Logo for tennis

近況報告

うにょ~ん。

いつの間にか3ヶ月振りの更新になってしまいました。今後は週刊連載に戻せるよう努力します。宜しくお願いします。

 

シドニーに来て1年以上が経ちました。タスマニアに4ヶ月行っていたので空いている期間もありますが、未だに慣れないですね。骨を埋める覚悟で引っ越しましたしホームシックも無かったのですが、1月にAustralian Openでメルボルンに帰ってからはホームシックが続いています。自分が1番好きな季節のメルボルンに帰ってしまいましたからね。大好きな7.5ドルの炒飯も食べられましたし。そうそうこの炒飯、自分がオーストラリアに来た時は$6でしたが、この9年で1.5ドル、1.5ドルと聞くとそんなに大きくないですが、割合で言えば25%も値上がりしました。25%とは恐ろしい物価の上昇率です。

明日から4月ですが、シドニーは今が1番過ごしやすいですね。最高気温も25度前後で、朝晩は少し涼しいぐらいです。自転車通勤もようやく楽になってきました。

 

シドニー来て初めて経験したのが、シェアハウスでの生活でした。これが自分の想像以上に苦痛でした。メルボルンでは完全に1人暮らしでしたから、快適なことこの上なかったのですが、トイレを待ち、キッチンを待ち、自分の食材を勝手に使われるなど、協調性がなく神経質な自分には苦痛以外の何物でもないです。4月からようやくシドニーでもスタジオのアパートを見つけ、一人暮らしがスタートしました。

 

テニスクラブでも1年以上働くようになり、ジュニアはもちろん大人のレッスンも任されるようになり、お客さんが増えてきました。先月はクラブ最大のイベントである、クラブチャンピオンシップが行われたのですが、昨年もスタッフとして仕事をしていましたが、殆ど知っているお客さんもいなかったのですが、今年は沢山いましたし、レッスンを受け持っているお客さんもいたので楽しめましたね。もちろん自分の生徒さんの試合を見るのはドキドキしましたが楽しいですね。去年より成績が上がってお礼もされると自分がやったことは間違ってなかったと自信になりますしね。

 

テニスに関して新しいことといえば、車椅子テニスを始めました。今まで関わってはきましたが、自分で車椅子に乗ってやるのは片手で数えるほどでした。ただ、自分のクラブには元パラリンピアンのコーチがいますから、彼にお願いし週1でレッスンを受けています。ボスも協力してくださりNSWの車椅子スポーツ協会から元選手のテニス用の車椅子を貸して頂けるようにもなりました。

健常のテニスは自分があとどれくらい上手くなるかはたかが知れていますが、車椅子テニスはまだ始めたばかりですし、毎週上手くなるのが分かるので楽しいです。2ヶ月ほど経ちましたが、先週初めてコーチと試合をし、1-6で敗れました。まずは年内にコーチに勝てるよう精進します。

 

プロの世界はRoland Garrosの真っ只中ですね。Nadal、Federerがいなくなった今、Djokovicの生涯GSがぐっと近くなりましたね。今年は年間GSも見えますし、オリンピックも有るだけに、どんな記録を打ち立てるのか楽しみですね。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Sharapovaがトーピング検査で陽性反応

うにょ~ん。

 

衝撃的なニュースが入ってきました。

ロシアのSharapovaが禁止薬物を使用しドーピング検査で陽性反応が出たとして、記者会見を行いました。日曜日に、Sharapovaから重大な記者会見があるとして情報が流れ、引退を発表するのではないかと噂されておりましたが、まさかドーピングとは誰しもが予想しませんでした。

 

Sharapovaはここ10年服用している、メルドニウムという成分が検査に引っかかったとのこと。この薬は今年に入り禁止薬物に指定されていたそうで、その旨が書かれたメールを去年受け取っていたそうですが、見落としてしまったとのこと。この薬は今年からテニス選手のみならず多くの競技の検査で摘発されたようで、選手にとってもポピュラーな薬の1つだったそうです。ただ、プロ意識が他の選手以上に強いSharapovaがこのような自体に陥った事に、テニス界は騒然としています。重要な記者会見と聞かされた記者達は、すぐさま引退について記事を書き始めたそうです。何人か記者の知り合いがいますが、誰もドーピングを予想した人はいませんでした。

 

