Logo for novels

百済の王子(36)

  豊璋達の船は、瀬戸内海を通った後、日本海の荒波にもまれて、百済に向かった。百済の戦況がどうなっているか全く分からない。船の中で佐平貴智から、今までの戦況を聞いた。
「新羅は度々唐と組んで、百済を滅亡しようと、何度も唐に援軍の要請をしていたようです。最初この要請を無視していた唐の高宗が、ついに、唐の将軍、蘇定方に対して、水陸13万の兵を率いて百済を討伐するように命じ、新羅の太宗武烈王にもこれを支援するように命じたのです。」
「13万の兵!」
 豊璋は、その数だけでも、圧倒される思いだった。今一緒に百済に向かっている援軍は5千人である。
「その情報が入ってきたとき、義慈王様は、どうしたらよいかと臣下に問われたのですが、皆これと言って妙案も浮かばず、王様もどうされたらいいのか分からない状態が長く続いたのです。王様の行いをいましめたため、拷問されて獄死した成忠様は、唐と新羅の連合軍が攻めてくることを予見して、陸では白江の防衛を進言されていましたが、王様は、成忠様の助言を無視されました。また、古馬弥知(こまみち)県に流されていた佐平の興首(こうしゅ)も同じような作戦を進言していましたが、王様はこれは興首が流罪にされた恨みから、王様を惑わすために言った作戦だと決め付けられ、興首の進言も無視されたのです。結局は、唐軍がその地を通過した後に迎撃すべきと、王様は決断されました。後で分かったことですが、王様が作戦会議を開いている間に、唐軍はその地をすでに越えて侵入していたのです。新羅の太子法敏は、徳物島で唐の将軍、蘇定方を出迎え、蘇定方から『7月10日に百済の南で新羅軍と合流して、義慈王様の居城、都城を討ちたい』と言われ、7月10日に合流することを約束したと言う情報を我軍が得ました。新羅の王、太宗は、新羅の有名な武将キムユーシンらに命じて精兵5万人を率いて唐軍に呼応させようとしているというので、我が軍のケベック将軍がその合流をはばむため、5千人の決死隊を率いて、戦闘に臨まれました。この決戦については、すでにお聞き及びのことと思いますが、5千対5万、最初から勝ち目がなかったのですが、ケベック将軍は3度も戦闘を繰り返し、防衛されました。しかし4度目の合戦ではついに力尽きて戦死されました。でも、ケベック将軍の決死隊の阻止で、新羅は唐と合流する予定日に遅れ、蘇定方は怒って、新羅の将軍を斬ろうとしたそうです。蘇定方の部下が、新羅の将軍を斬れば、新羅が離反するだろうと助言して、蘇定方を何とか思いとどまらせたと聞きました。
蘇定方は城山から海を渡って上陸する際に泥沼で手間取っていましたが、柳の筵(むしろ)を敷いて上陸し、熊津江口まできてしまいました。我が軍は、川に沿って陣を敷いて防衛にあたっていたので、唐軍は東岸よりあがって山上に陣を張り、結局は我が軍は大敗してしまいました。海を覆いつくす圧倒的な数の敵の大軍の前に我が軍は敗れて数千人が死にました。残りの我が軍の兵士は恐れをなして我先にと逃げ去ってしまいました。蘇定方の軍は潮に乗って、川に入ってくる船とともに、水陸両面から進撃してきました。都城から20里のところで我が軍は防戦しましたが、一万余人が殺されたり捕虜になり、敵軍が都城に迫ったので、王様と太子隆様は北境に逃げ去られました。城には王様の次子であられた泰様が残っておられ、王様の後をつがれましたが、7月12日には蘇定方によって都城が包囲されましたので、泰様は開城を余儀なくされ、降伏されました。それを聞いて、もはやこれまでと、7月18日に唐軍に義慈王様は投降され、百済は滅亡したのです。その後は、王様をはじめ、13人の王子様と大佐平沙宅千福様ら37名。あわせて50余名が唐の皇帝、高宗の前に引き立てられたそうでございます。王様の命も危ういと思われていましたが、意外にも唐の皇帝から恩勅を賜り、放免されたそうです。しかし王様は憤懣やるかたなく、心労で倒れられ病死されました。高宗は、王様の臣下に葬列に参加することを認められ、呉の最後の皇帝であった孫日告と、陳の王であった陳叔宝の墓の側に王様を葬り、碑を建てて、礼遇を尽くしたそうです。そのあとは、唐が百済をことごとく平定し、百済は6州に分けられ、百済の王族は東都に献ぜられたそうです」
佐平貴智の話を聞き終わると、 豊璋は、自分を待ち受けている状況が厳しいことを知った。一つ心を慰められたのは、父が屈辱的な死に方をしたわけではないことだけだった。自分の一族は、唐の皇帝に手なづけられてしまっているようだ。
「残念ながら、百済の重臣でありながら、新羅に寝返って、官位を授けられ、栄華を極めているものもおりますが、鬼室福信様のように、義兵を募って、抵抗を続けている者も大勢います。達率だった黒歯常之様は、唐軍の捕虜となりましたが、唐軍の暴虐を見るに見かねて、任存城に逃げて義兵を募ったところ、3万人も集まったそうでございます。これにはさすがの蘇定方の軍は手も出せず、退却したので、勢いついた復興軍は、200もの城の奪還に成功したのです。しかし、この勢いは長くは続きませんでした。高宗が新たに王文度を派遣して、援軍を送ったため、10月には一旦取り戻した城も取り返され、黒歯常之様は1500名の義兵と共に斬首されたということです。今も残って抵抗を続けているのは、佐平鬼室福信様と、僧侶どうちん様でございます。みなが心を一つにして戦うためには、 豊璋様を王としてお迎えしようということになってのです」
  日本に来るときは、航海している間中船酔いに悩まされたが、血なまぐさい話を聞いていると、船酔いもしなかった。

