Logo for novels

百済の王子(10)

~~豊璋には、次々と不幸が襲い掛かった。騎射の見学をした2週間後の5月21日に、百済から一緒に来た 豊璋の従者が病に陥り、急死した。従者とは言え、生まれたときからいつも側にいて 豊璋の面倒を見ていた者だったので、従者の死は、 豊璋には実の父を亡くしたようにこたえた。それに追い討ちをかけるように、その翌日、百済から一緒に連れてきた2歳の 豊璋の息子が死んだ。1ヶ月の百済から日本への船旅は、年寄りや子供にはこたえたようである。子供が死んだと知らされ、 豊璋も 豊璋の妻も、呆然としたが、子供の遺体のある部屋に近づこうともせず、安曇比羅夫の家の者を驚かされた。安曇比羅夫の妻は、
「自分の子供の遺体もみようともしないとは、 豊璋様は非情でございますな」と言うと、百済にいて百済の風習に詳しい比羅夫は、
「そのようなことを言うではない。百済の習慣なのだ。 豊璋殿も奥方も、お子の遺体を見たいのに、その気持ちを我慢されているのだ。子を失って悲しいのは、どこの国の者でも同じことだ」と、妻をさとした。
 豊璋は従者、そして子供を亡くして、意気消沈としており、安曇の家は縁起が悪いと判断したのか、その二日後、安曇の家を出て行った。行き先は、河内長野市大井で、百済人の多い土地であった。その時、子供の遺体は、従者に命じて、石川に葬らせた。蘇我蝦夷や大海人皇子からは、弔辞が届き、倭国で心を許せるものがいないと孤独感に打ちのめされていた豊璋の心を少し慰めた。
子供が死んで2ヶ月たち、夏が巡ってきて、せみの鳴き声がうるさく感じられ始めた頃、皇極天皇から、百済の使者、大佐平智積(ちしゃく)が来たので、宴を設けたいから、 豊璋にも来席するようにと、招待状が来た。 豊璋が天皇に拝謁したのは4月8日であったから、天皇に会うのは3ヶ月ぶりのことであった。智積は、難波に到着した後、すぐに 豊璋に挨拶に来たが、その時義慈王は、新羅との国境にある40余りの城を討ち取り、勢いさかんであると 豊璋に報告した。もっとも実際に軍を指揮し連勝をおさめていたのは、義慈王の右腕であるケベック将軍であった。 豊璋の知っているケベックは、無骨な軍人と言う感じで、政治にかかわることなく、義慈王の忠臣というべき人物であった。新羅はこの時、善徳女王がおさめていたが、義慈王の母は、善徳女王の妹で、義慈王にとっては叔母になる人であった。
