Logo for novels

六度の隔たり(2)

 ケーキが焼きあがったら、もう6時になっていた。
「帰ったよ」とギャリーの声がした。ギャリーはうちに入る時は靴を脱ぐ。夏美が土足で家の中を歩くのを嫌うので、家に入る時は靴を脱ぐ習慣ができたのだ。台所に入ってきたギャリーが
「いいにおいだな」と言うと、顔中にこねた小麦粉をつけたままのトムが
「ママと一緒にケーキを作ったんだよ」と自慢げにオーブンから取り出したばかりのケーキを見せた。
「へえ、おいしそうなケーキができたな」とギャリーが言うと、トムは嬉しそうに
「勿論、おいしいよ」と答えた。
ギャリーが寝室で着替えをすませてくると、台所のテーブルに座り、三人の夕食が始まった。
その晩の夕食は、いつものようにステーキを焼いて、蒸した野菜をつけたものだった。夏美は、オーストラリアに来た当初は、オーストラリアの肉と野菜のメインコースとデザートという単調な食事を物足りなく感じたが、料理をする側からすると、作るのも簡単だし、皿洗いも大きなお皿とデザートを入れた小皿、そしてナイフとフォークにスプーンと簡単に済む。だから、いつの間にか特別なことがない限り、日本料理を作ることはなくなっていた。
「今日は、学校でどんなことがあった?」とギャリーは機嫌よくトムに聞いた。
「今日さあ、スーダンから来た男の子が僕のクラスに入ってきたよ」
「スーダン?あのアフリカの?」と、私が驚きの声をあげると、
「今はスーダンから来る避難民が多くなったからなあ」とギャリーが答えた。
「それでさあ、その子に『あ、ニグロだ!』と指差していった子がいてさあ、先生に叱られていたよ。そんなこといっちゃあ、いけませんって」
「ふうん。50年前はヨーロッパからの移民が圧倒的だったのに、30年前はベトナムからの避難民が押し寄せ、今はアフリカからの避難民が多くなったってわけね」
昔オーストラリアは白豪主義の国で、アジア人やアフリカ人を完全にシャットアウトしていたと聞いていたので、時代の移り変わりを感じて、夏美は感慨深く言った。
夕食の後、夏美がトムにシャワーを浴びさせ、ベッドに寝かしつけた時は8時になっていた。寝かしつける時は、必ずお話の本を読んでやることにしている夏美は、今日は「スナグルポットとカドルパイ(心地よいポットと抱きしめパイ)」の絵本をとりあげた。それは、緑のどんぐりのような帽子をかぶった可愛らしいキューピットのような裸の赤ん坊の挿絵がついている、オーストラリアの有名な童話だ。その本を読み始めて10分もすると、トムの寝息が聞こえ始め、夏美はトムにお休みのキスを額にして、トムの寝室のドアを閉めた。
夏美が居間に行くとギャリーはテレビを見ていた。
「今日ね、ジーナの具合が悪くなって入院したのよ」
