Logo for lacrosse

Sight of the San Salvador

2016年4月25日()徐々に気温も上がり、日中は30℃を越える日も出てきた台北Cityです。Gypsy Tomoも、28日の出発に向けて、必需品の買出しに、新しい物にと、入国に関してのVisa確認など、最終チェックに入ってます。このColumnをあげたら、最後の河川敷へ14KMの散歩に出かけます。with Lacrosse Stickwinkheart(いつでも復帰しプレーできる様に先週から1人トレーニング再開しました。(笑))また、私は動物アレルギーに掛かってしまい、大変な日常生活、顔が痒いし、なかなか気が落ち着かない、リラックスができないのです。もともと皮膚は強くなくて、敏感肌でもあり、アレルギーも、何個か持ってて、ここにきて、条件が重なっての発生と、ニュージーランドでの猫との生活以来のアラジックの発生だわ。。。(勘弁してくれ~・・今回は犬なんですが、これも運命なんだね。)台湾を離れる最後の最後まで、私を苦しめる。呪い★条件の一致に色んな事が私を困らせる。何でも寄ってくる私の人生!!暇は1つもない、 本当に神様は、ありがたいですよ。次は何が私に降りかかるのか、天秤に乗せられてる今日この頃(笑) ネタやで。(この台ペイでの滞在は忘れる事はないでしょう。★)

そして総括として、台北人(台湾)で感じた事; 先週も言いましたが、個人店で働くオバチャンに、凄く、その姿勢から教わる事がある。個人店での麺屋さん。日常のお客さんに対して、日常のごく普通の接客だけど、温かみのある雰囲気、落ち着きを放してくれてること。=(色んな物事を経験してるからこそ、にじみ出るオーラなのだと、感じます。) 

また、台湾の時給ですが、平均の日本円で約500円です。日本の半分だから、従業員の数も、日本より働いてます(その1店舗で、)。でも、台湾は物価上がってきてる様に感じます。日系の吉野家・やよい軒・ダイソー・三越さんに行くと、日本での価格より高い気します。でも雇われ(Workforce)には、その約500円と、どこもほぼ代わりのない現状、もし仮に、賃金を上げると、人員はカットされ、より1人に求められるパフォーマンスは多くなるでしょうし、今までNT60元(日本円で約206円)で食べれてた、ごく普通のローカルのお店も値段が上がり、台湾の魅力でもあった『安い!!』の代名詞がなくなるでしょう。 国際経済が与える影響というのは、人間を無意識の内にストレスを与え、人間力を弱くしてる。そおいう渦に巻き込まれてる現実でもあります。 利便性は上がり生活がしやすく、交通に関しても見ての通りに潤ってるが、反面では、コントロールされてるんだな~って、以前から私は何回も、このColumnで、書いてますが、ここ台ペイでも、何処でもあることですが、感じてしまいます。 私が思った台湾人の印象は、抽象的に言いまして、可愛い人々、それは国民性ね。 優しい☆・ゲップを平気で何処でも(女性・男性)、オナラも平気で(男性)、日本の影響も多大に受けてる(台湾は日本の延長線上の場所です。ほぼ一緒)。台北は大阪の御堂筋にそっくり。日本車も超沢山!!TOYOTA. 日本の弟分(兄弟)って感じも、本気で感じる。日本に近づこうとする姿勢は、感じますね。見本が兄貴が日本という位置づけかな。空気は、良くないかな。それは感じる。河川敷で歩いてても、何か空気が違う。。。これまで、ノルウェーの田舎・ドイツの田舎でいてて、体が反応しますね。だからと言って深呼吸ができないわけではないけど、新鮮ではないことが、200%も承知で感じます。色んな匂いが台北にはあります。はっきり言って、はやり疲れるよね。嫌な匂いも、もちろんあるので。 何処の国も色んな問題があります。 ほんまにバランスやで。バランスを知る人の育成が、世界、人類に必要不可欠です。少子化問題とかよりも、今何が1番必要なのか、私たちが根本的に必要としてるのは、『多角から物事を見れて、経験から暖かな目で落ち着いた目で解決できて、人の話も聞ける、そして判断のできる。本当のバランスを分かってる人。』