7月22日、 豊璋が皇極天皇主催の宴に出席するために宮殿に行った。以前は二人だけで会ったのだが、この度は大勢の客が招かれていた。宮殿の庭を見ると、百済の宮殿とよく似ているので、驚いた。宮殿の中庭には石が敷き詰められた池があり、池の真ん中に、石のモニュメントのようなものが見える。百済にもある須弥山石である。大きな石が三段に重ねられており、3メートル近くありそうなそのモニュメントには、山の形がたくさん彫りこまれている。そしてそのモニュメントの両脇から水が流れ出ている。噴水である。案内をした天皇の臣下に聞くと、「これは百済の石細工人が作ったものでございます」と言うので、自分のいた宮殿の庭と似ているのに、納得した。
 豊璋の席は、天皇の席のすぐ下に設けられていた。そしてそこで、また大海人皇子に再会した。大海人皇子は、皇子の隣に座っていた精悍な感じの青年を紹介してくれた。
「兄の中大兄皇子です」
 豊璋もこの頃になると、少し倭国の内情も分かるようになっていた。中大兄皇子は、皇極天皇と舒明天皇の長男で、皇極天皇を継ぐ人物と考えられていたことを知っていた。もっとも皇極天皇は舒明天皇とは再婚で、前夫との間に子供がいたから皇極天皇にとっては長男とは言えない。また舒明天皇には蘇我蝦夷の妹との間に中大兄皇子の兄にあたる皇子がいたので、舒明天皇にとっても長男とはいえないが、舒明天皇と皇極天皇の間にできた子供3人のうちの長男と言うことである。
中大兄皇子は、大海人皇子が屈託のない陽気な皇子であるのとは対照的に、腹の中が読めそうもない印象を、 豊璋は受けた。
その宴では、皇極天皇が、
「力の強い者に、相撲をとらせてみよ」と言われたので、力自慢の男が3人名乗り出て、相撲を取る事になった。 豊璋にとっては、見たことのない者たちの相撲ではあったが、筋肉隆々とした男たちが目の前で土俵の土を蹴飛ばし、取っ組み合うのを見るのは、迫力のある光景であり、久しぶりにアドレナリンがみなぎった。
酒が入って、宴も興に乗ってくると、庭に出て踊りだすものもいて、 豊璋は久しぶりに心がほぐされた。
その晩、智積は、 豊璋の邸宅に行き、門前で3度ひざまづいてはひれ伏し、拝礼し、 豊璋に敬意を表した。その2週間後に、智積達は、大船と3艘の寄木船を天皇より贈られて、帰国の途に着いた。智積たちが倭国を離れるのを見送った豊璋は、百済の地に流刑されている母や妹のことを思い、ホームシックに陥った。その晩、突然雲行きが怪しくなり雷が激しく鳴り響き、 豊璋は雷の音で目が覚めた。風雨も強くなり、智積たちの乗った船のことが案じられた。案の定、翌日、 豊璋の元に、智積たちの船が岸にぶつけられ、大破したと言う知らせが届いた。幸いにも智積達は命に別状はなく、再び8月26日に、倭国の用意した船に乗って、無事出航して、百済の国に帰っていった。
豊璋が大海人皇子と一緒に狩に出かける約束が実現したのは、翌年の5月に入ってからのことであった。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(9)

