Logo for novels

百済の王子(31)

656年

豊璋は毎年来る百済から来る使節団に、「国では何か変わったことはないか?」と聞くと、 使節団の代表が、暗い顔をした。何か悪いことが起こったのではないかと、問いただすと、やっと重い口を開いた。

「佐平の成忠様が亡くなられました」と、悲痛な顔をしている。

「佐平の成忠と言えば、父君の信頼していた側近ではないか?どうして死んだのだ?」

言ってもいいものか、言わないほうがいいのかと迷ったあげく、使いの者は、

「実は王様は、民が飢饉のために苦しんでいるのも省みられず、皇太子、隆様の宮殿を修繕して、民をむやみに労役にかりたてたり、酒色に溺れられているので、佐平の成忠様が、お諌めしたところ、王様のお気に触り、投獄されたあげく、獄死されてしまいました」と、言った。

百済でそんなことが起こっていたのかと 豊璋は衝撃を隠せなかった。 豊璋が国に居たときの義慈王は、血気盛んで、新羅との国境にある城を攻めては、百済の領土をどんどん広げていた。民を治めることに熱心で、酒や女に溺れることなどなかった。ただ、新羅を敵対視して、あるときなどは、新羅の金春秋(のちの武烈王)の娘と娘婿を、降伏したにもかかわらず殺したことで、金春秋の恨みを買っていると聞いたことがあった。母を追放してしまい、兄を皇太子に立てた父に対して、反感のみがあったが、自分が百済を離れた後の父は、少しはめをはずしすぎているのではないかと、ますます父のことが理解できなくなってしまった。

豊璋が父の堕落ぶりを始めて来た時から4年の月日が流れた660年の7月、斉明天皇の元に、百済から使いが来た。その使いの者は、至急、斉明天皇にお目通りを願いたいと、懇願した。斉明天皇が、使いの者に会うと、使いの者は、頭をさげたたま、今にも泣きださんばかりに言った。

「大唐と新羅とが力を合わせてわが国を攻めました。そして義慈王様、恩古皇后様、隆太子様を捕虜として連れ去りました。このため国では兵士を西北の境に配置し城柵をつくろい、山川をたちふさごうとしています」

この緊急事態は、天皇を驚かせた。今まで、新羅と百済はいつも国境の取り合いで紛争が絶えなかったが、唐までも巻き込んでの戦争が朝鮮半島で始まったとなると、倭国も傍観しているわけにはいかない。すぐに皇太子の中大兄皇子を呼び寄せて、どう対処すべきかを相談することにした。このニュースはすぐに 豊璋の元にも届いた。

「なに!父君が新羅の捕虜となられた?」

父が政治に興味を失って酒色におぼれ、旱魃で苦しんでいる百済の民の声を聞こうともしないと臣下の間でも批判が出始めたことは耳にしていたが、そこまで百済が危機に陥ったとは、 豊璋は思ってもいなかった。

「もうこれで、百済もおしまいか」と、 豊璋は、奈落の底に突き落とされた思いがした。ただ一つ頼みの綱は、斉明天皇が援軍をだしてくれるかどうかである。何年か前に、巨勢徳陀子が中大兄皇子に、新羅を討つようにと進言したが、無視されたという話を聞いたことがあったので、今回も倭国は動こうともしないのではないかと思うと、いても立ってもいられなくなって、すぐに宮殿にかけつけた。なんとしても、援軍をだしてもらわなければならない。一途にそう思った。

天皇への取次ぎを願うと、すぐに天皇に会うことができた。

天皇は、

「ちょうど、そなたに使いを出そうと思っていたところだ。中大兄皇子とも相談したところ、わが国としても、黙ってみているわけにはいかない。すぐに戦の支度をするように命じた。駿河の国で即急に船をつくるように命じたところだ。案ずるな」と言われたので、 豊璋は少し気が休まった。

 

著作権所有者 久保田満里子

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(30)

孝徳天皇が即位されて9年目の654年のある日、豊璋の屋敷に、朝廷から使者が来た。
その使者は、「天皇が崩御されました」と、悲痛な顔で天皇の死を告げた。
孝徳天皇は、即位されたときにすでに49歳であったから、58歳になっていた。その当時としては長寿になる。だから、悲報を聞いても、豊璋はそれほど驚かなかった。


