Logo for barista

トライアル

トライアルで自分のベストを尽くす。

 

朝8時30分。シャツにネクタイをして、ハットをかぶり自分の中で正装をし

リュックにミルクジャグと地図を入れ、勢いよく階段を走っておりた。

 

「今日はデート?」

とバックパッカーの受付の人に声を掛けられたが、

「I'll do my best!」

とだけ笑顔で言い、僕はトラム乗り場を目指した。

 

 

 

トライアルの時間は、”昼12時までに来て”と言うものだったので、カフェが暇そうな10時くらいに行くことにした。


 

お店はシティから電車で約25分のBrighton Beach というビーチの近くに位置していたが

電車はまだメルボルンで乗ったことがなかったので、トラムを使った。

 

トラムに乗ってみたものの、どんどん田舎になっていき、周りに店という店もほとんどなくなってしまった。

これは、選択ミスをしてしまった。。。

 

 

トラムの中から、そわそわしながら窓の外をずっと見ていたが、それも45分を過ぎた頃

僕はしびれを切らし、下車をした。

駅もなにもないところで降りてしまい、迷うこと1時間。

親切な人に助けられ、電車に乗り換えてなんとか最寄駅 Brighton Beach 駅に到着した。

それからも不安で仕方がなかった。もう10時45分だったからだ。

そんなきょろきょろしてる僕を見つけた親切な老人が

「大丈夫?どうしたの?」

と声を掛けてくれた。

「Olie & aRi というカフェにトライアルに行くんです。道に迷ってしまって…」

「あー、ちょうど今からそこにコーヒー飲みに行くところだから、連れて行ってあげるよ」

と神様に救われ、なんとか11時に到着した。

店に着くと、みんなせわしく働いていた。

 

「こんにちは。CISCO'S coffee のオーナーダニーの紹介でトライアルに来ました。Nobuと言います。」

「Hello. Im ラット。ダニーから聞いてるよ。じゃ、ラテとフラットホワイト作って」

と愉快な感じのオーナーが出てきた。

リュックからミルクジャグをだし、バリスタの女性に挨拶をした。

 

「こんにちは。日本から来ました。Nobuと言います。はじめまして。」

「はじめまして。私は、ジョディ。どうぞマシン使って」

「ありがとうございます。普段はエスプレッソは1ショット、それとも2ショットですか?」

と普段店で出しているコーヒーのショットを確かめた。

その間にちょうど、お客様のオーダーも入ったので、

エスプレッソの粉量やオペレーション、ミルクの温度をこっそりチェックした。

 

 

スチームをふかしながら、神経を集中し

ラテとフラットホワイトを作成した。

自分のコーヒーとジョディのコーヒーに大きな差が出ないように気を付けた。

 

 

■トライアル前にチェックした項目

・エスプレッソの粉量

・コーヒー1杯に使用するエスプレッソのショット数

・スチームの強さとスチームノズルの穴の数

・スチームしたミルクをカップに注ぐ前にデミタスカップ(小さいカップ)にいれ、飲んで温度チェック

・使用するカップやグラスはチップしたり、口紅などで汚れていないか

・ラテのフォームを厚さを目視

 

 

 

そして冷めないうちにオーナーにコーヒーを持っていった。

一口、二口飲み

「OK。ちょっとそこに座って待ってて。コーヒーいるなら作って飲んでていいよ。」

と言った。

 

 

どっちのOKだろ。。。

 

 

と思ったが、実際にカフェでコーヒーが作れてとても幸せな気分になった。

 

、、、、、、しかし待てどくる気配はなし。オーナーは忙しそうなキッチンを手伝っていた。

コーヒーマシンの方へ目をやると、バリスタも忙しそうにしていた。

コーヒー作っていいと言われたし、自分のコーヒーを作る事を口実にマシンの方へ近付くことにした。

 

「コーヒーの勉強をしたいから、このまま手伝っていい?」

「ほんと?いいよー助かる。」

 

それから、ロングブラックやショートマックなどのコーヒー類や、チャイラテ、紅茶などのオペレーションを教えてもらいながら

1時間、2時間とコーヒーを作った。一瞬暇になれば、洗い物もした。

 

