Logo for novels

百済の王子(26)

セーラは、 豊璋の呆然とした顔を見ると、深い失望感に襲われ、その場にじっといるのが耐えられなくなって、くびすを返すと、小走りで自分の部屋に駆け戻った。

部屋に戻ると動悸が激しい。顔も真っ赤にほてっている。なんて馬鹿なことを言ってしまったのだろうと後悔した。妻を失って嘆いている男に、愛の告白をするなんて、狂気の沙汰だと自分でも思った。これから 豊璋と顔を合わせる度に、お互いに気まずい思いをしなければいけない。それならいっそ、今まで通り、胸にひめていたほうがよかったと思うと、思わず唇をかんだ。

しばらくすると、セーラの部屋の戸を小さく叩く音が聞こえた。セーラはハッとして戸を開けたものかどうか、躊躇した。すると、聞こえるか聞こえないかの小さな声で、「部屋に入ってもよいか」と、豊璋の声がした。

セーラはまだおさまらぬ胸の動悸をおさえながら、

「どうぞ、お入りください」と、 豊璋に負けないくらい、小さな声で答えた。

すると、板戸がするすると開いて、音もなく 豊璋が部屋に入ってきた。

そして、セーラの前に座ると、セーラの両手を取って、

「そなたが好いてくれているとは、夢にも思わなかった。そなたは、美しいし、賢い。我もそなたが好きではあったが、病身の妻が哀れで、そなたに言い寄る気にはなれなかった。それに、まさかそなたも我と同じ思いとは、しらなんだ」そう言うと、セーラを自分の胸に引き寄せ、しっかり抱きしめた。セーラはまさかこんな展開になるとは思ってもいなかったので、胸の動悸はますます高まるばかりだった。

その晩、二人はしとねを共にした。セーラは、 豊璋の力強い抱擁にきらめくような思いでその夜を過ごした。明け方の日が昇り始めたとき、 豊璋は、部屋を出て行った。 豊璋の妻が死んで間もないのに、こんなことになるのは不謹慎だと思い、 豊璋もセーラも、二人の関係をしばらく二人だけの秘め事にすることにしたのだ。家の者がおきだす前に、 豊璋は後ろ髪を引かれる思いで、セーラの部屋を去った。

 豊璋が部屋を出て行った後も、セーラは、 豊璋が自分と同じ気持ちだったことを知って、満ち足りた気持ちで、眠りに陥った。

翌日、目が覚めた時は、日はとっくの昔にあがっていた。おりんが、呼ばなければ、昼まで寝たいところであった。

おりんが、

「セーラ様、いつもお美しいと思っていましたが、今日は特にお顔が輝いて見えます」と言った時、セーラは自分の気持ちが見通されたようで、一瞬ドキッとした。

その日、午後になって、 豊璋に呼ばれた。いつもはいそいそと 豊璋の部屋に赴くのだが、今日は、どのように 豊璋の前で振舞えばいいのかと、緊張して、ゆっくりと 豊璋の部屋に向かった。いつものように、 豊璋の部屋の前で正座して、「セーラでございます」と挨拶をしたが、挨拶をしたあと、しばらく下を向いていると 豊璋が、

「どうしたのだ。部屋に入れ」と、言ったので、 豊璋の顔を見ると、 豊璋は笑顔を浮かべていた。その笑顔を見ると、普段のしゃちほこばった顔と随分差があり、セーラはに愛らしく感じられて、思わず微笑み返した。

「そなたもどうやら寝不足のようだが、我も寝不足で、困る」と、たいして困ってもいないような顔をして 豊璋が言うので、

「私も寝不足です。困ります」とセーラは甘えるように言った。

 豊璋は、セーラの耳元で、

「今夜もそなたの部屋に参るから、寝不足にならぬように、早く仮眠をとっておくが良い」と言うので、セーラは、

「そういう 豊璋様こそ、寝不足が続かないように、注意なさいませ」と言って、顔を赤らめた。

そうセーラが言うと、 豊璋はいつもの生真面目な顔に戻って、

「そう言えば、夕べ、そなたは千年先から来たと言ったが、千年先の百済の国は、どうなっているのか、知っているなら、教えてくれぬか」と言った。百済の王子として、豊璋が百済の国の将来を気にするのは無理もない事であった。

