Logo for novels

さようならジョン(4)

会食から一週間たった頃、ジョンに言われた。

「キーコは犬が好きなようだね」

「ええ、大好きです。リック君、可愛いですね」と言うと、嬉しそうに

「きのうリックの誕生日パーティーをしたんだよ。写真、見る?」と言って、携帯に写っているリックの写真を見せてくれた。それは、床に置かれたバースデーケーキを3匹の犬が一心に食べている写真だった。

「近所の犬も呼んでね。犬用のケーキを作って食べさせたんだ」と、まるで小さな息子の誕生日パーティーの話をするようだった。リックは、子供のいないジョンにとっては、まさに息子だったに違いない。

 ある日、すごい形相をしたセールスマネージャーのクリスが、「ジョンに会いたい」と言ってきた。ちょうどジョンは社長室にいたので、入るように言ったが、その意気込みから何か問題が起こったことは、一目瞭然だった。

 社長室に入って5分もすると、クリスは憤懣やるかたないという顔をして部屋から出て来て、大股で去っていった。何事が起ったのか心配になって、社長室を覗くと、ジョンが浮かない顔をしていた。

「どうかしたんですか?」と聞くと、

「いやあ、クリスに辞表をたたきつけられたよ。最近のクリスは独断で物事をすすめて、部下の忠告も聞かず、部下が反対しようものなら頭ごなしに怒鳴りつけるので、クリスの部下から苦情がでていたんだよ。だから、それを注意したら、反対に、切れてしまったね。優秀な部下を失って残念だよ」と、大きなため息をついた。

 今までの私は能天気で、社長になれば、悩み何てないのだろうなと思っていたが、下っ端の私に比べて、社長ともなると、悩みはもっと大きくなると言うのを知った。

 会社が一番の危機に陥ったのはリーマンショックの時だった。その頃、どんどん業績を伸ばし、かなりの利益を得ていた会社は、その利益を株に投資して、利益を倍増していたので、リーマンショックの影響をもろに受け、黒字経営から赤字経営に転落してしまった。その時、経理担当だったテッドは、責任を感じて、見る見るうちにやせ細り、ノイローゼとなり辞職した。赤字経営になったこともさることながら、テッドの辞職は、ジョンをうちのめにしたようだ。悪いことは重なってくるという英語の諺があるが、その時のジョンは、まさにそういう状況だった。ケリーが家を出て、クイーンズランドに行ってしまい、離婚してしまったのだ。リックも彼女がクイーンズランドに連れて行ったということだ。

 ジョンは、あけっぴろげな人なのに、この時も、驚かされた。私が離婚の原因を聞いたわけではないのに、自分の方からすすんで離婚の原因を話してくれた。

「キーコ、ケリーはね、子供の時、父親が女たらしだったものだから、男を信用することができなかったんだよ。僕たち一日だってセックスを欠かしたことがなかったんだけれど、あのリーマンショックの後始末で、僕はリピドーがとたんになくなってね。セックスをしない日が続いたら、ケリーが怒ってね。セックスをしないのは、私を愛していないからだと、僕は責め立てられたよ。浮気をしているんだろうとも言われたよ。ケリーにとって、愛とセックスは同意語だったんだよ。僕が自分の気持ちを説明しても、聞き入れてくれなかった。それが原因で別れたんだよ」

 独身の私にはちょっと刺激の多い話だったが、いろんな夫婦がいるものだと、考えさせられた。でも、これだけあけっぴろげに話してくれるのは、私を信用してくれているからだと思い、ジョンの離婚の原因を、私は自分の胸に秘め、誰にも話すことはなかった。

 しかし、その時が、会社の一番のどん底で、その後、ジョンの積極的なリーダーシップによって、3年後には赤字経営から黒字経営に転じた。ジョンは再再婚をする様子もなかったが、社員のウエンディーと同棲をはじめ、二人の仲はおおっぴらとなり、二人仲良く出勤してき始めた。そして、ジョンは、60歳の誕生日を迎えたところで退職をした。