セーラは豊璋から
「天皇が崩御されたそうだ。今から宮中に参ってくる」と聞き、思わずきいた。
「皇極天皇が退位された後は、誰が天皇になるかでもめましたが、この度もまた一騒動あるのでしょうか」
それを聞くと豊璋は、
「今の皇太子の中大兄皇子は、孝徳天皇よりも実権を持っているとうわさされているお方だ。中大兄皇子が天皇に即位されることに反対する者はおるまい」と、確信に満ちた声で答えた。


ところが、宮中から帰ってきた豊璋は、
「今度、また皇極天皇が即位されるそうだ」と、セーラに告げた。
「退位した天皇が、また即位されるのですか?どうして中大兄皇子は、即位されないのでしょう?」と、疑問も投げかけた。
「さあ、多分中大兄皇子は、皇太子として自由な身を、当分続けたいと思われたのではないだろうか。もしかしたら、中臣鎌足の入れ知恵かもしれない」
「中臣鎌足って、誰です?」
セーラの質問を聞くと、豊璋はにっこり笑って、言った。いつもはセーラに聞くことが多いので、自分がセーラに何かを教えられるというのは、嬉しいらしい。


「そなたは、あまり倭国のことを知らないようだな。乙巳の変のことを憶えているか?」
「ええ。蘇我入鹿が殺害された事件ですね」
「そうだ。あの事件は中大兄皇子が中臣鎌足と密かにたくらんだことは公然の秘密だ。中大兄皇子が唯一耳を貸すのは、中臣鎌足の助言だと、もっぱらのうわさだ」
「そうですか。確かに、ほかならぬ自分の実のお母様が天皇になられれば、自分を裏切ることはないと、安心しておられますものね。でも、天皇って、いつでも退位して、また即位することが、できるものなのですか?」
「いや、初めてのことらしい。今度は斉明天皇と呼ばれるそうだが、中大兄皇子に説得されて、いやいや即位されることになったらしい」
「まあ、そうですか。以前豊璋様は、誰でも権力を持ちたがるものだといわれましたが、そうでもない方もいらっしゃったのですね」
「それは、斉明天皇が女人だからだ」
豊璋のこの言葉にセーラはカチンと来た。


「女だからこうだと、決め付けないでください」
「そなたもいつも権力をもちたがる者の気が知れないと言っていたではないか。それは、そなたが女人だからだ。違うか?」
「女だって、権力の好きな人はいますよ。たとえば…」と、セーラが、オーストラリアやイギリスの女性の首相の話を例として挙げようとすると、豊璋は、議論を続けるのがめんどくさくなったようで、
「分かった、分かった」と、セーラの話の腰を折ってしまった。


セーラはぷりぷりしながら、自分の部屋に戻った。
「男って、いつも自分の議論が負けそうになると、話の腰を折るんだから」とつぶやいた後、急に笑い出した。
「男だからこうだなんて、既成概念で物事を考えるのは、私も豊璋様と同類ね」と、ひとしきり笑うと、豊璋を許す気になった。

著作権所有者 久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

【新連載スタート!】MELBOURNE建物図鑑
メルボルン建築の代表 州立図書館
オーストラリア最大のエンターテイメント劇場
MELBOURNE建物図鑑
ソブリン・ヒル
ゴールド・ラッシュ時代へタイム・トラベル!
オーストラリア最大級の大学RMIT
MELBOURNE建物図鑑
子どもと行くメルボルン @Watsonia図書館
日本語でストーリータイム!

最新記事

毎日5分!5種類ストレッチで肩こり腰痛すっきり生活
今すぐ実行できる身体改革ワークショップ
アジア・ポップ・コートヤードに行ってきました。
アジアンナイトを楽しもう!
子供と一緒に落語を聴こう~立川こしら独演会~
子供達にもぜひ、生の古典落語を!!
週末どこ行く?何をする?2月第3週
今週末のメルボルン ★2月17日(金)~2月19日(日
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう