Logo for novels

六度の隔たり(14)

~~ベッティのカフェは込んではいたが、昼食時のように外まで空きを待っている人の行列はできてはいなかった。
窓際のテーブルにウエイトレスに案内されると、ジェーンもクリスもグルメサンドイッチを注文した。ウエイトレスが去るとすぐに、クリスは好奇心に目を輝かせながら聞いた。
「ジェーンさんはどうしてベンを探すことになったのですか?」
「ベンさんの恋人だったジーナさんという人がいるのですが、その人の息子さんのお嫁さんの知り合いの姪に頼まれたのです。その姪って言うのが娘の友達の母親だった関係で知り合ったのですが」
「へえ。それじゃあ、あなたとジーナさんの関係は、義理の娘の知り合いの姪の友達ということになるんですね。つまり、結局はジーナは赤の他人といってもいい人ですよね、あなたにとっては?」
「ええ、そうですが、クリスさん、6度の隔たりという言葉を聞いたことがありますか?」
「何ですか、それは?」
「知人の知人の知人の知人の知人の知人、つまり6度離れた人全員が知っている人全部を数えると、世界中の人はつながっているっていう理論があるんですよ。ジーナの息子さんのお嫁さんは、その6度の隔たりを信じて、知り合いを辿っていけば、いつかベンを探し出せるのではないかと思ったらしいのです」
「なかなか面白い発想ですな」
クリスは水の入ったコップを手にとってがぶりと一口飲んで、言った。
「それで、ベンさんについて知っていることを全部教えてもらいたいのですが…」
ジェーンも水を飲んで、言った。
「なにしろベンに会ったのは、あいつが世界旅行から帰った時だから、1966年だったな。その時は、世界旅行の話ばかりを興奮して話してくれるものだから、その時何をしていたのか、聞かなかったんですよ」
「ベンさんと一緒に旅行に出かけた人の消息は知りませんか?」
「ショーンのこと?」
「名前は知らないんですが…」
「それはショーンだよ。ショーンならベンの居所を知っているかもしれないな」
「で、クリスさんは、ショーンさんの居所はご存じないのですか?」
「知ってるよ」
「えっ?ご存知なんですか?」
ジェーンは興奮を禁じえず、一オクターブあがった声で、聞いた。
「ショーンさんは、じゃあ、どこにいらっしゃるんですか?」
「ヨークの町の郊外でガソリンスタンドを奥さんと一緒に経営しているよ」
ジェーンの興奮した声とは対照的に、クリスは落ち着いた声で答えた。ショーンとはよく会っているようだった。
「そのガソリンスタンド、どこにあるんですか?」
「住所は知らないよ。なんなら今から連れて行ってあげようか?」
「本当ですか?お願いします」
これでベンの行方が分かると思うと、ジェーンは嬉しくなった。こんなに簡単に手がかりがつかめるとは思っていなかったので、少し拍子抜けした気分にもなったが、ウエイトレスが持ってきたグルメサンドイッチを急いで食べ、クリスが食べ終わるのをイライラしながら待った。こうなれば一刻でも早くショーンに会って、ベンの居所を聞きたかった。
 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(13)