 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(25)

セーラは自分の部屋に戻ったあと、葬儀にはどんな服装をすればいいのか、知らないことに気づいた。

セーラは、母方 の祖父の葬式に参列したことがあるが、その時は、皆黒い服か着物を着ていた。オーストラリアでは地味な色あいの服であれば、黒でなくても良い。祖父の葬式 で黒い髪に黒い服の日本人が会場一杯にいるのを遠くから見たとき、セーラは何だか、アリの集団をみているような奇妙な感覚に襲われたのを思い出した。葬式 に出席するとなると、黒い服がいるようだが、セーラには黒い着物はなかった。おりんにどうすればいいか聞く以外ない。

おりんを呼んで

「黒い服が明日いるのだが、用意してくれない?」と頼むと、

「黒い服?どうして黒い服がいるのですか」と、要領を得ない。

「明日 豊璋様の奥方のお葬式に出るように言われたの」

「お葬式に黒い着物でいらっしゃるつもりですか?」と、驚いた顔をする。

「だって、葬式には黒い着物を着るものでしょう?」と言うと、

「とんでもありません。白い着物を着るものでございますよ」と呆れ顔で、言う。

「倭国では、黒い着物を着るものだと思っていたが、白い着物を着るのは、百済の習慣なの?」と聞くと、

「倭国でも、百済でも、白い着物を着るのが慣例になっております」と答える。

どうやら日本の長い歴史の中で、いつの間にか、喪服の色が、白から黒に変わったようだと、セーラは気づいた。

「それでは、白い着物を用意して頂戴」と、おりんに衣装の準備は任せた。

翌 日の葬儀には、棺に入れられた奥方の遺体の後をついて行列ができ、セーラはその行列の後ろのほうに加わった。行列の先頭を行く男たちのグループからは、物 悲しい歌声が聞こえてきた。田んぼに囲まれた細い道の沿道には、百済の装束を来た老若男女が、並んで座っており、棺が側を通ると、一斉に「アイゴ!アイ ゴ」と、体をゆすぶって泣きはじめた。どうやら百済からの移民のようだが、皆百済の国の王子の妃に敬意を表しているようだった。

棺は、1時間ばかり歩いたところの小高い丘の上に埋められ、その上を小山のように、土を盛り上げられた。まるで、この世界に来る前に見た、宮尾古墳の小型のようであった。墓の前で、 豊璋をはじめ、皆 一斉に両手を顔の前で重ね合わせて顔をおおって、ひざまづき、平伏しては、立ち上がる動作を三回繰り返した。セーラも見よう見まねでみんなのあとについて 三回平伏した。それから、行列は、来た道を引き返した。引き返すときは棺はなく、皆しおしおと帰る足取りは、行くとき以上に、遅かった。この日は、セーラ は 豊璋と言葉を交わすチャンスはなかった。

葬式があって1週間、 豊璋から音沙汰なかった。セーラは 豊璋のことを思うと夜なかなか眠れ なくて起き出し、頭をひやすために庭に出た。その晩は満月の夜で、月の明かりで、庭が照りだされていて、明かりをつけなくても、庭を散策できた。セーラが 庭にある池の近くに来たとき、月を見ながらたたずんでいる男のシルエットが見えた。最初誰だか分からなかったが、近くに寄って、 豊璋だと気づいて、声をかけるべきかどうか、迷った。しばらく躊躇をしたが 豊璋は物思いに沈んでいて、セーラが側にいることも気づかない様子だった。その横顔が憂いに満ちていて、セーラの心を締め付けた。だから、セーラのほうから思い切って 豊璋に声をかけた。