早速各方面に影響が出ており、彼女のスポンサーであるナイキは、ITFから正式に罰則が発表されるまでスポンサーの停止を発表しました。この対応の速さはさすがナイキですね。今後も様々な波紋を呼ぶことになりそうですが、彼女はもちろんこんな形でキャリアを終わらせるつもりはないと語り、チャンスを貰えるならまた復帰したいと話しています。ITFは暫定的に出場停止を課すと発表しており、結論が出るのはまだ時間がかかるでしょう。

 

テニスのみならず、オフコートでも活躍し、テニス界のみならず女性アスリートでNo.1の稼ぎを叩きだしており、しばらく話題の中心となるでしょう。禁止されている薬物を摂取した以上、彼女の過ちですし本人も認めています。しかし、彼女のプロフェッショナル精神は他のどの選手よりも強いですから、早く戻ってきてまたテニス界に良い話題を振りまいて欲しいですね。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

上地選手のヒッティングパートナー

うにょ~ん。

 

実に1ヶ月振りの更新となってしまいました。

Australian Open後に学校も始まり、子供のレッスンも始まり、週末はイベントが立て込んでおり時間が取れませんでした。楽しみにしていた方、申し訳ありませんでした。

 

今日でシドニーのクラブで働き始めてから1年が経ちました。1年あっという間でしたね。社会人1年目からテニスオーストラリアの表彰である、Newcombe Medalにて、Most Outstanding Club Awardを受賞するほど有名なクラブで働かせて頂き、早速ジュニアコーチの資格を取る講習も受けさせて頂くなど、恵まれた1年でした。お陰様でレッスンも多く入るようになり、グループレッスンを受けた方からもプライベートの依頼を頂くなど、着実に成長はしているかと思います。今年はコーチングはもちろん、大会にも参加しようと思います。クラブのスタッフも今みんな盛り上がっているので、トレーニングセッションを毎週設けています。Australian Openで刺激を受けて自分らもテニスを始めたくなる辺りの単純具合は素晴らしいですね(笑)。

 

 

Australian Openも終わり、前回は写真をお届けしましたが、その中で少し話に出した女子車椅子テニス選手の上地結衣選手のヒッティングパートナーの仕事のお話を。

 

彼女との出会いは2012年に初めてAustralian Openに出場した時でした。上位の選手が欠場し、繰り上げで出られると当時9位だった上地選手にシドニーの試合の期間中に連絡があったそうです。男子では国枝慎吾選手が欠場し、齋田悟司選手が繰り上がり出場、そのコーチとして来ていた丸山弘道コーチと食事をした帰りに彼女と初めて有ったのですが、物凄く小柄で当時は線も細かった(怒られますが、今はアスリートらしいごつい体ですw)上に、テニスウェアでは無かったので、齋田選手の娘だと思っていました。上地選手は自分の印象は、日本人なのにめちゃくちゃフランクな外人みたいな人に絡まれたと思ったそうですけどね。普段は人見知りが激しい自分なのですが、テニスの期間、ましてやテニス選手となるとこちらから積極的に話に行くので、変な奴に思われたのでしょう(笑)。

そうそう、この時にお土産を買いにシティに一緒に出て行ったのですが、トラムに乗る時に車椅子を持ち上げたのですが、派手に前転させあわや顔面に大怪我を負わせるという事件が有りました。これは今でも2人で揉めるのですが、自分はちゃんと掴んでも転ばないバーを持ったのですが、彼女は自分が車輪を持ったから転んだと言い張っています。これは法廷で決着付けなければ。。。

翌年はランキングが届かず出られませんでしたが、2014年からはコンスタントに出場し、昨年は決勝まで進みました。

 

車椅子テニスのヒッティングを正式に依頼されたのは初めてでしたが、健常のテニスのヒッティングパートナーとはまるで違いますね。相手のやりたいように合わせるのは一緒ですが、2バウンドまで許される車椅子テニスのリズムに合わせなければいけません。更には対戦相手を想定する場合は、その相手らしく打たなければならないのです。そこはやはり自分は普段一緒にツアーに出ているわけではないので、情報不足も有りました。車椅子テニスは映像も残っていないので、調べるのも難しいのです。

ただ、この経験は非常に有難かったです。車椅子テニスを外で毎年見ておりましたが、コートに入れば想像を遥かに超えましたからね。早速シドニーに戻ってから、我がクラブで車椅子テニスを教えている元選手、Mick Connellと色々相談しています。彼は1988年のソウルパラリンピックのシングルスで銀メダルを獲得した選手です。ヒッティングパートナーのみならず、ゆくゆくは実際に車いすに乗ってプレイしてみたいですね。やはり、いくらヒッティングパートナーが務まっても、実際にプレイしないと感じないこともあると思いますし。まずは打倒・上地結衣ですね(笑)。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Australian Open 2016写真特集