参考文献 全栄来 「百済滅亡と古代日本」雄山閣

著作権所有者:久保田満里子

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(35)

百済の王子(35)

661年9月、豊璋と多臣蒋敷(おおのおみこもしき)の妹の結婚式が、天皇も参列されて、おごそかに行われた。新妻は、まだ15歳の幼い感じのかわいらしい女であった。婚礼に参加した人々は、「なんと愛らしいお方じゃ」と、新婦を絶賛する声があちらこちらからもれ聞こえたが、豊璋の顔には、妻を娶る男の喜びは見られなかった。皆は百済の国の存亡が彼の肩に掛かっているのだから、豊璋の顔が暗いのも当たり前だと受け止めたが、豊璋の心の中には、セーラが完全に自分の前から消えてしまったことの悲しみで満ちていた。
 婚礼の後はすぐに、豊璋が王として、新妻が王妃として、かしこまって冊立を受けた。
「我もあとで、援軍を率いて、百済に参るから、心配は無用じゃ」と斉明天皇に言われ、心強く思われた。
  豊璋はすぐに屋敷に戻ると、戦場に行くための準備をし始めた。倭国にいる間、武術の鍛錬は怠っていた。人質の身だったので、へたに鍛錬して、倭国に疑惑をもたれるのが嫌だったからである。だから、多少の不安は感じた。こんなとき、セーラがいたら、どんなに慰められただろうと思うと、心の中にぽっかり空いた空洞は、簡単には埋められないものだと思われた。しかし、セーラのことだ。戦争なんて馬鹿馬鹿しいからするなととめただろうなと思うと、思わず苦笑いした。留められても行かなければならない。結局セーラとは言い争うことになりそうだと思うと、これで良かったのかもしれないと自分を慰めた。新妻と連れ立って、 豊璋が屋敷を出たのは、百済王と冊立されて、一ヵ月後のことだった。新妻はおとなしい女で、豊璋が話しかけない限り、自分から物を言うことがなかった。自分の意見をすぐに言うセーラとは大違いで、豊璋にとっては、少し物足りない女であった。豊璋とは20歳近くも年が違うので、妻のおさなさが気になるのは仕方のないことだった。
662年5月 豊璋が、出発先の難波の港に行くと、170艘の船が港につながれており、壮観な眺めだった。集まった兵士も1万余人と言うことだった。大勢集まった兵の中に、 豊璋が来日した当初、宿泊先を提供してくれた大将軍安曇比羅夫の姿を認めたとき、思わず微笑が浮かんだ。第一陣の指揮者として安曇が一緒に行くと伝えられたとき、百済にも住んだことのある安曇なら頼りになると、心強く思った。
「安曇殿、この度は、百済への援軍、よろしくお願い申す」と声をかけると、
「 豊璋様と一緒に戦える日が来るなどとは、夢にも思いませなんだ。決死の覚悟で戦いに臨む所存でございます」と、かしこまって言った。
「安曇殿にそう言ってもらえると、頼もしい」
「決死といえば、ケベック将軍は決死隊を連れて、新羅と唐の合流を阻めたと聞きましたが、惜しい将軍をなくされました。ケベック将軍には百済にいたときには、随分世話になりましたが、彼ほどの豪快な将軍はめったにいないと思いました」