 

途中オーナーがすまないと声を掛けてくれたが、

僕は予定はないし、勉強させて下さいと言った。

 

気付けば3時間半が経過していた。

 

覚えることも沢山あったし、ミスもしたし、忙しくてお客様の顔もみる暇もなかったけど

新しいドリンクを覚え、英語を話し、コーヒーを作ることが兎に角楽しかった。自分が出来ることはやった。

 

 

 

ようやく店も落ち着いたころ、オーナーが声掛けてくれた。 

「週何日くらい働ける?」

「4日か5日くらい働けます。どの曜日でもどの時間でも働けます。でも英語はまだ出来ないです」

「いいよ。いつか話せるようになれば笑。じゃあ、次のシフトは明後日。9時から14時で働ける?」

「はい!ありがとうございます!」(やったーーー)

と運よくバリスタの仕事に就くことが出来ました。

 

 

スタッフにお礼を言い、ロッカーで荷物を片付けているとオーナーが封筒を持ってきた。

「ノブ!これ今日の給料」

「え、今日トライアルです。なので申し訳ないです。」

「いいから、受け取って」

中身は3時間半分の給料とチップ。

この給料とチップは今でも忘れられないくらい嬉しかった。

人生初チップの$5に”初チップ”と書き、定期入れに大切に保管した。

 

 

帰りは、最寄駅から電車で帰ることにした。

 

その日、とても空がきれいだった。

 

 

 

 

 

 

次回へ続く

 

 

 

バリスタスクールも現在も開講中です。

ご興味のある方はこちらをご覧下さい。

https://www.facebook.com/plus.nobu?ref=hl

 

+nobu

 

マイカテゴリー: 職探し
コメント (0)

備えあれば憂いなし

 

メルボルンに来て2日目。

隙間風の入る4人部屋で熟睡した僕は、新しい朝を迎えました。

 

いやいや、もう昼過ぎだ。寝すぎた。

 

 

よし。今日は、日本の知り合いに紹介してもらったメルボルンで有名な日本人ロースターの方に会いにいこう。

 

髭をそり、服を着替え、リュックにパスポート、お金、ミルクジャグを入れた。

ミルクジャグは持ち歩くのは面倒だったけど、いつコーヒーを作るチャンスがきてもいいように
使い慣れたものを持ち歩くことにした。

そしてキャリーケースの鍵を何度もチェックしてバックパッカーを出た。

 

 

 

移動手段は鉄道電車の他に、トラムという路面電車が沢山走っています。

メルボルンでは便利なトラムを使い、そわそわしながらそのロースターさんのいるカフェの最寄のトラムストップでなんとかおりました。

 

 

 

(はじめまして、日本から来ました。下山と申します。)

 

と心の中で呪文を唱え、店に着いた。

 

 

「あっ!」

 

なんとお店は定休日。

日本のカフェチェーン店で働いてた時には、休業日はなく、毎日朝から夜まで働いていたので意外でした。

 

よし。今日はぐるぐるして帰ろう。

 

きょろきょろ寄り道をしながら1時間程歩き

疲れたので、近くのコーヒーショップでフラットホワイトを飲みました。

 

これが、フラットホワイトか!!

 

ラテとの違いもよくわからなかったが、、まずは体験し感じようと思った。

 

5分もしないうちにスタッフがテラス席を片付け始め、背中に視線を送るプレッシャーに負けた僕は

帰ることにした。

 

そして、トラムを待っている夕方の6時頃。

トラムストップ前、その隣、道路を挟んで向かいのお店(飲食、ショッピングモールなど)ほとんどが6時で閉まりました。

 

営業時間が6時まで。これで商売ができるのがすごい。

売上、人件費、利益、税金は日本とどう違うんだろう、ふと疑問を抱きながら帰路に着いた

 

 

 

メルボルン3日目。

この日はとても寒かった。

隙間風が耳元で囁いてるかのようで、布団の中でしばらく芋虫になった。

そうだ、会いに行かなければ。

 

今度は手馴れた感じで、スムーズに店に着いた。14時35分。

今日は営業している。店の中を覗き込んだが、日本人らしい方はいない。

どうやら14:30までだったらしく、さっき帰ったよと言われた。

 

