Logo for novels

百済の王子(18)

セーラはそれまで毎日会っていた 豊璋に一日でも会えないので、心寂しい気持ちになった。そしてそんな自分の心の動きに驚いた。
「彼はどうしているのだろう」と、その日何度も思った。だから、翌日には、いつものように呼ばれるに違いないと思っていたが、 翌日も豊璋から声がかからなかった。
「どうされたのだろう?お忙しいのかしら?」
セーラは豊璋のことが気がかりで、夕餉を運んで来た若い下女に聞いた。
「今日は、まだ 豊璋様はお戻りではないかしら?」
「ご主人様はお戻りです」
「そうなの。お忙しいのかしら」
セーラの問いかけに、下女は、少し戸惑ったような顔をして、セーラを見た。何か知っているが、それを得たいの知れぬ女に言っていいものかどうか、迷っているようだった。
「何か、あったのね?何があったの?教えてちょうだい」
下女は上目遣いにセーラを見て、もじもじした。
「あなたから聞いたなんて、誰にも言わないから、教えて」
セーラは最後には哀願するように聞いた。
下女は、しばらくもじもじしていたが、思い切ったように顔をあげて言った。
「蘇我入鹿様が、中大兄皇子様に討たれたのです」
「蘇我入鹿?中大兄皇子?」
セーラにとっては耳新しい言葉だった。よく考えれば、 豊璋には自分の知っていることを話はしたが、 豊璋から、この国のことについて何も聞いていないのだ。
セーラの疑問に、下女のほうが、驚いたようだった。そして、自分がおしゃべりしすぎたと思ったのか、
「それでは失礼します」と、セーラの疑問には答えないで、そそくさと部屋を立ち去った。
セーラはその晩、眠れなかった。何か異変が起こったようだ。それが 豊璋にどのような影響を及ぼすのかはっきり分からないので、いろいろ悪い想像が膨れ上がり、不安でいたたまれなくなって、夜中何度も目が覚めた。暗闇で考えることは不吉なことばかりであった。
次の日、不安のために食欲もわかず、朝食を残してウツウツとしていたセーラは、夕暮れ近くなって、 豊璋に呼ばれた。下女から、 豊璋が呼んでいると聞いたときは、嬉しくて、 豊璋の部屋に向かうときには小走りになっていた。
 豊璋の前に座ると、 豊璋は憔悴しきった様子だった。セーラは下女から聞いた話は、知らないふりをすることにして、もの静かに聞いた。。
「お顔の色がすぐれませんが、どうされましたか?」
すぐには、セーラの質問には答えないで、 豊璋は大きなため息をついた後、言った。
「そなたに言っても始まらないが、きのう大変なことが起こったのだ」
「何が起こったのですか?」
「中大兄皇子という方の名前を聞いたことがあるか?」
「いいえ。知りません」
「お前が額田王の屋敷で会った大海人皇子の兄君だ」
「ああ、あの方の…」
セーラはなかなかハンサムだった大海人皇子の顔を思い浮かべた。
「その中大兄皇子がどうなさったのですか?」
 豊璋は、大きく肩で息を吸って言った。
「中大兄皇子がきのう、蘇我入鹿様を殺されたのだ」
セーラは、きのう下女から聞いたことを思い出した。下女はどうして中大兄皇子が蘇我入鹿を殺したのかまでは説明してくれなかった。ただ、重要人物が皇子に暗殺されたことだけは理解できた。
「きのうは新羅の国の大使が貢物を持って来たというので、その献上の式に私も呼ばれて宮中に行ったのだ。その式場には護衛の者を連れて入れぬことになっていたので、いつもは強靭な護衛に囲まれていた蘇我入鹿殿は一人でお入りになったのだが、物陰に隠れていた中大兄皇子が突然刀を振りかざして、入鹿殿を殺されたのだ」と言うと、思い出すのもおぞましいというように身震いした。
「どうして中大兄皇子はその蘇我入鹿という人を殺したのですか?」
「それは、蘇我入鹿にとられていた権力を天皇家に取り戻そうとしたからであろう。確かに蘇我入鹿は皇極天皇を無視して、色々無礼なことをしてきたのは、我も聞いたことがある。豪族どもは天皇に政のお伺いはせず、全て蘇我入鹿殿によってとりしきられていたということだ。しかし、私がここに来たときには入鹿殿の父上、蘇我蝦夷殿は余を畝傍の自宅に呼んで、両刃、鉄蹄を贈ってくださった。初めて来た地で心細い思いをしていたので、その時の嬉しかった気持ちは今でも忘れられぬ。蝦夷殿には余が倭国に来てこの2年の間、しばしば余を自宅に呼んで歓待していただいたものだ。その蝦夷殿は入鹿殿が暗殺されたと知るや否や、お屋敷に火を放ち、自害されたということだ。いたましいことだ」
悲愴な面持ちで語る豊璋は、自分の実の父親が亡くなったような衝撃をうけているようだった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(17)