 豊璋もケベックの最後については、うわさは聞いていた。決死隊5000人を連れて出陣する前、家に帰る未練を残してはいけないからと、自分の妻子を殺したと言う事だった。
ケベックの余り笑いもせず生真面目だった姿を思い出しながら、 豊璋は、
「我も惜しい将軍をなくしてしまったものだと思う」と、感慨深げに答えた。
難波の港で、天皇、皇太子を始め、大海人皇子、乙巳の変の立役者、中臣鎌足、義兄にあたる多臣蒋敷(おおのおみこもしき)、それに倭国の朝廷の主だった人の顔が見られた。
 豊璋は、多臣蒋敷(おおのおみこもしき)に、「妻の世話、くれぐれも頼む」と言い残して、不安そうな顔で見送る妻に、「必ず戻ってきて、そなたを百済の王妃にしてみせる」と言って、船に乗った。自分が王になれる確率は、半々。新羅だけとの戦いならまだしも、唐との連合軍となると、自信はなかった。ただ斉明天皇が、船350艘を造って送ると約束してくれたので、少しは勝ち目がありそうにも思えた。しかし、船を突貫工事で造っている駿河の国で、へんなうわさが流れているのを知る由もなかった。そのうわさというのは、船が竣工した後、ある夜、理由もなく、船尾とへさきが入れ替わっていたというのだ。これを見た人達が、「これは我軍が負ける前ぶれではないか」と言い始めた。そんなうわさが流れると、それに同調するような者も出てきて、「ハエが群をなして西のほうに向かっていって、大阪を乗り越えたのを見た。その大きさと言ったら、天にも届いた。これは救援軍が敗れる前兆に違いない」と、言い始め、民間人は、この戦いは負けるだろうと、悲観的だった。

著作権所有者:久保田満里子

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(34)

 セーラは、「豊璋が妻を持てば、自分の居場所がなくなってしまう。それに豊璋が百済に帰ったら私は一人になってしまう」と思うと、いても立ってもいられなくなった。 豊璋の煮え切らない態度にも失望させられた。 豊璋に会ってから、一度も21世紀に戻りたいとは思ったことがなかったのに、今日初めて、21世紀に戻れるものなら、戻りたいと思った。

豊璋が百済に帰って、そばにいなくなる人生をこの右も左もわからない土地で一人暮らすことを考えると耐えがたく、いてもたってもいられなくなった。「どうしよう、どうしよう」と、まるでおりの中の熊のように、部屋の中をぐるぐる回りながら、セーラは考えに考えた。そして考えたあげく、一つの結論に達した。あの道に迷った場所に行ってみようと思い立ったのだ。

もし21世紀に戻れるなら、あの場所しかない。そう決心すると、すぐに旅支度をして、豊璋に手紙をしたためた。書く手が何度も止まった。豊璋と過ごした楽しい思い出がドッとのセーラの脳裏に押し寄せた。そのたびに涙がぽたりと紙の上に落ちるので、慌てて目をぬぐったが、すぐにまた新たに涙があふれ出て、セーラを困らせた。

