Logo for barista

なぜメルボルンに来たの?

 

メルボルンに到着した当日の話。

 

 

日本から約13時間のフライトも終わりに近づき、機体は着陸体勢に入っていました。

勤めていた会社に1年間の休職期間をもらい、僕はここに何しに来たのか

エンジンのゴーゴーという音が、新生活への期待や不安をさらに高めているかのようでした。

いろんな事があいまいな中、ただ1つ明確だった事は

 

”メルボルンでバリスタとして働く”

 

という目標でした。

いろんな人から、カフェでバリスタとして働くのは難しいよと言われましたが

やるだけやってみたかった。

 

挑戦せずに諦めるような、そんな生き方はしたくない。

 

この気持ちが自分に暗示をかけ、また背中を押してくれメルボルンに到着したのでした。

 

 

空港に到着後すぐにバスで30分かけて、シティの主要駅サザンクロス駅に移動しました。

早速コーヒーを1杯飲もうかと思い、辺りを見回しました。

 

 


「あれ、カフェが全然ない。。。やばい。」




そう、メルボルンに来れば沢山のカフェが溢れかえっていて、勿論駅前にも沢山並んでいると思っていたのです。

 

 

「まーなんとでもなるか」

 

と思い直し、宿を探すことにしました。

シティをぐるぐると2時間程歩き、サザンクロス駅近くのバックパッカー向けの宿に宿泊費用を尋ねることにしました。

ドアの外から中を覗きこむと、宿泊客がみんな仲良さそうにトランプをしたり、ビールを飲んだりしていました。

 

 

この扉を開ければ、英語漬けの人生が始まる。

英語はまだわかんないけど、それでも英語を使って話すぞ。

 

と心に誓い、「指差し会話帳」という指をさせば伝わる本を片手にカウンターに行き

泊まるところを探していると英語で伝えました。

 

「I'm looking for a place to stay.」

「…ニホンジンデスカ?

 

そう突然話掛けてくれたのは、そこに宿泊していた日本語ペラペラのアメリカ人女性でした。

僕は目標を数秒で諦め、そこに宿泊することにしました。

 

 

※そらさん。バックパッカーに住んでる間、僕の事を心配していろいろ助けてくれました。ありがとうございました。

 

「はい。。日本語上手いですね」

「ソンナコトナイデス。ワタシハ、ニホンに5ネンスンデマシタネ。

ココ二、ニホンジンイルカラ、ショウカイスルヨ!」

 

運よく宿泊していた日本人のグループまで紹介してもらい、メルボルン生活がスタートしたのです。

 

 

バックパッカーを見渡してみると

 

裸足で歩く人、シャワーに3日入らない人、出稼ぎにきた人、ただ寝てる人、世界中を旅行している人、バンドをしている人、ポールダ

ンスをしている人、自国の内戦から逃げてきた人…

 

 

いろんな人がいました。でも、話しかけると決まって聞かれる共通の質問が1つ。

 

「なぜメルボルンに来たの?」

 

 

そう、僕はここに何しに来たのか。

 

この言葉は常に僕に問いかけてくれました。そして、いつも僕の心を奮いたたせてくれました。

 

 

コーヒーの文化を体感したい。

実際にコーヒーを作って、お客様に提供したい

 

 

この想いを胸に刻み、メルボルン1日目は床に就くのでした。

 

 

マイカテゴリー: ワーホリ 衣食住
コメント (0)

フラットホワイト

フラットホワイトってなんだろう?


そんな疑問を抱えた僕がメルボルン到着2日目に飲んだフラットホワイトは、今でもよく覚えています。
まるで、カプチーノのように泡がこんもり…

『これが、フラットホワイトか、、、。うーむ、、、。』(どういう基準なんだろう?)

 


「フラットホワイト」は、メルボルン、ニュージーランドで生まれたドリンクで
エスプレッソにフォーム(泡)の分量の少ないスチームドミルクを加えたものです

 


日本にはエスプレッソとスチームドミルクを組み合わせたものが
大きく分けて2種類あります。


そう、皆さんお馴染みの「ラテ」と「カプチーノ」です。
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが
この2つの違いはスチームドミルクに含ませるフォーム(泡)の分量の違いで決まります。

では、ここで上記3種類をわかりやすく写真で説明します。

 


※分かりやすくするため、全てラテグラスにて作成しました

 

・1番左がカプチーノ (泡部分1.5cm) 通常カップで提供

・真ん中がカフェラテ (泡部分が1cm) グラスで提供

・1番右がフラットホワイト(泡部分が0.5cm) 通常カップで提供

 

※カプチーノには、だいたいココアパウダーが振りかけてあります。

 


海外ではこの3種類を総称して、「ホワイト」と呼びます。
これに対して、「ブラック」もあります。ブラックにはエスプレッソ、ロングブラックなどがあります。

これは、また次回。




結局、フォームの量をどう区別すればフラットホワイトになるか、よく分からなかった僕は
いろんなカフェを飲み歩きました。

 

 


” フラットホワイトの基準は、店によって様々だ ”

 

 

 


そう、いろんなフラットホワイトがあったのです。

 

例えば、下記の4点です。

①フラットホワイトをカプチーノやラテより内容量の少ない、一回り小さいカップで提供するお店

②フォームはラテと一緒だけど、使用する容器、つまりカップとグラスの口径の違いで、フォームの口当たりを少なめに感じるようにしているお店

③フォームの量をしっかりとラテ、カプチーノと区別して作成しているお店

④フォームをまったくいれないお店

 

どれが正解で、どれが間違いかではなく、
 

 

” うちのお店のフラットホワイトはこれです ”




という共通認識がオーナーやスタッフ間にあることが大切だと感じました


うちのお店のフラットホワイトはこれです。

これが明確に出来ている、これがお客様への安心に繋がると思いました。
勿論利益にも繋がります。

もし、そのフラットホワイトがバリスタによってカプチーノだったり、ラテになったら
お客様は、どうオーダーすればいつものフラットホワイトがでてくるんだろう、と思います。



メルボルンのお客様はオリジナルのオーダーをしますが
いつもの基準が出来なければ、熱めも、泡の量少なめも出来ません。
僕はこの時に基準を作ることはすごく重要なことだと実感しました。

 

と言うわけで、次第に自分の働いてるお店の基準はなんだろう、と考えて働くようになるのでした。

どう動いたかは、このブログで追い追い書いていきます。

 

 

ちなみに上記の3つグラスが並んだ写真は、私のバリスタスクールの生徒さんが作ったものです。
ラテとカプチーノの違いも分からない、、、まったくの初心者からのスタートでしたが、
3日目にはホワイト、ブラックのメニューの違いを理解し、各種の作り分けも出来るようになりました。
とても熱心な方でした。ありがとうございました。


現在もバリスタスクールは開催中です!
ご興味のある方は、こちらをご覧下さい。

http://www.facebook.com/plus.nobu?ref=hl

 

では、また来週。

+nobu

 

 

 

 

マイカテゴリー: コーヒー
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

Mitsuno
美的センスの優れたシェフが生み出す一皿
【ICHIBA JUNCTION】 What’s わさび?
わさびでアンチエイジング&健康?!
MAISON AMA LURRA
ノースメルボルンのヨーロピアンカフェ、いろんな面で魅せてくれます
Dench Bakers
キュートなケーキにうっとり ノースフィッツロイの人気店
Gurkhas
◇ Gurkhas ◇

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第1週
今週末のメルボルン ★3月31日(金)~4月2日(日)
ボランティア受付開始
あなたの力を日豪の架け橋に
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう
週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)