 豊璋が声のするほうを見ると、中大兄皇子が蘇我入鹿に突進して行き、隠し持っていた刀を抜き、蘇我入鹿の頭と肩をめがけて切りつけた。皆、突然のことで唖然としている。切りつけられた入鹿は血を流しながら必死に逃げようとする。それを見ていた参列していた豪族の一人、佐伯連子麻呂も刀を持って入鹿の足を切りつけた。入鹿は足を切られてよろけながらも、天皇がすわっている玉座に這うようにしてたどり着き、驚きで凍り付いたようになっている皇極天皇を見上げて言った。
「玉座についていらっしゃるのは天皇のはずです。私に何の罪があるのです。天皇なら私の無実をご存知のはずです。とうぞお取調べください」と息絶え絶えに訴えた。
天皇は入鹿の訴えを聞くと、今にも入鹿の息の根を止めんと刀を構える中大兄皇子をキッとにらみつけ
「いったいどうしたのです。どうしてこのようなことをするのです」と、中大兄皇子を大きな声でとがめられた。すると、皇子は天皇の前にひれ伏すと、今までの憤懣を一気に爆発させて答えた。
「入鹿は天皇家の人間をことごとく滅ぼし、王位につこうとしました。どうして入鹿に王位をつがせることができましょうか」
皇子の剣幕に、天皇は返す言葉もなく、玉座から立ち上がると、何もおっしゃらないまま、奥に引っ込まれてしまった。天皇家の人間を滅ぼしたというのは、入鹿が聖徳太子の息子、山背大兄皇子と彼の一族を殺したことを指していることは、そこにいた者には、すぐに分かった。天皇が奥に引っ込まれると、天皇は入鹿を見捨てられたと解釈した佐伯連子麻呂ともう一人の豪族、稚犬養連網田は、玉座の前で息絶え絶えで横たわっている蘇我入鹿を滅多切りにした。その時になってはじめてあちらこちらで悲鳴が起こり、儀式に参列していた人達が、我を先へと宮殿の外に向かって逃げ始めた。 豊璋はすぐにはその場を離れられなかった。凍りついたようになり、その場の成り行きを見ていた。入鹿は見るも無残な姿になった。入鹿が確実に動かなくなったのを確かめると、中大兄皇子は兵士を呼んで、死体は庭に放り出させた。宮殿の中庭は、雨に打たれた死骸から流れ出る血で真っ赤に染まった。悲惨な光景だった。 豊璋は衝撃を受けてよろけた。蘇我入鹿とはそれほど親交はなかったが、入鹿の父親の蝦夷からはよく歓待を受けていた。すぐに蝦夷の顔が思い浮かんだ。蝦夷は息子の死をどのように受け止めるだろうか。自分に従っていた他の有力豪族に声をかけて、復讐のために中大兄皇子を襲うのであろうか。ともかく大変なことになった。 気を取り直した豊璋は、すぐに宮殿の外に向かった。早く出ようと思っても、足がもつれて、思うように動かない。やっとの思いで外に出ると、待っていた供の者に「すぐに屋敷にもどろう」と言って、蝦夷にもらった愛馬に飛び乗った。供の者たちは、顔面蒼白になった主人を見て、何事が起こったのかといぶかったが、訳を聞くのははばかられ、すぐに主人の後を追って、屋敷に戻った。屋敷に戻ると、 豊璋はすぐに禅広を呼び、今日のできごとを声を震わせながら語った。
禅広は、「クーデターが起こったのですね」と不安そうに言った。
「そのようだ。宮殿に入るときに刀も取り上げられ、護衛兵ともきりはなされてしまった。これは、中大兄皇子がはかったことに違いない」
「我々はどうなるのでしょう?」
禅広が心配顔で聞いた。
「我々に直接害が及ぶとは思えない。中大兄皇子は、蘇我氏から天皇家が実権をとりもどすために蘇我入鹿を殺したと天皇に弁明していた。しかし、我々は蝦夷殿にはよくしてもらった。伝え聞いたことによると、天皇家の祝儀の席に、蝦夷殿と入鹿殿は、百済の官服を着て出席して、ひんしゅくを買ったこともあったというくらいだ。蘇我氏はそれほど、百済に傾倒しておられた。入鹿殿が亡くなられた今、蝦夷殿はどうされるのだろうか。下手をすると国中が戦争になるかもしれない。蘇我氏に従う豪族は多いからな。ただ中心人物だった入鹿殿が死んだとなると、今まで蘇我氏に従っていた豪族が離れていくことが考えられる。いずれにせよ、蘇我氏の権力が失墜したことは確かだ。供の者を蘇我氏の屋敷に送って様子を伺わせよう」と、 豊璋は、すぐに蘇我邸に供の者を送った。供の者には、様子を見るだけで、すぐに戻ってくるように言いつけた。下手に蘇我氏にかかわっては、自分に災難が及ぶと思ったからだ。
供の者は、すぐに戻ってきた。
「大変です!蘇我氏のお屋敷は炎上して、蝦夷様は自害なされたそうです」
その知らせに 豊璋と禅広は思わず立ち上がって、同時に叫んだ。
「本当か!」
「とうとう蘇我氏は滅びたのか…」と、 豊璋は独り言のように言って膝から崩れ落ちた。
そして、自分も太子の地位を追われた時のことを思い出した。この世では、権力をもつかどうかで生死が決まる。これからの自分達の境遇が気がかりだった。
著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(16)