 高台の宴では、 豊璋の側には蝦夷の側女と思われる若い女が座って、酌をしてくれた。
「義慈王様は、いかがされておられますか?」
 豊璋は父のことを余り思い出したくなかった。自分や母、妹や弟たちを城から追い出し、寵妃に生ませた長男の隆を太子にしてしまった父に対して、恨みはあっても愛情を感じなかった。しかし、父に対する陰口を叩いて、それが父の耳に入ったならば、それこそ本国に呼び戻されて殺されかねない。ここは当たり障りのない返事をしたほうがよさそうだと、 豊璋は判断した。
「相も変わらず、新羅との国境の城の取り合いに明け暮れております」
「百済は、新羅、高麗と周りを囲まれ、油断なりませんからなあ。暮らしの上で何か不自由をされていることがあれば、この蝦夷に、何なりともご遠慮なくお申し付けくだされよ」
「お心遣い、かたじけなく存じます」
 豊璋達が挨拶を交わしていると、どたどたと大きな足音が響いたかと思うと、狩装束をした大きな男が入ってきた。
「おお、入鹿、参ったか。お客様はすでにおいでだぞ」と、蝦夷がその男に声をかけたので、すぐに、蝦夷よりやり手だと言われる、蝦夷の息子、蘇我入鹿だと、 豊璋は推測した。
その男は豊璋の前に座ると、
「これは、 豊璋殿と禅広殿、よくおいで下された。我は蘇我入鹿と申し、太政大臣を務める者でござる」と言って、頭を下げた。
「今まで何をしておった?」と蝦夷が聞くと、
「狩に参っておりました。キジを獲りましたので、私のキジをお客人に振舞いましょう」と言って、手にぶら下げていた、矢に射たれて首がダランと垂れたキジを、側にいる給仕の女に渡した。いかにも豪快な感じのする男であった。
「入鹿殿は、狩がお得意でおられるのですね」と 豊璋が言うと、横から蝦夷が、
「入鹿が得意なのは狩だけで、武芸のほどは、たいしたことはございません」と答えた。それを受けて入鹿は、
「武芸の秀でた者を護衛として雇っておりますから、我が武芸に専念することはございません」と答えて、豪快に笑った。
 豊璋は最初緊張していたが、酒が回るにしたがって、心も軽くなり、蝦夷たちとの談笑を楽しんだ。
その日、日が暮れる前に、帰りの挨拶をすると、門の前に、荷物の山が置かれていた。
蝦夷は「これは練り金20斤でござる。手土産として、用意いたしました」と、 豊璋に言った。 豊璋が、驚いていると、蝦夷は従者に何か小声で命じた。従者はうなづくと、すぐに馬を連れてきた。毛並みのよい黒々とした馬で、 豊璋が見ても一目で良馬だと分かった。
「これをお近づきのおしるしに差し上げます。わが屋敷にいらっしゃるときは、この馬をご利用なされませ」
 豊璋は、蝦夷の好意に感激して、顔がほころびた。
それから1ヶ月とたたないうちに、また蝦夷からの使いが来た。今度は騎射をお見せしたいと言う。
5月5日は、暖かく、よく晴れていて、騎射の見物には絶好の日だった。
その日、招待されたのは、 豊璋だけではなかった。皇極天皇の次男の大海人皇子も招待されていた。大海人皇子の隣の席を与えられた豊璋は、自然と大海人皇子と話す機会が多かった。
大海人皇子は、馬に乗ったつわものたちが、馬を走らせながら矢を放ち、その矢が的に当たるごとに歓声をあげながら拍手喝采をした。大海人皇子は無邪気なティーンエージャーという感じであった。 豊璋は、この無邪気な皇子がすぐに好きになった。大海人皇子も 豊璋に好意を見せ、
「今度、二人で飛鳥に狩にでかけましょう」と、狩に誘ってくれた。そばで、大海人皇子の誘いを聞いていた蝦夷は、
「飛鳥に行くとは、また額田王様に会いにおいでになるのでしょう。狩は額田王様に会うための口実ではありませぬか」と、からかうように言うと、純真そうな王子は、顔を少しあからめて、
「何を言う」と、怒ったように言った。
 豊璋は、日本の朝廷のことはよく分からないので、額田王という名前は初めて耳にした。
「額田王様と言われるのは、どなたのことですか?」
大海人皇子が答える前に、蝦夷が答えた。
「和歌の才能溢れる、美貌のほまれ高い、皇極天皇の官女です」と、蝦夷はほほえましそうに答えた。
 豊璋は額田王と言うのは、どんな女性だろうかと興味がわいた。この純情そうな王子の心をとりこにするのはさぞかし魅力的な女性に違いない。豊璋は額田王に会えると思うと大海人皇子との狩りを心待ちするようになった。しかし、大海人皇子と一緒に狩に出かけるのが実現したのは、ずっと後のことであった。