テレビから目をはずさずにギャリーは
「何の病気なんだ?」と気のない声で聞いた。
「軽い脳溢血だったみたい。今晩は大事を取って入院したほうがいいだろうということになったの。手がしびれるなんていっていたけれど、お医者さんは後遺症の心配はないだろうと言っていたわ」
「ジーナも段々年をとってくると、病気が多くなるだろうなあ。うちのお袋もしょっちゅう医者に通っているからなあ」
「それでね、今日頼まれたことがあって、どうすればいいか思案しているところなのよ」
そこで、ギャリーは急に興味をそそがれたようで、初めて夏美の方を見た。
「何を頼まれたんだ?」
「ラブレターを昔の恋人に届けてほしいっていうの」
「へえ、ジーナに昔恋人がいたのか」
「私もちょっと驚いたわ。あんなに夫や子供に尽くしていた家庭的な人に、そんな秘めた情熱があったなんて思いもしなかったわ」
「で、どうしてそんなことに困るんだ。届けてやればいいじゃないか」
「それが、その人が今どこにいるか分からないって言うのよ」
「そうか。それはちょと面倒だなあ。でも、インターネットで調べればいいじゃないか」
「その人が有名な人ならね」
「有名でなくったって、結構載っているよ。うちの兄貴も自分の名前を検索したら、出て来たって言っていたよ」
「お宅のお兄さんは大学教授だから、当然でしょ」
「オーストラリアのインターネットサイトに載っているだけなら僕も驚かなかったけれど、日本のインターネットのサイトにも載っていたんだって」
「へえ、どうして?」
「以前日本の大学に招待されて講演をしたことがあったんだけど、検索するとその時撮られた写真まで出て来たって驚いていたよ」
「そうなの。じゃあ、ちょっと検索してみるわ」
夏美は早速コンピュータの前に座って、ベン・マッケンジーを検索してみた。
すると、同姓同名の人が結構いるようで、外科医、物理学者、作家といろいろ出てきた。一人ひとりのサイトに行って詳しく見て行ったが、ヨーク出身のベン・マッケンジーはいなかった。
「ギャリー。今調べたけれど、インターネットには出てこないようよ」
「そうか。じゃあ、テレビ番組で『あなたの会いたい人を探します』なんていうようなのがあるだろ?テレビ局に連絡して、探してもらったら?」
「私、その番組、一度見たことあるけれど、その人との再会をテレビで放映するっていうのは、ジーナ嫌がると思うわ。私だってジーナの立場だったら、自分の心に秘めていた恋を皆の好奇心の目にさらされるっていうのは、耐えられないわ」
「そういうもんかな」と、ギャリーは気のない返事をした。
夏美は、それ以上どうしていいか見当もつかず、途方にくれた。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(1)