「ベン、
ぼくのことを覚えている?いつも学校の放課後、一緒にゲームセンターでたむろをしていたクリスだよ。今度会わないか?連絡待っている。
クリス・ウイリアムス」
ここで、初めてジェーンは自分がとんでもない思い違いをしていたことに気づいた。ベンの居所を知っている人が、こんなサイトを使って、連絡をしてくるはずはない。居所が分からないからこそ、このサイトで調べて連絡してくるのだ。クリスの文面から、クリスはベンの居所を知らないことが読み取れる。しかし、ここで調査を打ち切るのはなんだか惜しいような気がしてきた。このクリスに会って、手がかりになるようなことが聞き出せるかも知らないと気を取り直して、クリスに返事を出した。
「クリス
連絡、ありがとう。実は私はある人からベンを探して欲しいと頼まれて、彼の居所を探しているものです。私は一度もベンに会ってことがないので、少しでも手がかりになるようなことがあなたから聞き出せたらいいのですが、会って、ベンの話を聞けませんか?
デイビッド・リチャードソン」
夫の名前を使って、メールを書いた。ジェーンなんて書くと、女性が結婚相手でも探していると思われると迷惑だと考えたからだ。
翌日クリスから返答が来た。
「デイビッド
君がどうしてベンを探しているのか分からないので、君に会うことが躊躇される。詳しい事情を説明してくれないか?
クリス」
ジェーンは事情をどこまで話したらいいのか考えてしまったが、思いあぐねた挙句、次のようなメールを出した。
「クリス
実はベンが20歳の時、婚約したことのあるジーナと言う女性が病気で死ぬ前にベンに会いたいといっているのです。そのためベンの居所を知りたいのです。
デイビッド」
本当はただ手紙を渡すだけなのだが、そう言うと、余り協力してもらえないような気がして、少しドラマチックに話に尾びれをつけた。
「デイビッド
ジーナがベンを探しているなんて思ってもいませんでした。実は僕はベンが世界旅行から帰った時、一度町でばったり会って立ち話をしたきりなんです。だから、余りお役に立てるかどうかわかりませんが、会ってもいいですよ。そちらの都合のいい時間と場所を知らせてください。僕はもう退職して年金暮らしをしているので、時間はいくらでもありますから。
クリス」
ジェーンにとって都合のいい時間は週日の子供たちが学校に行き、デイビッドも法律事務所に行っている時だ。そこで、来週の月曜日の午前11時にヨーク教会の中で会おうということで、話がまとまった。ジェーンがクリスに目印のようなものを身につけてくれと頼んだら、緑色のセーターと、格子の模様の入ったハンチング帽をかぶってくると返事があった。メールをやり取りしている間、ジェーンはずっとデイビッドになりすましていた。
月曜日はジェーンは子供達を学校に送り届けた後、車をヨークの街の壁の囲いの外の駐車場に停めて、ヨーク行きのシャトルバスに乗って、ヨーク寺院に向かった。ヨーク寺院は高い建物がないヨークの街中で唯一高くそびえる建物だった。大きな黄土色のレンガでできた寺院の中に入ると、ヒーターがつけられているのか、少し暖かかった。着ていた白いダウン毛でできた暖かいジャケットを脱いで時間を見ると、約束の時間までまだ30分あった。寺院の中にも観光客がちらほら見られ、外国人の顔も見られた。観光客は皆パンフレットを片手に、寺院の中を眺めながら歩くので、地元の人間ではないことがすぐ分かる。ヨークの街では教会が一番分かりやすいからここで会おうと提案したのだが、時折聞こえるひそひそ声以外には物音がせず、ここでは話ができないのは明らかだった。11時に会えば昼食の時間までには少し間があるので、いつも込んでいるヨーク名物のベティのカフェも待たずに座れるだろうと考えながら長いすの片隅に腰を下ろし、入り口のほうを眺めて、クリスが現われるのを待った。30分待っている間に、教会に入ってきたのは、若いカップル一組と、老夫婦一組だった。皆、観光客のようだった。
緑色のセーターと、格子の模様の入ったハンチング帽をかぶった男が約束どおり11時きっかり現れ、教会の中をきょときょと眺めた。クリスだと一目で分かった。クリスは、メールの相手は男だと思っているのだから、ジェーンのほうから声をかけない限り、クリスはいつまでも待つことになるのだろうと思うと、ジェーンはいたずらをしている子供のような気持ちになった。
ジェーンは、クリスの前につかつかと近づいていって
「クリスさんでね。私デイビッドという名前でメールを出したジェーンです」と声をかけると、クリスは一瞬驚いた顔をしたが、すぐに嬉しそうな顔に変わり
「いや、デイビッドという名前でメールをもらったので、てっきり男だと思っていたのですが、こんな美人の女性だったのですか」と言った。ジェーンは美人だといわれることには慣れているが、その言葉を聞くとこそぼったい気がいつもする。
「ここでは、話もできませんから、ベッティのカフェに行きませんか?」と言うと、クリスはすぐに賛成したので、二人して寺院を後にした。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(12)

