかもしれない。君は黙っていろ」
「ええ」そう答える私の声は震えていた。

車はゆっくり止まると、機関銃を持った警官が車に近づいてきた。私は体をこわばらせ、音を立てないように後ろの座席に転がって息を呑んだ。
ソンジュが窓を開けると、
「何があったんだ?」と聞いた。
「この近くの強制収容所から政治犯が脱走したので、その囚人を探しているんだが、車の中を調べさせてもらう」と若い警官が言った。
「俺は、陸軍少将のパク・ソンジュと言う者だ」とソンジュは身分証明書を見せながら言った。たちまち若い警官は、気をつけの姿勢をして、「失礼しました」と言った。
「脱走したのはどんな奴なんだ」
「イ・サンヒョクと言う20歳の男で、父親が偉大なるリーダーを暗殺しようとした罪で、終身刑を言い渡された男です」
「ああ、偉大なるリーダーの護衛が突然リーダーの頭に拳銃を突きつけた、あの事件の犯人の息子か。確か、その護衛はその場で射殺され、護衛の家族は全員強制収容所に送られたんだったよな」
「はい。そうです。もし見つかったら、射殺しても構わないと許可が下りていますから、その場で射殺してください」
「分かった」そう言って、ソンジュが車を出そうとしたら、警官は私の姿を認めたらしく
「ちょっと、お待ちください」と大きな声を張り上げていった。私の背筋がヒヤッとした。
ソンジュは車のエンジンをかけたままで、
「何だ?」と聞いた。
「その後ろにいるのは、誰ですか?」
「ああ、あれか。おれもお尋ね者を捕まえてね。今、そいつを収容所に連れて行くところだ」と平静を装って答えた。
「そうですか。それは、ご苦労様です」と警官は、少し腑に落ちないようだが、あえて後ろの座席の女を見せろと言わなかった。階級制の厳しい社会なので、ソンジュの高い地位を鑑みて、捜査をすると言う言葉を喉元で押しとどめたようだ。
私たちの車が走り始め、検問の明かりが見えなくなって初めてソンジュが
「ひやひやしたが、うまくいったようだな」と言った。
「ええ」と私もやっと人心地ついて言った。
これで、もう誰にも見つからないで波止場まで行けることを願わずにはいられなかった。
また暗闇と沈黙の世界に戻った。聞こえるのは、車のエンジンの音だけである。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(27)

「僕達の中で、キム側に知られていないのは、僕だけってことになるね」
ソンジュはそう言うと、何かを考えているかのように黙り込んでしまった。
時計を見ると午後の2時を回っていた。野上は椅子から立ち上がり、
「時間をかければかけるほど、相手に情報を広がらせる時間を与えてしまいます。私は早速今から故郷の漁港に帰って、漁船の手配をします。どうやってその漁港まで来るかは、皆さんで考えてください」と言った。それを聞いてソンジュは野上の意見に賛成した。
「そうだな。指名手配をされない前に行動を起こさなければいけないな。うまく準備できれば今夜出港しよう」
「それでは、今夜故郷の漁村で待っています。到着時間は携帯で連絡してください」と言うと、野上は部屋を出て行った。
「ともかく、日が出ているうちに行動するのは、まずい。その間、ゆっくり休んでください。僕はどうやってここから村まで行くのが一番安全か考えてきますよ」とソンジュも部屋を出て行った。
私はミョンヒと二人残された。ミョンヒの不安そうな顔を見て、私はミョンヒに申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
「ミョンヒ、お兄さんからひどい目に遭わなかった?」
私はミョンヒが自分に関わることで蒙る被害を心配した。
「大丈夫よ。母は私の味方だし、この国では親に逆らうことは許されないことだから、兄は本当は私を拷問にでもかけて、あなたの居所をつきとめたかったんでしょうけど、私も家を出て友達のうちを転々として、兄に捕まるのを避けているの」
「大変なことになったのね。私のために、もう一人の人が死んだってこと、信じられないわ」
「ええ。でももうすぐ出国できるわ。ソンジュは頭のいい人だから、何か言い脱出方法を考えてくれるはずよ」
ソンジュの話が出て、私は顔がゆるんだ。
「彼は、あなたが本当に好きみたいね」と言うと、ミョンヒもはにかんだように、