 イースト夏美は、台所のテーブルに座り、テーブルの上にある白い封筒を前に考え込んでいた。そこを後から、「ワッ」と背中を押されたものだから、飛び上がってしまった。驚かした犯人はだれかと振り返ると5歳になる息子のトムだった。
「驚かさないでよ」と言うと
「ママ、何しているの?」
心配そうに夏美の顔を覗き込むやんちゃ息子を見て、夏美は5歳のトムが心配するほど、考え込んでいるように見えたのかと思うとおかしくなった。
「何でもないわよ」とトムの柔らかくて細い茶色い髪の感触を楽しむように頭を撫でながら言った。
「さあ、今からケーキを作るわよ。手伝ってくれる?」と言いながら、椅子から元気よく立ち上がった。
「うん」トムの元気な声が返ってきた。トムは、容器に残ったドロッとしたケーキの材料をこねたものをスプーンでこすりとって食べるのが好きなのだ。だから、ケーキを作ると言うと頼まなくても手伝ってくれる。小麦粉とミルクと砂糖の分量をはかってボールにいれ、その中に卵を入れて、電気ミキサーでかき混ぜていると、トムが言う。
「ねえ、ママ。ナナ(おばあちゃんの意味)に、ケーキを持って行ってあげようよ」
「そうだね。そうしよう」
夏美は今朝会った元姑のジーナから頼まれたことを、どうしたらいいものかと考えていた。ジーナを元姑と言うのは、ジーナの一人息子、つまりトムの父親、デイビッドは3年前に亡くなり、去年ギャリーと再婚したからジーナは元姑ということになる。夏美が再婚するとジーナに報告しに行った時、ジーナはショックを受けたようで、その時、再婚してもトムのために苗字を変えないでほしいと懇願された。ギャリーに相談すると、「苗字なんて、ぼくはどうでもいいよ」と言ってくれたものだから、今でも前夫の『イースト』という苗字を名乗っている。
今朝会社に出かけようとしていた時、ジーナに食事を運んでいるボランティアの女性から電話があり、ジーナの容態がおかしいので、救急車を呼び病院に運んでもらったと連絡があった。夏美はデイビッドの死後、生計をたてるために知り合いがいた日本企業に受付として勤め始め、再婚した今でも、勤めをやめないでいる。会社に今日は遅刻しますからと断りの電話を入れた後、慌てて病院に駆けつけたが、ジーナは思ったより、元気で安心した。その時、「夏美さん、お願いがあるんだけど、聞いてもらえるかしら」と深刻な顔で言われた。何か面倒なことを頼まれるような気がしてちょっと躊躇したが、言葉が先に出ていた。
「勿論ですよ。お願いだなんて、そんな水臭いこと言わないでくださいよ」
「私のベッドルームのサイドテーブルの引き出しの中に『ベン・マッケンジー様へ』と言う封筒があるから、それをベンと言う人に届けてほしいの」
「ベンと言う人?どなたですか?」
今までジーナから一度も聞いたことがなかった名前を耳にして、私は怪訝な顔をした。
70にもう手が届こうというジーナは、少女のように顔を赤らめて恥らうように言った。
「ベンはね、実は私の初恋の人なの。夫のダンが亡くなった後、どういうものかベンに会いたくなって、彼宛のラブレターを書いたの。でも、彼に出した手紙が戻ってきてしまって、今どこにいるのか分からないのよ。だから、もう彼に連絡を取ることを一旦はあきらめたんだけど、今日病気で倒れて、私もいつ死ぬか分からないと思うと、死ぬ前に会いたくて仕方がなくなったの。あなたが彼を探して渡してくれたら、これほど嬉しいことはないわ。こんなことを頼めるのはあなたしかいないのよ。」
いつも家族のために生きているように思えたジーナにそんな秘めた情熱があったのかと思うと意外であった。
「へえー、ジーナにもそういう人がいたんですか。どんな人なんですか、その人は?」
驚きで目を白黒させている私を見て、ジーナの顔に苦笑いが浮かんだ。
「ベンとは私が18歳の時会ったの。その時、私はまだイギリスのヨークに住んでいて、高校を卒業した後、ヨークの街の小さなお土産物屋で働いたことがあるんだけれど、ベンはそのお土産物屋の隣の高級陶磁器を売るお店の店員をしていたわ。時々お昼ごはんを一緒に食べて一緒に映画を見に行ったり、デートを楽しんだりして、婚約までしたのよ。でもね、ある日突然結婚したら世界旅行に行けないだろうから、結婚する前に友達とジープを買って、一年間の世界旅行をしたいって言い出したのよ。ベンが冒険好きな人だとは知っていたけれど、まさか一年も旅行を計画しているなんて思いもよらなかったわ。一年も待てないから世界旅行なんて行かないでって泣いて頼んだんだけど、結局は私の懇願も振り切って行ってしまったわ。私はベンの冷たい態度に腹を立てて、すぐにダンと結婚して、オーストラリアに来たんだけれど、ダンにもデイビッドにも先立たれてしまったら、とたんに昔のことが思い出されて、ベンはどうしているのかと気になって仕方なくなったの。まだ彼が生きていたら、いつも彼が好きだったってことを伝えたいの」
夏美は、ジーナの話を聞いて、自分を本当の娘のように可愛がってくれるジーナのために一肌脱ごうと言う気になった。
「任しておいてください」と安請負をして、ジーナの家からそのラブレターを持って帰ったものの、見も知らぬベン・マッケンジーなる人物をどうやって見つけたらいいのか、夏美には見当もつかなかい。だから、ジーナの家から持ち帰った『ベン・マッケンジー』当ての封筒を見て、ため息をついていたわけである。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(32)

