Logo for novels

カウラへの旅(4)

 良太たちが日本人墓地の銘板を見ていると、道路側から一人杖をついた日本人の老人が入って来た。
その老人は良太を見ると、
「見学に来たの?」と、話しかけてきた。
「ええ、オーストラリアの高校に留学しているんです。ホストファーザーの友達が連れてきてくれたんです」と言うと、
「そうなのか。ここには、いわゆるカウラ暴動で亡くなった日本人捕虜が祭られているんだが、日本では聞いたことないだろ、カウラ暴動って?」
「ええ。聞いたことありませんでした」と、良太は素直に答えた。
「そうだよな。皆日本では敗戦のことは忘れようとしている。それを思い出させるようなものは、抹殺したがっているからな」と、その老人は自嘲気味に言った。
「おじいさんは、カウラに収容所があったと知って、来たんですか?」と聞くと、
「ああ、そうだよ。あそこで4年過ごしたからね」
「え?じゃあ、戦争捕虜だったんですか?」
その老人は戦争捕虜と言われて気分を害したらしく、急に黙り込んでしまった。二人の会話を側で聞いていたデニスは、二人の気まずい空気をほぐすように、「カウラによく来るのですか?」と、その老人に話しかけた。
その老人はデニスに日本語で話しかけられて、ちょっと驚いたようで、「日本語がお上手ですね」と言った。デニスは「妻が日本人でしたからね。少し日本語が話せるんです」と答えた。
「私は中島一平と言います」と、気を取り直して、その老人は答えた。そこで初めて「デニスです」「僕は、伊藤良太です」と、三人は自己紹介をした。
「私は、できるだけ毎年カウラに来るようにしていますが、最近は体調も良くないから、今年で来るのは最後になりそうです」と、中島は少しさびしげに言った。
良太はデニスから聞いた話で疑問に思っていた事を、その老人にぶつけてみた。
「デニスさんの話では、収容所での待遇は良かったはずなのに、暴動が起きたって話ですが、どうして暴動が起きたんですか?」
「どうして暴動が起きたか?そうだね。君のように戦後生まれの人には、あの頃の僕達の気持ちは理解できないだろうね」
遠い昔を思い出すように、老人は目を細めて宙を見た。
そして、良太をじっと見つめて、聞いた。
「良太君は、どうしてオーストラリアの高校に留学しているの?」
「どうしてって。まあ両親から言われたからかな」
良太はそんなことを聞く中島の気持ちを理解しかね、突然の思わぬ質問に、しどろもどろしながら答えた。
「英語が習いたくて留学したんじゃないのか」
「別に、英語が習いたいわけじゃないですよ」
良太はぶっきらぼうに答えた。
「じゃあ、高校のおちこぼれって言うわけか?」
良太は確かにおちこぼれだったが、そこまではっきり言われると、気分が悪かった。
良太が黙ってしまうと、中島は
「別に君が落ちこぼれだからって、非難するつもりはないよ。あの戦争があったころは、捕虜になることは、今の落ちこぼれと言われる以上に、恥ずかしいことだったんだよ」と、中島は穏やかな表情で言った。
「捕虜になることが恥ずかしいことなの?」
「うん。出兵する前に軍人としての心構えを叩き込まれるんだけれど、その中に、『生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪禍の汚名を残すことなかれ』という戦陣訓があってね、捕虜になるよりは死んだほうがましだと教え込まれたんだよ」
「どうして捕虜になるより死んだほうがいいだろう」
思わず、言ってしまった。良太は何よりも人命が尊いと教えられてきたのだから、中島の言うことが理解しがたかった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

カウラへの旅(3)