夜遅くなって人目が無くなるのを待って、セーラは、そっと屋敷を出た。月夜の明るい晩で、明かりをつけなくても、歩けそうだった。音を立てないように門をそっと開け、外に出ると、草むらの中に一本の細いあぜ道が月明かりに照らされてどこまでも続いているのが見えた。セーラは、どんどん南に向かって道を歩いた。

一度だけ、 豊璋の屋敷を振り返った。静寂に包まれた屋敷が、遠くに見えた。心の中で「さようなら、 豊璋様」と言うと、また 豊璋の屋敷に背を向けて、ひたすら歩いた。涙がぽたぽた落ちたが、セーラは涙をぬぐおうともしなかった。

翌朝、 豊璋は目が覚めると、夕べのセーラとの諍いを思い出した。 豊璋にはセーラがどうしてそんなに腹を立てるのか、いまだに理解できなかったが、後味は悪かった。自分が謝る必要はないと思うのだが、わだかまりを何とかなくしたい。そう思って、セーラの部屋を訪れた。

セーラの部屋の前で、「セーラ、おるか?」と 豊璋は声をかけたが、返事がない。思い切って、戸をあけて部屋をのぞくと、セーラはいなかった。ふとんも片付けられていて、部屋の真ん中に手紙があるのが目に入った。何だか不吉な予感がして、すぐに手紙を手にとった。手紙を読んでいくうちに、 豊璋の顔色が変わった。

すぐに「誰かおらぬか!」と大声で下男をよびつけると、
「セーラが屋敷を出て行ったようだ。探せ!」と、命じた。
下男たちが、 豊璋の命令で、近所を探し回ったが、セーラの姿は、どこにも見えなかった。

その晩、 豊璋は、セーラが戻ってくるのではないかと、門の前に一晩中火をともして置くようにと、家来に命じた。しかし、翌日になっても、セーラは戻ってこなかった。 豊璋は初めてセーラを失った哀しみに襲われた。

いつも側にいるのが当たり前だと思っていたので、心に大きな穴があいて、そこに寒風が吹き付けるような痛みを感じた。

 

著作権所有者: 久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(33)

 豊璋の婚礼のことは、すぐに使用人の間で広まってしまった。婚礼のためには準備がいる。いつまでも使用人に黙っているわけにはいかなかったのだ。

セーラの世話をしていたおりんが、つい口をすべらせたことで、セーラは豊璋の婚礼を知ることになった。おりんは、

「セーラ様も大変ですね」と、セーラに同情して言った。

「どうして大変だなんていうの?」

セーラのそんな無邪気な顔を見て、驚いたおりんは、

「王子様がご結婚されることを、まだご存知ないのですか?」と、目をぱちくりさせて言った。

豊璋から、結婚するなどと言う話は聞いていなかったので、セーラは驚きと共に、 豊璋に裏切られたと思った。まず 豊璋におりんの言ったことは間違いではないのかを、確かめたい衝動に襲われた。いつもなら、 豊璋に呼ばれない限り、 豊璋の部屋に近づかないのだが、セーラはいても立ってもいられなくなって、 豊璋の部屋に足を運んだ。

豊璋の部屋の前に行くと、中で話し声が聞こえた。どうやら 豊璋の部屋には客がいるようであった。一瞬ちゅうちょしたものの、このまま引き返す気にもなれなくて、部屋の外の廊下に座って、