 ほっそりと背が高く、青い目に金髪、そしてほどよい高さの形の整った鼻を持つ美人のジェーンは、いつも男性からの注目の的だった。だから恋人作りに苦労をした覚えはない。ジェーンがだれと結婚するかは、ジェーンを取り巻く人たちの間でよく話題にのぼったものだ。結局ジェーンが選んだ結婚相手は、ロンドンの大学で知り合った同級生のデイビッド・リチャードソンと言う男だった。デイビッドは法学部の学生だった頃から議論好きで口が立ち、将来は優秀な弁護士になるだろうと期待されていた。だから、ジェーンが結婚相手に選んだのはもっともだと、皆納得したものだった。デイビットは弁護士としての見習い期間が終わった後、期待通りロンドンでやり手の弁護士としてめきめき手腕を発揮していた。しかしデイビッドが弁護士になって5年目の年、弁護した男に不利な判決がおりた時、つまり離婚した妻が子供を連れて新しい夫と共にアメリカに渡ることを阻止できなかったことで、その男から逆恨みされ刃物で刺されるという事件があった。幸いにも傷は軽くて命に別状はなかったのだが、その事件の後、いつもの自信に満ち溢れたデイビッドが眉間にしわを寄せて物思いに沈むことが多くなった。結局うつ病に陥ったデイビッドはロンドンの喧騒を逃れて、故郷のヨークに帰りたいと言い出し、ジェーンがデイビッドと連れ立ってヨークに来たのは5年前のことだった。
ジェーンとデイビッドの間にはナターシャという小学2年生の娘とケンという小学5年生の息子がいる。ナターシャは、ミアの子供のカイリーのクラスメートで二人はすぐに仲良くなった。そのためカイリーが家に遊びに来るたびに、送り迎えをするミアと話す機会が増え、二人ともテニスが好きだと分かり、週に一回テニスをするようになって、急速に接近した。
ジェーンは、ミアの夫のマークが、銀行強盗の被害を受けたと聞いた時、デイビッドが刃物で刺された時のことを思い出した。そして、転勤命令が出たとなると、他人事とは思えなくなって、ミアにマークの心の支えになるように忠告したのだ。転勤命令がでたために、ミアとせっかく友達になれたと思ったのに、こんなにも早く別れが来てしまい、ミアとの別れはさびしかった。ミアの一家が車に荷物を積んで家を出るとき、家までお別れの挨拶に行った。その時、ミアからベン・マッケンジーなる人物についての情報と、ベンに渡して欲しいという手紙を言付かった。ミアたちの車が見えなくなるまで、ナターシャと二人で手を振って見送った後、うちに帰ると、ジェーンは早速インターネットを開けて、ベン・マッケンジーのクラスメートを探すことにした。クラスメートというサイトに、ベンの名前と高校名、卒業した年を入れて、誰かが連絡してくるまで、待つことにした。
それから、毎朝子供たちを学校に送って行った後、ベン宛に何かメッセージが入っていないか、調べることが日課になった。
最初の一週間は何の反応もなかった。
初めてメッセージが入ったのは、2週目の木曜日だった。
 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

コレ何?問十三
ヤラ川のど真ん中に、人がいっぱい
Victoria Monsoon News
『ブラックサタデー』、森と人びとの再生
♪サンディーのギャラリー散策♪
Flinders Lane Craft Victoria
Victoria Monsoon News
GippslandのMaffraで酪農場体験
コレ何?問二
貯水桶?

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上