分かりましたか?(^-^) さ~さ~、今日もColumnへと参ります、エルサルバドルに入国しました。特にここで魅力がある事はありませんでしたので、首都のサンサルバドルを散策してました。街の写真です。どうぞ適当に見てって下さい。Let's board on Gypsy Flight 2016.wink

   

街到着です。ここは到着するまでも、どんなけ時間が掛かったか・・・ケサルナンゴを出たのは一昨日の深夜で、サンサルバドルへ到着したのは約40時間後です。この間に、あったこと、まず最初にグアテマラシティでは、バス45人乗りにたいして、乗客が私を含めて2人だったので、発車したくない、それで、次のバスの人達と一緒に出発。。それでも合計7人程、あげくの果てには、グアテマラと、エルサルバドルの国境でストライキが発生したとの事で、立ち泊まり、そして、何処からか、また後のバスの乗客が乗換えで、私たちのバスの乗車してきたこと、本当にストライキだったのか、 乗客が少ないから、お客の嘘をついて、乗客を1つのバスにまとめて、送りたかったのか・・・定かではないけど、(ホンマに信じれなかったです。)バスの運転手は、完全にOFFモードで、寝てるし、新聞を乗客席の1番後ろで、読んでるし、最初は意味わからなくて、何が起きた状態でした。メキシコでも、途中でドライバーが果物を取りにいくし、彼らは全く英語が喋れない人だから、大変でした。そして、深夜に国境へ到着しました、メチャクチャ適当な検査で、即終了して、深夜にバスを走らせるのは、危ないとの事で、その国境で朝を迎えて、そして出発しました。サンサルバドルは、第2のアメリカみたいで、アメリカンDollarが通貨です。銀行もアメリカのがあります。 銀行は厳重に扉も2重で、空港みたいにチェックされます。今まで旅した国の中で1番の入り口でした。家にも鉄柵で頑丈に囲まれてて、少しお金に余裕がある人は、セキュリティーマンを家の前で雇ってました。ライフルを所持して、普通の道のライフルを所持してるセキュリティーマン方・・・ どんだけ、危ない国やねんって思ったのが最初の印象でした。

 

普通の光景 in City.

 

催しの日でなくて、普通の日の日常です。(自分で何でもイーから自営業でやった方が、ましなのです。)

 

公園

 

交差点。

 

交差点②

 

街①

 

散髪屋さん。昔~のアメリカっぽい写真風。

 

街②

 

人々は沢山、行ききしてます。

 

街③

 

これで80円程。 美味しくなかった。怖かったこの後に、腹痛しなるのではないかと。(笑)

 

ビーチの方へバスで向かいました。(放し飼いされてる牛さん。)

 

海は、特に綺麗なカラーではありませんでした。(普通)

 

私の海岸での昼ごはん。ビールと、海鮮スープに、定番のグリルチキン・ライスです。

 

何でもかんでも、海の採れた物を入れてる感じが。素晴らしい☆(^0^)v 全部で350円程だったかと。本当に美味しかったです。(ここはOK!!)

今回、エルサルバドルに来ましたが、色々と調べたのですが、あまり凄い壮大なスポットは見当たりませんでしたので、サンサルバドルの首都だけ、とりあえず見れば良いかと思いまして来ました。やはり、今までの国とは、ちょっと違いまして、本気で物騒な事が頻繁に起こるのだからこそ、頑丈なフェンスに、セキュリティーマン、にディフェンスされてるのだと、ひしひしと伝わってきました。雰囲気は悪くはありません。実際に、夜遅くには外出はしてませんでしたが、HOSTELのレセプションの人が言うぐらい、暗くなる前に帰って来たほうが良いとの事を言うぐらいなので、これまで以上に、意識しました。すこし辺鄙なホームレスエリアの入り口付近にも行きましたけど、『危険』って感じはうけませんでした。ここはギャングが危ない域。 私がたまたま行った時期が良かったのか、定かではありませんが、人々は普通に良いので、観光地は、多分有名な所はありませんが、皆さんが考えてるよりかは、エルサルバドルは、大丈夫かなとは思います。行く前に聞いてた情報だと、エルサルバドルは、ホンマに危ないから気をつけなだめと思ってましたが、全然、裏の方歩いてても、普通でした。(たまたまなだけかもしれませんが。) 特に、エルサルバドル人に対してのネガティブな印象はありません。一般人は普通に良い☆やはり第二のアメリカだけにあって、英語が喋れる人にも、他の国より会いました。 また不思議な国に感じます。 気になる人は行ってみてください。 以上

