Logo for barista

the baby steps

『GO豪メルボルンのサイトに記事を掲載してもらってから、1年経つけど
今でもそれを見てお店に来てくれるお客様がいるんよ。ありがたいよねー。』

と、ラーメン店に並んでいる時、ふと友人に話し掛けたのです。

『ありがとうございます!』

!?と思い、振り返ると、すぐ後ろに並んでいたその人は、GO豪メルボルンのスタッフだったのです。縁とは不思議なものですね。
文章は小学校の作文くらいしか書いた覚えがありませんが、これをきっかけにコラムを始める事となりました。


はじめまして。

メルボルンはBrighton Beach にあるカフェで、毎日コーヒーを作っています
下山 修正(しもやま のぶまさ)と言います。

ワーホリで来て、1年半。ビジネスビザを取得し、今はコーヒーショップのオープン準備をしているところです。
まだまだ、英語もコーヒーも
勉強中ですが、日本で勤めていた会社での経験を活かし頑張ります。



というのも、僕は9年間コーヒーチェーン店の会社で店長、マネージャー業務に従事しておりました。
マネージャー業務をしている時に、

”もっともっとお客様に喜んでもらいたい。そのためには、美味しいコーヒーを提供しなければならない。
もう一度、コーヒー1杯1杯から勉強し直そう”

そう思い、店舗に異動させてもらいました。
そして、異動した先でセミオートのエスプレッソマシンに出会い、コーヒーを作ることを覚えたのです。


 

 

その店舗で働いて1年半。この習得したバリスタの技術を形に残そうと思い、海外のラテアートの大会に出ることにしました。
アメリカは西海岸サンディエゴ。この大会で出会った、香港とマレーシアの20歳そこそこの若いバリスタ2人に刺激を受けたのです。彼らは、すでに自分の店を持ち、それをスタッフに任せ、さらに他のビジネスをしたり、経営の勉強をしにイギリスに住んでいたのです。


同じアジア人の若い人たちが世界で活躍している。僕は何してるんだろう。

それを目の当たりにした時の衝撃は、まるでレモンでもかじったかのように、脳天を突き抜ける感覚でした。

 


q(×o×)p

 

 

僕はなんてぬるま湯に浸かってたんだろう、と。

海外でバリスタとして働きたい。

というわけで、日本でワーキングホリデーのビザを申請し、バックパックに夢とミルクジャグ(ミルクを温める道具)を詰め込んでメルボルンに来たわけです。


この1年半、メルボルンで経験し、学んだことが誰かの役に立てばと思い
コラムをスタートします。
また、the baby steps くらいの気持ちで、焦らず、のんびりと続けていきたいと思います。

どうぞ、宜しくお願いします。
 


 

+ nobu

プロフィールはこちら
https://www.gogomelbourne.com.au/interview/gourmet/4273.html

 

 

 

マイカテゴリー: ワーホリ 衣食住
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

簡単!クリスピーピザ
ママさんレシピ -食で奏でる家族愛-
ココナッツオイルで♪バナナマフィン
ママさんレシピ -食で奏でる家族愛-
Bridges & Christie
ビクマで人気なアメリカン・ドーナツ
South Island Cafe
ヤラ川を眺めながら、一休み
ITOENの茶畑日記:その21
ええっ! 茶殻からこんなものができちゃうの!?

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第1週
今週末のメルボルン ★3月31日(金)~4月2日(日)
ボランティア受付開始
あなたの力を日豪の架け橋に
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう
週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)