~~ 翌朝、デニスは良太を連れて収容所があった場所に、出かけていった。収容所のある通りは、「さくら通り」と名づけられていた。
収容所跡は、草の生えた野原になっていたが、10メートルばかりの高さの看守塔のようなものがあった。すると、田舎の有線放送のようなものが流れてきた。
「皆さん、戦争捕虜収容所跡にようこそお越しになりました。ここにある看守塔は、戦後再建されたもので、収容所跡には鉄条網がはってあります」
その看守塔の側に大きな木の看板が立てられていた。その看板には、収容所の説明と見取り図が書かれていた。それを見ると、ここには12角形に塀が作られ、ABCDの4つに敷地が分けられていたそうだ。AとCはイタリア人捕虜が、Bに日本人の下士官と兵たちが、Dには日本人の将校、イタリア人の捕虜、朝鮮人と台湾人の捕虜が収容されていたと書かれていた。日本人の下士官と兵で捕虜になっていたのは、1100人余りだったそうだ。暴動を起こしたのは、下士官と兵だったということだ。朝鮮人と台湾人の捕虜がいたと書いてあるのを読んで、良太は不思議に思った。確か、第二次世界大戦で日本と同盟を結んでいたのは、イタリアとドイツだけだったと思ったのだが。
「朝鮮人や台湾人もオーストラリアと戦ったの?」と良太がデニスに聞くと、
「その頃朝鮮も台湾も日本の植民地だったんだよ。知らなかったか?」と、デニスが驚きの声をあげた。
「うん。知らなかった」と、良太は答えたものの、無知をなじられているようで、いい気はしなかった。
収容所跡の敷地内には、6畳ばかりの広さのトイレか台所があったと思われる配水管のあるコンクリートの仕切りの跡があるだけだった。良太が周りを見回すと、収容所は牧場に囲まれていて、なだらかな緑の丘に羊が群がって黙々と草を食べているのが見えた。丘の一角は黄色いカーペットを敷いたように菜の花が咲いていた。とてものどかで、良太には、血なまぐさい戦争とは無関係のような風景が、きのう聞いたカウラ騒動を別の世界の出来事のように思われた。
崩れたレンガの中からカンガルーが出てきて、良太を驚かせた。それも、一匹ではなく、5匹も出てきた。一家でここに住んでいるように思える。皆立ち止まってじっと良太たちのほうを見つめている。良太は、これまで動物園でカンガルーを見たことがあるけれど、野生のカンガルーを見るのは初めてだった。好奇心につられて良太が近づくと、カンガルーたちはピョンピョンはねて、遠くへ逃げて、またこちらを眺める。また近づくと、同じ間隔をあけて逃げ、また立ち止まって、こちらをじっとみつめている。まるで鬼ごっこをしているようである。
デニスが、
「良太、あんまり近づくと危ないぞ。カンガルーに蹴られたら、大怪我するぞ」と言うので、良太はそれ以上カンガルーに近づくのをあきらめた。
「こんなところで暴動があったなんて、信じられないね」と良太が言うと、
「そうだな」と、デニスは答えた。
「じゃあ、今からその暴動で死んだ人達が祭られている日本人の墓地を見に行こうか」と、良太に言った。
地図を見ながら墓所と書かれているところに行くと、舗装のしていないわき道があり、そのわき道に入っていった。すると、両側には、ベッドのようなお墓が見渡す限り並んでおり、それぞれの墓にはあざやかな赤や黄色、青と、色とりどりの花が飾られていた。良太はまるで花畑に迷い込んだような錯覚にとらわれた。しかし車を降りて、墓に書かれている名前を見ると、「William Baker」と書かれている。その隣はと見ると、そこには「Sherry Watson」と書かれている。皆オーストラリア人の名前だった。
「デニス、ここはオーストラリア人のお墓みたいだよ。日本人の墓は、どこにあるのかな」と、良太が周りを見回すと、今入ってきた脇道の入り口あたりの一角が塀で囲まれている。
「もしかしたら、あれかな?」と良太が言うと、
「そうかもしれないね」と、デニスが言い、二人でその塀の一角の中に入っていった。すると、まるで丸太が並んで横たわっているように、黄土色の棒状のコンクリートがいくつも並んで見えた。そのコンクリートには、ローマ字で名前、没年が書いてある銘板が、いくつも貼ってあった。オーストラリア人の墓とは対照的に花は一切なく、ひっそりしていた。良太が、銘板を見ていくと、皆一様に没年のところに、「5-8-1944」と書かれている。
「これって、カウラ暴動の時に死んだ人達じゃないかな」と言うと、デニスも、「きっとそうだよ」と、頷いた。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

カウラへの旅(2)