 

 Tomo2016!!でした。

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

From dawn till Sun goes up , Vista is at the Summit of Mt Tajumulco

2016年418日()~かな?週のまりで、体や気分が重たいのを、このGypsy Tomo2016!! がブッ飛ばしてあげたいなと思います。徐々に近づいてきてます。その時を、ここを去り新たな旅へと再開へ。もお10日を切りました。27日の深夜には国際機場に入り、早朝650分にバンコク経由でヤンゴンへと始まります。何か最近は、バックパッカー(宿泊先)での選ぶ楽しみなんかも出てきました。基本、私はプールがあるかをチェックします。やっぱりね。暑い所へ行く時に、プールがあれば、そこでクールダウンができるし、安いビール飲みながら寝れるし、普通にバッパーの人達とも絡めて、私はパブとかよりも低価格で、リラックス出来る憩いの場所だと位置づけてるので、プールを番に、番目は景色かな、バスコニーや屋上からの、そこでゆっくり安いビールを飲みながらリラックスできる空気を醸し出してる事、3番目は意外性なユーモアな感じで他に類を見ないオリジナリティの持つ物、もちろん値段は安い所を常に探しての結果に結びつけるようにと。だいたい後進国だと1600円以下での自分の最高の条件で探します。 だいたいBANGKOKまでのバックパッカーホステルはチェックし終えました。それも私の1つの旅での楽しみの1つに最近なりました。 何で、こんな風に思える様になったかと言うと、ナミビアでキャンプサイトを回ってた時に、プールがあるのと無いのでは200%、旅の楽しみが推移して、変化をして行くのです、プールという物(施設)は、 会話が弾み、COOL Dawnができて、リラックスできて、全てがプラスに向かうのです。 そのパブと違って持ち込みも、HOSTELでは可能で、外のスーパーで買ってきたのを飲めるし、私はーカーを、いつも何処ででも携帯してるから、気分はに上る感じに作れるし。そおいう意味だからです。そして前回お伝えして、旅の予定の続きなんですが、実はミャンマーチェンマイラオスバンコクの後はエベストへ向かいます。標高は8850mだけど、 これに登ろうとすると約00万円かかるのかな?私はそこまで資金を持ってませんので勿論、今回はNOです。そこまでCrazyではありません。 資金も、ここを登る事も、そんなに甘くない。前回の6009で、私は本当に辛い目を実感しましたので、でもね。でもね。!!将来!!9000mまで行ってみたい、限界を超えた自分に出会えるのは、なるなのか、なのか。かりませんがあるかぎり、目指すよ♪♪。答えは、1度しかないこの自分のキャラクター個性と特徴。() なもんで、今回は下見に行ってきます。費用も、ほとんど、かかりません。その後はアジアファを見る為に、国立公園へ行き、タイ番の目当てで、アジアサイ番目で、色んなえたらと思います。 その後は、また来週に発表したいと思います。

じゃ~今週も、これを見て暇な時間のあてにしてください。それでは!!Mt,Tajumulcoへ行ってでーす。wink

 

完全なる夜明け前に山頂へ到着、標高4220m、そこから見た。村の光です。(これ撮るのに苦労した。まじで難しかった。これは、その中でも最良の写真です。 これは小さな村ですよ。綺麗でしょう(^o^))

 

Daybreakです。赤く染まり太陽が上がってきます。

 

色は少し強め修正してます。(暗黒って感じで。地獄の入り口へようこそ。)

 

マグマの海が向こうで広がってるのを。

 

雲が今回も沢山発生してたので、こんな感じですが、でも良かったです。

 

噴火もしてるし、近所の山々は今でも。本当に、見た事なかった。活火山を見たのも初めてでした。

 

右側奥の山が、そおです。地球が活動してるのです。怒ってます!!。

 

色修正してます。

 