「 豊璋様、まだお休みにはならないのですか?」

 豊璋は、セーラから声をかけるまで、セーラが近くにいるとは気づかなかったようで、びっくりしたようにセーラのほうを振り向いた。

「ああ、そなたか。そなたこそ、まだ寝ないのか?」

「今晩はどういうものかなかなか寝付けず、庭を探索しています。奥方様のことを思い出しておられたのですか?」

「百済のことを思い出しておった。百済では太子として育てられ、あんな変事さえ起こらなければ、妻もいつか王妃となれただろうに。異国の地で、人質として死ぬことになるとは、夢にも思わなんだであろう。運命と言うのは、どう変わるか分からぬと思っておったところだ」

運命はどう変わるか分からないという感慨はセーラにもあった。

「そうですね。本当に分からないものですね。私もまさかこんな世界に迷い込むことになるとは、思いもしませんでした」

「そう言えば、そなたも異国にいるわけだな。あの月を見てごらん。きっとそなたの国の者も同じ月を見ておることであろう。そう思えば、少し心慰められるのではないか」

セーラは思わず、言ってしまった。

「いいえ。残念ながら、私の家族は、この月を見ていません。千年以上も先の月を見ていることでしょう」

 豊璋はセーラの言葉に驚いたようで、

「千年先の月と言うのは、そなたが未来から来た人間のように聞こえるが、そなたは未来から来た人間なのか」

セーラはここまで言ってしまったからには、今更隠すこともないと正直に話す決心をした。この一年間 豊璋を見てきたが、 豊璋なら真面目に自分の話を聞いてくれるという確信のようなものが芽生えていたのだ。

「私の国、オーストラリアは、この時代にはまだ存在しない国なのです。私の母が日本人なので、私は日本に遊びに来ているときに、この時代に迷い込んでしまったのです」

 豊璋は、ぽかんとした顔をした。セーラの話を信じるには、まだ時間がかかりそうだった。

「私が額田王様にお見せした携帯電話は、私の国では皆使っているものです」

「そう言えば、そなたは不思議な道具を持っておったな。それでは、あれは千年先に作られたものなのか?」

「そうです」

 豊璋は、セーラの言葉を素直に信じたようだった。セーラの顔をじっと見て、

「さぞかし、自分のいる国に帰りたいことであろう」と、心の底からセーラに同情して言った。セーラは思わず言ってしまった。

「確かに、あなたにお会いするまでは、どうにかしてオーストラリアに帰りたいと、そればかりを願っておりました。でも、あなたに会って、この国にいるのも悪くないと思うようになりました」

 豊璋は、セーラの言っている意味をすぐには飲み込めないようだった。

「それは、どう言う意味だ」

なんて、にぶい男なのだろうと、セーラはいらだたちを感じて単刀直入に言った。

「それは、あなたを好きになったからです」

 豊璋は、セーラの気持ちをまるで分かっていなかったようで、返す言葉を失った。

 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(24)

何分立ったのだろう。段々セーラの力も尽きてくる頃、フット、豊璋の奥方が息を吹いた。

「しめた!」と思うと、また力が出てきて、人工呼吸を続けると、奥方の顔に少しずつ赤みが出てき始め、ついに奥方が薄目を開けた。すると、 豊璋は、奥方の顔を覗きこんで、大きな声で何か韓国語で言った。多分「私が誰か、わかるか?」ときいているように思えた。すると、奥方はかすかだが、うなづいた。

 豊璋は喜びを隠し切れない様子で、「タイギダ、タイギダ」と言いながら、奥方の手を固く握った。すると、奥方は最後の力を振り絞るように、韓国語で何か言ったかと思うと、事切れた。セーラには韓国語は分からないが、奥方の最後の言葉、「コマスミダ」と、言う言葉が耳に残った。

妻が一旦生き返ったと喜んでいた 豊璋は、それがぬか喜びだったと分かって、妻にすがりついて、号泣した。セーラも奥方が生き返ったと信じたのに、たった一言言葉を残して息を引き取ったことにショックを受け、呆然とした。そして、 豊璋の泣きわめく姿を見て、その場にいたたまれなくなって、部屋を出た。部屋を出ると、朝日が出て、夜が明けていた。セーラは自分の部屋に戻ると、じっと一点を見つめて深い思いに陥った。 豊璋の取り乱した様子を思い出した。 豊璋がいかに妻を愛していたか、見て取れた。不思議なことに奥方に対する嫉妬心はわかなかった。ただ 豊璋が哀れで、これからの彼の精神状態だけが気になった。