うにょ~ん。

Australian Open 2016が終了しましたね。あっという間の2週間でした。オーストラリアに来てから初めて2週間通わないというのは苦痛でしたが、2日目は奇跡的に仕事がオフになったので、急遽メルボルンに向かい、Nadal VS Verdasco、そしてHewittの1回戦を取材しに行けました。昨年Hewittが今年引退を発表した時にはシドニーに引っ越すことが決まっていたので、見れないのかと心底落ち込んでいたのですが、1回戦だけでも見ることが出来て幸せでした。自分がテニスを始めた頃のアイドルは今でもヒーローですし、全て見ることが出来ませんでしたが、その彼を見る最後の試合が勝利というのも良かったですね。

2週目は車椅子テニスの上地結衣選手のヒッティングパートナーして帯同させて頂き貴重な経験をさせて頂きました。このお話はまた来週しましょう。

 

というわけで今回は写真特集です。

 

毎年恒例のAndy軍団、今年気が付きましたけど彼らはちゃんとアンダーアーマー(Murrayのスポンサー)のシャツを着ているんですね(笑)。芸が細かい。

Cruz君も大きくなりましたね。そして彼を見守るHewittの姿が微笑ましいですね。

それでは今週はこの辺で。

ほいだらの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (2)

Australian Open開幕

うにょ~ん。

 

先週はあまりの多忙ぶりにコラムの更新が出来ませんでした。楽しみにしてくださった方々は申し訳ないです。

 

さて、いよいよAustralian Open 2016が開幕しました。

今年はなんといってもHewittの引退ですね。今大会を最後に引退を表明しているHewittですが、初戦は明日火曜日のナイトセッション、同じオージーのJames Duckworthと対戦です。

昨年のAustralian Openで今年での引退を発表した時は、自分はシドニーに引っ越すことが決まっていたので、来年は見られないかと本気で泣いていたのですが、なんと昨日急遽火曜日がオフになり水曜日は夜から仕事なので、明日メルボルンに行くことにしました。やはり自分がテニスを始めた頃からのヒーロー、オーストラリアに行くのを決めたのも彼の出身国だからですし、思い入れは強いですね。昨年は違う意味で泣いていましたが、今年は最後ということで泣いてしまいそうです。メディアパスも無事取れましたので、フォトグラファーエリアで泣いている写真家が映れば自分です。

 

日本勢は奈良くるみ、錦織圭が初戦突破を決めました。伊藤竜馬、杉田祐一が予選を勝ち上がったので男子は5人、女子は大坂なおみが予選を突破し、奈良くるみ、土居美咲、日々野菜緒らの本戦組に合流です。大坂は初めて見る選手なので楽しみですね。日本人で200キロを超えるサーブが打てる選手が出てくるとは。恵まれた体格を活かして勝ち上がって欲しいですね。

 

Murrayは奥さんの出産が2月になっており、もし決勝に進んでも出産と重なれば棄権すると発表しています。FedererもRoland Garrosの時に出産と大会が重なれば棄権すると言っていましたし、各選手もMurrayを支持しています。日本人だと家族に何があろうと、プロとして仕事をするのが当然といった風潮は有りますよね。ビーチバレーの浅尾美和が妹が亡くなった時に、大会を棄権した時に、批判がありましたがあれは恐ろしい感覚でした。どんな職種だろうと、まずは再優先させられるのは生活の事でしょう。もちろんMurrayの活躍はみたいですし棄権とならない事を願いますが。

 

明日はHewittの撮影に行ってきます。お昼ごろ到着予定ですが、NadalとVerdascoも見られるので楽しみですね。あの準決勝を生で見ていましたが、再戦がまさか1回戦で起こるとは。。。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

明けましておめでとうございます。

うにょ~ん。

 

新年明けましておめでとうございます。今年も本コラムを宜しくお願いします。

昨年はシドニーに移り激動の年でした。クリスマスから年末年始はゆっくりできるかな?と思いきや、クリスマス当日も仕事、大晦日、元日も仕事、物心ついてから初めてじゃないか?というぐらい記憶に無いのですが、カウントダウン前に寝ていました。お陰で年越し感が一切有りません。昨日一昨日の月火がタスマニアから帰ってきて初めての1日オフでした。12月は忙しくないから〜なんてマネージャーに言われていたのですが、スタッフが殆どホリデーを取っており、3人でオフィスのスケジュール等を回すという激務でした。