これが自然色に近いものです。(朝の撮影は3脚がないと難しいです。)

 

フレアの爆発風。

 

私Gypsy Tomo!!も記念写真。

 

太陽が昇りました。(おはようございます)

 

太陽が登り、大地に光が差し込むのです。(この朝の霧が、素晴らしい景色を醸してくれてます。)

 

拡大してみましょう。これでも標高2200mはあると思います。

 

今見ても、よく撮影できたと感じます。木の影に、この斜めに切れ込む光に。完璧だね。

 

神が大地を観察してるかのようです。

 

太陽は神様だ。この光は沢山浴びるべきだね。(気持ちよさそうに見えません?光のシャワー)

 

凄い!!

 

大分、撮影して、景色も堪能できましたので、下山です。

 

大分、光を絞ってみました。

 

これは最高の1枚の1つです。これを見てたら、宮崎駿 監督の映画のアニメに見えます。 天空の白ラピュタに出てくるような。地上の町。 Hello パズー って感じ。

 

4000mから見る大地とは。

 

天からの光を浴びなければ。

 

大地が、賑わってる。朝の会話をしてる。そんな風にみうけることが出来ます。(大地が皆と話してる。緑と大地。)

 

これも綺麗わ。(私、好きですね。)

 

おもいっきり、光が差し込んでるでしょう。(い~ね~。)

 

これは、安土桃山時代風に撮影してみました。両側手前に木を置いての撮影。(わかってくれたら嬉しいな♪)

 

あとは下山してケサルテナンゴへ戻りです。

 

野良犬さんたち、日本では、もおこんな景色は路上で見れないでしょう。(やんちゃでは無かったら、見る分では、癒されるのにね。可愛い子犬ちゃんですheart)

以上Tajumulcoからお伝えしました。この時は、本当に気合入ってました。絶対に登ってやるぞと、なんたってよりも高い山で4000m以上と、今ではなんとも思いませんが、当時は4220mって聞くと高いな~って印象を受けました。今思えば、富士の3776mってどおなん?遺産の価値ってあるの?みたいな、高さだけで見たら、そお感じてしまいますけど、他に沢山の何かがあるのでしょうね。ともかく、来て良かったです。これがあったから、後の南米での6009mと5950mの山を登れたことにも繋がります。 山頂からの景色を見ていただいて思うのですが、[大地って凄い美しいのだな~って霧があり、雲があり、光がある。]絵のような物が、目の前に広がってるのです。 また活動が続いてる山も、今までテレビでしか、噴火なんて見た事がなかったのですが、実際に噴煙が上がってる山を見ると、[違うな~]っての感想!!。色んな物事が、ここ山頂から観察できた。一生忘れないって言っても過言でない、目で見る。で起こってる、ごく普段の日常模様って感じです。オススメの授業です。誰でも行けますので、是非宜しくお願いします。

さて来週もここからお送りします。勿論、旅コラム編で、すんごいは蚊が多いの、スーパー多い。Gypsy Tomo2016!!この国で特にやる事も、正直に今の自分には無い、時間を掛けて、比重を掛けて得る事もない(優先的に)、から感じれる事は1つしかなかった。(ここ、チェーン店ではなくて、個人で経営してる、食堂の、スタッフに見受けられる感覚なんですけど、温みが接客に感じられる。それはぐらいの、の何気ない接客、言葉も私はができないからコミュニケーションはとれないけど、でも店は流行ってる。はもちろんで、価格も安い、そして、スタッフだよね☆。 店をとは、という意味を教えてくれてる感覚が、ばちからする。 店とは物を売るのでもない。広告をだして、引きとかやるものでもないねん。広告出す店はいづれ潰れる産する。何か人の方程式みたいなのが、かすかに見えてきたのが事実。安く物を売るのが店でもない。 私が感じ取れた店とは=答え。あなた(お客さん)の習慣の1部になる事が店です。なお店=人々を支える為の、その人(お客さん)の人生(習慣)の1部分なのです。そおいう物が、個人のお店の、の作ったご飯、らかいかいもりのような、接客から、感じれます。凄い素敵な事をで感じれました。これは大きかった)。 この国は、このまま進歩進化する。でも面白みが特に40歳以下の世代ない。人々にユーモアが、ないね。(残念) また来たいとは思わない国のつにあがります。 私は自分の中で、やるべき事をしっかりやって、日、過ごして今週もやってまいります。ありがとう()。

それでは、今週もHappy Weekday

Gypsy Tomo2016

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

The road to Quezaltenango and mounting up Volcan Tajumulco the highest Mountain in central America .