それから二日、屋敷は火が消えたように、ひっそりとしていた。奥方の葬式が行われるのだろうが、セーラには何も声がかからなかった。セーラはその間、 豊璋の身だけが心配で、ご飯も喉に通らなかった。

セーラが 豊璋に呼ばれたのは、奥方が亡くなって1週間たってからだった。豊璋は、この1週間で随分やつれてしまっていた。

セーラがいつも座る場所に身を落ち着けると、豊璋は、

「先日は、妻を生き返られせてくれてかたじけない。礼を申すぞ」と言った。

「とんでもありません。何もお力になれず、残念です」とセーラが頭を下げると、

「いやいや、お前のおかげで、妻の最後の言葉が聞けた。それだけでも、ありがたいと思っている。倭国に来た年に子を亡くし、それ以来妻は病気がちだった。子を亡くしただけでなく、今度は苦楽を共にしてきた妻を亡くした。さびしいことよ。思えば、妻と結婚したのは私が太子に立てられた12歳のことだった」

「12歳で結婚したんですか?」

セーラはオーストラリアで16歳未満で結婚することを禁じられているのを思い出した。12歳といえばまだ小学校の6年生だ。

「そうだ。妻は有力な豪族の娘で、皇太子妃としてたてられたのだ」

「じゃあ、見合い結婚だったんですね」

 豊璋は、不思議そうな顔をして、セーラを見た。

「結婚と言うものは、そうではないか。親や周りの者がお膳立てしてくれるものだが、お前には、ほかに結婚する方法があると思うのか?」

「私の国では、自分で好きな人をみつけて結婚するのが、普通です」

「それでは、好きな人ができるまで独身でいるのか」

「そうです。ですから、一生結婚しない人もいますよ」

セーラは母親の友人のことが頭に浮かんだ。教員の仕事をしていて、仕事が面白くなって、仕事と結婚したような人が何人かいる。

セーラは、 豊璋が皇太子だったのなら、妾もいたのだろうと、 豊璋の女性関係に好奇心が沸いてきた。

「 豊璋様には、奥方のほかに、第二夫人とか、第三夫人とか、いたんですか?」

「いた」と、 豊璋は当たり前のことのように答えた。

「じゃあ、今も、そういう人がいるんですか?」

そういうと 豊璋は、寂しそうに笑った。

「人質の身で、そんな贅沢はできぬ。皆百済に残してきた」

セーラは悪いことを聞いたと思って、黙ったままでいた。

「明日、妻の葬儀を営む。そなたも出てくれ」と、言った。

その日、豊璋と交わした言葉は、それだけだった。

 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(23)