「そうみたい」と言って、クスリと笑った。
「さあ、今夜は寝られないと思うから、今のうちに寝ていて。私はもうこれで帰ることにします。一緒に行動するとかえって目立ってしまうから。無事にオーストラリアに帰られることを祈っています」と言った。
そう言って部屋を出て行こうとしたミョンヒの背中に向かって、
「ミョンヒ。ありがとう。無事に戻れたらオーストラリアでまた会いましょうね」と言った。
するとミョンヒは振り返って私を見たが、寂しそうに
「もう、オーストラリアに行くこともないと思うわ」と答えた。
それだけ言うと、急ぎ足で部屋を出て行った。
もうミョンヒに会うこともないのかと思うと、胸が痛くなった。そして心の中で、「ミョンヒ、あなたの無事を祈っているわ」とつぶやいた。
独りになり、しーんとした部屋のベッドに横たわると、今日の出来事が思い出された。生まれて初めて人が撃たれて死ぬのを目の当たりに見た衝撃は強かった。キムの部下の胸から流れ出す血が頭について離れなかった。それでも疲れていたのか、いつの間にかうとうとしたようだ。
部屋のノックの音を聞いて目が覚めた。とっさに自分がどこにいるのか分からなくなっていた。そして、自分がミョンヒたちに助けられたことをゆっくり思い出した。そのあと、またノックの音が聞こえた。時計を見ると5時を過ぎていた。ドアに向かって、「どなたですか?」と韓国語で聞いた。
「ソンジュだよ」とソンジュの声が聞こえた。すぐにドアを開けると、ソンジュが誰かに見られるのを避けるように、すぐにするりと部屋に入り、ドアの鍵を閉めた。
「どうやって、漁村まで行くか、何かいい考えが浮かびましたか?」
そう言うと、
「君の手足を縛って、後ろの席に寝転がってもらって運ぶことにしたよ」
「えっ?どうしてですか?」
「まだキム側には、僕がこちらに一枚加わっていることを知られていないだろ?だから、もしも検問か何かで止められたら、君を逮捕して、始末をする場所に連れて行くところだと言えば、警察の連中も納得すると思うんだ」
「まるで弁慶と牛若丸ですね」
「なんだ、その弁慶と牛若丸って言うのは?」
「牛若丸の家来の弁慶は敵方に捕まりそうになった時、『お前が牛若丸なんて奴に似ているから俺たちは迷惑するんだ』と言って、ぼかっと牛若丸を殴ったという話です。まさか家来が主人を殴ることなんて考えられないので、敵方も弁慶の言うことを信じ、敵方から逃れられたという話です。もっともソンジュさんは、私の家来でもなんでもないけど」
ソンジュが家来なんて言葉に気を悪くしたら困ると思って、急いで付け足した。
ソンジュは苦笑いしながら、
「野上のほうからは、うまく漁船を確保できたと言って来た。だから、後1時間もすれば暗くなるだろうから、暗くなったら、出発する。その前に、腹ごしらえをしておいたほうが、いいよ。ルームサービスを頼もう」と言って、電話でルームサービスを頼んだ。
「ルームサービスの係が来たら、君はバスルームに隠れてくれ。一緒にいるところを見られると、まずいからね」と言われ、ルームサービスが来た時は、言われたように、バスルームに隠れた。ソンジュが注文した料理を食べると、元気が出てきて、日本に帰られるという期待で胸が膨らんできた。
外が暗くなり、ソンジュも私も暗闇で見えにくいように、黒いセーターとズボンに身を包んだ。二人ともマフラーをつけ、マフラーで口元を隠した。できるだけ顔をさらけ出すことを避けた。ソンジュは、どこに非常階段があるのか調べて来ていて、二人はカップルのように手を取り合って、部屋を出た。幸いにも非常階段はソンジュの部屋のすぐ隣にあり、誰にもみとがまれることなく非常階段を降り、車に乗れた。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第1回 『無言の圧力』
週1回のお楽しみ。GO豪メルボルンに4コマ漫画の登場です。
コレ何?問四
車道のコブ
子どもと行くメルボルン @Open House: Tromarama for Kids
体験するアート♪
ストリート・スプレーアート
スプレーで描いたとは思えない美しさで人気!
第32回「友達ですら…」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上