2016年4月11日(月)、時が経つのが、ホンマに早く感じる。こないだ4月に入ったと思えば・・もお11日も過ぎ去り、どなおなってるんだ~状態(^0^)x まあね。私も残りでの滞在が2週間ちょっと、もおあっと間に離陸の時が来るものと感じてます。飛行機の予約も完了でヤンゴンバンコク経由で入国します。もお少しこの旅のルートをオープンにしますと、へ行きまして、最近有名になってきたバガン寺院へ行きます(の北東の農村地帯は、今もまだ少し危なくて観光客が行く場所ではないので、辞めておきます。私も何があるのか情報が無いので、特にチャレンジして行くエリアではないと今回は・・です。)。他も周ります。そしてチェンマイへ行きまして、へと、ここではでは、多分・・・100人も知らない、マイナーだけど凄い森の中にあるHOTELへ行ってみようかと、考えてます。メコンを上へと・・・・・、私もアマゾンでの民家へ訪問したり、周辺で滞在した事がありますが、今回は、また違った建物で(感覚も違うように感じます=先見力からの予感。)、その辺りは実際に行けて写真が取れたらUPして行きたいと思います。そしての首都経由でバンコクへ帰ってきまして、また飛行機で、とある場所へと飛びます。自分の軽くやってみたい見て見たい、彼の偉大なる姿を、この目に焼き付けに行きたいです。その場所は・・実は・・世界で1番の場所。皆さんが人生で1度は聞いた事のある場所へ。angel 次週発表いたします。

もおに来て、ほぼ完全に精神的にも回復して、最近は、もお真近に迫ってきた旅の再出発に向けて、胃の底から、興奮(ゾクゾク感)が再び湧き上がってくる感覚(活動再開)がしてきました。そして、今回の旅で、新たな軽い投資として、GoPro Hero4を購買しようとしましたが、予算がカツカツな為に、そこは諦めて、2016年に今年になって販売されたウェアラルカメラを台注文しました(安価の物)。その他アクセサリーと新しいBackack(前に背負うカバン 兼 ハイキングタイプ)と, いつも頭に被るってるypsy Tomoのトレードマークの Era 59fiftyのCpなど、気持ちを一進に超変革で行く予定です。旅のルートも、今回は変革です。時間と予算から、あと自分の心が何処を目指し向かいたがってるんか、ハートに従い、そのクレイジーなルートで再び始まります。お金も、使うよ~~~。恐れるなGypsy 兼 Crazy Tomo2016!!、貯金なんて使って使って使いまくれ!!lってwink今は、そんな気分(これ多分、正解だわww今の7年目の私にcool)。 おは株に投資せず、人に投資して、経験地となり、が出・がつき・、も入って行き、シーの様に煮込み時間経つにつれて、しくなる★。付加価値のある物へと(^0^)v(世界で1つだけの個性豊かでユーモチュー♪へと。超旨い~パタ~ンへfrown) 変な例えだけど、(これ正解!!)(死ぬまで勘違いを貫き通す人間パタ~ン ってか?(笑)そおです。) 判っていただけたらHAPPYです。必要となれば、その時、働いて、稼ぎます↑↑

それでは、私Gypsy Tomo!!の勘違いの人生の世界へ行ってちょんまげ、内容は前回よりマシです。Secret potion.