年末年始は家族が日本から来ており、人の金を良い事に普段絶対自分では払えない高いレストランに行ったのですが、自分の貧乏性に腹が立ちますね、元日から謎の頭痛と発熱に苦しめられました。普段は風邪を引いても食欲は減らないのですが、あまり食べる気にもなれず、下痢でしたのでいつもとは違う症状なのでしょう。15歳でオーストラリアに来て離れた家族ですが、お互い一緒にいると体調を崩すので、よほど相性が悪いのでしょう(笑)。

 

さて、ブリズベンとアブダビからスタートした2016年シーズン、早速色々起こっていますね。

 

個人的に1番のサプライズが、Nadalがストリングを変更しました!それも長年使ってきたバボラではなく、ルキシロンのBig Bunger Originalです。昨年はラケットを変更するかもしれないとトライしてきましたが変えませんでした。ストリングを変えてくる、それも他社製を使用するとは。ジュニアの頃からの付き合いのバボラ、自分用のストリングまで開発してもらっていましたから、この変更はかなり大きい決断だったのでしょう。Australian Openに期待したいですね。

 

Ferrerはラケットをプリンスからバボラに変更。ピュアドライブになっていますね。Sharapovaのいなくなった今プリンスのスターはFerrerとBryan Brothersでしたが、キャリアも終盤のこの今変更。それにしても見慣れない(笑)。

 

この時期の大会は新作ラケット等が見られて楽しいですね。自分の働いているテニスクラブにも続々と届いています。自分も色々試打していますが、1本めちゃくちゃ気に入ったのがあるので変えようかと検討中です。Wilsonの新作の黒い奴、アルゼンチンの巨人が復帰する今季選んだラケットですよ!詳細はまたいつかのコラムで。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

今年1年を振り返って

うにょ~ん。

 

2015年も終わりですね。

テニス選手も続々とブリズベンに入ってきており、ニュースでは連日空港に到着した様子が放送されています。今日はSharapovaとMuguruzaが出ていました。

 

先日テニスクラブの受付にいると、明らかに体型がアスリートの人がやって来て、10日ぐらいシドニーにいて今日は相手がいるんだけど明日から誰か打てる人いないかな?と聞かれたのでレベルを聞いてみると、なんとATPで260位のJan Mertlというチェコ出身の選手でした。早速チェコ人のコーチのルーシーに連絡を取ってみると知っているとのことでしたので、そこからスムーズになんとSam Stosurと打ち合うことになりました。

それが実は今日だったのですが、Stosurの体調不良によりキャンセルに。。。そこでルーシーが僕に打ってみないか?と誘ってくれたのですが、今日はオフィスと自分の監督するイベントが合ったため出来ず。。。せっかくプロと打てるチャンスだったのですが、掴むことが出来ずかなり落ち込みましたね。

 

StosurやDelacquaも来たり、今の時期はこういった選手がふらっと来ることが有るようで、本当に恵まれた環境に働くことが出来、今年は本当に大変でしたが良い年でした。シドニー移ったのが3月、そのまますぐコーチングのコースに入れていただき資格も取ることが出来ました。お陰様でお客さんにもコーチングはもちろん、ストリング等で指名を頂くことも有り、上述のように元プロのコーチもヒッティングパートナーに指名してくれたりと認められたと願います。というかそう思わないとやっていけないですし(笑)。プロが新シーズン前のトレーニングに打つ相手なんか重要な役割はよっぽどひどければ入れてくれないでしょうし。

 

ちなみにルーシーもAustralian Open期間中にATLの試合が有りますが、そのために練習しようと誘ってくれています。昨年の今頃シドニーに仕事探しにやって来ました。その時にボスと面接をして(2時間のうち8割は安藤忠雄の建築の話でしたが笑)、テニスの腕を見ようとなった時に相手をしてくれたのがルーシーでした。この時も元プロと打てるって事で物凄く緊張しましたが、未だにルーシーと打つ時は緊張します。この緊張は実績のある人と打てるので、テンションが上がっているような状態ですけどね。