12月20日、実に北朝鮮に連れて行かれて2ヶ月が経ったこの日の朝、ジョンが私の実家の玄関に立った。「ハロー」というジョンの声を聞いて玄関に飛び出た私は、嬉しさ一杯でジョンに飛びついた。しかし、ジョンは驚いたような顔をして、私を跳ね除けた。

ショックで立ちすくんだ私に向かって、ジョンは言った。

「君は誰?」

私は思わず言い返した。

「誰って、洋子よ。あなたは自分の妻さえ忘れてしまったの?」

そう言うと、涙がぽろぽろこぼれて私は自分の部屋に駆け込んだ。

騒動を聞きつけた母が玄関の所に出てきたようだ。ジョンと母の話し声が聞こえたが、何を言っているのか聞こえなかった。しばらくして、私の部屋を誰かがノックした。

「ジョンだよ。開けてくれ」とジョンの声が聞こえたが、私は涙にむせて、答えることも出来なかった。

私が開ける気がないのを知ったジョンは、

「開けるよ」と勝手に部屋に入ってきた。

そして泣いている私の肩を抱き寄せて、

「ごめんよ」と言って、抱きしめてキスしてくれた。

しばらくジョンに抱かれているうちに、段々気が落ち着いてきて、やっとジョンの顔をまともに見ることができた。それでなくても醜い顔が涙でグジャグジャになっていた。

「君が生きていてくれただけで、嬉しかったよ。でも、君の顔が余りにも変わってしまったので、分からなかったよ」

ジョンは、なだめすかすように言った。

その時、私はもう一度もとの顔を取り戻すために、整形手術をすることを決心した。

「元の顔を取り戻すために整形手術をもう一度しようと思うんだけど」と言うとジョンもにっこりして

「実は僕も手術をすすめるつもりだったんだよ。お母さんも、そうした方がいいと思っているということだったよ」

「自分では鏡を見ない限り、自分の顔が見えないから、人からまるで別人のように扱われるのに腹を立てていたけど、いつも私の顔を見なければいけないあなたのことを考えると、私、元の顔を取り戻したい」

オーストラリアに帰ると、手術後の世話を全面的にジョンに頼らなければいけなくなることを考えて、私は日本で手術を受けることにした。

母が色々な情報を集めて、名医として名高い整形外科医を探してくれた。それでも、リー医師のことを思い出して、手術の前は緊張した。母が選んでくれた高村外科医は、私の顔を色々な角度から写真をとってコンピューターに収め、どうすれば元のような顔になるかを計算して手術を始めた。リー医師とは大違いだった。近代的な設備の整った医院は、まるで高級ホテルのようだった。入院は一週間ですんだ。手術から一ヶ月たって包帯を取られる日、緊張した面持ちの母とジョンの見守る中、高村医師は、慣れた手つきで包帯を取っていった。包帯の中から現われた私の顔を見た母とジョンはほっとした顔をした。私はそっと顔を手でなぞってみた。手術は成功したようだ。高村医師から渡された鏡には、小さいながら大きさが同じ目、低いけれどまっすぐな鼻の昔の私の顔があった。平凡なつまらない顔だと思っていた顔が、世界で一つしかないいとおしい顔に思えて、私はにっこり笑って、「先生、ありがとうございました」と高村医師に向かってお辞儀をした。

またジョンとのよりが戻ったのだが、私は思う。顔じゃないよ心だよって言う人がいるが、そんなのは嘘だって。

オーストラリアに無事に戻った私はまたクリーニングレディとして働いている。ヒーラーだった日がもう遠い昔のことのように思える。キム・チュンサンは今も健在のようだ。私の祈りの効果があったのか、今は知るよしもない。時折ミョンヒや野上のことを思い出し、彼女たちの無事を祈り、また再会できる日が来ることを切に願っている。

 

参考文献

藤本健二 「核と女を愛した将軍様」小学館 2006年

リ・ハンヨン 「金正日に暗殺された私」廣済堂出版 2003年

江本勝 「水からの伝言。世界初!水の氷結結晶写真集(VOL2)波動教育社 2001年

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第14回「タ」
毎週木曜日のお楽しみ!ドーリーの4コマ漫画 第14回
MEL漫 〜メルボルンまんが道〜 今シリーズ最終ラインナップ!
MEL漫 たくさんの4コマ揃いました!今シリーズラストスパート。
投稿!メルボルン珍百景 25枚目
誰?!
子どもと行くメルボルン @Fitzroy Gardens
カメラを持って出掛けたい♪
オーストラリアの田舎を満喫できる街「Bright」
Brightで楽しめるアクティビティや食をご紹介!

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上