著作権所有者 久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(8)

第二章: 豊璋

 百済の王子、豊璋と、 豊璋の妻子、及び豊璋の弟の禅広は一ヶ月の船旅を終えて、2月2日に難波の都に着いた。その頃は、倭国も舒明天皇が亡くなられたばかりで、舒明天皇の皇后だった皇極天皇が即位されて、あわただしい時であった。それでも、到着後20日目に、天皇をしのぐほどの権力を誇ると言われる蘇我蝦夷が、天皇の代理として、 豊璋たちの一行を食事に招き、歓待の席を設けてくれた。 豊璋は、久しぶりに口にする美味と酒に、心がほぐれる思いがした。
その宴の席で、
「豊璋殿、拙宅は粗末でありますが、もし良かったら、拙宅にいらっしゃいませんか?」と、声をかけてくれる者があった。見ると安曇比羅夫(あずみのひらふ)であった。比羅夫は舒明天皇の使いとして百済にいたときに舒明天皇の訃報を聞き、百済の弔使と共に、百済から戻ってきたばかりの外交官である。百済にいるときに 豊璋は、何度か声を交わしたことのある人物だった。これからの暮らしに不安を感じていたところであったから、比羅夫の申し出は、ありがたかった。すぐに、
「かたじけない。それでは、お言葉に甘えて、これより安曇殿に厄介になることにしよう。よろしく頼む」と、言うと。
「こちらこそ。百済の王子様に来ていただけるのは至極光栄でございます。ただ、王子様に満足していただけるように暮らしていただけるかどうか、ちと心配でございます」と比羅夫は笑顔で答えた。
比羅夫に誘われて2日後、 豊璋が連れて行かれた安曇山背の家は、大きな門構えではあったが、わらぶき屋根の、 豊璋が百済で暮らした宮殿とは、比べ物にならないくらい、みすぼらしい家であった。しかし、人質の身では、文句も言えない。妻子といっしょに暮らせるだけでも幸せかもしれないと思い直した。 豊璋たちは、比羅夫の家の離れ屋で、生活をし始めた。2月なので、まだ寒く、オンドルで暖められた宮殿のことを思い出し、時折ため息がでた。
 豊璋が、皇極天皇に拝謁できたのは、その歓迎会から2ヶ月も過ぎた4月8日のことだった。その日は、青空が行き渡る暖かい日だった。豊璋が従者を後ろに控えさせて、天皇のいらっしゃる御殿に赴くと、板間の一段と高くなっている壇上に簾がたれており、はっきりとは顔を見られなかったが、皇極天皇が、壇上に座っているのが、シルエットのように見えた。壇上の前に敷かれた鹿の皮に座らせられた豊璋は、平伏して、深々と頭を下げた。その 豊璋の頭の上を通り抜けるように、天皇の男のように低い声が聞こえた。
「この度の長旅、疲れておろう。よくいらしてくださった。王子は安曇山背連の館に住まわれておると聞いておるが、何か不自由なことがあれば、遠慮なく、安曇比羅夫に申されよ」
「ははあ。ありがたき幸せ」と、 豊璋は、一段と頭を低く垂れた。
天皇との拝謁は、それで終わった。
短い拝謁ではあったが、緊張していたさいか、その晩は豊璋はひどく疲れを感じた。
その2日後に、 豊璋は、再び蘇我蝦夷から、食事の招待を受けた。蝦夷と顔を合わせるのは、2月の歓迎の宴以来のことであった。2月の宴では、高麗の使いも一緒だったせいか、余り個人的に話すこともなかった。高麗の使者は2月末にはすでに帰っていたので、このたびは、弟の禅広と二人だけが招待を受けた。
 豊璋と禅広は、畝傍(うねび:今の奈良県橿原市)にある蝦夷の屋敷の前に到着すると、その壮大さに目を見張った。天皇の御殿と余り大差はないように思われた。門の前には門番の兵が4人ばかり、いかめしい顔をして立っていた。そして、案内されたところは、見晴らしのよい高台であった。高台には蝦夷が笑顔を浮かべて待っていた。
「 豊璋殿、禅広殿。よくお出で下された。さあ、座ってくだされ」
 豊璋は座る前に周りを見回して、その景色の素晴らしさに目を見張った。高台の下は大きな池があり、池には白にオレンジ色と黒の模様をつけた大きな鯉が何匹も群れになって泳いでいるのが見られた。池には橋がかけられ、橋のたもとには桜の花が咲き乱れ、そのピンク色の花びらが、青い空に浮かび上がっていた。遠くには山が見え、高台は静寂に包まれていた。
「なんと、美しい景色ですね」と、たたえると、蝦夷は顔をほころばせて、
「いや、お気に召して、何よりです」と、満足そうだった。
高台から2,3キロ離れたところに、立派な建物が見えた。
「あの、建物は、どなたのお住まいですか?」と豊璋が聞くと、
「あれは皇極天皇の宮殿ですよ」と言う答えが戻ってきた。
「宮殿を見下ろせる場所にお屋敷を持たれているのですか?」と豊璋は驚いて聞いた。百済では、宮殿を見下ろせるような所に、宮殿と変わらないような立派な屋敷を臣下に持たせるなんて考えられないことだった。それはとりもなおさず、蘇我氏が天皇以上の権力を持っているという証のように思われた。
蝦夷は痛快そうに笑った。

 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(7)