 

 

先週も、お伝えした通り、ドライバーのミス(記憶障害ミス)からアンティグワに降ろされて、再出発です。朝が超早かった5時に宿を出まして、トヨタのバンで、グアテマラシティへと戻り、そこからバスでケサルテナンゴへと、本当に今日は上手く行くのか半信半疑でした。 そしてグアテマラシティからの出発も少し遅れて、そして出発しました。凄く乗客の人達と仲良く遠足気分でワキアイアイで、進んで行きました。外国人は私1人で、スペイン語の勉強をしてまして、色んな人に助けてもらいました。(笑)が、が、またもや名物のストライキです。もおあと10分早くバスが出発してたら、こんな所で引っかからずに通過できてたのに、残念賞。

 

この先を右に曲がった所30m程先でストライキスポット、ここで17時頃までいました。何もすることなく、私は側道にある小さなショップでカップ麺3つ食べてました。お腹がへるへる。 スペイン語勉強したり、乗客の皆さんと冗談いうて笑ってたり、 道の上で日向ごっこしたり、素敵な時間でした(笑)

 

これがグアテマラです。乗り込め~。

 

ケサルテナンゴへ到着(市内写真)。

 

これ勇気もって買って食べましたが・・・美味しくなかった。(私はあわない。Deepflyしたデザート感覚の物。)

 

彼の家で泊まらせてもらいました。将来は、ちゃんとしたレストランを開きたいだって、ちょっと異風感じの人でした。部屋には空き瓶が、とても多く、ユーモアな方でした。(料理は、そこそこだと感じます。)

 

彼の作っていただいた食事です。 美味しかったですが、これ食べて、腹が痛くなったのを覚えてます。(笑)(^_;^)

 

こちらも美味しかったです。(でも、ぶっちゃけ言いまして、普通★でも凄くありがたいことです。 無料ですもの私には。)

 

近くの山へと暇つぶしにハイキングに出かけました。

 

こお雲がかかってくるでしょう。 この1時間後には、凄いドシャブリの雷雨が来るのです。(バケツをひっくり反すぐらいの短時間の、激雨。)

 

何か共産党ホールみたいな、ここも廃れた場所でした。 あとで、ここへ行った事を誰かに言ったんです。そしたら、{危なくなかったかと?問いただされました。} 何か、ここも少し危ない人がいるみたいな事を言うてましたけど、私が行って時は、人も殆どいなくて、平静としてました。 運が良かっただけで、何もなかったです。

 

この日の晩御飯はローカルの人が通う、レストランへ約170円程。 ここのレストランには計3回きたかな。ここで滞在してる間。

 

私の寝床。ケサルテナンゴ。意外と予想以上に気持ちよく寝れた。屋根裏スペースで、感覚でいうと、となりのトトロで、めいとサツキが虫ネットの中で寝てて、扉全開で寝てる感じ、月の光が中に入ってきて、涼しい空気も中へと、そんな不思議で気持ち良い感覚の屋根裏でした。

 

これも皆食べてる。ローカル人向けのカキ氷。コンデンスミルクに・・何やったか忘れた。。ごめんなさい。でも、約40円で美味しかったです。(これは、また食べたいです。♪)

 

いきつけのローカルレストランでの晩御飯。これはお肉があるから、少し高めの値段でした。約200円かな。(もちろん、全部いただきました。)

 

違う日の早朝は、バックパッカーの人らと、ツアーガイドの人と中米で1番高い山へと出かけました、その向かう途中のローカルバス車内。(混み込み。)

 

一度サン・マルコスでバスを乗り換えて、やってまいりました。ここは登山スタートラインです。

 

到着した時は天候は良かったのですが、時間が経つにつれて、雲が出てきました。(現地ガイド入れて6人で登ります。)

 

登るよ~。エイエイオ~♪

 

こお豪雨の道があったり、自然のありのままの顔を出してくれててありがたく、嬉しいです。こおいうのを見るのが好きだな私。

 

Have a break.皆元気モリモリ(ドイツ人・イギリス人・アメリカ人・イスラエル人・グアテマラ(ガイド)人・私の日本人)

 

高山植物? 綺麗です☆嬉しくなる(^o^)

 

植物2

 

植物3

 

植物4 、(名前は全く知りませんが、見るだけで、本当に心が笑顔になります。今でも嬉しい☆cheeky)

 

登るにつれて、霧(雲)が、かかってくるわ。 でもこれも素敵な経験の一部です。

 

のりの良い、登山仲間(笑)、彼らけっこうイカレテル(笑)

 

オープンタイプのトイレを発見しました。皆で半ケツになって、アホ写真撮りました。

 

翌日、早朝に登る山頂が雲の隙間から顔を出しました。

 