自分がタスマニアにいる間に、新しくナタニエルというコーチが入ったのですが、彼はAustralian Open Jrのダブルスで準決勝に進出し、世界ランキングもジュニアで60位まで行ったとんでもない実力の選手なのです。その彼と最近空き時間に練習をしてもらうのですが、それだけでも上がってしまうんですね(笑)。同僚ですし仲の良いスタッフですが、コートに経つとミーハー心が出てしまいます。ちなみにスーパータイブレークで、ナタニエルはセカンドサーブのみで試合をしましたが、11-13で敗れました。マッチポイントを握っていたのですが。。。でも、自分の実績なんて大したものじゃないですが、相手がセカンドサーブのみだとチャンスがどれだけ大きくなるか分かったので良かったですね。もちろんムードやノリがありますが、やはりテニスにおいていかにサーブが重要かを再確認しました。

 

 

高校を卒業して以来テニス漬けの生活になっていますが、あの頃と違い生活がかかるので焦りや不安は大きいですが、物凄くいい環境にいられるので来年以降も活かせると良いですね。

 

今年1年読んで頂き有難うございました。また来年も宜しくお願いします。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

結婚や婚約を発表した選手

うにょ~ん。

 

今年もあと9日しかないんですね。今年は環境が変わったことも有り、タスマニアに島流しされたりと、色々あったので特に早く感じますね。

そういえば日曜日に我がクラブにSam Stosurがやって来ました。ちょうどクラブ内のランキング試合をしていたのですが、今回はトップ20の回だったので、みんな自分の試合の参考に見入っていました。公園を通る人達もテニスを知らないのでしょうけど、明らかにボールの質や音が違うので足を止める人もいました。

 

 

オフシーズンになり、結婚や婚約を発表した選手が何人かいます。

オーストラリアのArina Rodionovaが先週挙式を挙げましたが、この日はAustralian Open Wild Card Play Offという、ワイルドカードをかけたトーナメントの準決勝の日でした。挙式は午後から、彼女の準決勝も午後に予定されていたのですが、大会側と相手のSandersの計らいで午前中に試合が行われました。この試合に見事勝利し5時間後に挙式へ、そして翌日の決勝も勝利し見事ワイルドカードを手にしました。良いことが続々と舞い込んできましたね。この運がAustralian Openでも続くか見ものです。

 

チェコのKvitovaは婚約を発表。同じチェコのホッケー選手のようです。テニス界きってのモテ男Stepanekとも数年前付き合っていましたが、このホッケー選手とは昨年から付き合っていましたね。同じくチェコのBerdychも今年挙式を挙げました。奥さんはモデルさんなのですが、強烈な美人さんでした。Australian Openですれ違ったのですが、自分より背が低いのに、足が長かったのです。僕も足は長い方とは言われるのですが、西洋人には敵いませんね(笑)。

 

スペインのFerrerとFeliciano Lopezは今年のシーズン中結婚しています。二人共長いこと彼女と付き合っていましたね。海外だとパートナーでも結婚と同じ社会保障等受けられる国が多く、結婚しない人も多いのですが、いざ結婚となると意識は変わるものなのでしょうか?いずれにせよ良い方向に向かうと良いですね。

 

Murrayも挙式を今年挙げましたが、来年の頭には待望の赤ちゃんが産まれるようで、めでたいことなのですが出産に立ち会うためAustralian Openを欠場するかもしれないと報じられています。FedererもRoland Garrosを欠場するかもしれないと話していましたが、結局間に合いましたからMurrayの奥さんのKimも頑張って欲しいですね(笑)。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

シドニーに戻ってきました。

うにょ~ん。

 

ようやくシドニーに戻ってきました!

 

11日金曜日に最後のファーム仕事を終え、その日の夜の便で帰ってきたのですが、到着が遅れ家に着いたのが日付変わって深夜1時、土曜日はテニスクラブのオープニングのスタッフですので、7時にはオフィスに行くという売れっ子ぶりでした。またその日はクラブメンバーが対象のクリスマスパーティーだったため、クラブを離れたのは夜10時、初日から15時間テニスクラブで働いていたわけですが、久しぶりに会ったお客さんが覚えてくださり、早速張替えを依頼して頂いたりと有難いですね。無事に戻って来られて良かったです。子供達のレッスンも復帰したのですが、みんな背が伸びていましたね。テニスが上手くなっていた子供も多く、成長が見られて良かったです。

 