退職のパーティーのあいさつでは、

「これから、ゴルフをして、社交ダンスも習って、人生を楽しみたいと思います」と言ったが、社員全員が知っていた。子供のいないジョンにとっては、会社が自分の子供のようなものだったことを。だから、心の奥底にある寂しさは隠しきれなくて、最後に涙が止まらなくなったジョンを見て、皆は盛大な拍手を送った。

 ジョンは、退職した後も、時折会社に姿を見せ、私をはじめ、親しかった昔の部下たちと立ち話をして帰った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

さようならジョン(3)

仕事が順調にいっていないときのジョンは、部下を叱るつけることも多かったが、奇妙な叱り方で、冗談なのか真面目に言っているのか判断に困ることがあった。

 交渉が思うように進んでいないことがあった時、担当の部下を呼びつけて、

「何とか、取引相手の懐柔を図れ。高級売春婦でも雇って、相手を懐柔させろ」と、言っているのが聞こえた。それを聞いた部下は一瞬たじたじとなり、「女をあてがうというのは、ちょっと…」ともごもご言うと、

「女には興味がない奴なのか?だったら、奴の好みそうな男を探しせ!」と言う。

部下は困った表情で、「いや、僕は奥さんも知っているので、女を世話するというのは、奥さんに悪いので、やりたくないのですが」と言うと、

「ともかく、早く交渉をまとめろ!」と怒鳴って、社長室から追い出してしまった。

怒鳴られた部下は、「ジョンは本気であんなことを言っているのかしら」と首をかしげながら社長室から出てきた。

 働き始めて1か月たった頃、初めてジョンのうちに夕食に招待された。ジョンのうちは高級住宅街にあったが、それほど大きな家ではなかった。もっとも子供がいなくて奥さんと二人暮らしだということだから、二人だけが住むにしては大きな家だった。門から家に続く道は白い小石が敷き詰められ、玄関の戸口まで飛び石があった。石灯籠があって、松が植えられている庭は、私に日本の旧家の庭を思い出させた。玄関に入ると目の前に大きな金色と赤の刺繡の入ったあでやかな模様の打掛が飾られていた。まるで日本に帰ったような錯覚を受けた。家の中に入って驚いたことは、無駄なものが一切置かれておらず、まるで展示用の家のようだったことだ。生活の匂いが感じられないと言ったほうが良いかもしれない。白と黒で統一された家具は、モダンな感じを与えた。案内された客間には、すでに日本の取引先の客も2人いた。

「松本です」

 40歳くらいのサラリーマン風な眼鏡をかけた背広姿の男が、名刺を出しながら言った。もう一人いた30代くらいの男もすぐに

「井上です」と言って、名刺をくれた。

私は、それまであまり使うチャンスがなかった名刺を出し、

「社長秘書の木村紀子です」と言って、二人に渡した。

 ジョンはそばにいた50代くらいの化粧の濃い女性を、「家内のケリーだ。キーコは家内に会うのは初めてだよね」とケリーを紹介してくれた。青い目が印象的なハンサムなジョンと女優を思わせるような美女のケリー。エネルギーの塊のような印象を与える二人は、お似合いの夫婦だなと思った。

 食事はアウトドアでバーベキューだった。ジョンがステーキやソーセージを焼いて、ケリーは彼の助手と言う感があった。この時の会話で、ジョンのことをもっと知ることができた。ジョンもケリーもあけっぴろげだった。

「最初の妻と別れた後、元妻が何をしているか気になって、元妻の住んでいる家を覗き込もうとして、夜梯子を持って行って塀にのぼろうとしたんだけれどね、梯子から転げ落ちて、腰を打ってしまって、ひどい目に遭ったよ」と、話すので、その時初めてケリーとは再婚だと知った。ケリーも

「私は息子がクイーンズランドに住んでいるから、将来、クイーンズランドに住みたいと思っているの」

と、初対面の私に対しても、臆する風もなく言う。こんなことを言うと、お互いが傷つくのではないかと私の方がハラハラしたが、二人ともいつものディナーの会話をしているという感じなのが、私には奇異に思えた。