「セーラでございます」と、声を張り上げた。

中の話し声がとまり、しばらくして、 豊璋の

「入れ」と言う声が聞こえたが、その声はいつになく固い声だった。セーラの胸に不吉な予感が走った。

セーラが戸を開けると、 豊璋の側に禅広が座っていた。客と思ったのは、禅広だったのだ。

豊璋は、いつもならセーラを見るとにこやかに微笑むのだが、今日は、少しこわばった顔をしていた。

「なんの用だ?」

そう聞かれて、セーラは悲しい思いにとらわれ、思わず言ってしまった。

「用がなければ、お会いしていただけないのでしょうか?」

豊璋は狼狽して、

「いや、そういう訳ではないが、そなたから会いに来るのは珍しいことなので、何事かと思ったのだ」

そばで二人の会話を黙って聞いていた禅広は、

「それでは、兄上、私はこれで失礼します」と、気を利かして、腰をあげた。

「そうか。それでは、頼むぞ」と、禅広を引き止めなかった。

禅広の姿が見えなくなると、セーラはすぐに、

「 豊璋様、ご結婚されるといううわさを聞きましたが、まことでございましょうか?」と、聞いた。

「もう、そなたの耳に入ったのか。そなたの気持ちも分かるが、天皇から勧められた縁談で、断れないのだ」

「どうしてですか?」

セーラに詰め寄られて、 豊璋はますます困った顔をした。

「男たるもの、何人妻を持ってもかまわぬではないか」と、セーラの常識では考えられないことを言い始めた。

「何人も、妻を持つ?なんてことを!」

「大海人皇子を知っておろう?大海人皇子は、額田王と子までなされた仲だが、今では中大兄皇子の娘二人を妻にもらっておる」

「え?ということは、大海人皇子様は、額田王と別れられて、ご自分の姪お二人と結婚されたのですか?」

あの仲のよさそうなカップルが別れたと聞いて、セーラは目を丸くした。それに自分の姪と結婚するなんて、近親結婚ではないか。セーラにとっては驚くことばかりだった。

「そんなに驚くことはない。今では額田王は、中大兄皇子の妃の一人となっておる」

それを聞くと、セーラはますますこの世界の男女の関係が理解できなくなってきた。

「他の方はともかく、 豊璋様には、私一人の豊璋様でいてほしいのです」と言うと、涙が頬を伝わって落ちた。

豊璋は苦虫をつぶしたような顔をして、言った。

「これは、我とても望むことではないが、斉明天皇の好意を無視するわけにはいかぬ。妻を亡くしたと聞いて、お声をかけてくださったのだ」

涙をぬぐいながら、セーラは

「どなたと結婚されるのですか?」

「太安万侶の一族、多臣蒋敷(おおのおみこもしき)殿の妹だということだ」

「もう、お会いになったのですか?」

「まだ会ったことはないが、うわさではおとなしい姫だということだ」

「まだ会ってもいないのに、結婚を承諾されるのですか?」

「結婚と言うのは、家と家との結びつきで、個人の感情など、関係のないことだ」

「そんなものでしょうか」

「そなたの生きていた時代では、違うかも知れぬが、この時代では、結婚と言うものは、そういうものだ。結婚式に初めて顔を見ることになるのだろう」

「いつ、結婚されるのですか?」

「今禅広と話しておったところだが、来月の末にしようと思う」

「それでは、来月の末には、その方が、移ってこられるのですね」

「この屋敷に移り住むという意味か?」

「そうです」

「いや、我が通うことになるのだ。この倭国では貴族は皆、妻とは一緒に住まぬ。妻の家に通い、子供ができれば、子供は妻の実家で育てられるというのが、しきたりになっている」

それを聞くと、セーラは少し気が軽くなった。 豊璋の妻と、屋敷で顔を合わせる気まずさを心配していたのだが、それは杞憂のようだ。 豊璋が自分の見えないところで、他の女に会いに行くのは、仕方がないと、自分を納得させて、 豊璋の部屋を引き揚げた。

セーラはできるだけ、 豊璋の結婚のことを考えないようにしたが、夜寝るときに、見知らぬ女と 豊璋が抱き合っていることを想像して、嫉妬に胸がつぶれる思いで、なかなか寝付けなかった。その夜、 豊璋は、セーラの部屋を訪れなかった。そのことも、 豊璋に拒否されたようで、悲しかった。

 

著作権所有者:久保田満里子

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(32)

 豊璋が天皇から慰めの言葉をもらって一ヶ月もしないうちに、またもや、百済から使いが来た。この度の使いは佐平鬼室福信から送られた者であった。 豊璋は、そのため宮中にまた呼ばれた。