~~「額田王様。私が何をしたというんです!お待ちください」
セーラは自分の命の危険を感じて、必死になって叫んだ。
セーラの言葉にセーラのほうを振り向いた額田王は、きっとなった顔でセーラをにらみつけると、「お前は私の姿をとって、私の魂を奪ったではないか」と答えた。
「魂を奪う?どういう意味でございますか?もし額田王様が写真を撮られて危害に遭われたとお思いなら、私の写真を撮って、そのようなことはないと証明して見せます」
セーラの切羽詰った顔を見て、額田の恐怖は少しやわらいだようだ。少し冷静になった声で、額田は言った。
「お前が自分の写真を撮ると申すのか?」
「そうです。そうすれば、額田王様に危害を及ぼすものではないかとお分かり願えるのではないでしょうか?現に、写真を撮ったあと、額田王様、気分が悪くなられましたか?」
セーラは動揺する心をできるだけ抑えながら、冷静を装って、額田を何とか説得しようとした。額田は、セーラの言葉の言葉に心を動かされたように、
「面白い。それでは、自分の姿を写してみよ」と答えた。
「よろしゅうございます」と言うと、セーラは自分に向けて写真を撮り、すぐに額田に見せた。
「ご覧ください。私が写っておりますが、私は何ともありません」
額田はセーラの写真とセーラをしばらく見比べていたが、
「確かにお前が写っておる。お前は平気なのか?」
「勿論平気です。もし額田王が写真がお好きでないなら、額田王の写真を消します」
「もしも、私に危害を及ぼすものでないなら、消す必要はない。おもしろいおなごじゃ」と、セーラに向かって言うと、今度は従者に向かって、
「この者を下女として、使うがよい」と、言って、奥に消えてしまった。
セーラは殺されずにすんだことに感謝したものの、下女として使われるなんて、真っ平だと思ったが、逃げることもできなかった。セーラは、引っ立てられるまま、台所らしきところに連れて行かれた。そこには、3人の女が、忙しそうに、働いていた。その女の中で一番年上と思われる女に向かって、額田の家来は、
「この女を、下女として使えという額田王様のご命令だ」と伝えて、セーラを残してすぐにスタスタと去ってしまった。
年かさの、きたならしい着物を着た女は、不安げにつったっていたセーラを見て、上から下に視線を走らせ、
「そこにつったっていないで、さっさと水を汲んできな」と、ぶっきらぼうに言うと、どこかに消えてしまった。
水を汲みに行くと言っても、水を入れる容器とか、どこに水を取りに行くのかも分からない。セーラが呆然として突っ立っていると、まだ15歳くらいと思われる、そばかすだらけの小柄な少女が、セーラに近寄って、
「はい、これ」と5リットルの水がゆうに入りそうな大きな水がめを手渡した。受け取ると、どっしりと手に重みがかかる。
「こんな重いものに、水を入れるの?」とセーラが聞くと、その女は、無邪気そうな顔をして
「そうよ。今まで水汲みは私の仕事だったんだけれど、あんたがやってくれるみたいだから、嬉しいわ」と答えた。そして、
「私はお里と言うんだけれど、あんたの名前は?」と聞いた。
「セーラ」
「セーラ?あんた、倭国の人間じゃないみたいだけれど、どこから来たの?」
お里が聞いたとき、後ろで、あの年増の女の怒鳴り声がした。
「何を無駄口叩いているんだ。どこに水を汲みに行けばいいか、教えてやんな」
お里は、首をすくめて、素直に
「はい、お香様」と言うと、セーラに向かって
「水は近くの川まで汲みにいくのよ。ついて来て」と、水がめを頭にのせると、さっさと歩き始めた。セーラもまねをして水がめを頭にのせると、重い。頭の上でバランスがとれなくて、ぐらぐらするのを両手でしっかり押さえて、お里のあとを追った。
お里のあとをついて、谷に向かって山道を歩いていると、獰猛な感じのひげを生やして獣の毛皮を羽織った男に出くわした。まるで狩をするように、その男は弓矢と剣で武装していた。男の後ろからやせ細ったぼろ切れを着たような男達十数人が、数珠繋ぎのようになって歩いているのに出くわした。一行の後ろには、先頭の男と同じような頑丈な感じの男が槍を持ってついていた。セーラは、数珠繋ぎになった男達がうつむいて黙々と歩く姿を見て、まるで屠殺場に連れて行かれる羊のようだと思った。お里は、その一行を見てもたいして驚いたふうもなく、その一行をやりすごすと、何事もなかったように、スタスタと歩き始めた。セーラは、一体あの人達は誰なのだろうかと思い、お里に聞いた。
「あの数珠繋ぎになった人達は、罪人なの?」
「いいえ。あの人達は、蘇我様のお屋敷を建てるために地方の豪族から差し出された奴婢よ」と、こともなげに言う。
「奴婢って、奴隷のことよね」と、セーラが確認すると、お里はうすら笑いを浮かべて、
「そんなに驚くことないじゃない。私達だって奴婢だもの」と、答えた。
それを聞いて、セーラはこれからどんな過酷な人生が待っているのかと思うと、目の前が真っ暗になった。

 
著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

キャンプだ ホイホイホイ!
夏はもうすぐ アウトドアライフを 満喫しよう
投稿!メルボルン珍百景 2枚目
毎週土曜更新!あなたが思わずニヤケた瞬間
79 / 87days -キャンベラ-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
25-28 / 87days -美しく青きインド洋-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
オーストラリア近代美術センター
アートギャラリーだけでなく建築デザインもユニーク!

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上