本日は、4000mのこの広場でテントを張り、就寝です。彼らは全員アメリカンの1つのグループでした。私らとは別の。 こんな感じって事で。この夜中には氷が降ってきたりして、少し煩くて、なかなか寝付けなかったです。なんせ寒かった気温3℃で、私の寝袋は-7℃までって書いてるのですが、超寒かったんです。寝袋の頼んなさを痛感した感じでした。イギリス人の人は、夜中に吐き気をもよおすわ。野犬は吠えるわの、安眠妨害な1夜となりました。

今日は、まだ良かったでしょう。! ここキャンプ地の場所でも4000mと、3776mをも超えてるという事で、嬉しかった。あのよりも高い場所に私はいてる事を、世界には沢山の高い山々がありますが、ここへこれた事は、嬉しかった。実際ケサルテナンゴに来た理由も、山へ登る事でした。この訪れた時は9月で、Lo Seasonであった事もあり、なかなか人が集まらなかったのですが、何とか、かき集めて5人揃う事が出来て、登山を実行することが出来ました。私人なら、出費がもっともっと多く重なったのですが、5人集まっての事で、落ち着いた値段で、実行できました。ここは安いね。ケサルテナンゴもここにあるのですが、学費とホームステイで週100あれば、いけるような事言うてました。私も思います。中米で安い場所は、メキシコの下の方か、グアテマラと、もしを学べる時間があれば、私は、グアテマラ(安全で安い)、でも変化球でホンジュラスも今、思えばゾクゾクする環境。でなら、コスタリカペルーで、変化球でベネズエラかな☆。また行きたくなる~!!!、ともかく、全然4000mでも、以外にしんどくなくて、軽々上がる事が私には出来ました。いたって普通。全然しんどいとか感じない。でも他の人達数人には影響を与えてました。しんどそうにしてたり、吐き気など、食事が上手に消化しきれなかって、戻したりと。 今日はこの辺で。また次週お会いしましょう。次週は早朝のM,Tajumulco山頂からです。 お楽しみに以上。

y Tomo2016!!

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

The Road to Antigua の巻

こんにちは、今日もこの適当な、お時間がやってきました。世間はEaster Holidayで開放の休日をお過ごしだと思います。ここも4月5日()まで休みで4連休だそうです。 3月は精神的に落度の大きな月でありました。でも4月に入り、気持ちは、そして計画は徐々に進んでおります。昨年に計画してた、今回のでの滞在は、一時休止いたします。昨年に自分の中で計画していた事が不可能という結果に結びつき、そして、この1ッ月前に、からOfferいただきました。今後の事も考えて、自分の歩むべき道をも見直して(revise)、どお時間を使うべきか悩み考えてました。もちろん時間が可能な限り、自分の、やりたい事などを、目の前に紙に書き、心が思う優先順位をつけて、どの時間の使い方が、ベストかと考えた結果。今月の428日()にを出国いたします。 行き先は・・・・・・・(Myanmar)です。 Lacrosseも最後の最後にもお1度やりたい思えて。 そして、そのオファー次第では、今後の180℃、予想の不可の道へと進みます。自分の中で、今後2017年18年を色んな角度で起こりうる、また自分の行動で可能な事を計算してました。 学校6年間(学校6年間)を卒業して、これから学校へ向かう感覚です。一歩一歩大人の階段を上がってる、そんな感じです。 しっかりして行かないといけない。学生になるんだからcool。素敵な、お兄ちゃんになれるように、次は「信」よりも「虚」というのにポイントを置いて(信がある方・持ってる方は⇒次に知り、学び、感じる事は虚です⇒そしてユーモア(健全な人、私達の持ってる・眠ってる共感できる、また得れる、人間味あふれたおかしさ。⇒階段を登り仏様の様に素敵な味のある笑顔を醸し出し、表せれる。))、この学校生活を送って行きたいです。伝えて、引っ張っていける様に、課題(Assignment ever)。 

それではAntiguaへの道のりと少しその街の景色を撮影したので、ご覧ください。 世界のグアテマラへ行ってQだす。 with Gypsy Tomo!!