その使い、佐平貴智は、唐の捕虜100名あまりを連れてきて、天皇に献じた。そして、
「鬼室福信将軍は、今でも百済存続のために大唐と新羅の連合軍と戦っておられます。しかし、王のいない百済では人民一体となって戦うことは難しい状態です。ですから、今倭国におられます 豊璋様を王として迎え、 豊璋様に援軍をつけてくださいますようお願い申し上げます。我々百済の残党は、不利な戦いをしており、援軍は急を要します」と、言った。

それを聞いた天皇は、 豊璋に向かって、
「そなたに織冠位(しきかんい)を授け、5千人の兵をつけ、百済王として柵すことにします」と言った。今まで百済王を柵す、つまり承認していたのは、唐だった。日本が百済王を柵すのは初めてのことだった。

その後、思わぬことを言われた。
「豊璋殿は、妻子を亡くされ、独り身と聞いています。王となるからには、独り身なのは、よくありません。常々、豊璋殿にふさわしい者はおらぬかと、考えていたのですが、太安万侶の一族、多臣蒋敷(おおのおみこもしき)の妹が、よいと思っています。豊璋殿がわが国の女子を妻とされれば、百済と倭国とのつながりも強くなるというものです」

 豊璋は思わぬ展開に驚いてしまった。すぐにセーラのことが頭によぎった。しかし、天皇の申し出を受け入れないと、倭国の援軍は頼めなくなるかもしれない。そう思うと、この婚姻は自分ひとりのことでなく、国の存亡がかかっていることになる。私心を無くして、この天皇の申し出を受け入れようと決心するまでには時間はかからなかった。それに妻を娶ると言っても、セーラと別れなければいけないと言う訳ではない。王ともなれば、セーラを側室にすればいいことだと、考えた。
「我妻の心配までしてくださり、ありがたき幸せです」と、豊璋は答え、豊璋の婚姻はすぐに決まった。
宮中から帰る豊璋の胸のうちは複雑だった。

もう百済の国を見ることはできないだろうと思って、涙して離れた故国に帰れる。それだけでも嬉しいのに、王として帰れるとは、夢のような話であった。戦場に行って、戦って、勝たねばならないという重責が重石のようにのかってきたが、倭国に人質として骨を埋めるよりは、よっぽどましだと、気持ちを奮い立たせた。その後、婚姻のことが頭に浮かぶと、どうセーラに伝えればいいかと、気が重くなった。

屋敷に帰ると、心配顔のセーラが待っていた。
「どうなったのですか?天皇は、どのようにおっしゃいましたか?」と、せっつくように聞いた。豊璋はセーラの顔を正面から見るのを避けながら、答えた。
「百済の王として冊立すると言われた」
「え?百済の王様になられるんですか?それじゃあ、百済に帰られるんですか?」

セーラの目が輝いた。豊璋が王様になるのなら、私は妃?そんな気持ちが沸き起こった。そして百済なんて、まだ見たこともない国に対して、ムクムクと好奇心が頭をもたげかけた。

セーラの興奮したような声を聞くと、豊璋は興ざめしたように言った。
「百済は滅亡したのだから、百済を復興するために帰るのだ。天皇は援軍をつけてくださるとおっしゃるが、新羅と唐の連合軍が相手だ。厳しい戦いになるだろう」
「それじゃあ、私は一緒に百済に行く事は、できないのですか」
「戦いに行くのだ。お前を連れて行ける訳がない」

セーラの顔から血の気がひいた。
「それでは、永遠のお別れになるのかもしれないのですか」
「もしも百済を復興させることができたらお前を呼び寄せてやる。そんなに我が負けることが決まったような顔をするでない」と、セーラを慰めた。そして、婚礼のことはセーラには言わないことにした。

著作権所有者 久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第13回「 やっぱりオージー。」
毎週木曜日のお楽しみ!ドーリーの4コマ漫画 第13回
平和イベント@アトリウム
クラシック音楽とともに平和へのメッセージ
子どもと行くメルボルン @南西館剣道クラブ
武道で心と体を鍛えよう!
オーストラリア政府観光局「私のイチオシ」キャンペーン
航空券がもらえるかも?!
ブライトン・シーバスの秘密
広大な海の一角を仕切るこの設備の過去とは?

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上