新しく加わったコーチが物凄い経歴の持ち主で、ジュニアの世界ランキングで60位に入っており、18歳でテニスをやめ勉強するため大学に通ったのですが、そこでも大学のプログラムで優秀者に選ばれたようです。自分のクラブのマネージャーもロシアでトップ10に入っておりかなり上手いのですが、さらに上手いです。元女子プロのジェスやルーシーなど、かなりの経歴の持ち主が増えてきており、自分の立場が危ないのですがこういった人らと働いている事が嬉しく危機感がないのはまずいかもしれませんね(笑)。

 

クラブに戻ってからは来年のシドニー国際の車椅子テニスの仕事で忙しいです。シドニー国際は、ATP、WTAと共に車椅子テニスのスーパーシリーズ(GSの下に位置する大会)が行われるのですが、我がテニスクラブも会場として使われることが決まりました。今年は男子トップ10の9人、女子はトプ10全員がエントリーしておりかなり豪華なので楽しみですね。スタッフとして大っぴらに応援するわけには行きませんが、国枝選手や上地選手はもちろん、日本人選手も多数出るので楽しみです。

 

Australian Open期間中もジュニアのキャンプや大人のキャンプも行われるため、例年のように毎日全豪に行くわけには行きませんが、今日程を確認しながら行く日を考えています。Hewittは最後のAustralian Openですから是非生で見たいのですが。。。

 

久しぶりに自分の仕事の話をしたコラムですね。イチゴの苗植えと雑草取りから解放され現実に戻ってきたのですが、やはりこの環境にいるほうが心地良いですね。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

シドニーは着々とオージーシーズン向け準備中

うにょ~ん。

 

タスマニアでの島流し、いやいや農園での仕事も今週の金曜日で終了し、その日の夜にシドニーに戻り、土曜朝からテニスクラブに復帰です。

 

このスケジュールを話したところ、仕事し過ぎでしょってファームの人に言われたんですけど、自分としてはこれぐらい忙しい方が好きなんですよね。というより1日でも長く働いてお金稼ぎたいっていうのが本音ですが(笑)。ファームのスーパバイザーは週5日だって多すぎって愚痴っていましたが、この仕事じゃどう考えても無理ですよね。ましてこれから暑くなり忙しくなるシーズンで。もちろんクリスマスの日は休むけど、それ以外は休み無しで順番に1日オフを取りながら動いていくようです。

 

12月のテニス自体は比較的ゆっくりなのですが、1月のオーストラリアシーズンに向けてクラブ内のオフィス系は忙しくなっています。APIA InternationalというATP、WTA、そして車椅子テニスが開催される大会がシドニーで有りますが、車椅子テニスの会場がうちのクラブになるようです。オーストラリアなので最後の最後にどんでん返しで変更というのも有りますが。この大会には日本人選手の参加も多いので、自分ともう一人の日本人スタッフも楽しみにしています。激務でどえらいことになるのは見えていますが。

 

これが終わるとAustralian Openに行きます!!!

 

、、、と言いたいところなのですが、我がクラブでイベントがあるため残念ながら例年のように予選から毎日とはいかず。。。それでも今色々考えて足を運ぶつもりでいますので、楽しみにしています。来年のAustralian OpenはHewittの最後の大会なので彼の試合は全部見たいのですが、厳しいだろうな。2週目まで勝ち残って欲しいですね!

 

Australian Openをメルボルン以外で見るのって初めてですねそういえば。当然ですが、シドニーももちろんメルボルン程ではないでしょうが盛り上がります。我々のクラブでは大会期間中はジュニアとアダルトのキャンプが行われます。選手を見ていつも以上にテンションの高い子供も大人もまとめるのは大変そうですね。ただやはり誰もがみんなテニスを楽しんでいる光景を見られるのは、コーチとしてのみならず、いちファンとして嬉しい光景ですね。

 

残すところ後3日のタスマニア生活、早くシドニーに帰ってテニスがしたいです。というより結局4回しかテニス出来なかったので、自分がレッスン受ける必要がありそうですが。。。雑草取りなら自身あるのですけどね。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  2  3  4  5  ...  NEXT    

関連記事

AAMI Kooyong CLASSIC
Kooyong Stadiumで1月9日〜12日開催!
小野伸二がメルボルンにやってくる!
3/16(土)AAMI Park でキックオフ
サッカー日本代表 決戦前夜
日本代表公式インタビュー&最終練習の様子をたーっぷり!
AFL Grand Final 2009
ジローン・キャッツの劇的な逆転勝利で幕を閉じた。
メルボルンアジアカップ
迫る準決勝、来年まで希望を繋げ!

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上