日本で働いている時、終業時間とともに店をでた事がなかった僕は

少しの驚きと、今後の働き方は変わるんだと肌で感じた。

その後、シティでよく見かけるのですが、ここオーストラリアでは終業時間とともに、オフィスワーカーが一斉に帰ります。

6時終業なら、6時2分にはビルの外で家路を急ぐ人で溢れています。

 

 

とは言え、また会えなかった。どうしようもないので、また近隣を散策。

ふと老舗のような焙煎したコーヒー豆を売るお店がありました

''CISCO'S coffee roaster ''

 

折角メルボルンにきたし、次は焙煎を習うか、仕事ありますか?と聞いてみようと中に入った。

 

いろんなコーヒー豆が売ってあった。棚にはコーヒーの器具も置いてあった。

わー見たことないミルクジャグがある!と手にとって見ていた。

 

「こんにちは。ミルクジャグを探しているの?」

と笑顔の優しそうな店主のダニーが声を掛けてくれた。

「いいえ。見てるだけです。」


「OK.ゆっくりみて」

 

ほんとにゆっくりと棚にある全ての器具をみた。すごく興味津々だった。

そして見ながら考えた。

 

こんなにもじっくり見て、いきなり仕事ありますか?と聞くのは失礼か。。。

もう閉店間際だしお礼いって帰ろう。

 

「Thank you very much !」

「That's OK. ところで、君は日本から来たの?バリスタ?」

「Yes」

「じゃあ、コーヒー作ってみる?」

「ん?」

 

えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええこんなに早くチャンス来たーーー笑ええええええええええーー

 

「OK。」

ラテを作ってと言われグラスだけがおいてあった。

 

備えあれば憂いなしとばかりに、リュックから黒のミルクジャグを取り出した。

 

人生30年間で始めて準備しててよかったと思った。笑

 

グラスに注ぐイメトレをしていた僕は、どきどきしながらもチューリップの模様を施したラテを作った。
もう一杯作ってといわれ、今度はスワンを書いた。

 

そして、ダニーは奥から従業員を呼んだ。

「ジョン、これお前もできる?お前バリスタしてたよな?」

 

 

「出来ないっす。オレも作ってるとこみたいです。」

次はトリプルロゼッタ3つのリーフを描いた。
 

 

するとダニーが言った。

「なんでメルボルンに来たの?」

 

「日本で9年間コーヒーチェーンの会社で働いてきましたが、お客様に満足してもらうためにはカップに入るコーヒー1杯1杯から勉強が必要だと思いメルボルンに来ました。実際にバリスタかロースターとして働き、コーヒーの文化を体験したいんです。でも英語はまだ出来ません。笑」

 

「もし、仕事探してるなら卸先紹介するよ」

「あ、ありがとうございます!!」

ダニーは電話でトライアルの手配をしてくれ、お店の住所の書いてあるショップカードをくれました。

「All the best!」

 

そして翌日、coffee shop ''OliE & aRi ''へトライアルに挑むのでした。

次回へつづく。




新年明けましておめでとうございます。

約3週間のホリデーでパワーも充電出来ました。
今年は新店舗の立ち上げを全力で頑張ります。

本年も宜しくお願い致します。


下山 修正
 

バリスタスクールは今年も開催中です。
ご興味のある方は、こちらをご覧下さい。

https://www.facebook.com/plus.nobu?ref=hl

 

+nobu

マイカテゴリー: 職探し
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

簡単スナック!グミ
ママさんレシピ -食で奏でる家族愛-
Pepper Lunch come from Japan!
シドニー、パース、そして遂にメルボルンに4号店がオープン!
イケメン学生のクレープ屋さん
メルボルン大学に漂うパリの香り?
マレーシアレストラン「mamak 」
行列のできるマレーシアレストランの人気の秘密とは?
Cafenatics
歴史とコーヒーを味わう午後。

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第1週
今週末のメルボルン ★3月31日(金)~4月2日(日)
ボランティア受付開始
あなたの力を日豪の架け橋に
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう
週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)