第五章:セーラの恋
軽王子が即位され、孝徳天皇の時代となり、3ヶ月は何事もなく時間が過ぎていった。その間、セーラの 豊璋に対する思いだけが段々募っていった。セーラを、一人の人間として扱ってくれるのは 豊璋だけだとセーラには思われた。 豊璋には、タイムスリップ以外のことは、話せるようになっていた。以前は、こんなことを言うと、 豊璋を怒らせるのではないかとビクビクしていたのが、今ではそんなことがあったのがうそのように、 豊璋の前では自然に振舞えた。
平穏な日々が続いていたある日、セーラが夜中目を覚ますと、セーラの部屋の前を人があわただしく行きかう音が聞こえた。尋常ではないことが起こったような嫌な予感がしたセーラは、すぐに普段着に着替えて、庭に出た。外はまだ明けきっておらず、薄ぼんやりとあたりが見える中を、いつもセーラの世話をする下女が、小走りで 豊璋の部屋に向かっていくのに出くわした。セーラは、 豊璋の身に何かおきたのではないかと、胸騒ぎがし始めたので、思わず、その下女を呼び止めた。
「おりん。何事が起こったのです?」
おりんはセーラのほうをチラッと見て、
「奥方様が危篤に陥られたのです。急ぎますので、ごめんくださいませ」と言うと、頭を下げて走り去った。豊璋の妻とは、セーラは一度きりしか会っていない。セーラが初めて屋敷に連れてこられたとき、見たきりであった。 豊璋を玄関で出迎えた、美しいが陰気くさそうなやせた小柄の女を思い出した。 豊璋の妻に何が起こったのだろう。危篤と言うことは、病気の可能性がある。医者でもない自分が 豊璋の妻を見ても、何の助けにもならないだろう。でも、もしかしたら、何か手助けをすることができるかもしれない。そう思う一方で、もし 豊璋の妻が死ねば、 豊璋は自分をもっと女としてみてくれるかもしれない。錯乱した思いが頭をよぎった。二つの思いがセーラの心の中で葛藤したが、セーラは豊璋の妻の死を望む自分の思いを振り払うように首を振って、「いや、 豊璋には随分世話になっている。彼の恩に少しでも報いるためには、 彼の妻の病気を治す手助けができるなら、手伝いをすべきだ」と何度も自分を説得させるように小声でつぶやいた。そして、 豊璋の妻を救いたいという気持ちが打ち勝った時、セーラは、おりんの後を追っていった。おりんを追えば、 豊璋の妻のいるところが分かると思ったからだ。おりんが行ったところは、 豊璋の部屋を通り越して、セーラの住んでいる部屋とは真反対の所にあった。
部屋の戸は閉まっていたが、板戸の隙間を通して、中に明かりがともされているのが見えた。そして、 豊璋の声が聞こえたが、韓国語で何か言っているようで、セーラには意味は分からなかった。しかし、泣き叫ぶようなその声は、セーラの胸を貫いた。
部屋に、水の入ったたらいを持って入ろうとしていたおりんを呼びとめ、
「その水、私が持っていくわ」
と、おりんの手からたらいを引ったくるようにしてやり取り上げ、あっけにとられているおりんを後にして、セーラは躊躇することもなく、部屋の戸を開け、中に入っていった。
部屋の中で、横たわっている豊璋の妻の側で、妻の手を握って泣き叫んでいる豊璋は、セーラが部屋に入っていっても気がつかないようだった。
セーラは持って入ったたらいを 豊璋の妻の枕元に置くと、 豊璋の妻の顔を見た。
青白くなった顔。紫色になった唇。半眼。命の火が消えていくのが見て取れた。セーラは、すぐに人工呼吸をする以外に、 豊璋の妻を生き返させることはできないと判断した。人工呼吸をしたって、手遅れかもしれない。でも、何もしないで手をこまねいているよりはましだろう。
そう思うと、凛とした声で、 豊璋に言った。
「 豊璋様、どいてもらえませぬか?」
 豊璋は、声の主がセーラであることに気づいて、
「そなた。ここで何をしている?」と驚きの声をあげた。
「ともかく、奥様を生き返させたいとお思いなら、おどきください」ともう一度、 豊璋に言って、 豊璋の妻の鼻をつまみ、 豊璋の妻の口を開け、大きく息を吸い込んで、自分の息を豊璋の妻の口に注ぎ込んだ。あっけにとられている 豊璋を遠ざけると、セーラは奥方の上に馬乗りになり、奥方の胸を両手で思い切り押した。息を吹き込むと、奥方の胸が膨れ上がる。それを渾身の力をこめて、両手で押す。一心不乱で、その動作を繰り返した。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

コレ何?問二
貯水桶?
子どもと行くメルボルン @Alice's Wonderland
屋内の人気スポット✩
オーストラリアで乗馬体験!
乗ってみないとわからない、この達成感
子どもと行くメルボルン @Werribee Mansion
1世紀前の子ども部屋で遊ぼう♪
子どもと行くメルボルン @Albert Park
色んなことができる公園!

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上