 肉も焼け、皆で座って食事をしていると、どこからともなく白い小犬があらわれた。可愛い目をしてあいくるしい感じのプードルを、ケリーは抱き上げて、

「この子、リックというのよ。私たちの子供なの」と言うと、ほほずりをし、ジョンはリックの頭を撫ぜた。

 もっぱらジョンのおしゃべりが中心になったこの日の会食で、私は、ジョンが再婚者であること、子供がいないことを知ると同時に、かれの潔癖症を再確認した。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

さようならジョン(2)

ジョンは私の思惑など気にもしないふうで、持っている布で私の靴を磨き始めたではないか。あっけにとられて、そのまましばらく突っ立っていたら、

「磨き終わったよ」と言ってジョンが立ち上がった。

「いや、君の靴が余りにも汚れていて見苦しいから磨いてあげたよ」とこともなげに言う。  私は恥ずかしさの余り顔が真っ赤になり、「すみません。これから気を付けます」と言って、そのままトイレに駆け込んだ。胸の動悸が収まるまで5分はかかった。そのあと、おそるおそる社長室に戻ると、ジョンは何事もなかったように、電話で部下に指示を与えていた。そして靴に関しては、それ以降一切口にすることはなかった。

 しばらくして気が付いたのは、ジョンは身なりについて口やかましい人だということだった。靴を磨かれたのは私だけではないと仲良くなった同僚から聞かされ、あの時感じた恥ずかしさが半減したものの、あの日から、私は自分の靴を磨くことを日課にし、それ以来ジョンに靴を磨いてもらうという失態をしなくてすんだ。

 ある日も、部下と一緒に取引相手の人に会いに出かけることになった時、部下が、ネクタイなしのワイシャツ姿で現れると、不快そうに眉をつりあげ、

「ネクタイと背広はどこだ。外に出るときには、ちゃんとネクタイをして背広を着ろ。それが常識だ」と怒鳴った。

 日本だったら、ジョンの言うことはもっともだと思うが、ここはオーストラリアである。皆カジュアルな格好をしているので、それに慣れてしまっていた私は、ジョンはちょっと手厳しいのではないかと思った。

 それから、毎日思わぬハプニングがあり、退屈する日がなかった。

ある日ジョンは私に、

「来週の月曜日の午前は、何も予定を入れないでくれ」と言うので、

「どこかに出かけるんですか?」と聞くと、

「いや、社員の仕事を全部把握しておきたいから、来週の月曜日はサリーと仕事を入れ替わることにしたんだ」と言う。

「ということは、お茶くみをするということですか?」と言うと、

「そうだよ」と、こともなげに言う。

さすがにサリーはジョンの代わりに部下にいろいろ指示をすることはできないので、ジョンのお茶くみの監督をすることになった。

その当日、お昼頃に社長室に現れたジョンは、汗をたらたら流しながら、

「疲れたあ!こんなにお茶くみがきつい仕事だとは思わなかったよ。サリーは僕の2倍は働いているよ」と、汗を拭きながら、社長室のソファーに倒れこむようにどっかりと座りこんだ。それ以降、ジョンはほかの社員と仕事を代ろうとは言わなくなった。お茶くみの仕事がこたえたらしい。

 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

Victoria Monsoon News
グレート・オーシャン・ロードの裏側~Erskineの滝
MEL漫 〜メルボルンまんが道〜 前回結果発表 & シリーズ4登場!
ちょいと遅れたけど、ゆるゆるお届けしますよ!
スワンストン通り 中華街周辺
繁華な街を見渡してみよう!!  街歩きシリーズ
【9/24(土)から開催】ロイヤル・メルボルン・ショー
抽選で$70相当のファミリー入場券が当たる*募集は締切りました*
THE COLONIAL TRAMCAR RESTAURANT
トラムの中は夢の世界

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上