 

 

 

 

雨の本当に多い月でしたね。雲と光のコントラストが素敵です。(雨でも、こんな虹では、ないけど、普段見れないような色が見えると気持ちがイー☆)

 

 

ここはSemuc Champeyからの最初に出会う小さな町です。 時代が過ぎるのがゆっくりな町です。

 

車でも乗り換えて、行きますか。

 

ガスに雲に、多い多い。

 

これは綺麗。

 

これも田舎で撮影した1枚。

 

似たような写真2

 

車の中から、1枚。

 

私は、本当はAntiguaには行かずケサルテナンゴ(Quezaltenango)へ行く予定だったのです、この前のドライバーが私をグアテマラシティで降ろすのを忘れて、直接Antiguaへ来てしまったこと。(ボケーット運転してるから、彼らこんな事を起こすのです、頭はきれないね。cheeky)

 

彼らのミスでAntiguaに来てしまった私は、せっかく来たので、太陽が沈むまで、市内をウロウロしてました。

 

グアテマラ名物の派手やかな公共交通機関、アメリカのスクールバスのお下がりを改造してる感じです。

 

皆さん(ドライバー)、こお自分の車を、自分色にするのが大好きみたい。私達が原付バイクを改造するあの感覚でしょう。中3・高1年生の時の自分を浮かべました。

 

ちゃんと駐車する知能はあるみたいです。 そこは嬉しかったです。smiley

 

各ドライバー自慢の(俺のバス~)バスです。

 

ここは観光地です。でも私は興味がなくて、パスしたはずが、ドライバーの間違えで送られてきたのだ。でも特に興味が湧くことは改めてなかった。 街並は良いけど、私は見飽きてました。このような感じの街を。

 

そうなんです。山が有名でもあります。アグア山(Volcan de Agua)

 

このIrregularな日の晩御飯。もちろん自分出しです。彼ら間違えたドライバー会社からの償いはなし。宿泊代も自分です。この右上の牛乳みたいなん、美味しかったです。この感じがイーヨネー。なんか・・現代日本ではまず消えた感じ。(笑) (嬉しい。)

Antiguanに関しては、正直に言いまして、興味はいまいちでした。やはり綺麗に、観光人客を引きつけようと取り組んでる、そおいう場所でした。だからと言って私には届かないです。今まで色んな所を見てきたので(こんなんメキシコにもあったやん状態)、新鮮に写りません。でも、旅行初心者には、すばらしい日常の面も見れるし、安全な場所だし、とても良いでしょう。 私は・・・・ですが(笑) ラテン系の男性は頭が切れないね(そこまで考えた事、脳を使用した事、使用の仕方をしらない)。そんな感じに写ります。色んな国民を観察して、見てますけど、言葉は無し、逆にそこで脳をいうのは使用しなくて良いのかもって反面思いました。(笑) でも、適材適所でしょうね。Off timeは絶対面白い事はわかってますyes 一緒には仕事するのは難しいかな(そんな機会があるかも分からず思ってします。)。 体格は外国人の中でも小柄だから怖くもないし、農業する民族でもあるから、何か分かる部分が共通する部分が、ちょっとある感じがします。私達も大いに先祖は農業してた民族だからかな。顔もアジア系っぽくも感じれ、かする部分を感じる。 今日の退屈な時間は、これで解消なされましたか? また次週続きをUPして行きます。 何か発表が私からあるかもdevil

Have a enjoyable day.   Big fat Love during Easter Holiday .

Gypsy Tomo2016!!

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

+2 days - Tasmania - サラマンカ・マーケットへ
毎週土曜日開催・タスマニアを代表するマーケット
ソムリエに日本酒の本質を学ぶ
一流ソムリエ伊賀雅彦の酒とは?
ロイヤル植物園
都会のオアシスへようこそ!
子どもと行くメルボルン @Riverwalk Water Play Park
暑い日に!
子どもと行くメルボルン @Tullamarine空港周辺
空港周辺の穴場をお教えします☆

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第1週
今週末のメルボルン ★3月31日(金)~4月2日(日)
ボランティア受付開始
あなたの力を日豪の架け橋に
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上
メイキング オブ Japan Festival
第18回を迎えるJapan Festivalを盛り上げよう
週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)