第四章:乙巳の変
その日、7月10日には、 豊璋は三韓進調の儀式をするから、宮殿に来るようにと、宮中から通達を受けていた。三韓進調と言うのは、朝鮮半島の三国、高句麗、百済、新羅が外交儀礼として貢物をする儀式のことである。 豊璋は、その儀式に参列するために、百済から取り寄せた贈り物を荷車に乗せさせ、蘇我蝦夷にもらった馬にまたがって、宮殿に向かった。雨がシトシト降り、宮殿へ行くまで、馬は泥道に足をとられてはかどらず、いつもよりは時間がかかった。宮殿内にある大極殿に着くと、宮殿の外に立っていた兵士から
「ここから先は護衛無しでお願いします。また刀をお持ちでしたら、お預かりします」と言われ、刀を取られた上、供の者を残して、一人大極殿に入った。 豊璋は、新羅の善徳女王の使者のいる下座に案内され、その使者のそばで待つようにと言われた。新羅と百済は仇敵の中だ。どちらも今ある三国をまとめて朝鮮半島を統一したいと言う念願をもっている。倭国もそれを知っているが、倭国を百済からも新羅からも貢物をもらう大国であるということをみせつけるための儀式なのは明らかであった。前にも言ったように、新羅の善徳女王と 豊璋の祖母、善花王女は姉妹である。 豊璋の祖父、百済の武王は、美人の誉れ高かった善花王女に恋して善花の父親の真平王の反対を押し切って結婚したと言う。政略結婚が普通だった王室としては珍しいケースだった。しかし、そのために 豊璋の父、義慈王は、母親が敵国の者だというので、百済の豪族から即位を阻められ、随分苦労したことは、誰もが知っていることであった。だから、新羅の王家に対して血縁だからと言って親近感をもつことはなかった。三韓進調と言っても高句麗の使者は見当たらなかった。今の実権を握っている蘇我入鹿の姿もまだ見当たらなかった。皇極天皇が出ていらっしゃるのを待っいると、後ろから肩を叩かれた。振り返ると、いつの間にか蘇我入鹿が入ってきて豊璋の後ろに立っていた。
「 豊璋殿も、呼び出されましたか?なんともや、新羅の使者への謁見に 豊璋殿まで呼び出すなんて、天皇もお人が悪いですな」と言って、ウワハッハと豪快に笑った。おおっぴらに天皇の悪口を言うなんて恐れ多いことができるのは、この国では蘇我入鹿しかいない。
「 豊璋どの。これは大きな声では言えませんがな、最近他国からの使者が貢物を持ってきた時にわざわざ天皇がお会いになると言うことはありませなんだ。全て私に任されていたのが、今回はわざわざお会いになるという。おかしいとは思いませんか。百済にとって憂慮するべきことかもしれませんなあ」と言った。
「でも、私が来た時も天皇にお会いしましたよ」
「いやあ、一国の王子が来たときは、ただの使者が来た時とは違いますよ」と蘇我入鹿は 豊璋の気持ちをさか撫ぜるようなことを言った。
『確かにそうかもしれない。これは倭国と新羅が手を結ぶということだろうか?』と 豊璋は不安な気持ちに陥った。
朝廷の有力な豪族たちもそろい、皇極天皇がおでましになり、天皇の側には古人大兄皇子が控えた。古人大兄皇子は、皇極天皇の夫だった舒明天皇が、蘇我蝦夷の妹に産ませた子だ。皇極天皇の後継者として、うわさされているのを 豊璋もきいたことがある。天皇が玉座につかれると、まず、新羅の使者が皇極天皇に挨拶をし、善徳女王から預かっていた上表文を朗々と読み上げた。そのあと、倉山田の臣(おみ)麻呂が、新羅の貢物の目録を読み上げ始めた。ところが、途中から読み進んでいた麻呂の声が震え始めた。どうしたのかと麻呂を見ると、顔に汗が吹き出ている。そのうち目録を持っている手までも震え始め、どうしたのかといぶかっていると、蘇我入鹿も、麻呂の態度に不審を抱いたようで、麻呂に向かって、「なぜ震えているのか?」と聞いた。麻呂は一瞬息を飲み込んだが、「天皇のお側近くにおりますのがおそれおおくて、不覚にも汗をかきました」と答えた。すると、その言葉が終わるか終わらないかと言うとき、「やあ」と大きな掛け声が宮殿内に響き渡った。