~~カウラに出かける日は空は青々としていて、9月中旬で春とはいえ、太陽の光がまぶしかった。しかし空気はひんやりとしていて、ジャケットを着て、デニスの運転する中古のトヨタ車に座った。
キャンベラの町を出たのが、午前10時半だった。キャンベラの町中を流れる川の川沿いを走るとすぐに郊外にでた。郊外を出ると交通量が減り、スムーズに車は走り始めた。そして、一直線の道に左右にブッシュと呼ばれる潅木が広がるのが目に入った。日本のように山はほとんどなく、行けども行けども、平坦な地に青い空とユーカリの潅木が見える単調な景色が続いた。途中のヤスという町で、昼食を取った。ヤスは典型的な田舎町で、町の中心にある大通りにカフェやアンティークなど小さな店があるだけで、その通りを抜けると、また家屋がまばらになってきた。カウラの町に着くと午後2時になっていた。190キロの道を休憩も含めて3時間半かかってきたことになる。
道中で、デニスがカウラについて知っている限りのことを説明してくれた。
「カウラ暴動が起きたのは、確か1944年だったな。僕が12歳のときだったからね。その頃、僕の両親は日本人やイタリア人の戦争捕虜の収容所があったカウラの近くに農場を持っていたんだ。暴動が起こった日は、日本の脱走兵がいるというので、カウラの収容所近辺では、非常態勢におかれたんだ。だからその日は学校に行かないで家に閉じこもっていたよ。うちの近くに住んでいたウィーアさんのところは、その日奥さんが一人でいたところ、農場に3人日本人の脱走兵がいるのを見つけたんだそうだよ。その奥さん、肝っ玉が太くて猟銃を持って、その脱走兵に近づいたら、皆武器を持っておらず、ぶるぶる震えていたそうだよ。奥さん、その日本兵たちを見るとかわいそうになって、自分で作っていたスコーンと紅茶をやったら、がつがつ食べたそうだよ。その間に娘のマーガレットに捕虜収容所に通報させたけれど、その脱走兵たちはオーストラリア軍の追跡軍が来るまでおとなしくしていたということだ。あとで聞いたところによると、その日は千人くらいの日本兵が脱走を図って、230人ばかりが死に100人余りが負傷したそうだ。脱走した後、首をつって死んだり、線路に身を横たえて自殺したものもいたそうだ。ともかく食べ物も十分に与え、自由行動もゆるして待遇は良かったはずなのに、どうして脱走したのか、僕たちには理解しがたいんだけれども、そういう事件があったんだよ」
「へえ。待遇が良かったのなら、どうして脱走したのかな。僕にも分からないな」と、良太は答えた。良太は日本史の授業でも第二次世界大戦のことはアメリカと対戦して日本が負けたくらいのことしか習わなかったので、オーストラリアとも対戦したと言うことは初耳だった。
カウラの中心から少しはずれたモーテルに荷物を降ろすと、デニスは、
「ここから、歩いて観光案内所に行けるから、行って見よう」と、良太を誘った。ずっと、車の中ですごしたあとなので、体を動かしたいと思っていた良太は、すぐに「イエス」と言って、うなづいた。
観光案内所は、モーテルから歩いて10分とかからない所にあった。中に入ると、一角に日本の人形が飾ってあった。良太は、ちょっと日本に帰った気分になったが、観光案内所の一角にあるオーディオルームに入ると、そんな気分は吹っ飛んだ。ミニチュアのような女の人が3Dのスクリーンに映し出されたように出てくると、いわゆる「カウラ暴動」の話をし始めた。良太の英語の聞き取り能力では、全部の説明が分かったわけではないけれど、「自分たちが捕虜たちに親切にすると、オーストラリア人の捕虜に親切にしてくれるだろうと思い、町の人達は、捕虜たちに親切にした。けれども戦争が終わると、多くのオーストラリア人の捕虜は飢えと病気、そして過酷な労役で死んでしまっていた」ということは、おぼろげに分かった。良太は自分が日本人だということを一瞬恥じた。
 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

投稿!メルボルン珍百景 26枚目
期待させすぎちゃうレーン
第17回「ナチュラルです」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
子どもと行くメルボルン @Collingwood Children's Farm
春の農場で自然とふれ合おう!
メルボルン・リサイタル・センター
期待度大!オープンしたてのリサイタル・センター。
Victoria Monsoon News
環境のために【第3回】Reduce・Reclaim・Re-use

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上