著作権所有者 久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(15)

~~セーラは、毎日のように、 豊璋の前に連れて行かれて、オーストラリアについて聞かれた。生活習慣、技術などが話題にのぼった。ただ技術面の質問には、どんなものがあるかは説明できても、どうすればそれができるかなんて、技術者でないセーラには全く答えられなくて、 豊璋を失望させた。そして、月日のたつのは夢のように早かった。セーラが 豊璋の家に来て、夏が来て夏が去り、秋が来て秋が去り、冬が来て冬も去り、春が来て春も去り、また夏が来た。セーラは1年も日本に住んだことは今までなかったので、四季を通して、日本の自然の美しさを再発見した。夏の蒸し暑さには正直参ったが、それでも蝉がかしましく鳴く山の木陰で涼むのは、心が和んだ。秋は、柿やナシなどのセーラにとっては珍しい果物を満喫できたし、冬の雪景色も美しかった。あっという間に一年が過ぎ去った感じだった。段々古代の日本の生活に慣れてきたとは言え、時折2015年のオーストラリアが懐かしく、目が潤むこともあった。
7月に入って蒸し暑い日が続く9日目のことだった。
その日、セーラは、 豊璋に対する講義のお勤めを終え、、 豊璋の部屋を出るときに、 豊璋から「明日は、宮殿に呼ばれているので、お前は自由にしてよい」と言われた。
それを聞くと、 豊璋に会うのが楽しみになってきていたセーラは、がっかりしてしまった。
「どこかに参られるのですか?」と聞くと、、 豊璋は笑みを浮かべて、
「明日は都に参って、天皇にお目にかかる」と言った。
「さようでございますか。お気をつけておいでなさいませ。お帰りを楽しみにしています」
セーラの口から自然とそんな言葉が出た。そして、 豊璋に段々惹かれて行っている自分に気づいて、とまどって顔を赤らめた。、 豊璋はそんなセーラに笑顔で答えた。
セーラは 豊璋の屋敷に来てから、自分に与えられた部屋と、 豊璋の部屋との往復しか許されておらず、 豊璋に会わないとなると一日中部屋に閉じこもっていなくてはいけない。この世界に迷い込んだときは命の心配をしていたが、その危険がないと分かると、自由を奪われたことがつらくなってきた。自由を束縛されていると言っても部屋の前に見張りが張り付いているわけではない。、 豊璋が出かけた日、セーラはそっと戸を開けて覗いてみると、誰の姿も見えなかった。セーラは少し大胆になってきた。そっと部屋から抜け出し、いつも 豊璋の部屋に行くときに履くわらじが外にあるのを見て、そのわらじを履いて、庭に出てみた。周りを用心して見回したが、誰も出てくる様子はない。塀の所まで駆けていって、塀につかまって外を見た。そこには、他に人家も見当たらず、広い野原が続いていた。これでは、塀の外に出ても、行くところもない。仕方なく自分の部屋に戻ろうとしたら、人声が聞こえてきて、思わず木陰に隠れた。声の主は、 豊璋の家の下男と下女だった。
「 豊璋様もお気の毒な方だなあ」と男が言うと、
「本当に。百済の国では太子の地位を奪われ、この国に人質として送られるとは」と下女が言っているのが聞こえた。
セーラは下男、下女の会話を聞いて、自分が 豊璋について、何も知らないことを改めて気づかされた。セーラはてっきり 豊璋は、この国の来賓として住んでいるものとばかり思っていた。
 豊璋も、結局は異国に無理やり住まわされているところは、自分と同じ境遇である。そう思うと、セーラは 豊璋との距離が一挙に縮まり、ますます親近感をもつようになった。

著作権所有者 久保田満里子
 
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

59-65 / 87days -WWOOF-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
0 / 7days -タスマニア-
3カ月でオーストラリアを1周する方法 【タスマニア編】
マウント・イライザ
ビーチの景色が素晴らしいフランクストンの秘密の場所
中央郵便局からショッピングモールへ
MELBOURNE建物図鑑
子どもと行くメルボルン @クリスマス2015
必見!レゴツリー✩

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう